結婚式の準備

60人以上の結婚式を300万円以内で挙げる方法を徹底解説

結婚式費用の総額は350万円ほどですが、これを「高い!」と感じる人は多いのではないでしょうか。

また、予算が300万円だけど、職場の人も友人も招待したいという人もいるでしょう。

300万円と決められた予算内で済ませるには、少人数の結婚式にしてしまえば確実ですが、それでは友人など呼びたいゲストを呼べなくなってしまいます。

では、どうすれば60人以上の結婚式を300万円以内におさえられるのでしょうか。

具体的な方法を5つご紹介します。

一般的な結婚式の相場はどのくらい?自己負担額は?

一般的な結婚式の相場はどのくらい?自己負担額は?

結婚式の招待人数平均は65人、結婚式総額平均は350万円ほどです。

少人数で結婚式を挙げればもちろん300万円以内におさめることはできますが、60人以上の規模で300万円以内にするのは少し工夫が必要です。

会場探しから予算を意識して進めましょう。

300万円以内で結婚式を挙げた場合の自己負担額はどのくらい?

では300万円以内で結婚式を挙げた場合、ふたりの負担額はどのくらいになるのでしょうか。

「ゼクシィ結婚トレンド調査2020」によると、ご祝儀の総額平均は227.8万円、招待人数平均は66.3人なので、

【ご祝儀総額平均】÷【招待人数平均】で計算すると、ゲスト1人あたりのご祝儀額は約3.4万円だということがわかります。

この1人あたりのご祝儀額を使って、ゲストの人数別で300万円の結婚式を挙げた場合の自己負担額をご紹介します。

これはあくまでも平均額なので、これよりも自己負担が増える場合があることは覚えておきましょう。

ゲスト60人の場合の自己負担額

ゲストが60人の場合、

60×3.4万円=204万円

となります。

これを結婚式の費用から引くと、

300万円−204万円=96万円

このように自己負担額は96万円ほどと予想できます。

ゲスト70人の場合の自己負担額

ゲストが60人の場合、

70×3.4万円=238万円

となります。

これを結婚式の費用から引くと、

300万円−238万円=62万円

このように自己負担額は62万円ほどと予想できます。

ゲスト80人の場合の自己負担額

ゲストが80人の場合、

80×3.4万円=272万円

となります。

これを結婚式の費用から引くと、

300万円−272万円=28万円

このように自己負担額は28万円ほどと予想できます。

では、実際に60人以上の結婚式を300万円以内におさめることは可能なのでしょうか。

結婚式を300万円以内に収める方法①:レストランウェディングを選ぶ

結婚式を300万円以内に収める方法①:レストランウェディングを選ぶ

結婚式を挙げることができる主な会場には、

  • 専門式場
  • ホテル
  • ゲストハウス
  • レストラン

と4種類あります。

その中でもレストランウェディングは費用がかなり抑えられるのです。

では相場やメリット・デメリットを見てみましょう。

レストランウェディングの相場はどのくらい?

「ゼクシィ結婚トレンド調査2020」によると、会場の種類別総額平均は、

  • 専門式場…419.1万円
  • ホテル…404.8万円
  • ゲストハウス…381.0万円
  • レストランウェディング…294.2万円

このように、レストランウェディングがダントツに費用が安いことがわかります。

では、レストランウェディングよメリットとデメリットを見てみましょう。

レストランウェディングのメリット・デメリットは?

レストランウェディングのメリットとデメリットは以下のようなことが考えられます。

レストランウェディングのメリット

  • 費用が安い
  • 食事が美味しい
  • アットホームな雰囲気
  • 記念日に訪れることができる

レストランウェディングのデメリット

  • 結婚式のための設備が整っていない可能性がある
  • 格式高い雰囲気は出しづらい

専門式場やゲストハウスは結婚式のための施設なので、設備が整っている分費用が高いと言えます。

レストランウェディングの場合、メリットもたくさんあるのですが、会場を決定するときに設備は細かくチェックする必要があるでしょう。

〈こんな人にオススメ〉

  • 料理にこだわりたい
  • 人前式を考えている
  • アットホームな雰囲気にしたい

結婚式を300万円以内に収める方法②:格安婚で結婚式を挙げる

結婚式を300万円以内に収める方法②:格安婚で結婚式を挙げる
  • スマ婚
  • 楽婚
  • ゼロ婚

など、最近は格安婚のサービスをよく耳にするという人も多いでしょう。

格安婚を利用することで、300万円以内におさめることは十分可能になります。

格安婚の相場はどのくらい?

格安婚サービスによって費用にも違いはありますが、スマ婚の「費用に関するアンケート」によると、結婚式の総額平均は262.2万円とされています。

一般的な結婚式の総額平均と比べても100万円近く費用を抑えることができるのです。

格安婚のメリット・デメリットは?

