結婚式の準備

仏滅に結婚式はアリ?メリット・デメリットを知っておこう

「仏滅に結婚式を挙げるのは縁起が悪い」と、なんとなく知っている方は多いでしょう。

「仏滅の結婚式はお得と聞くけど、仏滅を選んでもいいものなの?」とお考えの方もいるでしょう。

しかし、仏滅の結婚式だからこそ費用面などでのメリットが多く、最近では仏滅自体がポジティブに捉えられることも増えています。

今回は、仏滅のポジティブな捉え方や、仏滅に結婚式を挙げるメリットとデメリットをご説明します。

仏滅の結婚式はなぜ良くないの?

仏滅の結婚式はなぜ良くないの?

仏滅に結婚式を挙げるのはどうして避けられるのでしょうか。

六曜のそれぞれの意味と、現在の仏滅の解釈についてご説明します。

そもそも六曜ってなに?

大安や仏滅などは「六曜」といい、中国の六壬時課(りくじんじか)という時刻占いがルーツとされています。

日本に伝わったのは鎌倉時代とされており、江戸時代に入ってから六曜の暦注が流行しました。

明治時代になると、政府が「暦注は迷信的な記述」として禁止をしましたが、版元が不明な「おばけ暦」の中で使われ続けました。

戦後に再度爆発的な人気となり、現在でも親世代やご年配の方の中には、六曜を大切にしている方が多くいます。

大安(たいあん)

「大いに安し」という意味があり、大安吉日とも言われ一日中何事においても平穏に進むとされている、もっとも吉の日です。

新しいことを始めるのに適した日であり、休日の大安ともなると結婚式の予約が埋まりやすくなります。

友引(ともびき)

友引は、凶の時間と吉の時間があり、

  • 朝…吉
  • 昼…凶
  • 午後…吉

このように昼のみ凶とされているので、午後からの結婚式が向いています。

昼は11時から13時でそれを避けるために14時以降の開始にする方も多くいます。

先勝(せんしょう)

「先んずれば即ち勝つ」という意味があり、何事も急ぐことがいいとされている日です。

そのため、

  • 午前…吉
  • 午後…凶

となっており、結婚式を挙げる場合は午前中から開始する方が多い日。

午前中にスタートすれば、終わりの時間が午後になっても大丈夫なのだそうです。

先負(せんぷ)

先負は新しいことを始めるよりも、穏やかに過ごした方がいい日。

「負」という字から凶日をイメージする方もいますが、1日を通して悪い日というわけではありません。

  • 午前…凶
  • 午後…吉

となっているため、結婚式は午後から開始することが多い日です。

赤口(しゃっこう)

赤口は仏滅と同様に慶事に向かない凶日とされています。

凶や死のイメージから、結婚式を挙げる日として仏滅よりも避けたいと考える方も。

11時から13時ごろの午の刻のみ吉で、それ以外は凶です。

仏滅(ぶつめつ)

元は、「物滅」と呼ばれており、「仏滅」と変化したのは近年になってからです。

一般的に1日中凶とされているため、結婚式を避ける傾向があります。

仏滅も捉え方を変えればポジティブな日になる

縁起が悪いとされ、慶事だけでなく弔事も避けられる仏滅ですが、現在では違った捉え方をすることも。

中国から伝わったとされている六曜は、仏滅が元は「物滅」であったように、本来仏とは関係のないものです。

仏滅の元となる物滅の解釈で「一度滅び、新たに物事が始まる」という、リセットに適した日としてポジティブに捉えられることもあります。

さらに、仏滅の日は午後から大安になるという考え方もあり、午後は結婚式のような慶事においても縁起が良い日となります。

しかし、親世代はお日柄を気にすることが当たり前と考えている方もまだ多く、相談せずに赤口や仏滅に式場の予約をした場合、反対される可能性もあります。

事前にお日柄について話し合っておくといいでしょう。

実際に仏滅に結婚式を挙げたカップルはどのくらい?

実際に仏滅に結婚式を挙げたカップルはどのくらい?

仏滅に結婚式を挙げたカップルはどのくらいいるのでしょうか。

「ゼクシィ結婚トレンド調査2019」の調査結果からご紹介します。

挙式日の検討中に六曜を重視しなかったカップルの割合

結婚式を挙げる日を決める際に、六曜を重視したというカップルは全体の52.3%。

対して重視しなかったカップルは37.8%となっており、5組中2組のカップルに当てはまるため、決して少数派ではないことがわかります。

仏滅に結婚式を挙げたカップルの割合

仏滅に結婚式を挙げたカップルは8.1%。

覚えていないと回答している方が20.6%いますので、実際はもう少し増えるのではないでしょうか。

10組中1組ほどのカップルは、仏滅に結婚式を挙げていると考えましょう。

仏滅の結婚式はどんなイメージ?

仏滅の結婚式はどんなイメージ?

