結婚式の準備

スピーチが苦手でも大丈夫!結婚式の新郎スピーチのコツと例文紹介

人前で話すことが苦手な人は多いですが、結婚式を挙げるとなると、特に新郎は皆の前でスピーチをする機会を避けては通れません。

せっかくふたりのために集まってくれたゲストに向けて、感謝の言葉を述べることは非常に大切ですよね。

これまで人前でスピーチをした経験がなくても心配いりません!

結婚式でのスピーチは会社で行うプレゼンではありませんし、純粋に気持ちを言葉に込めればいいだけの話です。

というわけで、今回はスピーチが苦手な新郎向けに、結婚式のスピーチのコツについてお話しします。

新郎のスピーチは結婚式において最初と最後の2回

新郎のスピーチは二回

結婚式をするにあたって、新郎がスピーチをする機会は2回あります。

それは、披露宴開始のウェルカムスピーチと、披露宴終了前の謝辞です。

このウェルカムスピーチと謝辞においては、新郎が必ずするという決まりはありませんが、一度も新郎がスピーチをしない結婚式はほぼありません。

ここで、ウェルカムスピーチと謝辞について少し触れておきたいと思います。

ウェルカムスピーチ

ウェルカムスピーチは、披露宴の開始のときに行われます。

これは、新郎新婦から参列してくれたゲストに対して行うもので、意味合いとしては「参列してくれたことに対する感謝」です

新郎からのスピーチの場合もあれば、新郎と新婦ふたりからのスピーチの場合もあります。

新婦は、一般的に披露宴の終盤に「両親への手紙」を朗読します。

これをしない場合は別ですが、これがある場合は新婦には既に見せ場がひとつあるということになります。

なので、わざわざウェルカムスピーチで新婦からのスピーチはなくても良いという考え方もあり、その結果新郎からの挨拶になることが比較的多いです。

逆に、新婦が両親への手紙を読まない場合は、新婦がゲストの前で何かをする場面が全くなくなってしまいます。

両親への手紙を読まない場合は、ウェルカムスピーチを新郎新婦ふたりで一緒に行うことを選ぶのが無難でしょう。

謝辞

謝辞は、披露宴が終わるときに結びの挨拶として行われるものです。

来てくれた参列者に感謝の気持ちを伝え、これからの決意表明をする場ですね。

謝辞は新郎から行う場合と、新郎と新郎のお父様それぞれでスピーチをする場合があります。

このとき新郎父の謝辞の後に、新郎が謝辞のスピーチをして披露宴を締めくくるケースとその逆もあります。

謝辞に関しては、どちらでなければいけないという決まりはありません。

ウェルカムスピーチの内容に盛り込むこと

ウェルカムスピーチの内容に盛り込むべきこと

ウェルカムスピーチは、これから始まる披露宴を存分にゲストに楽しんでもらうために行うスピーチです。

初めに新郎から一言ゲストに感謝の気持ちを伝え、楽しい気持ちで披露宴をスタートさせることが目的となります。

盛り込むべきことは大きく二つです。

  • 参列ゲストに参列してもらったことのお礼の気持ち
  • 思う存分楽しんでいってくださいね!と披露宴の盛り上がりに期待させる言葉

結婚式は緊張感のあるところで行われるものですが、披露宴は少し違います。

披露宴は皆で食事を楽しみながら楽しいひとときを過ごしてもらう場ですから、ゲストをリラックスさせるような雰囲気を作り出すことも大切です

となると、あまり堅苦しいスピーチにせずにカジュアルな雰囲気にしても良いでしょう。

ウェルカムスピーチ例文

「本日はお忙しい中、私たちの結婚式のために、お集まりいただきましてありがとうございます。先ほど無事に挙式を挙げることができました。これもひとえに皆様のおかげです。日ごろの感謝の気持ちを込めて、ささやかながら美味しいお食事とお飲み物を用意させていただきました。限られた時間ではございますが、ぜひ楽しい時間を過ごしていただければ幸いです」

