結婚のお金

先輩カップルに学ぶ!結婚式の節約方法を節約金額別にご紹介

「結婚式で節約したいけれど、どの部分で節約するべきかわからない」という方もいるでしょう。

節約をするなら、まず先輩カップルはどのようにしてどのくらい節約できたのかを知るのがいちばん。

そこで今回は、先輩カップルに結婚式の節約方法と節約できた金額について教えてもらいました。

さまざまな節約方法を答えてもらいましたので、参考にしてみましょう。

先輩カップルが実際におこなった結婚式の節約方法

先輩カップルが実際におこなった結婚式の節約方法

まず、先輩カップルが自分たちの結婚式でおこなった節約方法を、節約金額別でご紹介します。

先輩カップルの結婚式節約術:~10万円未満

  • 結婚式の時、ウェルカムスペースの装飾品を式場側で用意をしてくれると言われましたが、お金がかかるのでウェルカムボードなど出来るだけ手作りで用意しました。

【節約金額:2万円】

  • テーブルに飾る花の数を最低限にしました。

グラスをつけてオシャレにしたので満足でした。

また、席次表を素材から探して、 イチから手作りにしました。

【節約金額:6万円】

  •  お花関係に関して、高砂のお花は多くの人から見られるので豪華にしましたが、各テーブル席はお花を控えめにして、自分で作った小物等で装飾するようにしたり、フラワーシャワーは造花やシャボン玉を用意したり、両親へプレゼントするお花も自身で準備しました。

お花関係を見直すことが一番節約になったと思います。

【節約金額:8万円】

先輩カップルの結婚式節約術:10万円~20万円未満

  • 席次表やメニュー表など、紙のものは職業柄作れたので、イチから制作しました。

ウエルカムボードも自分で作ったので、業者に出すより安く済みました。

どこにもない手作りだったので、出席者からは好評でした。

【節約金額:10万円】

  • ペーパーアイテムをすべて手作りしました。

プチギフトも式場よりネットの方が種類も多く、可愛いのが豊富だったので、ネット注文にしました。

【節約金額:10万円】

  • 衣装のオプションを自分で用意することです。

一生に一度のことですし、ドレスに関してはなかなか妥協できませんでした。

ただ、見た目がそこまで質素にならなければいいと考え、ティアラやグローブなど自分で買った方が安いものは買うようにしました。

【節約金額:10万円】

  • 記念撮影、動画をプロに頼まず、YouTubeやインスタなどに凝っている友人複数を選んでお願いしたこと。もちろん謝礼は渡したが、好きな作業なのでむしろ喜んで様々な趣向を凝らしてもらえてゲストからも喜ばれました。

