結婚式の準備

ウェディングレセプションとは?本来の意味とお迎えアイデア

最近、結婚披露宴という言葉よりも、「ウェディングレセプション」という言葉をよく聞くようになりました。

結婚披露宴と同じ意味なのか、本来の英語の意味はどんな意味なんだろうとちょっと疑問に思いませんか?

今回は、ウェディングレセプションという言葉の意味や使い方などを解説するとともに、お客様をレセプションにお迎えするときにアイデアをご紹介します

ウェディングレセプションとはどういう意味?本来の使い方など

ウェディングレセプションとはどういう意味?本来の使い方など

ウェディングレセプションは、日本でいう「結婚披露宴」にあたります。

結婚式と結婚披露宴とをあえて分けずに、まとめて「結婚披露宴」といっている場合もありますが、英語であえてレセプションといっている場合は、披露宴のみを指していることが多いです。

結婚式、披露宴、二次会、それぞれの違い

  • 結婚式:ウェディングセレモニー(Wedding ceremony)、マリッジセレモニー(Marrige ceremony)
  • 披露宴:ウェディングレセプション(Wedding reception)
  • 二次会:ウェディングパーティー(Wedding party)

披露宴を「ウェディングパーティー」としても間違いではありませんが、招待状を送って目上の方にも来ていただくような披露宴は、ウェディングレセプションといった方が格式があります

一般的に英語でパーティーという場合、ダンスパーティーのようなややカジュアルな集まりのイメージがあるためです。

二次会は、新郎新婦が主催で、正式な友人同士のパーティーとして行い、招待状などを送るのであれば「ウェディングレセプション」としても問題はありません。

しかし、一般的には新郎新婦が主催ではなく、友人が中心となって行うことが多いと思います。

この場合には「ウェディングパーティー」とした方が適切です。

レセプションの本来の意味は?

ウェディングなしで、レセプションだけですと他の意味もあります。

  • ホテルのフロント
  • 会社の受付
  • 宴会、歓迎会、祝賀会
  • (世間の)評価
  • 歓迎、もてなし、受け入れること
  • (ラジオなどの)受信能力、状態

ウェディングがつくことで、3番目の意味を結婚に限定したような意味になっています。

ちなみに、「reception desk」といえば、1と2の意味に限定されます。

レセプションルームというと「応接室」になりますから、おもてなしをする場所、というのが本来の意味だと考えられます。

レセプションの元になった言葉は「receive(レシーブ)」という動詞です。レシーブはスポーツをしている人ならよく使うかもしれません。

ボールを受けたりする行為を指しますが、「受け取る」という意味の言葉です。

そこから「レセプション」という名詞になり、受け取る行為そのものを指す言葉となり、そこから受付や歓迎会などの意味が派生して出てきました

レセプションの使い方

ここでもう少し、レセプションという言葉の使い方についてご紹介しましょう。

レセプションパーティー

レセプションだけでも「歓迎会」という意味がありますが、日本ではまだレセプション=パーティーというイメージがないと思います。

そこで、受付と混同しないように、あえて後ろにパーティーをつけることがあります。

この言い方をするときには、交流や食事を目的としたパーティーを指すことが多いです。

歓迎レセプション

歓迎レセプションといっても、この時のレセプションは、パーティーというよりは「歓迎のイベント」の意味合いが強いです。

セミナーやシンポジウムの歓迎セレモニーのようなイメージで、来賓を紹介したり、登壇者を歓迎する意味で行うオープニングイベント的な形のものになります。

レセプションホール

大きなパーティーができるホテルの宴会場やコンサートができるような大きなホールなどはレセプションホールと呼ばれることがあります。

企業などで、来社したお客様をおもてなしするやや広めの応接室のような場所ですと、レセプションルームと呼ぶこともあります。

日本でのレセプションの意味

日本では、本来の意味と少し変化しているようです。

「レセプションに招待されている」などというと、友人の歓迎会などではなく、少し改まったパーティーに出席するイメージがないでしょうか。

どこかの企業が開催する公式なパーティー、普段着ではなく正装で出席するパーティーなどに使われることが多いです

また、海外ではホテルでレセプションといえば受付のことですが、日本ではレセプションをフロントといいます。

英語であえてフロントと言うときは「front desk」なので、なぜレセプションの意味でフロントと言うようになったかは不明ですが、海外に行って「フロントはどこですか」といっても通じません。

「ホテルの前」という意味になってしまうので注意しましょう。

結婚式の受付にはどう使う?

