結婚式の準備

婚約指輪は結婚式当日にする?式当日とその後の婚約指輪の使い道

プロポーズをされるとき、男性からプレゼントされる婚約指輪は、婚約してから結婚式までの間は常に身につけておくのが一般的です。

しかしこの婚約指輪、結婚式当日は一体どのようにするのが普通なのでしょう。

結婚指輪の交換をする結婚式、婚約指輪の出る幕は果たしてあるのでしょうか。

そして、結婚後の婚約指輪の使い道はどのような場面なのでしょうか。

というわけで、今回は婚約指輪に関するよくある疑問を解決していきます

婚約指輪はいつからつける?もらったその瞬間からつけるもの?

婚約指輪はいつからつける?もらったその瞬間からつけるもの?

婚約指輪をもらう場面と言えば、プロポーズです。

プロポーズを受けるときに男性からもらう婚約指輪。

人生の中でもこれほどうれしい贈り物は他にないのではないでしょうか。

まさに幸せの絶頂ですよね!婚約指輪はもらったその瞬間に彼につけてもらったら、その後はずっと身につけておくのが基本です。

プロポーズの日から結婚式までの期間は人それぞれですが、その数カ月から約1年ほどの間は左手の薬指に婚約指輪がキラリと光り、周りの人たちからも祝福される幸せな期間です。

一点だけ注意するとすれば、親への報告のときです。

プロポーズを受けて結婚が決まった段階では、まだお互いの両親に結婚の報告はできていないため、挨拶に行く段階では外しておいた方が心象が良いかもしれません。

結婚の報告に行くとはいえ、この機会に両親に結婚の許しを請うという意味合いもあります。

お互いの両親に挨拶に行くときには、婚約指輪は念のため外しておきましょう。

婚約指輪は結婚式のときは使えない?

婚約指輪は結婚式のときは使えない?

婚約指輪はとても綺麗ですよね。

ダイヤが入っているものが多く高級感のある婚約指輪は、婚約期間だけ使うとなれば非常にもったいない気分にさえなるでしょう。

できることならたくさんの人に見てもらいたいですし、たくさんの場面でつけていたいですよね。

この婚約指輪、果たして結婚式のときには使えるのでしょうか。

結婚式と言えば婚約指輪ではなく結婚指輪の交換のイメージが強いですが、このときには婚約指輪をあらかじめつけていると不自然です。

指輪交換のときは婚約指輪の出番はありません

ここで交換する結婚指輪こそ、生涯ずっと使い続ける指輪ですから、婚約指輪とは意味合いが異なります。

ですが、婚約指輪と結婚指輪の雰囲気が良くマッチしていて、重ね付けしてもおかしくない雰囲気であれば、婚約指輪を結婚式で使用する方法はあります。

それが、次に紹介するエンゲージカバーのセレモニーです。

婚約指輪を結婚式で使いたいならエンゲージカバーセレモニーがおすすめ!

婚約指輪を結婚式で使いたいならエンゲージカバーセレモニーがおすすめ!

