結婚式の準備

結婚式の前撮りは必要?オススメ時期と基礎知識

  • 結婚式の前撮りをしようか悩んでいる
  • 前撮りはしたいけど、撮影時期で悩んでいる

このような方は多いのではないでしょうか。

結婚式の前撮りをしておくと、思い出になるだけでなく多くのことに活用できます。

また、撮影時期も人気の時期とそうでない時期で、それぞれメリットがあるのです。

今回は結婚式の前撮りの活用方法や撮影時期、撮影場所などについてご紹介します。

結婚式の前撮りは幅広い活用方法が!

結婚式の前撮りは幅広い活用方法が!

前撮りの写真は幅広く活用できます。

例をご紹介すると、

  • ウェルカムボード
  • 披露宴で流すムービー
  • 結婚報告のはがきや年賀状
  • 両親や祖父母へのプレゼント

このような使い方が可能です。

どのように活用するかはふたりのアイデア次第。

結婚式とは違う衣装を着ることで、お色直しの回数を増やさずにいろいろな衣装を楽しめるというメリットもあります。

結婚式の前撮りがオススメな時期

結婚式の前撮りがオススメな時期

結婚式の前撮りは、いつまでに撮影しておくべきなのでしょうか。

撮影時期と人気シーズンについてご説明します。

前撮りの撮影は3か月前までがベスト

前撮りをする場合、結婚式で写真を使いたいという方は多いでしょう。

撮影から納品まで2週間〜1か月ほど時間がかかるため、納品後にウェルカムボードやムービー作成などをすると考えると、3か月前までに撮影を終わらせておくのがベストです。

余裕を持ってスケジュールを組んでおきましょう。

前撮りをするなら注意したい時期

前撮りは一年中いつ撮影しても大丈夫ですが、ロケーション撮影の場合は注意が必要。

和装の場合は夏の暑い時期が厳しく、ドレスの場合は真冬の寒い時期は厳しいということを覚えておきましょう。

結婚式が決まったら、前撮りで何を着るか、どこで撮影するかを決めておき、前撮りのタイミングを検討しましょう。

人気シーズンは早めの予約を

人気シーズンは過ごしやすい気候である春と秋です。

暑すぎず寒すぎない季節なので、和装でも洋装でも撮影が可能。

春は桜、秋は紅葉の中で撮影できることから、この季節を選ぶカップルもいます。

春や秋は人気シーズンなので予約が埋まりやすいので、早めに予約を取るようにしましょう。

前撮りはスタジオ?それともロケーション?

前撮りはスタジオ?それともロケーション?

結婚式の前撮りは撮影方法はスタジオ撮影とロケーション撮影が選べます。

それぞれのメリットとデメリットをご説明します。

スタジオ撮影のメリット

  • 天候に左右されない
  • 費用がロケーションに比べて安い
  • 短い時間で撮影が終わる
  • かしこまった写真が撮れる

スタジオ撮影はなんといっても天候を気にする必要がありません。

さらに室内なので、気温も気にする必要がなく、夏や冬でも快適に撮影が可能です。

また、ロケーション撮影よりも費用が安いため、節約したいカップルにもオススメ。

長距離の移動もなく、着替えもスムーズにできるので、時間をかけずに撮影ができます。

また、かしこまった雰囲気の写真が撮れるのも、スタジオ撮影のメリットと言えるでしょう。

スタジオ撮影のデメリット

  • バリエーションが限られる
  • スタジオによってはかしこまった写真のみになってしまう

スタジオ撮影は室内で撮影するため、どうしても写真のバリエーションは限定的になってしまいます。

また、スタジオによってはかしこまった雰囲気の写真しか撮れないことも。

自然な雰囲気の写真も欲しい場合は、そのような写真を得意としているスタジオを探しましょう。

ロケーション撮影のメリット

  • 屋外だけでなく神社やチャペルや洋館など、好きな場所で撮影が可能
  • 緑や花々に囲まれて撮影ができる
  • 昼間や夕方や夜で雰囲気の違う写真が撮れる
  • ポーズや風景などバリエーションが豊富

