結婚式の準備

せっかくの結婚式なのに!実際に起こった結婚式トラブル

結婚式という幸せな1日を、トラブルなく終わらせたいと願う新郎新婦は多いでしょう。

しかし、トラブルは思ってもみなかったようなところで起きます。

予想外のトラブルは未然に防ぐことは難しいかもしれませんが、先輩カップルに起こったトラブルを見ることで予防ができることもあるかもしれません。

今回は、先輩カップルに教えてもらった結婚式のトラブルエピソードをご紹介します。

目次

結婚式でやらかした!両親・親族トラブル

結婚式でやらかした!両親・親族トラブル

1番お祝いしてもらいたい両親や親族が結婚式でトラブルをおこしたり、両親が激怒したというエピソードを多くいただきました。

ホストとその親族となる方々なので、結婚式で問題を起こされると余計に悲しくなってしまいますね。

姪に泣かれてしまい微妙な空気に

新郎の姪っ子にあたる方が新郎の事が好きだったようで、贈る歌の場面では泣きたおし。

最初は周囲も「新郎さんたら、あんな可愛い子に泣いてもらえるなんて良かったわね〜」と和やかムードでしたが、式の最後まで泣かれたため周囲が困惑し最後には呆れられてしまいました。

両親の不仲でハラハラ

自分の両親は家庭内別居状態ですが、結婚式は絶対に行えと言われていました。

伝達事項も父と母それぞれに伝えなければならず、結婚式当日も別々に会場に来ました。

式中は案の定両親は一言も会話をせず、相手方のご家族に心配されてしまいました。

祝われるはずの自分が気を遣ってハラハラさせられて大変でした。

結婚式前日にあわや大惨事に

結婚式の前日のリハーサルが終わり、父はビールを飲み始めました。

追加のビールをホテル内の自動販売機で買いがてら、トイレに行こうとした時のこと。

トイレが地下にあったので大きな螺旋階段を下りる途中、足を踏み外して転げ落ちました。結婚式当日は歩くのもぎこちない様子。

新婦親族のせいで新郎両親が激怒

私の親族に酒癖の悪い方がいたのですが、披露宴で酒を飲んで気持ちよくなってきたところで、披露宴の進行も全く無視して新郎側の親族や私たちに無理矢理お酒をつごうとし、止められると暴れだしました。

最終的に式場のスタッフに外に連れ出されましたが、その親族のおかげで新郎側の両親が激怒してしまい、離婚直前までいきました。

新郎家族が帰ってしまい…

結婚式場で相手のご家族が理由も告げず参列を拒否して帰ったので、破断にしました。

友人の顔ぶれでヤンキーだったことがバレてしまい

私は知らなかったのですが、新郎は学生時代バリバリのヤンキーでした。

式でも新郎側の友人はヤンキー揃いで、結婚式を大いに盛り上げている最中、私の父が突然席を立ったまま帰りませんでした。

電話を掛けてみると「あんなゴロツキだと分かってたら結婚は認めなかった!」と大激怒。

結局破談となりました。

親族の集合写真で

8月の炎天下の中の結婚式で新郎、新婦を中心に集まった身内すべての人で集合写真をとったのですが、暑すぎてみんながたおれそうになり、出来上がった写真はみんな汗まみれの暑そうな表情でとてもおもしろかったです。

せっかくの結婚式なのに、みな地獄に居るような表情でとてもおもしろいトラブルでした。

ゲストに迷惑をかけた・かけられたトラブル

ゲストに迷惑をかけた・かけられたトラブル

ゲストに迷惑をかけてしまったり、逆にトラブルを起こされてしまったり…。

ゲストもホストも調子に乗りすぎてしまってはダメだということがわかるエピソードも寄せられています。

料理のミスでゲストに迷惑が

式場での料理のことです。

魚コースがだめな人には肉メインのを頼んでいおいたのですが、完全に向こうの発注ミスでその人に魚のコース料理が出てしまったことがありました。

事前にしっかりと料理のことは話しておいたので、せっかく来てもらったのに、その人には不快な思いをさせてしまいました。

入場時にゲストに怪我をさせてしまった

旦那がサックス奏者で、ビッグバンドを組んでいたのですが、当日調子に乗りすぎて式開始の新郎新婦入場の時は打ち合わせにない、チューチュートレインをバンドメンバーとグルグル楽器を吹きながら列になって行い、その時に振り回した楽器を招待した人の頭にぶつけて式開始から病院騒ぎになりました。

友人が酔っ払って過去を暴露

酒好きの友人があまりにもお酒を飲み過ぎ酔っ払ってしまい、新郎・新婦の公にされたくない過去の出来事を暴露されてしまいました。

結婚式当日ノロウイルスにかかった主賓

私の職場の上司に主賓をお願いしていましたが、当日連絡があり「ノロウイルスにかかってしまいました」とのこと。

仕方ないことではありますが、入場前のオープニングムービーに主賓紹介で名前と写真を入れており、その主賓がいないという状態に。

私の結婚式には出たくなかったのかなと落ち込みましたが、何日も欠勤しており本当にノロウイルスだったようです。

唖然!結婚式場スタッフ・業者がやらかしたトラブル

唖然!結婚式場スタッフ・業者がやらかしたトラブル

結婚式場のスタッフやアイテムを発注していた業者がミスやトラブルを起こすことも。

失敗は誰にでもあるけれど、「なぜ自分の結婚式で」と思わずにはいられません。

式場に名前を間違えられていた

新郎の名前が間違え、式場入口に大きく掲げられていました。

誰が見ても間違っているとわかり、親族側はとても恥ずかしく、友人達には笑いのネタにされました。

明らかに式場側が悪いのに、笑われたのは、結婚式をあげた私たち。思い出しただけでも悔しくて怒りがこみ上げます。

結婚式場スタッフがなぜか泣き出してしまい

式は滞りなく進んでいましたが、終盤になり新郎の幼少期からのVTRが流れ始めると、私たちや招待された知り合いよりも先に式場のお姉さんが号泣してしまい妙な面白いような空気になったことがあります。

