結婚式の準備

結婚式っていくらかかる?自己負担額のシュミレーション方法

結婚式のことを考え始めた時に、まず気になるのはお金のことではないでしょうか。

結婚式にはどのくらい費用がかかるのか、ご祝儀の金額はどの程度なのか、知っておきたいことはたくさんあるでしょう。

まずはじめに招待する予定のゲストの人数を数え、一度自己負担額のシュミレーションをしてみるのがオススメです。

自己負担額のシュミレーションをしておくと、おおよその目安になるので費用の見通しも立てやすくなります。

今回は、結婚式費用の相場価格と自己負担額のシュミレーション方法をご紹介します。

自分たちの自己負担額を計算してみましょう。

自己負担額計算の前に!知っておきたい結婚式費用の平均

自己負担額計算の前に!知っておきたい結婚式費用の平均

結婚式費用の平均は「約350万円」。

この金額には、挙式・披露宴・演出・装飾・衣装代・ギフト代が含まれています。

ゲストの人数平均は60〜70人というカップルが多いため、60〜70人程度の平均金額と言えるでしょう。

「350万円なんて大金用意できない!」と思う方もいるかもしれませんが、350万円全額が自己負担になるわけではなく、ご祝儀や招待するゲストによって自己負担額も変わります。

次にご説明する自己負担額のシュミレーションで、自分の自己負担額はどのくらいになるのか計算してみましょう。

結婚式の自己負担額はいくら?シュミレーションする方法

結婚式の自己負担額はいくら?シュミレーションする方法

実際に、結婚式費用の自己負担額はどのくらいになるのかをシュミレーションしてみましょう。

結婚式の費用を相場から計算

結婚式にかかる費用は以下のように計算します。

【ゲストの人数】×【3万円】+【150万円】

なぜ3万円をゲストの人数に掛けるかというと、料理とドリンク代と引き出物等のギフト代を合わせた金額の平均が約3万円だからです。

150万円は挙式や会場使用料、衣装など人数で変動のない金額となります。

演出を多くしたりお色直しを増やすなどすれば150万円を超えることもあるので、最低金額と考えておくといいでしょう。

最初から「お色直しは絶対に3回」「演出代が高いけどやりたいものがある」などの希望がある場合は、この150万円の部分を増やして考えておくと安心かもしれません。

ご祝儀の見積もり方法

ご祝儀はゲストによって金額が変わるものです。

例えばゲストが60名の場合、親族10人と友人や会社関係者50人なのか、親族が20人と友人や会社関係者40人なのかではご祝儀の金額にもかなり差が出てきます。

ご祝儀の計算をするのであれば、一度招待予定のゲストをリスト化してみるといいでしょう。

この時、親族・上司・恩師・同僚と友人で項目分けをしてリスト化しておくと、引き出物の用意をする時なども役立ちます。

「ゼクシィトレンド調査2019」によると、それぞれのご祝儀金額の平均は以下の通りです。

  • 親族 6.7万円
  • 上司 3.9万円
  • 恩師 3.7万円
  • 友人 3.0万円

このように、招待するゲストによってご祝儀の平均額も違います。

親族のご祝儀は高めの傾向があるので、先ほどご紹介したように親族の人数でご祝儀の金額が大きく変わるのです。

しかし、この平均金額どおりに計算してしまうと、「思ったよりもご祝儀が少なかった」ということもあり得るので、ゲスト1人あたり3万円で計算しておきましょう。

自己負担額を相場で計算

ゲストの人数から結婚式にかかる費用を計算したら、そこからご祝儀の金額を引きましょう。

例えば60人の場合

結婚式費用:【ゲストの人数60人】×【3万円】+【150万円】=330万円

ご祝儀見積もり【ゲストの人数60人】×【3万円】=180万円

【結婚式費用330万円】-【ご祝儀見積もり180万円】=150万円

上記のように150万円を自己負担の目安として考えておきましょう。

人数が増えた場合でもご祝儀の金額も増えるので、ゲストのための費用はご祝儀でカバーできると考えておくとわかりやすいかもしれません。

新郎と新婦 結婚式の自己負担の割合はどのくらい?