【節約金額:10万円】

  • プロフィールビデオやエンドロールの作成を自分で行いました。

編集ソフト代で1万円ほどかかりましたが、式場に依頼するよりもずっと安く仕上がりました。

プロフィールビデオは新郎新婦の成長過程、家族との思い出の写真などを集め、二人の出会い等のきっかけをまとめました。

エンドロールでは、結婚式に出席してくれたゲストとの写真を集めて作成しました。

手間はかかりましたが、好きな音楽と好きな写真を構成する楽しさと、また今までの思い出を振り返りながら作れたことがとてもよかったです。

【節約金額:10万円】

  • チャペル内での音楽には重きを置いていなかったので、牧師とオルガン奏者・聖歌隊一名という最小限の人数にすることにより少し挙式代を節約することが出来ました。

【節約金額:10万円】

  • 招待客のテーブルや受付に置くペーパー類を、趣味のレタリングやカリグラフィー、切り絵、デコ等を駆使して手作りし、装飾は生花を減らして風船を飾り付けたました。

【節約金額:12万円】

  • 料理のランクを下げることとお色直しをしないと安くなります。特に、料理のクオリティを下げてもお酒を飲めるので問題ありません。

出席人数によって大きく変化することができます。

【節約金額:15万円 】

  • 式場で単価相場が高かったものの一番は人件費だったので、司会などは友人の中で目立ちたがり屋の司会が得意という人に頼みました。

カメラマンも式場の人に頼むと高額になるため、ネットのフリーカメラマンを使いかなり安くできました。

【節約金額:15万円】

先輩カップルの結婚式節約術:20万円~30万円未満

  • 1つの式場で挙式と披露宴をする予定でしたが、挙式は神社でおこない、提携しているホテルで披露宴をしました。

意外とその方が安く済みました。

【節約金額:20万円】

  • 引き出物や招待状など、自分の手で作業できるものを自力で行いました。

引き出物の商品をすべて自分で仕入れ、紙袋だけ式場から購入したり、招待状や席次表などはネットで発注できるサイトを利用しました。

【節約金額:25万円程度】

先輩カップルの節約術:30万円~40万円未満

  • 式場関係の費用はなかなか圧縮できないので(特に料理をケチるとバレやすい)カメラマン、ムービー関係を知り合い頼みました。

【節約金額:30万円】

  • 自分達で用意できるものは用意しました。招待状の宛名は自分達で書く、座席カードとプロフィール、ウェルカムボードや受付の飾りは自分達で作りました。

また、前撮りは式場で頼むと高かったので、別の安いスタジオでしました。

他に細かい部分では、各テーブルに飾る花は、透明のガラスの花瓶に花を浮かせるタイプでコストダウンできました。

【節約金額:30万円】

先輩カップルの結婚式節約術:40万円以上

  • 前撮りを撮るのをやめ、当日の写真を知り合いのカメラマンにお願いしました。

また、お色直しのカラードレスを式場提携店ではなく、両親が加入している互助会提携店で選びました。

【節約金額:40万円】

  • 多くのアイテムを手作りする事で節約につながりました。

大きい効果になったものは、ウェディングドレスにつけるアクセサリー(ティアラ・ネックレス・ピアス)をレンタルせずに、ビーズで制作した事と、披露宴で流す動画(プロフィールやエンドロール)を外注せずに制作した事です。

【節約金額:50万円】

  •  参加者への料理のグレードを一番安いものとし、花嫁の衣装もシンプルなデザインのものとしました。

【節約金額:50万円】

  • 装花はグリーンをメインで飾り付けてもらい、ガラスの器に花を飾ってもらうなどして花そのものの量を減らすことで、装花の金額を抑えることができました。

さらに、ブーケは造花で理想のデザインを探し安く購入しました。

また、ドレスは提携店のレンタルだと1着35万円ほどかかったのでレンタルをやめ、持ち込み料がかからない購入にし、質が良くリーズナブルなドレスショップで1着18万円ほどのドレスを2着購入しました。

