結婚式準備の“はてな”を解消する情報サイト

BRIDAL ANSWER

結婚のお金

結婚式はいつが高いの?賢く節約、幸せに新婚生活を送る方法

投稿日:

大好きな彼にプロポーズをされて、次は結婚式!と張り切っている皆さん。「結婚式は挙げたいけど、値段はそれなりに抑えたい。」「結婚式を挙げるとしたらいつが高いのだろう?」と思う方は多いですよね。結婚式は時期によって値段が変わるっていうことを知っていましたか?少しでも費用を節約したいのであれば、結婚式の日取りは慎重に決めましょう。今回は、1年で結婚式の費用はいつが高いのかお話します。そして、賢く生活をして幸せな新婚生活を送る方法をお教えいたします。

結婚式の平均費用

結婚式を挙げることが決まっても、心配なのは「お金」のこと。できれば、自分たち2人だけでお金は工面したいもの。結婚式の費用は70名ほど招待した場合平均すると350万円ほど必要となります。それを聞いて「350万円なんて自分たちには用意できない!」とびっくりされた人もいるかもしれませんが、参列者にご祝儀を頂くことを予想すると、自己負担額は【350万円】-【ご祝儀代】となりますので安心してください。とはいえ、結婚式だけでなく二次会を開催する予定や遠方の方へお車代を渡す、新婚旅行へ行くなどを考えている場合は、結婚式費用をなるべく節約したいと思いますよね。結婚式は時期によって費用にバラつきがあります。いつが安くて、いつが高いのか早速確認していきましょう。

 

結婚式はいつが高いの?

次に、結婚式を挙げるときにいつ費用が高いのか気になりますよね。正解は、春と秋です。逆に安い時期は夏と冬になります。春は暖かくなるにつれて挙式をする人が増え、GWでピークを迎えます。GWは特に大型連休のため早めに予約を取らないとすぐに埋まってしまいます。秋は4つのシーズンの中で一番晴れる確率が高い時期。特に10月に挙式をするカップルが多く、参列者側にも負担なく過ごしてもらえることができるので安心して式を迎えることができます。逆に夏は、暑さや梅雨、台風など天候に左右されやすい時期であり、冬は寒さや雪などによって交通機関がマヒしてしまうといったトラブルも多くなります。そういった問題が起きることから、夏や冬の結婚式は春や秋に比べ人気が低いのです。そのため費用は春と秋の方が高くなります。

 

六曜にこだわると高い?

日の吉凶を表すものを「六曜」と言いますが、それによって結婚式の費用に差が生じます。では一体いつが安くていつが高いのでしょう?「六曜」は先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口があり、その中で「大安」の日に結婚式を挙げるのが縁起がいいと言われています。「大安」は大吉の日と言われ、何事も成功する日という意味です。そういった意味のある日に式を挙げたいというカップルは「大安」を意識して挙式日を決定します。昔より今は「大安」を気にする人は少なくなりましたが、今でも「大安」の日に結婚式を挙げる習慣が残っているため人気があり、他の日に比べ費用は高くなります。

 

結婚式の費用を抑えたい!賢い節約術

結婚式の費用がいつが高いかお分かりいただけましたか?次に、結婚式の費用をできるだけ安くする賢い節約術についてお話します。

 

平日を選ぶ

基本は土日祝日を選んで挙式をすると思いますが、平日の挙式は費用をグンと下げることができます。お互い仕事が平日休みだったり、親族や参列者が了承をしてくれれば平日を選ぶのもOK。平日は土日祝日に比べ格段に値段が低いので、高いと諦めていた式場でも挙式をすることができるかもしれません。

 

ナイトウェディング

人気の昼間の時間ではなく、夜の時間帯に挙式をすると費用を抑えることができます。夜遅くても参列者に迷惑をかけないようであれば、ナイトウェディングをするのもおすすめです。式場によってナイトウェディングプランなども用意されていることがあるのでチェックしてみましょう。夜に

 

持ち込みでコストカット

持ち込みができる式場であれば、ウェルカムボードやペーパーアイテムなどをDIYしてみるのも手です。ムービーや簡単なものは自分たちで作成しコストカットしましょう。中には周りに協力をしてくれる人がいて、ウェディングケーキやドレス、ムービーなどを手作りで持ち込むカップルたちも!全て式場に頼むのではなくできるところは自分たちで用意することで、さらに思い出に残る結婚式に!ときどき持ち込みNGの式場もあるので、持ち込みを考えている場合は事前に確認を取るようにしてください。

 

ドレスショップは卸業者が狙い目

意外と知られていませんが、卸業者が運営するドレスショップは普通のショップよりも値段が3分の1ほどになっています。卸業者だけに種類は豊富で着たいドレスに出会えること間違いなし。しかし、卸業者のドレスショップは数が少ないので店に行くまでの時間がかかることもあります。場所や距離を確認してから向かうようにしてください。

 

値段交渉

式場によっては、値段交渉を取り合ってくれるところもあります。その際は、できるだけ多くの情報を式場に伝えて交渉をしていきましょう。日取り、招待客、比較している式場、希望の料金、オプションなど自分たちの要望をしっかり話していきます。特に比較している式場のことを話題に出すことで、値段やオプションなどの交渉がうまく進むこともあります。値段交渉は時間がかかることもありますが、そこは慎重に進めていくようにしましょう。

 

ウェディングの口コミを寄せる

ウェディング関連の会社は、これから結婚式を挙げるカップルの情報をたくさん取り入れたいと、アンケートやSNSキャンペーン、など様々な取り組みを意見を集めています。意見を投稿するとお礼としてギフト券、結婚式場の割引、ドレスの優待券などプレゼントをしてくれることがあります。そういったキャンペーンを利用して、節約をしてみましょう。

 

幸せな結婚生活を送るためには「お金」が大事

幸せな結婚生活を送るためには、カップルでしっかりとお金について話合いが必要です。結婚式の準備は思ったよりも大変で時間がかかります。綺麗なドレスを着てたくさんの人からお祝いをしてもらえるのは女性にとって幸せなこと。その希望を叶えようと男性は奮闘してくれます。しかし、本当に大切なのは、結婚式を盛大に挙げることだけではなくその先二人の未来も一緒に考えていないといけないのです。結婚式にいくらかけるのか?そのあとの新婚旅行はどうするか?二人で新居に引っ越したいな。など、結婚式以外にもお金をかける場面がいくつかあるはずです。そのために、結婚式はいつが高いか、持ち込みをして節約をしようなど具体的な話合いが大切なのです。男性は特に貯金がない、稼ぎが少ないということを恥ずかしく思い女性に話さないことも多いです。しかし、お互いのお金事情を把握していないと、結婚式後に極貧生活を強いられてしまったなんてこともあるのです。そんな事態にならないためにも、結婚式を挙げると決めたら「お金」のことを隠さずに話し合うようにしましょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。結婚式を挙げるにはいつが安くていつが高いかお分かりいただけたと思います。もし安く結婚式費用を節約したいなら、時期や時間帯などを選んで日取り決めをしていくことをおすすめします。しかし、その際に自分たちの都合だけではなく参列者のことをしっかり考えるように。結婚式の費用は見直せば色々なところからコストカットすることができるので、二人で協力し合いながら素敵な式にしていってください。心より応援しています。

-結婚のお金
-

Copyright© BRIDAL ANSWER , 2019 All Rights Reserved.