新郎と新婦 結婚式の自己負担の割合はどのくらい?

結婚式費用の自己負担分を新郎新婦で全て支払うのであれば、最初に話しておきたいのが負担の割合です。

先輩カップルたちの自己負担の割合は

  • 2人とも同額ずつ負担…約50%
  • 新郎が多めに負担…約30%
  • 新婦が多めに負担…約20%

以上のような結果となっています。

結婚式をすることに決めたら、早めに負担割合を話しておくことをオススメします。

結婚式の自己負担額をシュミレーションでご祝儀を見積もる時の注意ポイント

結婚式の自己負担額をシュミレーションでご祝儀を見積もる時の注意ポイント

ご祝儀を見積もる時の注意ポイントは、まず子供をカウントしないことです。

甥・姪や友人の子供は親がご祝儀を出すため、親とまとめてカウントするようにしましょう。

次に、親戚など家族を呼ぶ場合は家族でまとめてひとつのご祝儀となるので、家族も1人ずつはカウントせずまとめてのカウントとなります。

また、若いゲストの場合ご祝儀が1万円や連名で3万円を包むこともあるため、見積もる際は少し安めに見積もっておくと安心です。

結婚式の自己負担額が0円の人も!?親からの援助は早めに確認

結婚式の自己負担額が0円の人も!?親からの援助は早めに確認

親からの援助が期待できそうであれば、相談してみましょう。

援助をしてもらった人の割合や援助を確認するタイミングをご説明します。

親から援助をしてもらった人の割合

親から援助を受けた人は6割以上。

半数以上のカップルが親から援助を受けています。

親から受けた援助金額は、援助を受けた7割以上のカップルが100万円以上、さらに3割以上のカップルが160万円以上となっており、子供の一生に一度の結婚式のために金銭的なサポートをしたいと考えている親が多いことがわかります。

親に援助してくれるか確認するタイミング

結婚式の話が出た時に親の方から援助を申し出てくれればありがたいのですが、親から援助の話は出ていないけれど援助を頼みたいという方もいるでしょう。

親と言えども「お金を出して欲しい」というのはなかなか言い出し辛いものですが、親からの援助があるかないかでは自己負担額は大きく変わります。

お金に関わることは早めに確認しておくことが大切なので、タイミングを見計らって話を切り出してみましょう。

確認のタイミングとして、結納や親同士の顔合わせの場や、式場を見学して見積もりをもらい具体的な金額がわかった後がオススメです。

援助を頼む場合は直接会って、どんな結婚式にしたいかを具体的に伝えてお願いするようにしましょう。

話をする際に、「自己負担額がどのくらいになりそうか」「ふたりでいくらまで負担ができるか」を聞かれたときに、すぐに答えられるように前述のシュミレーションでチェックしておきましょう。

ただ「援助して」と言われるよりも、細かくお金のことを考えていることがわかれば、親も納得してくれるかもしれません。

結婚式は自己負担額ばかりにとらわれず、ゲストを「もてなす」心を忘れずに!

結婚式は自己負担額ばかりにとらわれず、ゲストを「もてなす」心を忘れずに!

自己負担額を減らしたいと考えるあまりに、節約ばかりでゲストをもてなす気持ちを忘れてしまう事があります。

料理やドリンクのランクを下げすぎたり、装飾が少なすぎてなんだか寂しい会場になってしまったり。

そのような結婚式ではゲストをガッカリさせてしまうかもしれません。

主役はもちろん新郎新婦ですが、わざわざ足を運んで祝福してくれるゲストに満足して笑顔で帰ってもらえるような結婚式を心がけましょう。

「自分がこの結婚式に出席したらどう思うか」を考えながら準備を進めていくと、ゲストにも満足してもらえる結婚式となるのではないでしょうか。

まとめ

まとめ

結婚式費用の相場価格と自己負担額のシュミレーション方法をご紹介しましたが、自分たちの自己負担額は見えてきましたでしょうか?

自己負担額がおおよそでもわかっていると、結婚式費用の用意もあやふやにならないので、最初にシュミレーションしておくことをオススメします。

まだ招待するゲストを決めていないカップルは、招待ゲスト一覧を作成するところから始めてみましょう。