【節約金額:50万円】

  •  残暑が残る9月は結婚式が少ないため格安プランが多いので9月に結婚式を挙げました。

また、家族のみの少人数結婚式にしました。

【節約金額:50万円】

  •  挙式は、人数が少ない家族のみでお食事会のようなカジュアルなものにして、二次会で友人等を呼ぶようにしました。

挙式で会場費用を大幅に節約することができ、同じ会場で二次会も行ったので、そちらも多少割引となりました。

【節約金額:50万~80万円】

  •  結婚式に近い形式で1.5次会寄りのプランを選択するとかなりお得になりました。

もともとカジュアルな会を希望していたので自分たちの望んだ会が実費80万くらいで実現しました。

【節約金額:150万円】

先輩カップルが実践した方法から考える結婚式費用の節約ポイント

先輩カップルが実践した方法から考える結婚式費用の節約ポイント

先輩カップルが実際におこなった節約方法をご紹介しましたが、本当に節約となるのはどのポイントなのでしょうか。

自分たちでムービー制作をして節約

いちばん多かったのが「ムービー制作」でした。

式場に発注せず外注する方もいますが、時間があれば自作することで費用を節約することが可能です。

  • オープニング
  • プロフィール
  • エンドロール

すべてを手作りした場合、外注よりもさらに5万~6万円ほど節約できるでしょう。

ブーケや装花で使用する生花を減らして節約

生花は高いため、他の物を代用して数を減らすことで節約に繋がります。

例えば、

  • グリーンをメインにする
  • キャンドルや花器などの小物を使って生花を減らす
  • 造花のブーケにする

などです。

装花は予算とイメージを伝えることで、フローリストさんが会場の雰囲気に合わせた装花を考えてくれます。

最近の造花は安っぽく見えないデザインのものもあるので、気になる方は調べてみましょう。

ペーパーアイテムやウェルカムアイテムを手作りして節約

ペーパーアイテムは持ち込み料が発生しない会場が多いため、手作りされることが多いアイテム。

自分で材料を揃えてイチから手作りする方もいますし、手作りキットを購入して手作りする方もいます。

キットの購入でも、会場に発注するよりは数万円費用を抑えることができます。

また、ウェルカムボードなどのウェルカムアイテムは、手作りすることで節約になるだけでなく自分たちのオリジナル感を出すことができます。

ただし、ふたりとも仕事が忙しいなど自由になる時間が少ないカップルは、少ない時間で手作りしなければならず準備に追われてストレスになってしまう場合も。

本当に手作りをした方がいいのか、準備時間を考えながら決めた方がいいでしょう。

結婚式の時期やスタイルで節約

結婚式は夏や冬に大きく割引されることが多いので、そのような時期に結婚式を挙げるのもオススメです。

しかし、ゲストからすると夏や冬は出席するのも大変な時期。

駅チカの会場を選ぶなど、ゲストへの配慮を考えた結婚式にしましょう。

また、大きく節約できた方法として結婚式のスタイルを工夫した先輩カップルも。

家族挙式と会食をし、友人たちは2次会に招待したり、披露宴そのものを1.5次会にすることでかなり節約している方がいました。

  • 友人たちには挙式を見てもらわなくてOK
  • カジュアルな雰囲気でお祝いされたい

というカップルにオススメの方法です。

結婚式で節約を考える場合に注意するべきポイント

結婚式で節約を考える場合に注意するべきポイント

結婚式は節約ばかりに気をとられてしまうと、結婚式自体の質が低下してしまったり、準備に苦労して後悔してしまう可能性があります。

どんなポイントを気を付けて節約を考えるべきなのかをご説明します。

ゲストのおもてなしにかかるもののランクを落とさない

ドレスや装飾といったものは、ゲストのおもてなしに直接関係しません。

しかし、

  • 料理
  • ドリンク
  • 引き出物

など、ゲストをおもてなしするためのアイテムを節約のためにランクダウンさせてしまうと、ゲストはランクを落としていることに気付きますし、満足度を大きく下げてしまいます。

料理やドリンクはランクアップをしなくてもいいかと思いますが、ランクダウンは避けるべきでしょう。

アンケートで節約方法として、料理やドリンクのランクダウンと答えてくださった方がいましたが、ゲストは不満を口にしないことが多く、心の中でがっかりされているかもしれないということを覚えておいてください。

また、引き出物は会場に頼むと高額になるのであれば、ゲストの自宅に配送される引き出物サービスなどを利用すればランクを落とさず、なおかつ持込み料を発生させずに費用を抑えることができます。

大切なことは、自分が結婚式に出席したときに、その料理や引き出物を出されたらどう感じるかです。

主役はふたりですが、ホストとしてゲストをもてなさなければならないことは念頭においておきましょう。

コンセプトや準備の手間を考えてから節約するものを決める

あれもこれも節約できるものはなんでも節約した場合、どのようなことが起こるでしょうか。

  • 手作りするものが多すぎて準備が追いつかない
  • 節約にこだわりすぎて質素になってしまう

など、度が過ぎると結婚式自体の質を落としてしまったり、準備が大変すぎて後悔する可能性もあります。

まず結婚式全体のコンセプトを決めて、そのコンセプトに合わせた節約方法を考えてみましょう。

まとめ

まとめ

今回は先輩カップルが実際におこなった結婚式の節約方法をご紹介しました。

参考になりそうなものはありましたか?

やはり多くのカップルが

  • ムービー制作
  • 装花やブーケ
  • ペーパーアイテムやウェルカムアイテム

などで節約をしていました。

これらは節約として取り入れやすく、制作アイテムは準備などに手間がかかっても大丈夫であれば挑戦してみましょう。

ただし節約を考えすぎて料理やドリンク、引き出物をランクダウンすることはオススメできません。

これらはゲストの満足度に繋がるものですので、ランクダウンせずに節約する方法を考えましょう。