結婚式の準備

結婚式のテーブルラウンド!自分に合うものはどれ?

結婚式を挙げるときテーブルラウンドをしようと考えている新郎新婦さんはたくさんいますよね。

ですが、テーブルラウンドはいろんな種類があるし、自分に合うものはどれか分からないと悩んでいる声をよく聞きます。

そんなお悩みの新郎新婦さんへ今回はテーブルラウンドの内容や特徴などをまとめました

それぞれを参考にして是非自分に合うテーブルラウンドを選択してみてくださいね。

キャンドルサービス

キャンドルサービス

テーブルラウンドの種類一つ目は、キャンドルサービスです。

キャンドルサービスは新郎新婦が各テーブルを回りながら、ゲストのテーブルにあるキャンドルに火を灯していきます。

新郎新婦からゲスト一人一人につなぐキャンドルリレーは、日本では昔から定着していた結婚式のイベントの一つです。

ゲストは二人の幸せを願い、新郎新婦はゲストの幸せを願い火を消すことで願い事が叶うと言われているのです

キャンドルの種類ってあるの?

キャンドルサービスに使われるキャンドルにはいくつか種類があります。

  • イニシャル入りキャンドル
  • LEDキャンドル
  • アロマキャンドル
  • バラの形をしたキャンドル
  • キャラクターもののキャンドル

キャンドル選びで注意すべきことは、手元が熱くなりにくいもの、火が付きやすいように芯が真っすぐ伸びているものかどうか見るようにしましょう。

キャンドルをDIYする方法

キャンドルサービス用のキャンドルをDIYする新婦も多くいます。

DIYをすることで、自分のイメージするキャンドルを自由に作ることができ、節約もすることもできます

用意する材料

  • キャンドル
  • クレヨン
  • 耐熱用グラス(人数分)
  • アロマ
  • ドライフラワー

作り方

  • キャンドルを湯煎で溶かしていきます。
  • 全て溶けた後、色付けをしたい場合はクレヨンを削って色をつけていきます。
  • 香りをつける場合はアロマを数滴垂らします。アロマは揮発性が高いので高温すぎると匂いがつきにくくなるので注意しましょう。
  • 耐熱用グラスに芯を入れてドライフラワーを外側に貼り付けていきます。
  • キャンドルを注いでいきます。芯が斜めに向く場合は、割り箸に挟んで芯を固定しておくと真っすぐ立ちます。
  • 冷まして固まれば完成です。

幻想的な世界を演出するなら

キャンドルサービスの魅力は、暗くなった会場をゲストが灯すキャンドルで幻想的な世界を演出することができます。

新郎新婦も思わずうっとりとしてしまうでしょう。

明るく賑やかな会場をロマンティックにすることができます。

テーブルラウンドで雰囲気をガラリと変えたい人にはおすすめです

フォトラウンド

フォトラウンド

テーブルラウンドの種類二つ目は、フォトラウンドです。

フォトラウンドは新郎新婦がゲストのテーブルを回り写真を撮っていきます

最近は写真をただ撮るだけではなくアイテムを使って写真を撮ります。

写真を撮るときに用意するアイテムはフォトプロップスとも言われ、それを使うことでおもしろ楽しく撮影をすることができるのです。

フォトプロップスとは?

フォトプロップスはメガネや髭をかたどった厚紙に棒を付けたアイテムです。

写真を撮るときに自分の顔にあてて楽しみます。

フォトプロップスを使うことで全体の硬くなった表情を和らげることができますし、写真の仕上がりも抜群に良くなります

楽しい結婚式の思い出として写真に残せることができます。

フォトプロップスの種類は他にも多くあり例えば…

  • 『HAPPY WEDDING』などのメッセージプロップス
  • 席札代わりにもなるゲストネームプロップス
  • 季節ものを取り入れたシーズンプロップス
  • キャラクターになりきれるキャラクタープロップス

など他にもたくさんあります。

フォトプロップスをDIYする方法

フォトプロップスはこんなイメージのものが欲しい!そう思ってネットなどで探しても意外と見つからないことが多いです。

そんなときにはDIYをして自分で作ってみるのはいかがでしょうか。

材料は100円ショップなどですぐに見つかります。

時間もかからないので是非挑戦してみてくださいね。

用意する材料

  • はさみ
  • のり、ボンド
  • 厚紙
  • ストロー、竹の棒
  • マスキングテープ

作り方

  • 自分の好きなデザインを印刷します。
  • その印刷したものを厚紙に合わせてはさみで切ります。(2枚用意すること)
  • 持ち手の部分をマスキングテープで可愛く巻きます。
  • 厚紙同士を挟み、貼り付けます。
  • フォトプロップスの完成です。

とにかく楽しい結婚式にしたいなら

楽しい結婚式はあっという間に終わってしまいますが、楽しい瞬間を写真にたくさん収めておくことでこの先何十年経っても懐かしむことができます。

最高のシャッターチャンスを逃したくない!ゲストのとびっきりの笑顔を写真に収めたい!