レセプションには「受付」という意味があるのですから、結婚式の受付のところに「レセプション」と書いてあったら、受付なのか披露宴なのかわかりにくいです。

一般の人で「レセプションは受付である」という認識のある人の方が少ないと思いますので、「披露宴会場はここなの?」と勘違いしてしまいそうです。

披露宴会場として表示したいなら「ウェディングレセプション」とはっきり表示する、受付は「受付」と日本語で書いた方が間違いにくいです

ウェディングレセプションを盛り上げるお迎えアイデア7選

ウェディングレセプションを盛り上げるお迎えアイデア7選

一生に一度の晴れの日。

来てくれたお客様も喜んでくれて、自分たちも嬉しい、楽しい、そんなウェディングレセプションにするためのアイデアをいくつかご紹介しましょう。

盛り上げるには、お客様をお迎えするときのファーストインプレッションが大事です。

楽しい披露宴になるだろうと期待を高めてくれるアイデアを7つご紹介します。

1.ウェルカムボードに「Wedding reception」

ウェルカムボードの作り方は様々ですが、「Welcome」だけよりも、「Welcome to our Wedding Reception」とした方が丁寧に感じられます

受付と区別するためにも、「Reception」だけでなく、「Wedding reception」と表記しましょう。

 

この投稿をInstagramで見る

 

tomuw(@tomuw)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

ブライダル・ウェディングコース【公式】(@ecc_bridal_wedding)がシェアした投稿

他にも英語で、このようなメッセージを追加してみてはいかがでしょうか?

  • Just married(結婚しました)
  • Thank you for coming today(今日は来てくれてありがとう)
  • Thanks, always as ever(ありがとう、今までも、これからも)
  • With thanks(感謝の気持ちを込めて)
  • Today is our new beginning(今日は私たちの新たな門出です)
  • Have a wonderful time(素敵な時を過ごしてください)
  • Keep on smiling(笑顔でいよう)
  • Together forever(ずっと一緒にいよう)

二人の決意を示してもいいですし、来てくださった方への感謝の気持ちを表すのも良いでしょう。

2.海外で流行りのフレーズをウェルカムボードに使ってみる

「Keep Calm and Marry On」直訳すると、「冷静に、結婚しよう」という意味ですが、これは「Keep Calm and Carry On」というフレーズ(第二次世界大戦の頃のイギリスのポスター「冷静になれ、そしてなすべきことをせよ」)をもじったもので、造語です。

わかる人にはわかる、というおしゃれなフレーズです。

日本ではまだなじみが薄いですが、海外ではよく使われています。

他にも、

  • bride(新婦)、groom(新郎)
  • Just Married

なども。

ちなみに、日本語では新郎新婦といいますが、英語ですと新婦が先になります

3.ウェルカムスペースの飾りアイデア

ウェルカムスペースは、招待客が会場について最初に目にする場所です。

ウェルカムボードだけでもいいのですが、せっかくですから待っている時間も退屈しないような工夫をしてみませんか?

  • 前撮り写真や子供の頃の写真を飾る
  • 当日の披露宴の進行(タイムライン)をおしゃれなボードに書いて貼る
  • 二人のアルバムや年表を飾る

など、待ち時間も楽しんでもらえるような方法を考えてみましょう。

4.フォトブースで写真を楽しんでもらう

ゲスト同士が楽しく写真を撮ってもらえるよう、様々なモチーフを使って飾り付けをしたり、後ろに板や布を使った背景を作ると、簡単にフォトブースも手作りできます。

布を買ってきて、文字を書くだけでも立派な背景になります

男性でも撮影しやすいように、あまり可愛すぎないデザインの方がおすすめです。

5.手作りの席札

手作りの品物でお客様をおもてなししたいと思っても、あれこれやろうとすると大変です。

でも席札なら自分でも作れるアイテムです。

おしゃれな紙を選んで、お名前はわかりやすく印刷に。

裏面に手書きのメッセージを書いて、感謝の気持ちを伝えましょう

手作りクッキーの席札、というのもあります。

お菓子づくりに自信のある方は自分で作ってもいいですし、お菓子やさんにオーダーしても。

ただし、食品の持ち込みには制限がある会場もあるので、事前に会場側に確認をした方が良いでしょう。

6.フリンジバルーン&透明バルーン

最近人気なのが、バルーンの飾り付けです。

フリンジバルーンとは結び目にフリンジ(細くヒラヒラした飾り。マフラーのフリンジをイメージしてください)がついているバルーンで、とても華やかです

フォトブースに飾ると見栄えがします。

透明バルーンはアクアバルーンとも呼ばれ、透明なのでまるでシャボン玉が浮かんでいるような美しさがあります。

中にキラキラした素材を入れたり、文字を書いたり、様々な演出ができる優れもの。

ウェルカムスペースやフォトブースはもちろん、小さめのものはテーブルに飾ることもできます。

7.キャンディブッフェ

ウェルカムドリンクの他に、ウェルカムフードを用意する方もいると思います。

招待客に女性やお子さんが多い場合には、食べ物よりもお菓子がおすすめ

マカロンなどの焼き菓子やチョコレートなどをたくさん飾って、その場で食べるのはもちろん、持ち帰っていただけるようにします。

見た目にも可愛らしく、甘いもの好きにはたまらない演出です。

まとめ

まとめ

これからは、披露宴というよりもウェディングレセプションという言葉の方が主流になっていくかもしれません。

また、結婚披露宴はそれ自体ももちろん楽しいものですが、招待された人にとっては、久しぶりに会う友人と話をするなど、会場に着いてから始まるまでの時間も楽しいものです。

これからどんな披露宴が始まるんだろうとワクワクしてもらえるよう、お迎えの方法も工夫してみてください

結婚式と披露宴にかかる時間は?流れとタイムスケジュール結婚式と披露宴をどんな風にしようか?と思った時、気になるのが流れと時間です。 やりたいことはたくさんあると思いますが、あれもこれも...