結婚のお金

結婚式当日に渡すスタッフへのお礼!誰に渡す?いくら包む?

結婚式当日にお車代や受付・スピーチなどを引き受けてくれたゲストへのお礼のほかに、用意しておきたいのが結婚式のために動いてくれたスタッフへのお礼。

しかし、お礼を用意するにしても、誰にいくら包めばいいのかわからないという人もいるでしょう。

そこで今回は、結婚式でスタッフにお礼をする場合の相場や、先輩カップルの「お礼に関するアンケート」をご紹介します。

結婚式でスタッフにお礼!誰に渡すべき?

結婚式でスタッフにお礼!誰に渡すべき?

結婚式で心付けを渡す場合は、自分たちがお世話になったと思う人や、感謝の気持ちを伝えたいと感じる人に渡しましょう。

よくお礼を渡されるスタッフの例として、

  • ウェディングプランナー
  • アテンダー(介添人)
  • ヘアメイクスタッフ
  • 司会者
  • カメラマン
  • 会場スタッフ

このような人たちにお礼を用意するカップルが多いようです。

事前に準備をしていなくても、当日に心付けとしてお金を包んでもOK。

そのためのポチ袋やご祝儀袋、ピン札を準備しておきましょう。

結婚式でお礼を包む場合のスタッフ別相場

結婚式でお礼を包む場合のスタッフ別相場

心付けとしてお金を包む場合、スタッフの役割によって相場が異なります。

高額すぎても恐縮されてしまう可能性があるので、以下の金額を参考にしてみてください。

ウェディングプランナー

ふたりと打ち合わせを繰り返して結婚式を作り上げるウェディングプランナーへの心付け相場は5,000〜10,000円。

ウェディングプランナーに後日会う機会がある場合は、その際に心付けを渡しても大丈夫です。

アテンダー(介添人)

当日なにかと新郎新婦のお世話をしてくれるアテンダー。

心付けの相場は3,000〜5,000円です。

「今日は1日お世話になります」とひとこと添えて渡しましょう。

ヘアメイクスタッフ

当日キレイにヘアメイクを施してくれるヘアメイクスタッフへの心付け相場は3,000〜5,000円です。

ヘアメイクスタッフはお見送り後でも渡すタイミングがありますので、結婚式開始前に渡しそびれた場合は終了後に渡しましょう。

司会者

当日結婚式の進行をしてくれる司会者。

心付けの相場は5,000〜10,000円です。

挨拶をする際に渡しましょう。

カメラマン

当日結婚式の様子を撮影してくれるカメラマン。

心付けの相場は3,000〜10,000円ですので、渡したいと思った金額を自分で決めましょう。

カメラマンにも挨拶の際に渡しましょう。

会場スタッフ

ゲストへのおもてなしに直接かかわる会場スタッフへの心付け相場は3,000〜10,000円。

キャプテンがわかるのであれば、その人に渡しましょう。

先輩カップルは結婚式でスタッフへのお礼をどうした?

先輩カップルは結婚式でスタッフへのお礼をどうした?

今回、クラウドソーシングサービス「Lancers」を利用している20〜30代の男女50人に、「結婚式のスタッフへのお礼」についてアンケートを実施しました。

  • 誰に渡したか
  • 平均金額
  • 総額
  • なぜお礼を渡そうと思ったのか
  • 渡したときの相手の反応

このような質問をしましたので、お礼を用意するか迷っている人はぜひ参考にしてみてください。

スタッフへのお礼は誰に渡した?

「お礼を誰に渡したか」という質問では以下のような結果となりました。

  • ウェディングプランナー:64%
  • アテンダー(介添人):16%
  • ヘアメイクスタッフ:34%
  • 司会者:14%
  • カメラマン:28%
  • 会場スタッフ:22%
  • その他:16%

※複数回答

やはり、ふたりと一緒に準備をしてきたウェディングプランナーにお礼をしたという回答がダントツ。

親身になってくれるプランナーには、感謝の気持ちを表したいと考える新郎新婦が多いようです。

お礼として包んだ心付けの平均額

心付けの平均金額は以下の通りでした。

  • 1,000~3,000円:30%
  • 4,000~6,000円:34%
  • 7,000〜9,000円:0%
  • 10,000円以上:10%
  • 品物をプレゼント:26%

渡す相手によって金額は変わりますが、5,000円程度が平均額と言えるでしょう。

中には品物をプレゼントしたという人もいました。

結婚式当日、なぜスタッフにお礼を渡そうと思った?