そういうことであればテーブルラウンドはフォトラウンドにしてみましょう。

きっと楽しい写真をたくさん撮影できるはずです。

ギフトラウンド

ギフトラウンド

テーブルラウンドの種類三つ目は、ギフトラウンドです。

新郎新婦はゲストに配るギフトを用意してテーブルを回っていきます。

新郎新婦からのささやかなギフトにゲストも思わず笑顔になること間違いなしです

二人でゲストにどんなギフトをあげたいか悩んで決めていきましょう。

ギフトってどうやって選ぶ?

ギフトラウンドをするときにどんなものを渡せばいいか悩みますよね。

例えば、二人が好きなものやゆかりのあるものはありませんか?

二人が共通して好きなものがチョコレートであれば、チョコレートを配ってみるのもいいでしょう。

また、二人の趣味がサッカーであれば、リストバンドを配ってみんなにつけてもらい盛り上がってもらうのも一つの方法です。

その他にも季節がクリスマスシーズンならサンタやトナカイをモチーフにしたギフトを渡すなどギフトの選び方はたくさんあります。

自分たちに合うギフトを見極めて用意しましょう。

一体感を楽しみたいのなら

ゲストを喜ばせたいという気持ちで新郎新婦はギフトを選びます。

このギフトを選んだきっかけやおすすめポイントなど、ゲストに話しかける機会が増えます。

テーブルラウンド中に会話を大切にしたい、ゲストと一体となって結婚式を楽しみたいのであれば、ギフトラウンドがおすすめです

テーブルラウンドは時間配分に注意

テーブルラウンドは時間配分に注意

これまで3つのテーブルラウンドについてお話してきましたが、共通して注意すべき点があります。

それは時間配分です。

時間を気にせずにテーブルラウンドをしてしまうと、その後の進行も遅れてしまうことに

自分たちの次に結婚式を控えた新郎新婦もいるので、終わる時間は守らなくてはいけません。

時間配分を上手に進めるためには3つのポイントがあります。

テーブルラウンドの回る順番を把握しておく

テーブルラウンドの回る順番を間違えないようにしましょう。

友達が呼んでいるから先にそのテーブルに行くといった事はせず、決められた順番でテーブルを回っていきましょう。

スムーズに回らないと、タイムロスに繋がっていきます。

写真撮影はカメラ1台まで

テーブルラウンドで一番時間がかかるのが写真撮影。

しかし、何台ものカメラで何枚も撮影をしていくと一つのテーブルだけで相当な時間がかかります。

滞在時間を延ばさないようにするには、撮影するカメラは1台と事前にお願いしておくのがマストです。

撮った写真は後ほど友達同士でシェアしてもらうようにしておけばOK。

スタッフさんとの連携

新郎新婦はテーブルラウンドをしているときに時間を気にするのは難しいです。

タイムキーパーはスタッフさんにお願いして回っていきましょう。

時間が押している場合などはスタッフさんの声に耳を傾けて、時間内に回るようにしていってください。

スタッフさんと密にコミュニケーションをとることで時間配分を間違えることはなくなります。

まとめ

まとめ

キャンドルサービス、フォトラウンド、テーブルラウンドの3つの良さを紹介していきましたが、自分にぴったりのテーブルラウンドは見つかりましたか?

DIYを取り入れたり、ギフトの商品を選ぶなどしても楽しいと思います。

また、テーブルラウンドは時間配分が難しいので、時間が押さないように上手にテーブルを回る必要があります。

結婚式のテーブルラウンドは、新郎新婦とゲストが一番コミュニケーションが取れる場面なのでとても人気の演出です

ゲストと楽しい時間を過ごせるテーブルラウンドは何か自分たちに合ったものを選んでいってくださいね。

結婚式でやってよかったと思えた5つの演出今回は、元ウエディングプランナーの私から「結婚式で迷ったけれどやってよかった!」と思われることの多い5つの演出についてお話しします。...