結婚式の準備

結婚式の前撮りのメリットとは?時期はいつ頃にするべき?

結婚式の準備をしていると、必ず「前撮りをするかどうか」という選択に迫られるときがやってきます。前撮りとは、結婚式よりも前のタイミングで、写真だけを撮る日を設けることです。これのメリットとは一体何なのでしょうか。そして、前撮りをする場合、結婚式のどのくらい前にするのがベストなのでしょうか。今回は、元プランナーが「前撮り」についてお話していきたいと思います。

 

前撮りをする5つのメリットとは

写真にこだわりたいカップルにはとてもおすすめの前撮りですが、このメリットにはどのようなものがあるのでしょう。前撮りを検討する上で、まずは前撮りのメリットを正しく理解しておく必要があります。ここで、前撮りのメリットを5つお話ししましょう。

 

メリット①当日着用しない衣装の写真が残せる

前撮りをする場合は、当日着ることのできない衣装を着て撮影することが可能になります。例えば、結婚式当日はウエディングドレスとカラードレスのみの着用予定だとします。ですが、希望としては色打掛も着たかったな・・という場合、どうしても悔いが残ります。

 

だからといって、披露宴の間でお色直しを二回入れてしまうと、その分時間的なロスもかなり大きくなるため、これはこれであまりおすすめできません。ここで、前撮りをすることによって、色打掛の写真もしっかり残すことができる、ということです。プロに着付けてもらい、綺麗に仕上げてもらった姿を写真に残すことができれば、当日色打掛が着られなかったことにそれほど後悔は残りません。

 

メリット②前撮りでしか撮ることのできない写真が撮れる

前撮りは、写真を撮るためだけの日なので、結婚式当日には撮ることもできない様な写真を撮ることができるのもメリットです。例えば、結婚式当日は式場や、披露宴会場の中での写真がやはりメインとなりますが、前撮りはそれ以外にたくさんのスポットで写真を撮影していくことが多いです。

 

例えば、式場の外にある可愛いお庭や、ちょっと絵になる式場内のフォトスポットでの写真は、当日は時間をかけて撮影することが難しいものです。前撮りという、時間に余裕がある状況だからこそ、当日には撮ることのできない写真が残せるのです。

 

メリット③リラックスして撮影にのぞむことができる

結婚式当日は、やはりお二人も緊張します。特に挙式の前は緊張が最高潮に高まり、自然な笑顔が出にくいタイミングです。プロのカメラマンはその場の雰囲気を和ませ、笑顔の写真を残すよう努めますが、前撮りのリラックス感とは比べ物になりません。

 

仕上がった写真を見てみても、前撮りの写真は本当にお二人がお二人らしく、いつも通りの自然な笑顔で写っている写真ばかりです。やはりこの点が前撮りならではだと言えるでしょう。仮に全く同じ衣装で、同じスポットで撮ったとしても、そこに違いが出てくるのです。

 

メリット④前撮りで撮影した写真を結婚式に使用することができる

前撮りで撮影した写真は、タイミングさえ合えば結婚式当日に使用することができます。使用する、というのはどのようなことかというと、ウェルカムボードにして受付に飾るのもそうですし、スライドショーにして映像として流すという方法もあります。

 

結婚式当日の受付スペースは、個性をアピールする重要なポイントです。ここにお二人の前撮り写真のデータから作成したものを展示することで、たくさんの人たちに見てもらえます。お二人らしい受付スペースを作りこむことができるということですね。

 

メリット⑤単純に撮影枚数が増える

結婚式を挙げるのは、写真を残したいから、というような声もよくあります。それだけ、結婚式の写真にこだわりを持つ人は多いのです。結婚式当日に、何カットの撮影をするかという点においては、まさに選ぶアルバムの種類やグレード次第で変わります。ですが、多くのカップルがこの撮影データをなるべく多く欲しいと思っています。カット数が増えるというだけでも、前撮りをする価値は十分にあると言えるでしょう。

 

いつするべき?前撮りをする時期の選び方

前撮りをする人たちの多くが、結婚式の2カ月前から1カ月前というタイミングで前撮りをしています。時期を選ぶには、一体何を基準に考えれば良いのでしょうか。ここでは前撮りをいつすべきかを決めかねているカップルに向けて、時期の選び方のポイントをご紹介しましょう。

 

ポイント①桜の時期や紅葉の時期など、季節限定の写真にこだわってみる

前撮り写真で多いのは、季節感の強い写真を残したいという要望です。例えば5月から6月ごろの挙式を控えているカップルなら、桜が満開になるころを狙って前撮りの日程を決めるのもおすすめです。紅葉に染まる木々をバックに撮影できる11月末ごろもおすすめですね。

 

挙式から極端に日にちが遠い場合は決めづらいところがありますが、もしも合わせられそうであれば季節感のある写真が撮れるタイミングを狙ってみましょう。ただ、お天気や桜の開花状況に関しては、ある程度賭けにはなってしまいますので、最終的には運任せになります。

 

ポイント②少しでも晴天率の高い時期を選ぶ

前撮りをするときは、ほとんどの場合が屋外での撮影も含まれているため、お天気は良いに限ります。これに関してももちろん運次第ではありますが、やはり雨の降りやすい梅雨時期は避けるなど、少しでも晴天率の高いところを狙った方が良いでしょう。

 

ポイント③こだわりがなければ2カ月前がベスト

一番良いタイミングとしては、結婚式からさかのぼって2カ月前あたりに前撮りをしておくのがおすすめです。前撮りが終わってから、その写真のデータが手に入るまでにある程度の時間がかかることが多く、おおよろ1カ月から長くて2カ月はみておいたほうが良いでしょう。そのことを考慮すると、結婚式に間に合わせるためには、2カ月前には前撮りが終わっているのがベストなのです。

 

前撮りにかかる費用

最後に、前撮りにはいくらくらいの費用がかかるかという点についてのお話です。当然、衣装を何着着て撮影するのか、撮影カット数がどれだけあるのか等の条件によって金額は変わります。ですが、前撮りの予算としては一般的に10万円から15万ほどみておくと良いでしょう。

 

この金額については、高いと思うか安いと思うかは捉え方次第です。ですが、前撮りは結婚式当日には撮ることができない素敵な写真をたくさん残すことができますし、できることならぜひしておいた方が良いでしょう。前撮りをして後悔したという話は聞きませんが、やはりしておくべきだったと後悔する声は多いです。

 

まとめ

結婚式において、写真はとても重要な部分です。プロのカメラマンに撮影してもらうということ自体、人生においてそうたくさん経験することではありません。素人が携帯のカメラで撮る写真とは、全く別レベルのクオリティの高い写真をたくさん残せるのが結婚式です。

 

前撮りは必ずしなくてはならないことではありません。ですが、前撮りをするメリットはかなり多く、検討の価値は十分にあります。実際に前撮りをする人の方が、しない人よりも今では多くなっており、昔は特別だった前撮りが、今では当たり前になりつつあります。

 

まだ今前撮りをするかしないかで迷っているのであれば、ぜひされることをおすすめします。お二人の晴れ姿を、もっといろんな角度からさまざまなバリエーションで形に残しておきましょう。