結婚式のマナー

結婚式のスピーチは誰に頼む?依頼方法とマナー

主賓の謝辞や乾杯の挨拶といった結婚式のスピーチを、誰に頼めばいいものかと悩む方は多いでしょう。

スピーチは、その人から見た新郎新婦の人となりをゲストに知ってもらえる機会でもあるため、お願いする人はしっかりと選びたいものです。

今回は、結婚式のスピーチを誰に依頼するかや、主賓や乾杯の挨拶の依頼マナーについてご紹介します。

結婚式のスピーチは誰に頼めば大丈夫?

結婚式のスピーチは誰に頼めば大丈夫?

結婚式のスピーチをお願いする人の例をご紹介します。

主賓の謝辞をお願いする人は?

主賓を選ぶ際、基本的にはゲストの中で最も格が高い人にお願いをします。

しかし、格が高い人というのはひとつの目安ではありますが、必ずしもそのような方を選ばなければいけないという決まりはありません。

主賓の謝辞はどんな人にお願いすればいいかをご紹介します。

  • 新郎新婦上司

最近は、新郎もしくは新婦の上司に主賓をお願いすることが多いのですが、ひとことで上司といっても直属の上司から社長までさまざまです。

会社で数年以内に結婚式を挙げた方がいれば、誰を主賓にしたのかを聞いてみましょう。

もし決めきれないのであれば、1番格が高い人にお願いするといいでしょう。

  • お世話になった恩師

高校の恩師や大学時代にお世話になった教授などにお願いする人もいます。

学生時代を知る恩師は、会社関係者とは違ったエピソードを話してくれるでしょう。

  • 親戚

尊敬している人がいたり、仕事関係などで頼める人がいない場合などには親戚にお願いする場合も。

親戚にお願いしたい場合は親にも事前に相談しておきましょう。

  • 友人

会社関係者を招いていない結婚式では、友人に主賓をお願いすることもあるようです。

会社関係者を招いている結婚式であっても、主賓をやってほしいと感じる友人がいるのであればお願いしても問題ありませんが、そのことで不満をもつような方がゲストにいないかも考えた方がいいでしょう。

乾杯の挨拶をお願いする人は?

乾杯の挨拶をお願いする人を選ぶ目安は、主賓の次に格の高い人です。

「主賓は新郎の上司だったから乾杯の挨拶は新婦の上司に」というように、それぞれの上司にお願いすることが多いようです。

他にも、

  • 恩師
  • 親戚
  • 友人

など、この人にお願いしなくてはいけないというような決まりはないため、ふたりが乾杯をしてほしいと感じる人を選びましょう。

乾杯は披露宴のスタートでもありますので、話し上手な人を選ぶと雰囲気の良い状態で披露宴を始められそうです。

先輩カップルは誰にスピーチを頼んだ?

先輩カップルは誰にスピーチを頼んだ?

先輩カップルはどのようにしてスピーチを依頼する人を選んだのでしょうか。

誰を選んだのかと、その人を選んだ理由を20~30代の男女に答えてもらいました。

主賓の謝辞をお願いした人

まず、主賓の謝辞を誰に依頼したのかを見てみましょう。

上司に頼んだ

  • 最初に夫婦で結婚式を上げる準備をしているときに誰にしようかと話あっていましたが、結婚式場の担当者様から新婦の上司の方が多いですよと言われ世間的にはそうなのかと思い依頼をした。
  • とても人徳のある、面倒見の良い方で、頼みやすかったから。また、職場の同僚の結婚式でもスピーチを担当されていたから。
  • 結婚相手が同じ職場だったので、招待した職場の人の中で、役職が一番上だった取締役にスピーチをお願いするのが無難だろうという判断から。
  • 社内恋愛の末の結婚で上司は同じなのでこの人しかいないと思いました。また、職場でも話しやすくプライベートでもお世話になっていた上司なので。
  • 私のことをよく理解している人で、会式の取りまとめが上手な方だからです。私のことを宜しく頼むと思っている人がスピーチすると説得力があります。

恩師に頼んだ

  • 業界的に知名度のある教授であったため。また仕事人、社会人として影響を大きく受けた人物であり、卒業してからも感謝の気持ちがずっとあったため。

親戚に頼んだ

  • 叔父が職業柄そのようなスピーチを多くしているのと私たち夫婦や家族とも仲が良く、しっかりとしている方だから。
  • 会社の上司を結婚式に呼ばなかったのと、その叔父が非常にスピーチが上手く、人前で話すことに慣れていたから。

