結婚式の準備

結婚式のウェルカムスピーチを成功させるには?例文とコツ!

結婚披露宴に、ウェルカムスピーチを取り入れるカップルも多いです。

ウェルカムスピーチは披露宴の最初を飾る演出だけあって、気合を入れたい部分です。

けれど、ウェルカムスピーチって何を話せばいいのか、難しいですよね。

今回の記事では、ウェルカムスピーチの基本的な構成や、コツ、例文などをご紹介します

ウェルカムスピーチの役割

ウェルカムスピーチの役割

ウェルカムスピーチとは披露宴の最初にする、ゲストに向けての挨拶です。

一番重要な役割は、来てくれたゲストへの感謝を伝えることです。

新郎・新婦からゲスト全員へ感謝を述べる機会はこのウェルカムスピーチか、最後の挨拶に限られることが多いので、ここでしっかり出席者への気持ちを伝えておくと良いでしょう。

また、ウェルカムスピーチをすることによって、これから始まる披露宴の空気を作り上げることが出来ます

例えば、少し気楽に楽しんで欲しいなら空気を和らげさせるようなウェルカムスピーチを、食事に期待して欲しいなら食事について言及するウェルカムスピーチをすると良いでしょう。

新郎・新婦どちらがしても良い

一般的には新郎がウェルカムスピーチをする場合が多いです。

しかし、新郎がしなければいけないルールはなく、新郎・新婦どちらがしても良いものです。

新郎新婦が二人揃ってウェルカムスピーチをする式もありますので、二人で話し合い、どちらがウェルカムスピーチをするかを決めてください

片方だけがウェルカムスピーチを担当する場合、もう片方は式の最後に謝辞を述べることにしても良いですね。

ウェルカムスピーチの基本的な構成

ウェルカムスピーチの基本的な構成

ウェルカムスピーチの内容は、基本的な構成が以下のように決まっています。

必ずこの構成でなくても大丈夫ですが、基本的な構成から離れていくほど個性的な印象になり、やりすぎるとゲストが戸惑う恐れがあります。

1:出席してくれたゲストへのお礼

ゲストはこの日のために予定をあけ、新郎新婦のお祝いに来てくれています。

一番重要な部分なので、必ず入れましょう。

2:式の報告

披露宴にだけ参加するゲストもいるので、挙式をしたことを報告しましょう。

3:披露宴の目的

基本的には「ゲストに日頃の感謝を伝えるため」が披露宴の目的として述べられます。

今日がどのような場なのかをゲストに説明しつつ、1に続けて感謝の気持ちを示すことで、新郎新婦のおもてなしの心がゲストに伝わります

4:結び

ウェルカムスピーチを締めくくる言葉です。

ゲストに楽しんで行って欲しい気持ちを述べて終わることが多いです。

基本の例文

以下は1〜4のみを盛り込んだ簡潔な例文です。

本日は、私たちの結婚披露宴に足をお運びいただきありがとうございます。

私たちは先ほど挙式にて晴れて夫婦となりました。

本日は日頃お世話になっている皆様に感謝の気持ちをお伝えしたく、ささやかではありますがこのような席を設けさせていただきました。

どうぞみなさまに楽しみ頂けますと幸いです。

このオーソドックスな文に、少しだけ自分たちで言葉を追加すると、素敵なウェルカムスピーチになりますよ。

これにプラスして2の後に夫婦となった抱負を追加したり、3の後に料理や会場への言及を入れても良いですね。

ウェルカムスピーチをする際のコツ

ウェルカムスピーチをする際のコツ

ウェルカムスピーチを準備する際・実際にする際のコツを挙げていきます。

ウェルカムスピーチは1~2分に収まるようにする。

ウェルカムスピーチは1~2分程度に収まる短いものにしましょう。

これから乾杯の音頭やゲストの挨拶なども続くので、序盤から長いスピーチはゲストがうんざりしてしまいます。

どうしてもゲストの皆さんに伝えたいことを盛り込むのは良いですが、来てくれた感謝の気持ちを述べるという軸はズラさず、簡潔にまとめてください

ゲストへ今までの様々な感謝などを丁寧に述べたい場合は、式が盛り上がりを見せる最後で謝辞として述べる方が良いです。

事前に練習する

ウェルカムスピーチは原稿を見ながら行う人もいますが、原稿棒読みだとせっかくの感謝の気持ちが十分に伝わりません。

出来れば覚えて、ゲストの顔を見ながらスピーチをしてください

原稿を使う場合も補助で、自分の言葉としてウェルカムスピーチが出来るよう、事前に何度も練習しておきましょう。

年配の参列者にも言葉が聞き取れるよう、はっきりと話すことを意識してくださいね。

