結婚式の準備

結婚披露宴の基本の流れ!プログラムを組むコツとは?

結婚式の後の披露宴は、式場が作ったプログラムに従うのではなく、新郎新婦がやりたい事を取り入れ自由にプログラムを組むことが多いです。

自分たちでプログラムを決めるとなると、何にどれだけ時間がかかるのか、何を取り入れるべきなのか、悩んでしまうカップルも多いのではないでしょうか?

今回の記事では、基本的な披露宴のプログラムから、プログラムを組む時のコツをご紹介します

参考にしてぜひ、一生思い出に残り、ゲストにも喜んでもらえるプログラムを考えてみてください。

結婚披露宴ってどんなもの?

結婚披露宴ってどんなもの?

結婚披露宴は、新郎新婦が結婚した事を親戚や知人友人にお披露目する会です。

基本的には、結婚式を挙げた後すぐに結婚披露宴を行うカップルが多いです。

結婚式自体は30分ほどで終わる場合がほとんどで親戚だけで行うカップルも多いので、一般的に“結婚式”と言うと、この結婚披露宴がイメージされるでしょう。

食事を食べながら、新郎新婦とゲストが写真を撮ったり余興があったり、と結婚式よりも和やかで砕けた雰囲気になることが多いです

披露宴は「ケーキカット」や「キャンドルサービス」など定番の演出に加え、映像を取り入れるなど、新郎新婦が比較的自由に演出を取り入れられる場になっています。

披露宴の基本的なプログラムをパートに分けて解説!

披露宴の基本的なプログラムをパートに分けて解説!

結婚披露宴の基本的なプログラムを例に出して解説します。

流れの特徴を掴みやすいように、序盤・中盤・終盤とパートに分けて解説していきます。

<披露宴の序盤>

まず披露宴の序盤のプログラムをご紹介します。

ゲスト入場の後に、オープニングムービーを流すか流さないかはカップルによりまちまちです。

それ以外では序盤の流れは基本的に変えない新郎新婦が多いです。

乾杯まではあまり時間がかからない方がいいので、ここに色々追加で演出を盛り込むことは好ましくないでしょう

  • ゲスト入場:10分
  • オープニングムービー:5分
  • 新郎新婦入場:5分
  • 司会による開演の挨拶:5分
  • 新郎新婦紹介:5分
  • ウェルカムスピーチ:5分
  • 乾杯の音頭:10分

<式の中盤>

乾杯が終わると、食事が提供され始めます。

ここからはカップルによりプログラムが前後したり、どの演出を取り入れるかが変わってきます。

新郎新婦がお色直しがある場合、ゲストはお色直し中が一番食事に集中できるタイミングになります

もしお色直しをしないのであれば、歓談を長めにとりゲストにゆっくり食事をさせてあげてくださいね。

以下に代表的な演出を取り入れた1例をご紹介します。

(乾杯の音頭の後の流れ)

  • 歓談:15分
  • ケーキ入刀:5分
  • ゲストスピーチ:10分
  • 新郎新婦一時退場(お色直し): 30分
  • 新郎新婦再入場:5分

<式の終盤>

式も終盤になると、食事やお酒が進み、場が和んでくる頃です。

逆に言うと、ゲストの集中力が低下してくる頃でもあります。

ダラダラ長い演出は避けて、ゲストを楽しませるものをサクッと入れ、感動のフィナーレまで一気に持っていきましょう

カップルによっては演出をあまり取り入れず、最後の謝辞まで、食事や歓談をメインにすることもあります。

以下の例は代表的な演出を取り入れたプログラムにしております。

(新郎新婦再入場の後の流れ)

  • キャンドルサービス:15〜20分
  • 余興:20分
  • 祝電の紹介:5分
  • 両親への手紙(花束贈呈):10分
  • 謝辞:5分
  • 新郎新婦退場:5分
  • エンドムービー:5分
  • ゲストの退場・お見送り:30分

披露宴のプログラムを組む時のコツを伝授!

披露宴のプログラムを組む時のコツを伝授!