スタッフへのお礼を用意した理由を教えてもらいました。

  • プランナーさんには1年ほどお世話になり続けたし、式が終われば会えなくなるからです。
  • 親に一般常識と言われたのと、親身に相談に乗って貰ったのでプランナーさんに渡しました。
  • 私がきれいでいられるようにヘアメイクさんが動いてくれ、心強かったので心付けを渡しました。
  • 挙式の進行を盛り上げながらテンポのいい司会で進めてくれたので、お礼をしました。
  • 最初から最後まで誠心誠意対応していただき、その姿勢に感銘を受けたのでプランナーさんに用意しました。
  • 聖歌隊の方の歌声が素晴らしく、感動したためお礼がしたいと思ったので、聖歌隊の方に渡しました。
  • しっかりとした司会で場の雰囲気をとても良くしてくれたから。
  • ヘアメイクさんに、リハーサルよりも細かく丁寧に、崩れないようにしてくれたお礼として渡しました。
  • 両親から渡すようにと伝えられたので、文化・慣習的なものとして渡しました。
  • ゼクシィ等の情報誌や、ネットでの情報に渡すと書いてあったからです。

多くの人が、「親身になってくれた」など感謝の気持ちからお礼を用意していることがわかります。

中には、親や友人に言われたり、結婚情報誌に「渡すのが常識」と書いてあったので渡したという人も何人かいました。

お礼を渡した時のスタッフの反応は?

お礼を渡したときに、スタッフはどのような反応をしたのか教えてもらいました。

  • とても喜ばれたし、渡す際にまたお話ができてお互いほっこりした雰囲気でした。
  • どの方も場馴れされているため、形式上の受け取り拒否等も無くスマートに受け取って頂いたことが印象的でした。
  • オーバーリアクションはなくそっと受け取ってくれました。
  • 驚かれた方もいましたが、皆さん「そんなのいいんですよ」と言っていましたが、最後には受け取ってもらえました。
  • とても驚かれ、初めての経験だと言われました。お互い心に残る思い出になってよかったです。
  • プランナーさんによって対応が微妙に違いました。1人はあっさり受け取って下さいましたが、もう1人の方もあっさり受け取って下さるかと思いきや、遠慮されてなかなか受け取ってもらえませんでした。
  • 貰ったことがないと、なかなか受け取ってもらえませんでした。
  • お気持ちだけで十分ですと言われたが、とてもうれしそうでした。
  • 驚いており、受け取れないという反応だったため、先輩プランナーに受け取ってもよいか聞いてくるように促し、受け取ってもらいました。
  • 嬉しそうに笑ってくれたのでホッとしました。
  • お断りされました。
  • ヘアメイクさんには、前日のメイクリハーサルの時に渡したけれど、会社から禁止されているのかなかなか受け取ってもらえませんでした。
  • 驚き過ぎていて、なかなか受け取ってもらえませんでした。

驚かれたり、恐縮されることも多いようです。

式場や会社によっては個人的にお礼を受け取ることが禁止されているところもあるので、受け取ってもらえなかったという人もいました。

まとめ

まとめ

今回は、結婚式でスタッフにお礼をする場合の相場や、先輩カップルの「お礼に関するアンケート」をご紹介しました。

スタッフへのお礼は必須ではありません。

「お礼がしたい」と感じたスタッフに心付けを包んだり、品物を渡しましょう。

お礼を渡されることが多いスタッフは、

  • ウェディングプランナー
  • アテンダー(介添人)
  • ヘアメイクスタッフ
  • 司会者
  • カメラマン
  • 会場スタッフ

このような人たちです。

それぞれ相場はありますが、金額に決まりはないので相場を参考に包みましょう。

先輩カップルの「スタッフへのお礼」についてのアンケートでは、60%以上のカップルがウェディングプランナーにお礼を渡していることがわかりました。

心付けの平均額は5,000円ほどです。

心付けを用意した理由は、

  • 親身になってくれたから
  • 渡すのが一般的だから
  • 親に渡すべきと言われた

などがありました。

また、心付けを渡した際の相手の反応は、

  • スマートに受け取ってもらえた
  • 驚かれたが喜んでもらえた
  • なかなか受け取ってもらえなかった

などがあり、中には最後まで受け取ってもらえなかったという人もいました。

会社の決まりなどで受け取ってもらえない場合もあることを覚えておきましょう。