ロケーション撮影の最大のメリットは、好きな場所で撮影ができるという点です。

ロケーションと聞くと屋外を想像するかもしれませんが、有名な神社やチャペルでの撮影や、趣ある洋館でプライベート感のある撮影を行うことも可能です。

また、自然豊かな場所で緑や花々に囲まれた撮影ができるのもロケーション撮影ならでは。

撮影したい場所の季節ごとの風景を調べておき、新緑がキレイな時期や紅葉の時期など、自分の希望の風景で撮影ができるように予約するといいでしょう。

また、太陽の位置で写真の印象が変わるので、その時期の日が沈む時間を調べておくと、限られた時間内で昼間の明るい写真から夜のムードある写真まで撮影が可能です。

ロケーション撮影ではかしこまった写真を撮ることはあまりなく、ふたりの希望に合わせたポーズなどで撮影ができます。

自然体の写真が撮れるので、より思い出深い写真となるでしょう。

ロケーション撮影のデメリット

  • 天候に左右される
  • 場所によっては人目が気になる
  • 許可が必要な場所や撮影禁止の場所もある
  • スタジオ撮影よりも費用が高め

ロケーション撮影は屋外で行うことが多いため、天候に左右されてしまいます。

悪天候の場合どうなるのかはスタジオによって異なるので、事前に聞いておきましょう。

また、観光スポットなどでの撮影は人目が気になることもあるでしょう。

ふたりとも周りの目を気にしないのであれば問題ありませんが、出来るだけ見られたくないのであれば、場所を選び直したり、観光のオフシーズンを調べるなどしましょう。

また、ロケーション撮影は好きな場所で撮影ができますが、場所によって許可を取る必要がある場所、撮影が禁止されている場所があります。

「絶対にここで撮りたい」という場所がある場合は、スタジオに前もって聞いておく必要があります。

移動で時間がかかり、場所によっては許可を取るための料金かかるので、スタジオ撮影よりも費用がかかるという点も覚えておきましょう。

前撮り衣装は和装にする?ウェディングドレスにする?

前撮り衣装は和装にする?ウェディングドレスにする?

前撮りをする場合、和装にするかドレスにするか悩む花嫁も多いでしょう。

着数や衣装選びについてご説明します。

前撮り衣装の着数はどうする?

結婚式の前撮りでは、花嫁が1〜2着、新郎が1着ということが多く、花嫁が2着でも新郎は着替えないというパターンが多いようです。

ロケーション撮影の場合は着替える場所がないため1着のみの撮影となることが多く、2着以上着たい場合はスタジオ撮影の方がオススメです。

ロケーション撮影が希望であれば、1着のみと考えておいた方がいいでしょう。

結婚式の事を考慮した前撮りの衣装選び 

結婚式では和装よりもウェディングドレスが人気ですが、前撮りの場合は和装が人気。

結婚式当日にドレスを着るから、和装も着ておきたいと考えるカップルが多いからです。

また、結婚式のリハーサルとしてヘアメイクも含めて結婚式と同じ衣装を着るという方もいます。

前撮りの時期で費用の差はあるの?費用の目安はどのくらい?

前撮りの時期で費用の差はあるの?費用の目安はどのくらい?

前撮りをする時期で費用に差はあるのでしょうか。

また、費用の目安となる金額をご説明します。

前撮りは夏と冬がお得な場合も

夏と冬は暑さや寒さが厳しく前撮りを避けるカップルが多いため、スタジオによっては割引や特典を用意しています。

撮影料が数万円割引されたり、衣装代が無料になったりと費用を抑えたいカップルにはとても魅力的。

気温さえ我慢すれば、お得に撮影ができます。

スタジオによって特典内容に差があるので、夏冬のキャンペーンを見比べてみましょう。

前撮りにかかる費用の目安は?

前撮りにかかる費用の目安は?

結婚式の前撮りにかかる費用は、

  • 撮影場所
  • 衣装の種類や数
  • カット数
  • アルバムなどのオプション

これらをどのように選ぶかで費用が変わります。

衣装やアルバムなども含めたプランを用意しているスタジオが多いので、スタジオ選びの際にはプランを見比べましょう。

衣装はレンタル無料となっていても、衣装のランクを上げることで料金がかかる場合もあるので、衣装についても事前に聞いておくといいでしょう。

「ゼクシィトレンド調査2019」によると、前撮りをした首都圏カップルの費用平均は以下のようになっています。

  • スタジオ撮影…13.7万円
  • ロケーション撮影…16.2万円

やはりスタジオ撮影の方がややリーズナブルであることがわかります。

ただし、この平均金額には50万円以上など高額な方も含まれているので、前撮りの相場は

  • スタジオ撮影…5〜10万円
  • ロケーション撮影…10〜15万円

この金額を目安にしましょう。

結婚式の前撮りを依頼できる業者の種類

結婚式の前撮りを依頼できる業者の種類

前撮りの時期や場所などを決めたら、前撮りをお願いする業者を探し始めます。

「どんな写真にしたいか」を考えて選びましょう。

式場の提携業者

忙しいふたりにオススメなのが式場の提携業者に前撮りをお願いする方法です。

この場合、式場のプランナーが手配をしてくれることが多いので、予約などの手間が省けます。

外部の業者

最近では、ウェディングフォト専門スタジオも多く、スタジオごとに特徴が違います。

探す手間はありますが、選択肢の広さは魅力。

外部の業者に頼む場合、どんな写真を撮ってくれるのかをウェブサイトなどでチェックしてみましょう。

また、料金は式場の提携業者にお願いするよりもややリーズナブルです。

まとめ

まとめ

今回は結婚式の前撮りの活用方法や撮影時期、撮影場所などについてご紹介しました。

前撮りをしておくと結婚式に使えるだけでなく、結婚報告のはがきや年賀状など、さまざまなことに活用できます。

撮影時期は、人気の春や秋なら衣装を選ばない過ごしやすい気候が魅力で、桜や紅葉を背景に撮影することが可能です。

対して、夏や冬は予約が取りやすく、スタジオによっては特典や割引があるので、お得に撮影ができることも。

スタジオ撮影にもロケーション撮影にもメリット・デメリットがありますので、季節やふたりの希望を考慮してどちらで撮影するかを考えましょう。

費用はロケーション撮影の方がやや高めです。

費用を抑えたい方は、スタジオ撮影を検討してみましょう。