基本的な結婚披露宴のプログラムをご紹介しましたが、中盤〜終盤はどのような流れにするのか、自由度が高くなっています。

新郎新婦が自分たちで考えて披露宴のプログラムを作る際、どのポイントに気をつけたらいいのかコツを伝授していきます。

会場の持っている雛形をベースにする

会場には、会場ごとの披露宴のプログラムの雛形が存在しているはずです。

その雛形に沿った形で、プランナーさんと相談しながらアレンジを加えてプログラムを決めると、上手くいきやすいですよ。

その会場でやったことのない演出や、やったことのない流れでプログラムを組むと、当日案外スムーズにいかなかったり、盛り上がらないこともあります。

プロはどんな演出が盛り上がるのか、どんな流れが綺麗なのか熟知しているので、プランナーさんの意見に沿った上で、自分たちのやりたい事を取り入れるイメージが良いでしょう

ゲストとの接触回数を意識する

自分たちのやりたい演出をたくさん詰め込むと、ゲストとの接触機会がないプログラムを作ってしまいがちです。

歓談の時間やテーブルを回る演出の時に、新郎新婦がゲストと触れ合えるようにしておきましょう。

お色直しをする場合は、お色直しの前・後どちらでもゲストが新郎新婦の写真を撮るタイミングがあるといいです

例えば、お色直し前に歓談の時間を挟み、写真を撮りたいゲストに高砂に来てもらった上で、お色直しの後は、フォトセッションかキャンドルサービスなど、テーブルを回る演出を入れるなどをすると良いです。

ゲストがゆっくりできる時間を用意する

ゲストが入場してから退場するまで、2~3時間の中で飲食もしますのでお手洗いに立ちたい人も出てくるでしょう。

演出が絶え間なく詰め込まれていると、ゲストが中座しにくいので、歓談の時間を適宜挟んで、タイミングを作ってあげましょう。

また、演出が詰め込まれていると、ゲストが食事をするタイミングがなくなるので、食事が進むような時間を確保してあげるよう考えてみてください

サプライズを取り入れると盛り上がる

ゲストにサプライズでスピーチをお願いしたり、友人や両親をサプライズで指名して、ケーキを食べさせてあげる“サンクスバイト”のなどの演出を取り入れるのも盛り上がるコツです。

スピーチをサプライズでお願いする場合は、いきなり頼まれてしどろもどろになってしまうゲストもいるでしょうから、人前に立ち慣れているゲストを選ぶことをおすすめします

また、スピーチをお願いするゲストにはサプライズで何かしてもらうと話しておくと、お酒を飲みすぎず心の準備をしておいてくれるはずです。

サプライズの演出を取り入れる際は、必ずプランナーさんに相談してくださいね。

サプライズが成功するようにサポートしてくれるはずです。

映像が長くなりすぎないようにする

プログラムの中に映像を取り入れるのは近年の結婚式の主流です。

式が始まる前のオープニングムービーや、新郎新婦のプロフィールムービー、ゲストが作ってくれたお祝い映像、式の最後に流すエンドロールなど、様々な映像演出があります。

しかし、映像演出ばかりがずっと続くプログラムを組むことはおすすめしません。

映像を流す間は会場を暗くしないといけないため、写真などは綺麗に撮れませんし、キラキラした明るい雰囲気ではなくなってしまいます

映像を使う際は、1つにつき5分ほどの長さしましょう。

余興が長くなりすぎないようにする

余興は式の後半に設定されていることが多いですが、ゲストもお腹いっぱいになり、少し集中力が切れてくる時間帯でもあります。

あまり考えず、何組ものゲストに余興をお願いしていると、当日とても長ったらしく感じることもありますので、ご注意ください

また、式の盛り上がりは、最後の新郎新婦の両親への花束贈呈や手紙から退場までの締めになることが多いので、クライマックスの前に息切れしないよう、余興は短め設定しておきましょう。

まとめ

まとめ

この記事では、一般的な結婚披露宴のプログラムをご紹介しました。

中盤〜終盤は新郎新婦がやりたい演出を取り入れ、比較的自由にプログラムを設定している場合が多いです

プログラムを組む時のコツを参考に、自分たちらしい披露宴を作ってみてください。

プロの意見を聞きプランナーとよく相談しながらプログラムを作ることで、当日上手くいくプログラムになるでしょう。

1.5次会って何?1.5次会スタイルの結婚式の特徴とその魅力1.5次会という言葉を聞いて皆さんは何を思い浮かべますか? 結婚式において2次会は定番のアフターパーティーですが、1.5次会とは一...