結婚式の準備

結婚式の席次&席順にもルールが!配置の仕方を徹底解説

結婚式の招待状の返信はがきが戻ってきてゲストが確定したら、席次や席順を決めて席次表を作ります。

しかし、いざ席の配置をしようと思っても、「誰をどこに配置しなければならないのかチンプンカンプン…」という方は多いのではないでしょうか。

そこで今回は、結婚式の席次や席順のマナーとルールをご紹介します。

基本を知れば席の配置も難しくないので、見ていきましょう。

結婚式の席次や席順を決める前に配置のマナーをチェック

結婚式の席次や席順を決める前に配置のマナーをチェック

席次や席順を考える前に、マナーを頭に入れておきましょう。

結婚式の席次って何?

席次は結婚式に限らずビジネスの場などでも重要なもの。

その状況に合わせた座席の並び順のことで、上座に目上の方を配置することが一般的。

そのため、席次や席順のマナーが守られていない場合、失礼にあたることもあります。

最近では親を上座にするなど、上座や下座を意識しない配置をする方もいますが、そのような配置にする場合でも最低限のルールを理解してから配置を考えた方がいいでしょう。

結婚式の席次や席順にも“上座”と“下座”がある

披露宴の席次や席順は高砂(新郎新婦の席)の方を向いた時に、左側が新郎ゲスト右側が新婦ゲストと左右で分けます。

高砂に近いほど上座、高砂から離れた席は下座となります。

上座から

  1. 主賓
  2. 仕事関係者
  3. 友人
  4. 親族

といった順番で席を決めていきましょう。

ただし、地域によっては主賓よりも上座に親族を配置するところもあるので、ふたりの地元ではどのような配置が一般的かはじめに確認しておくといいでしょう。

ゲストの過ごしやすさを考慮した席次や席順にしよう

ゲストの席次や席順を決める場合、友人は上座下座をあまり気にしなくても大丈夫ですが、グループ分けして配置したからOKと終わらせてしまわないように。

できれば、その配置でゲストひとりひとりが楽しく過ごせるかを考えた方が、より良い結婚式になるでしょう。

例えば、同じグループでテーブルをまとめているから大丈夫と考えていても、お互いは顔見知りでもなく趣味趣向も違う人がいるかもしれません。

ゲストの個々のことを考えながら、席を配置していきましょう。

職場関係者の席は役職順が基本

職場関係者の席の配置に悩む方は多いのではないでしょうか。

職場関係者は基本的に上座から役職が上の方に座ってもらうのがマナー。

上司が複数人出席する場合、上司と同僚のテーブルを分けることもありますが、同僚と席を一緒にした方が良さそうであればそれも問題ありません。

職場の人間関係などを考えながら配置をしましょう。

これさえ押さえておけばOK!席次や席順の基本ルール

これさえ押さえておけばOK!席次や席順の基本ルール

テーブルの形はいくつか種類がありますが、基本的なルールは同じ。

ルールさえ覚えておけば、配置に迷うことも少なくなるでしょう。

前述した通り、高砂に向かって左側に新郎ゲスト、右側に新婦ゲストを配置します。

それぞれのゲストの人数に差がある場合は、真ん中から左右に分かれるように配置できなくても問題ありません。

高砂に近い席が上座となり、高砂からいちばん遠い席が下座となるため、主賓→職場の上司→恩師→職場や学生時代の先輩→職場の同僚や友人→後輩→親戚→両親というような順番で配置をするのが基本です。

同じ列に並んでいるテーブルでも、中央の方が高砂に近くなるため上座となります。

ただし、先輩や同僚や後輩など分けていると、配置が難しくなることもあるため、そのあたりは気にしすぎなくても大丈夫でしょう。

親族の席は血縁が濃い方から下座に座ります。

下座から、両親→兄弟→祖父母→伯父伯母→叔父叔母→いとこというような順番となりますが、親族の関係性によって順番を入れ替えてもいいでしょう。

席次と席順についてよくある疑問

席次と席順についてよくある疑問

疑問①親や親戚など離婚をしている方々を双方招待する場合

両親や親戚が離婚している場合など、テーブルを一緒にしていいものか、隣り合わせに座ってもらってもいいものかと悩むことがあります。

そのような場合は、離婚をしていても仲良くしている方もいればそうでないこともあるため、本人にどのような配置がいいか確認しておいた方がいいでしょう。

疑問②親や親族が新郎新婦から離れたテーブルに座る理由

結婚式の時、両親には間近で自分たちの晴れ姿を見てほしいのに、どうして一番遠い席になるの?と感じたことがある方もいるのではないでしょうか。

新郎新婦に近い席は上座となり、入口付近は下座となるのですが、両親や親族は結婚式のゲストではなくホスト側となるため下座である入口付近となることが多いのです。

地域によっては両親や親族もゲストとして扱い、上座の席を用意するところも。

ふたりの出身地の違いなどもあるので、両親も交えて相談しながら決めるといいでしょう。

疑問③前の職場と今の職場で上司がふたり!席順はどうする?

転勤や部署移動があった場合など、今の上司と以前までの上司の席順に迷うこともあるでしょう。

ふたりの上司の肩書が同じ場合、どちらが上座といった決まりはないため、上司同士の関係性などを考慮しながら配置してみるといいかもしれません。

もし悩むようであれば、社歴や年齢を考慮すると席順も決めやすくなります。

疑問④新郎ゲストと新婦ゲストを同じテーブルに配置しても大丈夫?

新郎ゲストと新婦ゲストが半端な数となってしまった場合に、両方のゲストを合わせたテーブルを用意しても問題ありません。

その場合、事前に同じテーブルのゲスト情報を伝えてくと、そのテーブルのゲストも安心できるでしょう。

疑問⑤少人数グループや1人参加の友人ゲストが多い場合は?

2~3人程度の少人数グループは、少人数グループを組み合わせた席を用意し、1人で参加しているゲストがいる場合は同じく1人参加のゲストと同じテーブルに座ってもらうのがいいでしょう。

配席をする時に、可能であれば同じテーブルの少人数グループ同士や、1人参加でも隣り合ったゲスト同士は、気が合いそうな人たちを組み合わせるといいでしょう。

そうすれば、ゲストがより結婚式を楽しめるかもしれません。

疑問⑥仲の悪い親族も同じテーブルにするべき?

親族の中には、お互いに相容れないと仲たがいしている方たちがいるかもしれません。

そのような場合には無理に同じテーブルに座ってもらう必要はないので、違うテーブルでお互いの顔が見えない位置などを考えて、うまく配置してみましょう。

もし配置が難しいようであれば、プランナーに相談してみるといいでしょう。

まとめ

まとめ

今回は、結婚式の席次や席順のマナーやルールをご紹介しました。

席次や席順を間違えると、目上のゲストには非常識と思われる可能性があります。

上座と下座を頭に入れて席の配置を決めましょう。

テーブルごとにグループを分けるのはいいですが、そのテーブルに馴染めなさそうな方を入れてしまっていないかなど、ゲストのことを考えて配置すると、よりゲストが楽しめる結婚式となるでしょう。

職場関係者は基本的に、役職が上の方から上座に座ってもらうようにしてください。

席次や席順を決める時にもイレギュラーな事態はよくあります。

離婚をしている方を呼ぶ場合は、テーブルを一緒にしても大丈夫か本人に確認をしたり、仲が悪い親戚はテーブルを別にするなど、基本のルールに当てはまらないこともしばしば。

そのような場合には、状況に合わせて臨機応変に席の配置をしましょう。

どうしたらいいのかわからないという場合は、両親やプランナーに相談をしてみるといいでしょう。