エンゲージカバーセレモニーという言葉はあまり耳になじみがないかもしれません。

日本であまり一般的ではない儀式ですが、欧米では割と取り入れられることが多い演出のひとつです。

エンゲージカバーとは、その名の通りエンゲージをカバーすること。

つまり婚約にふたをしてしまい、その婚約をしっかりと固いものにするという意味合いがあります。

結婚指輪をつけたあと、そこに重ねて婚約指輪をつけることでエンゲージカバーがなされます。

これを結婚式の演出にするのがエンゲージカバーセレモニーです。

タイミングとしては、挙式中もしくは披露宴中のどちらでも構いません

しかし、挙式がキリスト教式の場合は、基本指輪交換のみになるため、エンゲージカバーセレモニーができるかどうかは式場に問い合わせが必要です。

人前式の場合は、式の内容はかなり自由が利くためエンゲージカバーセレモニーを入れることは可能でしょう。

披露宴中にこの演出を入れるのも素敵ですね。

披露宴であれば特にタイミングを意識しすぎることもないですし、好きなときにこの演出を取り入れてOKです。

流れとしては、通常通り結婚指輪の交換をおこなったあとに、新郎から新婦に婚約指輪を付けてもらうというのが一般的。

このときのために、婚約指輪用のリングピローも必要となります。

指輪の雰囲気に合った素敵なものを準備しておくと良いでしょう。

結婚後の婚約指輪の使い方

結婚後の婚約指輪の使い方

婚約指輪を結婚式のときにどう使うかについてはお分かりいただけたでしょう。

ここからは、結婚式が終わってからの婚約指輪の使い道についてお話していきます。

思い出の詰まった素敵な婚約指輪、一体世間の皆さんはどのようにして使っているのでしょうか。

その①:普段から結婚指輪と重ね付け

婚約指輪のデザインと結婚指輪のデザインが良く合っている場合は、普段から重ね付けして愛用している人もいます。

婚約指輪のデザインがかなり派手なものだったり、大きめのストーンがあるものだったりすると、家事の邪魔になり引っかけて破損してしまう可能性もあるためおすすめはできません。

普段使いするのであれば、引っ掛かりのないシンプルなデザインのものの方が良いですね

また、ダイヤなどの天然石があしらわれている婚約指輪の場合は、どうしても普段から使うことで痛みが目立ってくることは避けられません。

定期的にクリーニングしてもらうなど、メンテナンスを怠らないようにしましょう。

そうすることで婚約指輪は永遠に輝きを失わず、ずっと美しいまま使用していくことができます。

その②:特別な行事があるときに結婚指輪と重ねて使う

普段は使わない婚約指輪を、特別なときだけに使うという人も多いですね。

結婚指輪は毎日つけていて、ときどきそれに重ねて婚約指輪を付けるという使い方です。

特に、結婚式に参列するときには、結婚指輪と婚約指輪を重ねて着けていくのがおすすめです

結婚式に参列する以外に婚約指輪をつける機会としておすすめなのが、フォーマルなセレモニーに出席するときです。

フォーマルなセレモニーといってもお子様の入園式や入学式なども含まれますし、同窓会などもアリでしょう。

その他冠婚葬祭のフォーマルな場でももちろん婚約指輪はつけてかまいません。

せっかくの機会ですしぜひ使っていきましょう。

その③:大切に思い出としてしまっておく

結婚後は、婚約指輪を全く使っていないという女性は案外多く、実は半数以上の女性がこれにあてはまります。

やはり、華やかな婚約指輪は普段使いには少し使いづらく、高価なものなので破損してしまってはいけないと気をつかうため、なかなか普段から身につける気にならないというのが理由です。

結婚指輪は常に身につけるものですが、婚約指輪はそういうものではありません。

婚約指輪の本来の役目自体は、結婚式を挙げた時点で既に完了しているわけですから、その後は大切に保管しておくというのもひとつです。

必ずしも「使わなければ意味がない」というわけではありません。

あなたの一生の宝物として、思い出と一緒に大事にしまっておくことも素敵な選択肢ですよ。

まとめ

まとめ

婚約指輪については意外にも知られていないことがたくさんあります。

美しくゴージャスな婚約指輪は、あなたにとって人生で最高の贈り物です。

ですが、毎日使用することだけが婚約指輪を大事にすることにつながるわけではありません。

これからの長い人生における、何か特別な場面だけに使用するのもとっても素敵です

見ているだけでプロポーズの感動が甦るのが婚約指輪。

一生の宝物にして大切にしていきたいですね。

結婚式まであと少し!最後の1週間前にやるべきチェックリスト!全ての準備が整っているかと思いきや、直前にしかできないこともやっぱりあるのが結婚式です。というわけで今回は、結婚式まであと1週間というタイミングで新郎新婦が最後にやるべきことについて、元ウエディングプランナーからお話しておきます。...