結婚式の準備

結婚式二次会準備はどこまで友人に頼む?幹事や司会の選び方

結婚式の二次会で幹事や司会選びにお悩みではないですか?

幹事は友人への負担が大きく重要な役割であるため、誰にお願いすべきか決めあぐねているという人もいるでしょう。

また、幹事や司会には向き不向きがあり、向いていそうな相手でも状況によってお願いしない方がいいこともあります。

そこで今回は、幹事を友人にお願いするメリット・デメリット、どんな友人に幹事や司会をお願いすべきか、幹事を頼める人がいない場合の対処法をご紹介します。

結婚式二次会の幹事を友人にお願いするメリット&デメリット

結婚式二次会の幹事を友人にお願いするメリット&デメリット

結婚式の二次会は、友人に幹事をお願いすべきなのでしょうか。

それとも誰にも任せず、自分たちで準備できるものなのでしょうか。

幹事を任せるメリットとデメリットをご紹介します。

友人に二次会の幹事をお願いした人の割合

ゼクシィ「結婚式の二次会幹事」のアンケートによると、友人や同僚などの知人に幹事をお願いしたカップルは87%でした。

対して、幹事をお願いせずに自分たちで仕切ったカップルは4%しかおらず、非常に少ないことがわかります。

新郎新婦がふたりで二次会の準備を進めたとしても、当日は主役なので当然裏方に回れません。

そのため、ふたりだけで準備から当日の進行まですべてをおこなうのは難しいと言えるでしょう。

友人に結婚式二次会の幹事をやってもらうメリット

友人に幹事をお願いすると、

  • 二次会の準備の手間が減るため結婚式の準備に専念できる
  • 当日何かあっても幹事に対応してもらえる
  • 当日新郎新婦は進行を気にする必要がない

といったメリットがあります。

先ほどもご説明しましたが、二次会まですべて自分たちで準備をおこなうことはできても、結婚式の準備が大変になってしまう上に、当日は進行に気を配らなくてはなりません。

そのため、準備の大部分は新郎新婦がおこなったとしても、最終打ち合わせあたりから当日までは幹事に手伝ってもらった方がいいのです。

また、二次会会場側からしても、トラブルなどがあったときに幹事がいれば判断を委ねることができます。

友人に結婚式二次会の幹事をやってもらうデメリット

デメリットは友人に負担がかかるという点です。

幹事は当日だけ動けばいいわけではありません。

新郎新婦や二次会会場と打ち合わせをしたり、必要なものを購入したりと時間を取られます。

そのため、幹事選びには気を配らなくてはいけません。

  • 仕事が忙しい人
  • 転職活動をしていたり、資格試験などを控えている人
  • 子育て中の人
  • 体調を崩しやすい人
  • 遠方の人
  • 結婚や引っ越しなどを控えている人

このような人には、幹事は重荷となってしまいます。

断れない性格の人もいますので、幹事ができる余裕があるかどうかを確認してからお願いしましょう。

結婚式二次会の幹事や司会はどんな友人にお願いするべき?

結婚式二次会の幹事や司会はどんな友人にお願いするべき?

二次会の幹事や司会はどのような友人に頼むべきなのでしょうか。

人選を間違えると、友人に迷惑がかかったり二次会自体が失敗してしまう可能性もあります。

幹事や司会の向き不向きを考えて選びましょう。

二次会の幹事は何人にお願いする?

二次会の幹事は数人いても大丈夫。

むしろ数人いた方がやるべきことを分担できます。

ゼクシィのアンケートによると、幹事をお願いした人の人数は半数ほどのカップルが2人にお願いしています。

2〜4人ほどいると、多すぎてまとまりがなくなることもなく、程よく分担できるのではないでしょうか。

中には、何度も幹事経験があり、慣れていることから1人で幹事をこなす心強い人もいるようです。

幹事をお願いする人は、新郎友人でも新婦友人でも大丈夫ですし、共通の友人ならふたりのことをよくわかっているので企画もしやすいでしょう。

また、新郎側と新婦側から気が合いそうな人を1人ずつ選んでもOKです。

幹事に向いているのはこんな人

二次会の幹事はやるべきことがたくさん。

会場探しや企画、会場との打ち合わせやプログラムの決定など事前の準備が多く、当日は進行やお金の管理もする必要があります。

そのため、仲の良い友人の中でも

  • アイデア豊富な盛り上げ役の人
  • お金の管理ができるしっかりとした人
  • 準備の進捗具合などを調整できるまとめ役の人

このような人たちを選んでお願いすると、安心できそうですね。

司会に向いているのはこんな人

司会者は1〜2人選びましょう。

司会者は人前に出ることが苦痛ではない、仕切り上手な人にお願いするのがオススメ。

司会者は前もって幹事と打ち合わせをおこない、段取りを確認しておきましょう。

友人に結婚式二次会の幹事をしてもらう場合の準備とお礼はどうする?

友人に結婚式二次会の幹事をしてもらう場合の準備とお礼はどうする?

幹事や新郎新婦がやるべき準備は多いため、何をすべきか最初に把握しておかなければなりません。

また、幹事や司会などをお願いしたのであれば、お礼は必須です。

ここでは、二次会準備と幹事へのお礼についてご説明します。

どこまで幹事に準備をお願いできる?