友人に頼んだ

  • その友達はyoutuberをしていたので自分達の世代にはある程度顔が知れていました。有名人に依頼したほうが盛り上がるかなと思ったので頼みました。
  • 会社の上司や同僚はお互いに招待はせず、親友と親戚のみ招待の式で、お互いのことをよく知っていたからです。

乾杯の挨拶をお願いした人

次に、乾杯の挨拶は誰に依頼したのかを見てみましょう。

上司に頼んだ

  • 職場の直属の上長なので、新郎のことをよく知っており、快く引き受けてくれた。ユーモアがありおもしろい話のできる人柄なので、楽しく盛り上げてくれそうだと思った。
  • 普段から人の前に立って話す機会が多い立場の人だったので、慣れているだろうと思ったことと、新郎のことを近くで見ている人だったので、挨拶内容にも困らないだろうという理由から。
  • 部長クラスの上司に頼んだほうが場が引き締まると感し、ある程度自身の仕事内容や働きを知っている所属部門のトップに挨拶を依頼した。
  • 会社での付きあいが長く、頼み安い人であったのと、人前にでることが苦にならない人柄だったから依頼しました。
  • あまり深い意味はないですが、その方にお願いしておくと最終的に主人が出世できるかもしれないということも含めて挨拶を依頼しました。

恩師に頼んだ

  • 招待するなら何か役割を付けよと事前に恩師から言われていたため。また、新婦側の招待客の中では最も年配であったので適役だと思ったから。

親戚に頼んだ

  • 新郎側の親族が少なく、乾杯ができるような成人男性が叔父と父親しかいなかったため、叔父に依頼した。また、過去にも実施したことがあるから。

友人に頼んだ

  • 特に誰にお願いするか決めておらず、その場でやりたい人に立候補してもらいました。たまたま友人(元会社の同僚)が一番早く手を挙げたので、その方にお願いしました。
  • 結婚式に上司などの会社の方は呼ばず、友人中心の式にしたため。主賓の挨拶を新郎の友人に頼んだため、乾杯の挨拶は新婦の友人に頼みました。
  • パーティー会場に慣れた方で盛り上げ上手、そして元気で明るい人で責任感もあるというお墨付きを新婦から得たので依頼しました。
  • 遠方からはるばる来て頂くし、夫婦揃って新郎の大学時代の友人で過ごした時間が長く、新郎のたっての希望があったので。

結婚式でスピーチをお願いする場合のマナー

結婚式でスピーチをお願いする場合のマナー

主賓の謝辞や乾杯の挨拶をしてほしい人を決めたら、出来るだけ直接会ってお願いをしましょう。

しかし、相手が遠方に住んでいてなかなか会うことができない場合は電話でも大丈夫です。

スピーチの内容を考えたりしなければいけないため、お願いをする時期はなるべく早めにし、遅くとも2か月前までには伝えておきたいところ。

お願いするときは、まず結婚式をすることと日時を伝え、主賓の謝辞や乾杯の挨拶をお願いしましょう。

この時に、

  • 時間は3分程度
  • 招待人数
  • どのようなことを話してほしいか

なども伝えておくといいでしょう。

口頭で伝えたら、後日招待状にも主賓の謝辞や乾杯の挨拶をお願いする付箋を同封し、改めてお願いするのを忘れないようにしてください。

主賓や乾杯の挨拶をお願いした方には、当日お車代を包みます。

お車代の目安は1万~3万円程度ですが、自宅から会場まで往復のハイヤーを手配した場合、お車代は必要ありません。

まとめ

まとめ

結婚式のスピーチを誰に依頼するかや、主賓や乾杯の挨拶の依頼マナーについてご紹介しました。

主賓や乾杯の挨拶は、ゲストの中でも格が高い人にお願いするのが一般的ではありますが、恩師や親戚、友人などでも大丈夫。

自分たちがスピーチをしてほしいと感じる人にお願いしましょう。

結婚式のスピーチは、会って直接お願いをした方が丁寧です。

また、主賓や乾杯の挨拶をお願いした人には、当日の往復ハイヤーを手配するか、お車代を用意するのを忘れないようにしましょう。