結婚式の準備

結婚式の人数合わせ!サクラを使うのってアリなの?

結婚式のゲストにサクラを使うと聞くと、あまりいいイメージを持てないかもしれません。

私は元ウェディングプランナーでこれまで100組ほどの結婚式を手掛けてきましたが、その中でいわゆるサクラを使った結婚式は1組だけでした。

それでも1組はいたのですから、現にサクラを使った結婚式はあるということになります。

新郎新婦の中には、「新郎側と新婦側のゲストの人数が合わない・・このままじゃバランスが悪い」と悩んでいる人も多くいます。

その解決策として「サクラを使う」という手段はもちろんありますが、このサービスを利用するメリットやデメリットには一体どのようなものがあるのでしょうか。

というわけで、今回は結婚式にサクラを使うことについて、元ウェディングプランナーの視点でお話させていただきます

新郎側と新婦側のゲストの人数は揃えなくても良い!

新郎側と新婦側のゲストの人数は揃えなくても良い!

まず、大前提として「人数を合わせる必要はそもそもない」ということを知っておきましょう。

新郎新婦それぞれのゲストをリストアップしていく段階で、すぐにその人数差に気付くことはできますよね。

この人数差が明らかな場合、きっとあなたは相手側のゲスト人数を見て「私そんなに呼べる人いないけどどうしたらいいのかしら」と思うでしょう。

ですが、人数は合わなくて当たり前ですし、どちらかが多くてどちらかが少なくてもそう不自然ではありません。

特に、親族ゲストに関しては親の兄弟の数によっても大きく変わりますし、いとこの数やその子供たちの数によっても変わりますよね。

こればかりはどうしようもありません。

私が過去に関わった結婚式の中でも、新郎側の親族が30名ほどいるのに対して、新婦側が8名だったというケースがありましたが、特に問題はありませんでした

そして親族の人数が大きく異なれば、そこから同じくらいの人数の友人ゲスト・会社関係ゲストを招いても、その差は縮まることがありません。

結果的に7対3などの比率で大きく新郎側と新婦側のゲスト人数が異なってしまいます。

これに対して人数の少ない方が「どうにかして人数を合わせなくては!」と危機感を感じる必要はありません。

多くのカップルが、結婚式を挙げるときのゲスト比率をかなり神経質に考える傾向にありますが、実際はそれほど気にすることでもなく、新郎側と新婦側でゲスト人数が大幅に違う結婚式は皆さんが思っている以上に多いです。

結婚式のサクラとはどのようなサービスなのか

結婚式のサクラとはどのようなサービスなのか

今の時代、本当にいろいろなサービスがあるものですね。

結婚式の出席代行サービスは立派なビジネスです。

友達がいない、会社関係のゲストで呼べる人がいない、などのお悩みを解決すべく「代わりに出席する人を派遣するサービス」を提供しているのがサクラのビジネスです。

サクラを使うといくらほど費用がかかるの?

気になるサクラにかかる費用ですが、これは提供している会社によって異なります。

目安として1人当たり1万円くらいの料金で手配が可能になっており、派遣されたゲストは、さも「本物のゲスト」のように振舞ってくれます

「友人ゲスト」「会社の同僚ゲスト」など、さまざまな指定が可能となっており、中にはスピーチまでお願いすることがもできるサービスもあります。

1人あたり1万円と考えると、サクラを使ってゲストを補填するのに10名でざっと10万円かかる計算になります。

これが高いのか安いのかは皆さんの捉え方によるでしょう。

実際にサクラのサービスを利用するカップルはどんなカップルが多いの?

サクラのサービスを利用するカップルは一体どのような理由でこのサービスを利用するのかも気になるところ。

もちろん人数が合わないからという理由がほとんどですが、そこにはもっと込み入った事情があるケースも少なくはありません。

特に、サクラのサービスを利用するカップルの中には、どちらかが再婚もしくは再々婚などで、友人ゲストを招きにくいというケースもあります。

前に自分の結婚式に参列してくれて、盛大にお祝いしてもらったのに関わらず理由あって再婚した場合、なかなか一度参列してくれたゲストは招きにくいということですね。

もしくは、訳アリの結婚式というケースもあります。

何かの事情で周りに反対されている結婚で、結婚式に参列してもらうゲストが上手く揃えられず、どうしようもなくサクラを利用することにしたというパターンですね。

このように、単に人数合わせというよりはもっと深刻な事情が裏に潜んでいることが多いのがサクラサービスの利用者の特徴です。

サクラを利用するなら事前に確認しておくべき3つのこと

サクラを利用するなら事前に確認しておくべき3つのこと

結婚式のゲストにサクラを利用するなら、事前に必ず確認しておくべきことがあります。

サクラを利用すること自体は良くないことではありませんが、これら3つのことを確認せずにサクラを利用したとなると、その後で問題が起こる可能性があります。

必ず確認しておきましょう。

その①:新郎新婦の間で問題が起こらないようにあらかじめ話し合っておく

まれにあるのが、新郎新婦のどちらかが、パートナーに黙ってサクラを手配して後になって問題が生じるケースです。

これは絶対にNGです。

サクラの利用を決めるときには、その旨を必ずパートナーに相談しましょう

サクラを黙って利用しても相手にバレない可能性はもちろんあります。

ですが、そこには費用もかかっているわけです。

パートナーに黙って無断で決めることはおすすめできません。信頼関係に関わります。

その②:サクラとして参列してもらう人への役割を明確にする

サクラは結婚式に参列してくれるあなたのお友達や会社の同僚を演じきってくれるわけですが、利用する際にはその役割を明確に指示しましょう。

「高校のときの友達」として呼ぶ場合には、高校の名前や高校の概要、ある程度の情報を事前に与えておくに限ります。

そうしなければ、ふとしたときに他のゲストとの会話で不自然な展開になってしまうこともあり得ます。

細やかな指示をしておくことが賢明です。

その③:費用が高額になり過ぎないように事前に確認しておく

サクラの利用はお安くはありません。

特に、費用に関しては事前に細かく確認をしておくことが大切です。

ぱっと見のお値段設定がお安くでも、そこからどんどん何かしらの追加料金が加算されていき、気が付けば驚くほど高額になるなんてことも可能性としてはあります。

サクラのサービスを提供している会社は調べていくといくつも見つかるでしょう。

しっかりと内容と価格を比較し、最善のサービスを選ぶことも大切です。

必要あればサクラを使うのはアリ!人数合わせに関しては気にしすぎないことも大切!

まとめ

結論、サクラを使って人数を揃える方法は、人によっては必要な手段かもしれません。

これはこれでアリだと言えるでしょう。

しかし、ゲストの人数を合わせることに対してそれほど悩む必要がないのも本当です。

新郎新婦それぞれのゲスト数が違うことで、周りから変に思われることを恐れる気持ちも分かるのですが、人数は揃っていなくても何の問題もありません。

お二人にとって何が大切なのかを考えましょう

全く関係のないサクラを利用してまで人数を合わせることが大切だと判断するのであれば、サクラの利用はお二人の結婚式にとって最善の手段なのかもしれません。

大切なのは、新郎新婦どちらともが100%納得してサービスを利用することです

「なんでサクラを利用してまで人数を増やそうとするんだ・・」とどちらかが思っているままにサクラの利用を進めることのないようにしましょう。

呼ぶ基準が分からない!結婚式に招待するゲストの選抜方法結婚式を挙げるとなると、まずは誰を招待するか、参列者のリストアップから始めるものです。 これが案外大変で、「この人って呼ぶべき??...