謝辞に盛り込むこと

謝辞に盛り込むこと

披露宴を締めくくる重要な場面です。

謝辞は新郎が一番緊張するところかもしれませんね。

終わりよければすべてよしという言葉があるように、最後の結びの挨拶はとても大切です。

できれば暗記しておくのが一番ではありますが、緊張して忘れてしまいそうと思うのであれば、カンペを読みながらでも全く問題ありません

大切なのは気持ちを伝えることです。

謝辞に盛り込むべき内容は三つあります。

  • 参列してもらったことに対する感謝の気持ち
  • ふたりならではのエピソード
  • 今後の抱負

もちろん、最初のウェルカムスピーチと同様に、来てもらったゲストへの感謝の気持ちは再度伝えなければなりません。

このあとのエピソード部分はさまざまですが、

「こんなこともあんなこともあったけれど、協力し合って周りからも支えられてここまで来ることができた」

という内容を含めるのが一般的です。

最後の抱負部分は、「これから〇〇な家庭を築いていきたい」というような今後の目標を盛り込みましょう。

そして、締めくくりは「これからも見守っていてください」とゲストへのサポートをお願いするのが自然です。

謝辞の例文

「本日は、私たちの結婚式にお集まりいただき、誠にありがとうございます。このような素敵な時間を過ごすことができたのも、ひとえに皆様のおかげと心から感謝しております。

これまで私たちふたりは、〇〇と○○で離れていたこともあり、すれ違うことも喧嘩をすることもありました。ですが、常にお互いを思いやることを忘れず、素直にあやまることができたからこそ、今があると思っています。いろいろな困難があったからこそ、さらにお互いを気遣うことができるようになりました。

これからは、二人三脚で明るく楽しい、笑顔の絶えない家庭を築いていきたいと思っています。まだまだ私たちは未熟です。これからもご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いします!」

人前でのスピーチが苦手なら気を付けるべき3つのポイント

スピーチで気をつけること

最後に、人前でスピーチをすることが苦手な新郎向けに、気を付けるべき3つのポイントについてお話ししておきましょう。

どれほどスピーチが苦手な人でも、この3つさえ気を付けていれば、スピーチは絶対に上手くいきます!

ポイント①大きな声ではっきり話す

自信がないとつい小さな声になってしまいがちです。

ですがここはしっかりと大きな声でハキハキと話すようにするのがポイントです。

これだけで聞き手の印象が変わります。

自信なさげに見えてしまうと、せっかくの結婚式での見せ場が上手く活かしきれません

ぜひいつもよりはっきりと、大きめの声で話すよう意識しましょう。

ポイント②下を向いてカンペを見る時間をなるべく減らす

謝辞は特に、カンペを使用することが多くなります。

これに関しては全く問題ありません。

ですが、カンペを見ることに夢中になるあまり、ゲストの方を見ずに下を見て話してばかりでは印象は良くありません。

できるだけゲストの方を見て、ゲストに想いを伝えるように語りかけるのがポイントです。

ポイント③ゆっくり話す

緊張するとつい早口になるのは人間の心理です。

ですが、早口のスピーチは聞き手に気持ちが伝わりづらいもの。

どうしても淡々としているように感じられてしまいます。

一言一言に想いをのせるように、ゆっくりペースで話すように心がけましょう。

まとめ

新郎のスピーチまとめ

人前でスピーチをすることに慣れていないと、結婚式のときのスピーチも緊張してしまいがちです。

ですが、そこにいるのは日ごろお世話になっている大切なゲストです。

他人ではありません。

伝えるべきことは、他でもない感謝の気持ちです。

せっかく集まってきてくれている大切なゲストに想いを伝えましょう。

重要なのは、上手に話そうとすることではなく、気持ちを伝えることです。

一生に一度の結婚式です。

そんな大切な一日を共に過ごしてくれるゲストに、最高のありがとうを伝えましょう。