式当日の天候や気温などを盛り込む

式当日に雨や雪が降ったり、気温がとても高かったりした場合は最初の挨拶でそのような状況の中出席してくださったゲストへ感謝を述べましょう。

その日の事情を盛り込むことで、型通りの挨拶ではなく、心からゲストへの気遣いができている印象になります

式の雰囲気や出席者に合わせ、口調を決める

内容自体は一緒でも、口調によりウェルカムスピーチの印象は変わります。

例えば、新郎新婦が自らのことを「私(わたくし)たち」と呼ぶか「僕たち」と呼ぶかで印象はだいぶ変わりますよね。

式が格式高く、目上のゲストや年配のゲストが多い場合は、失礼がないように少し畏まった口調でスピーチをすると良いでしょう

アットホームで同年代の友人ばかりの式では、口調は軽めで、普段話す言葉に近い方が気持ちがゲストに伝わりやすい場合もあります。

結婚式で使ってはいけない言葉

結婚式で使ってはいけない言葉

ウェルカムスピーチは例文そのままではなく、新郎・新婦が考えた言葉を使って作った方がより心がこもったものになります。

その際には結婚式で使ってはいけない言葉に注意してください。

結婚式で使ってはいけない言葉とは以下です。

別れに繋がる言葉

別れる、破れる、冷める、切る……など

「別れる」と言う言葉以外にも、破局したり縁が切れたりするイメージに繋がる言葉は使用してはいけません

不吉なイメージがある言葉

飽きる、落ちる、崩れる、去る、絶える、無くなる、病、滅びる、割る、終わる……など

基本的には死や終わりをイメージさせる言葉を使ってはいけません

重ね言葉

重ね重ね、くれぐれも、たまたま、度々……など

誰だって結婚は一生に一度のことにしたいものです。

何回も重ねる言葉は、結婚を何度もすることを連想させるので避けます

「ますます」など後ろにいい意味の言葉が続く重ね言葉は使ってもいいと言う意見もあります。

繰り返しを意味する言葉

繰り返し、再度、再び……など

これも重ね言葉と同じ理由から避けましょう。

ウェルカムスピーチ例文

ウェルカムスピーチ例文

基本的な例文は上でご紹介しましたので、ここでは新郎のウェルカムスピーチを想定し、夫婦になった抱負と料理について触れたアレンジバーションの例文をご紹介します。

同じ内容で、式の雰囲気別に口調を変えています。

口調でどこまで印象が変わるのかの参考にしてみてください。

<格式高い式>

本日は皆さまに私たち二人の結婚披露宴にお集まりいただき、心より感謝申し上げます。

私たちは先ほど、○○にて滞りなく挙式をし、晴れて夫婦となることが出来ました。今後は二人力を合わせて、夫婦として歩んで参ります。

今こうしてこの場に立てておりますも、ひとえに皆様のお力添えあってのことでございます。

本日は皆さまへの感謝の気持ちをお伝えしたく、ささやかではありますが席を設けさせて頂きました。

短い時間ではございますが、美味しいお食事とお飲み物もご用意しておりますので、ぜひご堪能ください。

どうぞ皆さまにおくつろぎ頂き、楽しい時間を過ごして頂けますと私たちも幸せでございます。

<アットホームな式>

本日は僕たちの結婚披露宴にお集まりくださり、誠にありがとうございます。

先ほど○○で挙式をして、僕・○○と○○さんは晴れて夫婦となりました。

これからは夫婦として新婚生活を思いっきり楽しみたいと思います。

こうして結婚式を迎えられたのも、お集まりくださったみなさんのおかげです。

今日は皆さんに日頃の感謝を込めておもてなししたく、美味しい料理もご用意しています。

ぜひ、楽しんで行ってください。

まとめ

まとめ

ウェルカムスピーチは、披露宴の最初にゲストに感謝を伝えつつ式の雰囲気を作り上げる演出です。

このウェルカムスピーチは、新郎・新婦どちらか一人がしても、二人でしても良いものですので、ぜひ話し合って担当を決めてみてください。

また、ウェルカムスピーチを成功させるコツは、長くしすぎないよう1〜2分に収めること、ゲストの顔を見て感謝を伝えられるように練習すること、当日に取り入れた方がいい事情があれば盛り込むこと、式の雰囲気にあった口調を選ぶことの4つです。

例文をベースに、自分たちがゲストに伝えたい言葉を吟味して原稿を作ってみてくださいね。

スピーチが苦手でも大丈夫!結婚式の新郎スピーチのコツと例文紹介結婚式のスピーチで悩んでいる新郎のために、コツと例文をまとめました。盛り込むべき内容や、持つべき心構えをご紹介しているので参考にしてください。...