頼んだものと違うものが届いた

ブーケが頼んだのと違っていました。

どんなブーケにするかたくさん悩んで決めたのに、全く違うものが届き、ドレスにも合わないし悲しくなりました。

結婚式当日の衣装・ヘアメイクトラブル

結婚式当日の衣装・ヘアメイクトラブル

結婚式で衣装とヘアメイクはとても大切なもの。

衣装やヘアメイクにトラブルがあると、その後の進行にも影響してしまいそうです。

有名なヘアメイクさんにお願いしたけど

結婚式で、ヘアーを担当して下さる方が有名な方だったのですが、アシスタントに対して、ものすごい口調で命令し暴言を吐いていて非常に不愉快な気分になりました。

暴言を吐いた後、鏡に映る私に向かい、笑顔で接してくる精神に驚きました。

結局途中でアシスタントが泣き出し退出、他のアシスタントの到着を待つ羽目に。

事前の打ち合わせとは違うヘアメイクさんが来た

式当日、控え室に髪をセットにきた美容師が80代くらいのおばあさんでした。

事前打合わせで担当だった同年代の美容師が来ると思っていたので驚きました。

文字しか書かれていない打合わせ時のメモを見ながらの再現なので、おばあさんのセンスが存分に発揮されものすごく古めかしい雰囲気にセットされ泣いてしまいました。

家紋が間違えられていた

結婚式で着る母の和服を両家ともにレンタル。

当日着付けをお願いしてみると、母の着物に義母家の家紋がとりつけられているというハプニングが発生。

体つきが違うため着物を交換することができず、その場で急いでアイロンで家紋を張り付けました。

その結果時間がかかり、集合写真がほとんど取れずに終わりました。

ドレスのレースが

式の直前にドレスの裾のレースが剥がれてしまい、レンタルのドレスで空輸してもらったものだったのですが、とても驚きました。

ドレスを着たまま、式場の方がその場の応急処置で目立たないように縫ってくれました。

二人だけの式だったので、参列者がいなかったのが幸いでしたが、今でも忘れられません。

挙式直前にドレスが汚れた

チャペルに入る直前の新郎新婦が待機している時に、白のウエディングドレスに烏龍茶をこぼしてしまいました。こぼした場所が裾の方であったこと、メイクさんや式場のスタッフの皆さん総出で簡単なシミ抜きをしてくれたので、そんなに目立ちませんでした。しかし入場までに時間がかかってしまいました。

天候に恵まれなかった結婚式トラブル

天候に恵まれなかった結婚式トラブル

天候に左右される内容の結婚式は当日までハラハラしきり。

天候は誰のせいでもないので、余計に悔しい思いをしてしまうこともあります。

豪雨の中の船上結婚式

私たち夫婦は横浜で船上結婚式を挙げました。。朝から豪雨。デッキでの結婚式は中止です。船内で結婚式に変更になりました。いよいよスピーチとなった時です。大雨の影響で普段よりもエンジンを強めに回転させていたそうで、エンジンの音が大きくて、スピーチの内容が全く聞こえない。というアクシデントがありました。

飛行機が欠航になってしまい

沖縄での結婚式。

私たちは早めに到着していたので問題はなかったけれど、悪天候で前泊するゲストが飛行機の欠航してしまい当日の飛行機で来ることになりました。

披露宴には間に合ったけれど挙式に参列できたゲストがとても少なくなってしまい、寂しい挙式となりました。

新郎新婦がやらかした!結婚式トラブル

新郎新婦がやらかした!結婚式トラブル

さまざまなトラブルをご紹介しましたが、最後に新郎新婦自身がやらかしてしまったトラブルをご紹介します。

演出を忘れた!

ブーケトスをするのを忘れてしまった。妹に投げようと思っていたのに、イベントそのものを忘れてしまい、今も妹は結婚相手すら見つけられていません。

気分が悪くなってしまい

ぽっちゃりな私はドレスを少しでもきれいに見せるためブライダルインナーでくびれを作っていました。

少し苦しいとは思っていたのですが、「ドレスは苦しい」と聞いていたのでそこまで気にしませんでした。

しかし、披露宴の途中からブライダルインナーの締め付けで気分が悪くなり、少し中座させてもらったもののなかなか戻ることができませんでした。

結婚式に元カノが来てしまい

結婚式に新郎の元カノが来ていたらしく、そのことで怒りが爆発して控え室にとじ込もりました。

結局、両親に連れ戻され式は続行されましたが、なぜ元カノを呼んだのか結婚式後に大喧嘩となりました。

仕事が退職できず結婚式に影響が

結婚を機に退職予定でしたが、なかなか退職願いを受理してもらえず、退職時期が延びてしまいました。

深夜残業や休日出勤などで結婚式前に体を壊し、ドレスの最終フィッティング時にサイズが全く合わなくなっていました。

1ヶ月で6キロも痩せたため、予定していたドレスが着れなくなってしまいました。

まとめ

まとめ

今回は、先輩カップルに教えてもらった結婚式のトラブルエピソードをご紹介しました。

  • 注文していたアイテムは前日にチェックさせてもらう
  • 酒癖の良くないゲストは周りに注意しておいてもらうか、呼ぶのをやめる

など、事前に注意できることもあります。

結婚式を無事に終えるためにも、さまざまなトラブルを想定して考えてみましょう。