結婚式のマナー

結婚式の招待状発送!切手に関するマナー知っていますか?

結婚式準備の序盤に訪れる「招待状発送」ですが、これに関してはたくさんのマナーやルールがあります。

特に、切手に関するマナーはあまり知られていないことも多く、「そんな決まりがあるの?」と驚いてしまうことも少なくありません。

というわけで、今回は元ウェディングプランナーの私から招待状の切手に関するマナーについてお話していきます

ぜひ参考にされてみてくださいね!

招待状の切手に使われる「慶事用切手」とは

招待状の切手に使われる「慶事用切手」とは

切手にはたくさんの種類があることを皆さんはご存知でしょうか。

同じ金額の切手でも、期間限定のデザインのものやご当地の限定切手など、様々な種類があります。

結婚式の招待状によく使われる切手は「慶事用切手」と言われるもので、まさに結婚式のために作られていると言っても良い、豪華で綺麗なデザインが特徴の切手です。

慶事用切手は郵便局で販売しています

62円、82円、92円の3種類の慶事用切手があり、それぞれデザインが異なります。

扇のデザインが切手に印字されており、この扇の中にある文様が62円だと「梅」、82円だと「竹」、92円だと「松」のモチーフとなっていてとても綺麗です。

慶事用切手を購入する際には、返信用ハガキに使用する62円切手と、招待状自体に使用する82円もしくは92円切手が必要になります。

招待状の大きさや重さによって82円か92円かは選ぶようにしましょう。

切手の貼り方は?場所は右上?左上?

切手の貼り方は?場所は右上?左上?

招待状に切手を貼るとき、まずは本状と返信用ハガキを同封した封筒、そして返信用ハガキに貼る切手それぞれに決められた場所があることを知っておかなければなりません。

切手を貼る位置に関しては、横書きの場合は右上、縦書きの場合は左上というのがルールです

招待状のデザインによって、縦書きの場合も横書きの場合もあるかと思いますが、これによって切手を貼る位置が異なることは頭に入れておきましょう。

ちなみにですが、封筒が縦書きなら返信用ハガキも縦書きであることがほとんどです。

この場合は両方とも左上に切手を貼って送ることになりますね。

慶事用切手以外の2つの選択肢

慶事用切手以外の2つの選択肢

結婚式の招待状には、慶事用切手を使う人が圧倒的多数です。

ただ、これは決められたルールではありませんので、必ずしも慶事用切手を購入する必要があるということではないです。

他にもオプションがあるので、招待状の切手に関して、ここであと2つの選択肢を紹介しておきましょう。

その①:ハッピーグリーティング切手を使用する

郵便局で購入できる切手の中に、ハッピーグリーティング切手というものがあります。

これは、郵便局の窓口で直接聞いてみると、すぐに見せてくれます。

切手ですがシールになっているため貼りやすいのもひとつのメリットです。

一枚一枚水で濡らしながら貼りつけていく手間が省けるのは、思った以上に楽ですよ。

そして、ハッピーグリーティング切手は、何と言ってもその可愛いデザインが一番の魅力。

切手はどうしてもちょっと古めかしいイメージがありますし、オシャレな切手なんて思い浮かばないものですが、このグリーティング切手は違います。

オシャレで今っぽいデザインなので、招待状に合わせて選ぶこともできます。

例えば、ブルー系の招待状ならブルー系の切手を合わせるととても統一感が出てとても良いですね。

デザインを選ぶ際には先に招待状のデザインを決めてからにしましょう。

その②:料金別納郵便を利用する

料金別納郵便というのは、切手にお金を払うのではなく、発送するときにまとめて郵便局で支払いを済ませるシステムです。

このシステムを利用するメリットは、「切手に消印が押されないこと」です。

つまり、切手に消印が押されることを考えて招待状を発送する日を選ぶ必要もなくなりますし、ストレスが減ります。

特に、日々忙しく過ごしている新郎新婦にとって、大安吉日を考えながら招待状を一斉に発送することは簡単なことではありません。

料金別納郵便の場合は消印を押されないので、日にちはいつ発送しようが構いません。

できるときにできるだけ発送していきたい場合は、この方法がおすすめです。

約7割以上の新郎新婦が慶事用切手を利用している

約7割以上の新郎新婦が慶事用切手を利用している

結婚式の招待状に使用する切手は、慶事用切手でなければならないわけではありません。

ハッピーグリーティング切手を利用しても、料金別納郵便を利用してもルール違反にはなりません。

ただ、結局のところ慶事用切手を使用する人の率が圧倒的に高いことは事実として分かっています。

統計的に7割以上の新郎新婦が慶事用切手を利用しています

理由としては、どのような世代の人が見てもぱっと見で結婚式にぴったりの切手だということが分かりますし、無難だからでしょう。

どの切手を使うべきかで悩んだら、慶事用切手を選んでおくのが一番一般的な選択だということは覚えておきましょう。

もっとこだわりたいカップル向けのちょっぴり変わったアイディア

もっとこだわりたいカップル向けのちょっぴり変わったアイディア

切手は、招待状が届いたときに真っ先に目に入ってくるものです。

思った以上にその印象は強く、綺麗で豪華なデザインの切手が貼ってある手紙やハガキが届くとやはり嬉しいものですよね。

そんな「小さくても存在感バッチリの切手」ですが、もっとこだわりたい人には他の方法もあります。ここでこだわり派のカップルにおすすめのアイディアを紹介しましょう。

その①:風景印を押してくれる郵便局を探してみる

風景印という言葉を初めて聞いた方もいるのではないでしょうか。

風景印というのは風景入通信日付印のこと。これは消印の代わりに押されるものです

探してみると、いくつかの郵便局ではそのご当地を表現した、名所や風景などをモチーフにしたオリジナルの風景印があり、そのデザインは場所によって様々。

ただ単に、味気ない消印をポンっと押されているのと比較すると、風景印が押されているだけでぐっと特別感が感じられますし、何と言っても見た目が良くなります。

受け取ったゲストも「わぁ!珍しい消印!」と喜んでくれるでしょう。

その②:オリジナルのスタンプを切手の代わりにする

料金別納郵便の話は先ほどのさせていただきましたが、この方法を選ぶならもう一歩こだわって自作スタンプを作ってみるのがおすすめです。

  • 大きさが2センチから3センチの丸もしくは四角
  • 「料金別納郵便」という文字を上半分に入れる

この二つの条件さえ守っていれば、それ以外は自由です。

となると、下半分にWeddingの文字を入れたり、二人の写真を入れることだって可能になるわけです。

少しネット上で探してみると、世の中の新郎新婦カップルたちがさまざまなオリジナルスタンプを手作りしているのが分かります。

招待状の切手にオリジナリティを持たせるには、これが一番!とも言えるのではないでしょうか

届いたときに、自作のスタンプが招待状に押されているだけで、受け取ったゲストも「こんなに細かいところにまでこだわっているんだな」と思うでしょう。

アピールできる点においては、これ以上の方法はありません。

まとめ

まとめ

招待状は結婚式におけるとても大切なアイテムのひとつです。

招待状の切手は、たかが切手と思うかもしれませんが、受け取る側からしてみれば、素敵な切手がそこに貼ってあるだけで伝わり方が違います

招待状を受け取るゲストに、少しでも喜んでもらえるような素敵な招待状にするために、切手からこだわってみませんか?

一生に一度の結婚式です。とことんこだわって最高の思い出にしましょう!

結婚式の招待状はいつから準備するべき?招待状に関するよくある疑問結婚式の準備において招待状はかなり重要なアイテムです。 段取り良く着実に準備していきたいものですよね。 結婚式の招待状は、そ...