結婚式二次会の準備には以下のようなものがあります。

  • 企画
  • 会場との打ち合わせ
  • 会費決定
  • プログラム決定
  • 予算分配
  • 予算管理
  • 必要なアイテムの確認
  • 必要なアイテムの買い出し
  • 余興の依頼
  • 当日の費用精算

また、このほかに幹事が司会や受付をおこなうことも。

これらすべてを任せると、幹事への負担はかなり大きいものになります。

準備は新郎新婦と幹事で分担しておこないましょう。

最初に、誰がどの準備を進めるかの打ち合わせをしておくことをオススメします。

新郎新婦が忙しすぎる場合や、幹事に慣れている友人にお願いした場合などは、会場探しから会費の決定まですべて幹事がやることもあります。

そのような場合は、「すべてお任せしたい」ということを伝えてから幹事をお願いしましょう。

ただし、その分負担は大きくなるのでお礼を上乗せした方がいいかもしれません。

幹事や司会などをお願いした場合友人へのお礼はどうすればいい?

幹事や司会、受付などを友人にお願いした場合は、お礼をする必要があります。

幹事や司会をお願いした友人には、

  • 1万円ほどお礼を包む
  • 会費を免除する
  • 後日ご飯をご馳走する
  • お金ではなくプレゼントを渡す

このようなお礼をするカップルが多いようです。

受付をおこなってくれた人には、お礼として3,000〜5,000円包むか、会費を免除にするのがオススメ。

もちろん、お金ではなくプレゼントでも大丈夫ですよ。

結婚式二次会の幹事をお願いできる友人がいない!そんな時はどうすべき?

結婚式二次会の幹事をお願いできる友人がいない!そんな時はどうすべき?
  • 二次会の幹事を頼めそうな人がいない
  • 友人に負担をかけたくない

このような場合は自分たちで二次会の準備をすべきなのでしょうか。

幹事を頼める人がいない場合は、幹事代行サービスを使うのもひとつの手

自分たちで二次会まで準備をするのはキャパオーバーになる可能性があります。

しかし、誰にも幹事をお願いすることができないというカップルにオススメなのが、幹事代行サービスです。

「ゼクシィ結婚トレンド調査2020」によると、幹事代行サービスの利用者は年々増えており、首都圏で2014年は9.4%だった利用者が、2020年は23.3%まで増えました。

幹事代行サービスが浸透してきたことから、利用者の数も増えてきたのでしょう。

幹事選びに悩むカップルは多いのかもしれません。

幹事代行サービスの費用はいくらかかる?

幹事代行サービスは、準備から当日の進行や受付まですべて代行してくれます。

そのため、友人には誰ひとりとして負担を強いることがありません。

費用は幹事代行サービスによって料金体系が違います。

例えば、「2次会くん」の料金は

  • サービスプラン…自己負担0円〜
  • 40名シンプルプラン…自己負担79,800円

となっており、会費の中から幹事代行サービスの費用が支払われるようになっています。

自己負担0円になるようにすると、会費がかなり高額になるということです。

また、「2次会本舗」という幹事代行サービスの場合は、当日の参加ゲスト1人×3,300円が基本料金となります。

50人が出席した場合、165,000円(税込)が必要になるということです。

ただし、こちらも会費を調整することで、自己負担を減らすことは可能です。

まとめ

まとめ

今回は、幹事を友人にお願いするメリット・デメリット、どんな友人に幹事や司会をお願いすべきか、幹事を頼める人がいない場合の対処法をご紹介しました。

友人に幹事をお願いするメリットは、

  • 新郎新婦は結婚式の準備に専念できる
  • 当日に何かあっても幹事に対応してもらえる
  • 当日新郎新婦は進行を気にする必要がない

などがあり、結婚式の準備で忙しい新郎新婦としては大助かりの存在となります。

デメリットは、負担の大きさです。

幹事のやるべきことは多く、準備に時間をかなり取られるため、体の弱い人や子育て中の人、何かイベントを控えている人などにはお願いするべきではないでしょう。

幹事は、

  • 盛り上げ上手
  • お金の管理が任せられる
  • まとめ役ができる

ことような人に向いており、司会の場合は人前で物おじしない仕切り上手な人を選びましょう。

二次会の準備は、

  • 企画
  • 会場との打ち合わせ
  • 会費決定
  • プログラム決定
  • 予算分配
  • 予算管理
  • 必要なアイテムの確認
  • 必要なアイテムの買い出し
  • 余興の依頼
  • 当日の費用精算

このように多岐に渡るため、新郎新婦と幹事で話し合い、役割分担を決めてください。

幹事や司会、受付をお願いした友人には、必ずお礼をしましょう。

お金を包んでもいいですし、会費免除や、後日ご飯をご馳走してもOK。

もし、幹事をお願いする友人がいない場合は、自分たちですべて準備をおこなうのは大変です。

そんな時は幹事代行サービスを利用した方がいいでしょう。

準備から当日の進行や受付まで代行してくれます。

費用は自己負担0円から頼めますが、その場合は会費がかなり高くなるので注意しましょう。