結婚式の準備

結婚式に欠かせない両親への記念品のプレゼントは何をチョイスすべき?

結婚式の定番演出のひとつに、「両親への記念品贈呈」があります。

これは結婚披露宴の最後の最後、お開きの直前にある演出で、両親はもちろんその場にいる参列者が皆感動する瞬間とも言えます。

このとき、記念品を何にするべきかという点はとても悩ましいですよね。

せっかくなら両親に喜んでもらいたい、気持ちの伝わるプレゼントをセレクトしたいものです。

今回は、元ウエディングプランナーが「おすすめの両親への記念品ギフト」についてお話していきましょう。

記念品を選ぶときの3つのポイント

記念品

両親への記念品を選ぶときに、新郎新婦が特に意識をするべき3つのポイントがあります。

まずは、このポイントについてひとつずつ見ていきましょう。

ポイント①自分らしさの伝わるもの

結婚式には、定番のギフトや定番の演出がたくさんありますが、これらは必ず必要なものではありません。

それよりも大切なのは、自分たちらしさが伝わる結婚式になることです

両親への記念品についても同じことが言えます。

結婚式に関わらず、ギフトを誰かに渡すときには共通して言えることですが、自分らしさの伝わるプレゼントは胸を打ちます

もらう側にとって、「こんなプレゼントをくれるなんて、さすがあの人だわ」と思えるようなものだと良いですね。

相手の好む物を選ぶのは当たり前ですが、だからと言ってありきたりなものを選ぶだけでは芸がありません。

自分たちらしさが伝わるものにしましょう。

ポイント②世界にひとつだけのものなら特に良い

結婚式の記念品においては、できるだけ特別感のあるものが良いです。

そこでおすすめなのが「世界にひとつだけのもの」です。

買おうと思っても買うことができないもの、つまり手作りや特注品ということになりますね。こういうギフトは特に喜ばれます。

今回ギフトを渡すのは、ほかでもない両親です。

これまでお世話になった両親ですから、特別なギフトを準備したいですよね。

我が子が自分たちのためにわざわざ考えて準備してくれたとなると、両親も感動すること間違いありません。

ポイント③両親が好きなものに関連させる

プレゼントは自己満足になってしまってはいけません。

相手の好みをしっかり考えて選んでいきましょう。

両親の好きなものは何でしょうか?

お酒が好きだったり、お菓子が好きだったり、好みは人それぞれです。

まずはご自身の両親の嗜好について考えていかなくてはなりませんね

自分の好きなものを、わざわざ娘もしくは息子が選んで記念品にしてくれたとなると、その喜びは何倍にもなります。

必ずしも皆さんがプレゼントしたいものが両親にとってのベストな記念品かというと、そうではありませんからね。

お父さんお母さんの好きなものは何ですか?ここから考えていってください。

プランナー目線で特に良かった5つの記念品ギフト

プランナー目線で良かったプレゼント

ウエディングプランナーとして、私はこれまで100以上の結婚式に関わり、たくさんの記念品贈呈の場面に立ち会いました。

そして、その中でも特に「これは素晴らしい」と思ったものがいくつかありました。

記念品をどのようなものにするかに関しては特にルールもありません。

非常に珍しいものもありましたし、定番アイテムも多かったですね。

ここからは、元ウエディングプランナー目線で、特に印象に残った5つの記念品ギフトについて紹介していきましょう。

おすすめ記念品①新郎新婦それぞれの生まれ年のワイン

新郎新婦それぞれの生まれた年に作られたワインを、オリジナルのボトルに入れてプレゼントするというのはとても印象的でした。

ワインでなくても、新郎新婦にちなんだお酒でも構いません。

ポイントは、ボトルを手作りするというところにあります

新郎新婦の名前を入れ、メッセージを入れてボトルを特別にオーダーします

これで、飲み干してしまったあとも両親はそのボトルを飾っておくことができるということです。

特にお酒の好きな両親にはピッタリのギフトになるでしょう。

おすすめ記念品②新郎新婦手作りのグラスもしくは食器

手作りのものには温かみがあります。

もらう側も「私たちのためにわざわざ作ってくれたんだ」としみじみ感動に浸ることができますよね。

結婚式の両親への記念品として、グラスや食器などの手作りも素晴らしいアイデアです

これについても、どのアイテムにするかは両親の好みを考えてチョイスしていきましょう。

日ごろからよくワインをたしなむ両親ならワイングラスも良いでしょう。

毎晩のように軽く夫婦で晩酌をする両親なら焼酎グラスや日本酒用のとっくりとお猪口も素敵です。

お酒を飲まないご両親なら夫婦湯飲みや夫婦茶碗もおすすめです。

選択肢は無限にあります。毎日気軽に使用できるようなものが特に喜ばれるでしょう。

おすすめ記念品③一本の木から作られた三連時計

割と流行りのアイテムではありますが、三連時計もまた人気があり喜ばれるギフトのひとつです。

この三連時計というのは、一つの木から作られた三つの時計のことです。

三つ並べるとぴったりと木目がマッチしてきれいに並べて置くことができます。

この三連時計を新郎新婦、新郎両親、新婦両親で持っておくことによって、「これからも離れていても同じ時間を刻んでいこう」という意味合いになるということです

素敵ですよね。

時計はそれほど大きなものでもありませんので、気軽に家の中のどこかしらに置いて使うことができます。

もらっても置き場に困るということはまずありません。

おすすめ記念品④温泉旅行券

両親がアクティブで、旅行好きもしくは出かけることに抵抗がないタイプなら、ぜひおすすめしたいのが旅行券です。

特に、温泉旅行券は親世代であれば確実に喜ばれます

記念品というと、ついつい形のあるものをイメージしますが、案外「体験型」のものもアリです。

これまでお世話になった両親に、良い宿でゆっくりと体を休め、温泉とお食事を楽しんでもらう機会をプレゼントしてみてはいかがでしょうか。

なかなか旅行する機会のない両親でも、温泉旅行券が手元にあればきっと必ず行きますし、それは最高の思い出になるはずです。

夫婦水入らずで素敵なひとときを過ごしてもらいましょう。

おすすめ記念品⑤ウエイトベア

最後は定番中の定番ですが、ウエイトベアの紹介です。

ウエイトベアは、新郎新婦それぞれの生まれた時の体重うと全くおなじ重さで作るクマのぬいぐるみのことです

つまりはおおよそ3キロほどのぬいぐるみになるので、しっかり重みがあります。

このウエイトベアを記念品としてプレゼントするカップルは非常に多いですが、やはり両親の反応は良いですね。

我が子が生まれたとき、はじめてその胸にだっこしたときの感覚が甦り、我が子の成長をしみじみかみしめることができます

クマはちょっと、と思うのであれば同じ考え方で「ウエイトライス」というものがあります。

体重と同じ重さのお米の俵をプレゼントする方法です。

見た目にインパクトがあって、かつお米なので使い道に困ることは絶対にないということで大変おすすめです。

まとめ

結婚式の記念品まとめ

結婚式の記念品贈呈は、結婚式の締めくくりにおける大切なイベントです。

何よりも、今までお世話になった両親にとびきりのギフトをプレゼントして感謝の気持ちを伝えることができるチャンスです。

ご自身の両親に合ったものをチョイスして、喜んでもらえるように考えてみましょう!