結婚式の準備

事前の練習は必要?結婚式の「指輪交換」について徹底解説

結婚式の指輪交換を「ただ指輪を交換するだけのもの」と思っていませんか?

指輪交換は実際に自分が行うと、スムーズにできないものなのです。

指輪交換をスムーズに行なうためには、指輪交換のやり方を覚えて練習しておくことが大切。

そこで今回は、指輪交換を行う意味や、正しいやり方をご紹介します。

結婚式でなぜ指輪交換をするの?

結婚式でなぜ指輪交換をするの?

そもそも、結婚式ではなぜ指輪交換をするのでしょうか。

結婚指輪のはじまりや、指輪交換の意味をご紹介します。

結婚指輪のはじまりは?

古代ローマ時代からはじまったとされている結婚指輪。

はじめは、鉄でできた結婚指輪を婚約の証に男性から女性へ贈ったのだそうです。

指輪を贈られた花嫁は、夫となる男性に対して純潔を守らなくてはならず、破ることは違法とされていたのだとか。

男女がお互いに結婚指輪を贈りあうようになったのは9〜11世記と言われています。

日本では指輪自体の普及が遅く、明治時代から装飾品として身につけられるようになりました。

明治時代にじわじわと広がっていった結婚指輪の習慣は、大正時代には一般的なものとなったようです。

どうして指輪交換をするようになったの?

指輪は途切れることのない円の形をしており、永遠を象徴します。

さらに、四季の巡りや日々形を変える月といった移り変わる自然を表すものでもあります。

永遠と自然の象徴である指輪を交換することで、「お互いを愛し、慈しむ」という永遠の証となるのです。

また、古代ギリシャでは「左手の薬指を流れる血管が心臓に繋がっている」と考えられていたため、心に直結する神聖な場所とされていました。

その指に指輪をつけることで、相手の心をつかむと考えられていたのだそう。

指輪交換に相手を大切にするという誓いがあることを知っていると、ただ指輪交換をするよりも神聖な儀式に思えます。

また、普段から結婚指輪をつけることで、何気なく目に留まった指輪が誓いを思い出させてくれそうですね。

指輪交換のタイミングって?神前式・人前式でもするの?

指輪交換のタイミングって?神前式・人前式でもするの?

結婚式の指輪交換はどのタイミングで行なうのでしょうか。

神前式や人前式の場合もご紹介します。

教会式(キリスト式)

教会式では指輪交換をするのが一般的ですが、実は指輪交換をしなくてもOK。

指輪をつけられないから結婚指輪を購入していないという方もいると思いますので、指輪交換をするかどうかはふたりで話し合って決めましょう。

指輪交換のある教会式の流れは以下の通りです。

  • 新郎入場
  • 新婦入場 
  • 賛美歌斉唱 
  • 聖書の朗読 
  • 誓約 
  • 指輪交換 
  • ベールアップ、誓いのキス
  • 結婚宣言 
  • 結婚証明書へのサイン、結婚成立の報告 
  • 新郎新婦退場 

神父に誓いをする「誓約」の後に指輪交換となります。

神前式

式場や神社にもよりますが、神前式でも希望をすれば指輪交換は可能です。

指輪交換がもとから式自体に入っていることもありますが、もし希望しない場合はなくしてもらいましょう。

指輪交換のある教会式の流れは以下の通りです。

  • 参進の儀
  • 修祓(しゅうばつ)
  • 祝詞奏上(のりとそうじょう)
  • 誓杯の儀(せいはいのぎ)
  • 指輪交換
  • 誓詞奏上(せいしそうじょう)
  • 玉串奉奠(たまぐしほうてん)
  • 巫女の舞
  • 親族杯の儀
  • 斎主あいさつ
  • 退場

指輪交換は必ず誓詞奏上の前というわけではないため、あくまでも一例です。

人前式

自由度の高い人前式は特に決まりがありません。

指輪交換は基本的にはありますが、もちろんしなくても大丈夫。

一般的な人前式の流れは以下の通りです。

  • 新郎新婦入場
  • 開式宣言
  • 誓いの言葉の拝読
  • 指輪交換
  • 結婚誓約書もしくは婚姻届に署名
  • 結婚成立の宣言
  • 閉式の言葉