お日柄を気にしないカップルが意外と多いことがわかりましたが、それでも「非常識と思われないか」と心配になってしまう方もいるでしょう。

そこで、今回は20代~50代の男女にアンケートを実施し、

  • 友人の結婚式の日が「仏滅」だった場合、非常識と感じるか
  • 自分がこれから結婚式を挙げるとして、希望日が「仏滅」だった場合はどうするか

という質問に答えていただきました。

アンケート結果をご覧ください。

友人の結婚式が仏滅だった場合

  • 非常識だと思う…5%
  • 非常識とは思わない…75%
  • どちらでもない…20%

<非常識だと思う>

  • わざわざそんな日を選ばなくても他にもあるので、仏滅にする必要はないです。

<非常識とは思わない>

  • 人それぞれの感性の違いなので個人的には気にしません。仏滅に式をあげて不幸になったという人も聞いたこともないのでこだわる必要はないと思いますし出席することも抵抗はありません。
  • 挙式や披露宴を行う場合は費用を安く抑えることができるのでメリットがある。冠婚葬祭に日を気にする人もいると思うが、葬儀ではないので個人の自由だと思う。
  • 近年はそこまで重視しないカップルが増えてきており、また仏滅だと価格が安く抑えられるのでむしろ賢いと感じる。

<どちらでもない>

  • 昔ほど六曜を気にする風習が少なくなってきたと思うので、結婚式は特に仏滅でも気になりません。ただ中には気にする人もいると思うので非常識かについては「どちらでもない」と判断しました。
  • 仏滅に結婚式か〜とは思いますが、6月や11月など結婚式が混み合うシーズンなどは空いている日が仏滅しかなかったり、仏滅だと結婚式費用が割り引かれるなどの特典があったりもするので、何か事情があって仏滅にしたのだなと思い取り立てて非常識だとは思いません。

結婚式を挙げたい希望日が仏滅だった場合

  • 大安や友引などお日柄のいい日に変更する…25%
  • 仏滅でも気にしない…45%
  • 親の意見に合わせる…30%

<大安や友引などお日柄のいい日に変更する>

  • 希望日はきっと他にも選べるはずなんで仏滅だけは避ければいいだけですし、いくらでも調整もできるはずなので。
  • できることなら、変更したいです。とても大事な日なので…。ですが、やむを得ない理由があって、その日しか取れないのであれば、仕方がありません。
  • 私は基本的にそういったことは気にしない方ですが、結婚式となると、人生の新たな門出なので、お日柄の良いとされる日を選びたいと思います。

<仏滅でも気にしない>

  • 自分も両親も、そういったことを気にしないタイプなので、気にせず挙式すると思います。仏滅だと安い式場もありますし、気にしないのであればお得だと思います。
  • そういったことを気にしだすといろいろ予定が立たないのと自分自身がそういったことをあまり気にしないので。
  • 自分が結婚する場合はあまり気にしません。ほかの事情を考慮して都合の良い日、式を挙げやすい日を選びたいと思います。また、空いている、安いなどのメリットもあると思います。

<親の意見に合わせる>

  • 私は結婚式の日が仏滅でも気にしないのですが、やはり気にする人もいると思うので親の意見に合わせて日を決めます。
  • 自分が行うときは、親や友人に苦言をされたくないので、親の意見を聞きます。私は気にならないし、どちらでもいいと思っているので、親がいいと言えば仏滅でも挙げると思います。
  • 自分たちが良くても親や親戚一同が良い顔をしなければ祝福されているような気がしないので、親の意見を取り入れます。

仏滅に結婚式を挙げるメリット&デメリット

仏滅に結婚式を挙げるメリット&デメリット

仏滅に結婚式を挙げる場合のメリットとデメリットについてご紹介します。

メリット

  • 仏滅は結婚式のプランが安くなることがある

仏滅や赤口は他のお日柄に比べて予約が埋まりにくいもの。

式場としては予約を埋めるために、仏滅に割引を行うところも少なくありません。

  • 予約が取りやすい

なかなか予約が取りにくい人気の式場でも、仏滅だけは予約が空いていることがあります。

六曜を気にしないのであれば、予約の取りやすさは魅力です。

  • 他の人と慶事が被りにくい

まれに招待した方から「同じ日に親戚の結婚式に呼ばれている」などの理由で欠席連絡があることも。

仏滅の結婚式であれば、そのように慶事が被ってしまう可能性も下がるため、どちらに出席すべきかとゲストを悩ませることも減るでしょう。

デメリット

結婚式に参加する時にわざわざ六曜を確認するゲストは多くありませんが、「仏滅に結婚式なんて非常識!」という方は現在でもいますし、年配の方や親戚などから小言を言われてしまう可能性もあります。

親世代に仏滅の結婚式を理解してもらうには

親世代に仏滅の結婚式を理解してもらうには

子供には大安に結婚式をあげて欲しい両親や、六曜を古くからの習慣として重視する親戚などに仏滅の結婚式を理解してもらうためには、仏滅を選ぶことのメリットを説明しましょう。

費用の安さについて伝える

仏滅の割引がある結婚式であれば、仏滅の見積もりと大安の見積もりを作成してもらいましょう。

どの程度金額が違うのか、実際の見積もりを見せることで、ただ「安くなる」と伝えるよりも説得力が増すでしょう。

今後の結婚生活のため、出来るだけ節約して結婚式を挙げたいことも伝えてみてください。

予約の取りやすさを伝える

縁起が良いとされる大安や友引は、休日のみの場合月に3~4日ほどと限られており、予約が埋まりやすいものです。

希望の式場で仏滅しか予約が空いていない場合は、その事実を伝えましょう。

どうしてその式場がいいのかも一緒に伝えると効果的です。

仏滅のポジティブな捉え方を伝える

前述したとおり、仏滅の捉え方には「午後からは大安」というポジティブなものもあります。

結婚式の開始時間を大安になる午後からにすると説得してみましょう。

まとめ

まとめ

今回は、仏滅の捉え方や、仏滅に結婚式を挙げるメリットとデメリットについてご説明しました。

一般的には縁起が悪いとされる仏滅ですが、捉え方が違うだけで結婚式に適している日になります。

仏滅の割引がある式場を選べば費用を抑えることができますし、予約が取りやすいなどのメリットもあります。

しかし、親世代にはまだまだ六曜にこだわる方もいるので、親には事前に相談をしておき、必要であれば仏滅に結婚式を挙げるメリットを伝えましょう。