格安婚のメリットとデメリットは以下のようなことが考えられます。

〈メリット〉

  • 費用が安い
  • 前払いの必要なくご祝儀払いができる
  • 持ち込み無料なところが多い

〈デメリット〉

  • 結婚式の日程が限られることがある
  • 演出によってはできない場合がある

格安婚はさまざまな割引を組み合わせたり、提携業者を限定しないことで費用を抑えます。

そのため、制限されてしまうことも出てくるのです。

「絶対にこの日に結婚式を挙げたい」と、日程を自分たちで決めたい場合や「演出にこだわりたい」というカップルには向いていないかもしれません。

自分たちに合うかどうかわからないというカップルは、一度相談をしてみましょう。

〈こんな人にオススメ〉

  • 日程にはこだわらない
  • 後払いが希望
  • 演出は定番のものを取り入れたい

結婚式を300万円以内に収める方法③:直前割などの割引が大きいプランを利用する

結婚式を300万円以内に収める方法②:格安婚で結婚式を挙げる

結婚式には割引が大きい時期があります。

特に結婚式を挙げる日にこだわりがないというカップルは、大きく割引されるときを狙うことで費用を300万円以内に抑えられるでしょう。

大きく割引されるプランには以下のようなものがあります。

  • 夏や冬のオフシーズン向けプラン
  • 結婚式まで3ヶ月以内の直前割
  • 仏滅割
  • 平日割
  • ナイトウェディングプラン

それぞれ人気がなく、予約が入りにくいことから割引率も高くなるのです。

日程は限定されてしまいますが、それでも問題なければお得に結婚式を挙げることができます。

〈こんな人にオススメ〉

  • 日程にはこだわらない
  • お日柄は気にしない

結婚式を300万円以内に収める方法④:不要なオプションは削る

結婚式を300万円以内に収める方法④:不要なオプションは削る

初回見積もりが300万円以内であることが前提ですが、不要なオプションを削ることで費用を抑えることはできます。

初回見積もりは最低価格で記載されている場合があるので、すべて平均的な金額で出してもらいましょう。

そうすることで、あとから予想以上に金額が上がり300万円以上になってしまうこともありません。

予算は最初に伝えておこう

先に「300万円までしか出せない」と伝えておくと、プランナーはそれを前提に提案をしてくれるようになります。

お金の話しはしづらいという人もいるかもしれませんが、大切なことなので恥ずかしがらずに言っておきましょう。

どんなオプションが削れる?

費用を抑えやすいオプションとして、

  • 装花
  • 演出
  • ビデオ撮影
  • アルバム

などがあります。

装花もフローリストに予算を伝えておくことが大切です。

どの程度の予算にすればいいかわからなければ、プランナーに「300万円以内におさめたい場合、装花はいくらで見ておけばいいか」を聞きましょう。

細かな指定はせずに色味や雰囲気を伝えれば、それに合わせてフローリストが予算内で装花のデザインを考えてくれます。

演出は費用がかかるものとそうでないものがあります。

例えば、入場の演出でスモークを焚いたりプロジェクションマッピングを使うなどすれば、その分費用は高額になるでしょう。

費用があまりかからない演出を選んだり、演出自体を減らすことで費用を抑えることは可能です。

また、意外と高額なのが写真関係のオプション。

ビデオ撮影やアルバム付きのパックを選ぶと、それだけで数十万円変わってしまいます。

写真撮影だけお願いして、自分でアルバムを作れば何万円も費用がかかることはありません。

〈こんな人にオススメ〉

  • 無駄を省いた結婚式にしたい
  • 派手な演出はいらない

結婚式を300万円以内に収める方法⑤:持ち込みで費用を抑える

結婚式を300万円以内に収める方法⑤:持ち込みで費用を抑える

持ち込みが可能な会場を選ぶことで大きく費用を抑えられる可能性もあります。

持ち込みができるかどうかはブライダルフェアで確認

持ち込みで費用を抑えるには、会場探しが重要。

多くの会場はドレスや引き出物などに持ち込み料がかかるため、最初から持ち込み料なしの会場を選ぶ必要があるからです。

ブライダルフェアに参加したら持ち込み料がかかるものと、持ち込みができないものをすべて聞きましょう。

持ち込みでどの程度節約できる?

では実際に、持ち込みをすることでどの程度費用が節約できるのでしょうか。

ドレスを例にご紹介すると、「ゼクシィ結婚トレンド調査2020」のウェディングドレスの費用平均は27.6万円でした。

しかし、格安のドレスショップや中古ドレスショップなら10万円以下で済ませられることも。

例えば、格安ドレスショップ「ドレセル」では、29,900円からウェディングドレスを購入することができます。

もちろん実店舗があるので試着をすることも可能です。

ウェディングドレスが3万円で済めば、それだけで平均価格よりも24万円以上安くなるのです。

〈こんな人にオススメ〉

  • 結婚式の準備に時間をかけられる
  • 工夫して節約することが好き

まとめ

まとめ

今回は60人以上の結婚式を、300万円以内におさえるための具体的な方法を5つご紹介しました。

300万円で結婚式をおこなったとすると、ご祝儀の平均額から計算した場合の自己負担額は、

  • 60人…96万円
  • 70人…62万円
  • 80人…28万円

このくらいになると予想されます。

一般的な規模である60人以上の結婚式を300万円以内に抑える方法として、

  • レストランウェディングを選ぶ
  • 格安婚で結婚式を挙げる
  • 割引が大きいプランを利用する
  • 不要なオプションは削る
  • 持ち込みで費用を抑える

などがあります。

自分たちに合った方法を選んでみましょう。