指輪交換の流れと注意したいポイント

指輪交換の流れと注意したいポイント

指輪交換の練習ができるように流れを覚えておきましょう。

今回は、教会式で指輪交換をする場合の流れをご説明します。

指輪交換の流れ

指輪の交換をするときに、まずグローブを外します。

この時焦ってグローブがくしゃくしゃになるような外し方をするのはNG。

美しくスマートにグローブを外すには、まず左手を胸の高さに上げて指を伸ばします。

右手で左手指先部分のグローブをつまみ、少し引っ張りグローブを外しやすくします。

その後、左手のグローブがゆるんだ先端部分を右手で固定し、左手を下に引いて外しましょう。

式場によっては介添人やスタッフが手伝ってくれますよ。

グローブの着脱は練習しておくと、本番で緊張が和らぐでしょう。

次に新郎新婦が向き合います。

焦って急に向き合うのではなく、ゆったりとした動作で行なうようにしましょう。

リングピローに乗せられた結婚指輪が運ばれてくるので、まず新郎から新婦に指輪を嵌めます。

相手の左手を自分の右手に乗せ、左手で指輪を通しましょう。

この時、指輪だけを動かすのではなく、相手の左手を少し引っ張るようにすると指輪が入りやすいですよ。

指輪交換の注意ポイント

姿勢を意識して

「グローブをきれいに外さないと」

「指輪をスムーズにつけてあげなきゃ」

このように、指輪交換をするときは手元に集中する場面が多いため、ついつい猫背になってしまいがち。

姿勢の悪い指輪交換は見た目も格好悪いですし、それが写真に残ってしまいます。

姿勢をまず意識して、グローブや指輪に集中しすぎないようにしましょう。

写真映えを意識するなら肘にも気を付けて

指輪交換を美しい写真で残したいなら、肘の角度も重要になります。

写真にきれいに映る肘の角度は90度で、相手に指輪をつけやすい角度でもあります。

自分が差し出した手に相手が手を重ねるので、手を差し出すときに肘の角度を意識してみましょう。

指輪交換にまつわる失敗例

指輪交換にまつわる失敗例

指輪交換で失敗してしまったというカップルも。

同じことが起こらないように、どのようなところで失敗をしてしまったのか確認しましょう。

指輪を購入するのが遅かった

結婚式前の数ヶ月間仕事が忙しくなってしまい、結婚式の準備もあったため結婚指輪を探している暇がありませんでした。

結婚式直前でやっと結婚指輪を選びにいけたのですが、すぐに持ち帰りができる既製品は自分の指に合うサイズはほとんどなく、選ぶことができませんでした。

それでも結婚式まで時間がなかったので、仕方なくその中から指輪を購入。

本当に後悔しています。

痩せてサイズが変わってしまった

入籍してから結婚式まで1年近くあり、結婚指輪は購入していましたが結婚式でつけるためにしまっていました。

もともとぽっちゃり体型だったので、結婚式までダイエットを頑張りかなり痩せることに成功。

しかし、いざ結婚式で指輪の交換をしたら指輪がかなり緩くなってしまっていて、落ちてしまわないかずっと気になって仕方がありませんでした。

むくみ体質

むくみやすい体質で、指輪がいつも抜けにくくなります。

結婚式当日もむくんでつけにくくならないように、滑りを良くするために左手の薬指にワセリンを塗っておこうと思っていたのにうっかり塗り忘れてしまいました。

夫が頑張って指輪を嵌めてくれましたが、かなり無理やり感のある指輪交換になってしまいました。

指輪交換は事前に練習しておくべき?

指輪交換は事前に練習しておくべき?

指輪交換の流れや注意点をご説明しましたが、ぶっつけ本番でやると緊張で忘れてしまったり、うまくできないこともあります。

結婚指輪は本番までしまっておきたいという方もいると思いますが、別の指輪でもいいので指輪交換の練習をしておくのがオススメです。

また、結婚式のためにダイエットをしている方は、サイズ感が変わっていないか確かめるためにも、1ヶ月半ほど前に1度つけてチェックしておくといいでしょう。

まとめ

まとめ

今回は、指輪交換を行う意味や、指輪交換の正しいやり方をご紹介しました。

指輪交換は「お互いを愛し、慈しむ」という意味があり、教会式はもちろん、神前式や人前式でも式次第に加えることが可能です。

姿勢や肘の角度を意識しながら、グローブの外し方や指輪の嵌め方がスマートに見えるように行いましょう。

指輪交換で失敗しないためにも、

  • 指輪は早めに用意する
  • 1ヶ月半前に指輪のサイズを確認しておく
  • 指輪交換を練習しておく

これらを覚えておきましょう。