結婚式準備の“はてな”を解消する情報サイト

BRIDAL ANSWER

結婚式の準備

これでまるわかり!結婚式の準備の総まとめ

投稿日:

結婚式の準備は何となくイメージができていても、全体的なスケジュール感が分からないという人は多いのではないでしょうか。

いつまでに何を決めていくのかが案外分かりにくいですよね。

そこでこの記事では、結婚式場の決定から当日までの流れを総さらいしていきます。

元ウエディングプランナーが、結婚式当日までの流れを項目別に説明していきます。

読み終わる頃には、結婚式の準備の流れは完璧になるはず。では、最後までご覧ください。

結婚式場は挙式の半年前には決まっているのがベスト!

結婚式場は挙式の半年前には決まっているのがベスト!

必ずこうでなくてはいけないわけではありませんが、結婚式からさかのぼって半年前には式場が決まっているのがベストです。

これは、式場が決まった後の流れがスムーズにいくということが最大の理由です

そして、当然早めに予約をした方が人気の日程や時間帯の予約が取りやすいということも理由になります。

今から半年先の結婚式を予定しているものの、式場を決めかねているということであれば、少しここから急いだほうが良いでしょう。

式場選びの記事
結婚式場選びのポイント
結婚式場は何を基準に選ぶべき?失敗しないための5つのポイント

結婚式場選びは慎重に行いたいですよね。実際、選ぶ式場によって雰囲気が大きく変わるため、来賓からの見え方にも影響がでます。この記事では、結婚式場選びのポイントをプランナー目線で解説します。

続きを見る

結婚式場が決まったらまずゲストのリストアップ

結婚式場が決まったらまずゲストのリストアップ

結婚式場を予約したら、まずは一安心。

これでひとまず結婚式を挙げる日と場所が決まりです。

ただし、本番はここから。結婚式場を決めるというのはファーストステップにすぎません

以降は、細かな内容を一つ一つ決めていく必要があります。

式場が決まったら、まずは結婚式に誰を招待するのか、そのピックアップを始めることからスタートしましょう。

これは、担当プランナーとの打ち合わせが始まるまでに済ましておくべきことです。

元プランナーだから言えることですが、これをしっかり準備した上で打ち合わせをスタートするのと、そうでないのとでは全く効率が違ってきます

ゲストを呼ぶ基準
呼ぶ基準が分からない!結婚式に招待するゲストの選抜方法

結婚式の参列者って、どこからどこまでの人を呼ぶのが良いか迷いませんか?呼ばなかったら角が立ちそう、などと心配もありますよね。そこでこの記事では、元ウェディングプランナーの目線で招待する人の基準を教えます。

続きを見る

打ち合わせが始まる前にウエディングドレスの試着をしに行こう!

打ち合わせが始まる前にウエディングドレスの試着をしに行こう!

プランナーとの打ち合わせが始まるのは、通常結婚式の3カ月前から4カ月前です。

ということは、半年前に式場を決めても、2カ月から3カ月は打ち合わせが始まりません。

のんびりできる!と思った方は要注意です

なぜなら、このときにどう動くかがその後の打ち合わせの進み具合を大きく左右するからです。

打ち合わせが始まる前にしておくこととして、「ドレスの試着」は忘れてはなりません

なぜこのタイミングでドレスの試着をするかというと、心に余裕をもってしっかりと衣装選びに時間を費やせる唯一のタイミングだからです。

打ち合わせが始まると、ここからは決めることが山ほどあり、落ち着いてドレスのことばかりも考えていられれなくなってしまいます

そして、打ち合わせが始まると、ウエディングブーケや、会場のコーディネートの話も始まります。

これらは、ウエディングドレスが決まっていなければ決めることができないアイテムです。

ポイント

つまり、ドレスが決まっていることで、他のアイテムも決定しやすくなるということです。

第一回目の結婚式打ち合わせ

結婚式の打ち合わせ1回目

ウエディングプランナーとの初めての打ち合わせです。

挙式まであと3カ月から4カ月というこのタイミングで、まず決定しなければならないのが招待状です

招待状をどのようなデザインのものにするか、どのような文面で送るか、初回の打ち合わせではこれを決めていくのがメインとなります

デザインを決めたら、招待状を発送するゲストの数を再度精査して、その後発想の準備にかかります。

第二回目の結婚式打ち合わせ

結婚式の打ち合わせ2回目

結婚式や披露宴の大まかな内容や、必要なアイテムを一気に決めていくタイミングです

挙式まであと2カ月程度ですね。このときに招待状を発送します。

招待状が返送される前に、先に席次表のイメージ作りも始めておきます。

誰がどこのテーブルに座るのかを決めるのは、案外時間がかかる作業です

この頃になると、披露宴の内容、ブーケの種類、お料理のランク、引出物、アルバムとムービーなどかなりたくさんのアイテムを決定しなければならなくなります。

一番結婚式準備で忙しくなるのがこの頃だと考えて良いでしょう。

ポイント

お仕事の都合で、猛烈に忙しいときがある場合は、挙式の2カ月前とその多忙な時期が重ならないようにしておいてください。

第三回目の結婚式打ち合わせ

結婚式の打ち合わせ第三回目

挙式の約1カ月前です。この頃になると、招待状の返信が出そろいます。

ここで出欠の確認をして、欠席の人を席次表から削除し、席の並びを調整しましょう。

招待状の返信期日は基本的に皆守ってくれるものですが、一人でも不確かな人がいると、席次表は決定できません

期日を過ぎても返信が来ない場合は、直接連絡を取って確認しましょう

人数が確定するのがこのタイミングとなるため、ここで正式な数量が確定します。

人数が確定することにより、お料理の数や引き出物の数も確定することができます。

ポイント

理想を言えば、このタイミングでほぼすべてが決まっている状態になっていると素晴らしいですね。

最終の打ち合わせ

結婚式の最終打ち合わせ

最終の打ち合わせは挙式の2週間ほど前にされることが多いです。

内容としては、決めたものの確認です。

人数を間違ってお食事を準備してしまったり、引出物の数を間違ってしまったりすることのないように、慎重に確認作業をしていきましょう。

何かを頼み過ぎたり、逆に足りなかったりすることで、大変なミスに繋がることもあります

当然プランナーも一緒に確認はしてくれますが、自分たちでもしっかりと確認しておきましょう。

この頃まで、最終的な変更が間に合うことが多いです。

直前ではありますが、急な欠席の連絡があったり、やむを得ない変更があったりした場合は、速やかに担当プランナーに伝えましょう。

注意ポイント

この連絡が遅れることにより、無駄にキャンセル料金が発生してしまうことがありますので、注意が必要です。

結婚式直前

結婚式直前

プランナーとの最終確認が終わり、請求書も最終の金額が出たあとは、特にすることはありません。

強いて言うのであれば、体調管理に気を付けること、そしてブライダルエステに行って最終メンテナンスをすることくらいです。

忙しかった結婚式準備も終わりました。人生最高の日を迎える心の準備をしておきましょう

ただし、仮に席札を手作りする場合、この作業にギリギリまで追われる新郎新婦カップルは割と多いです。

というのも、席札は最終的に当日に間に合えば良いものです。

式場によっては前日までに出すように指示されることもありますが、とにかくギリギリで許されるアイテムです

ポイント

できれば席札も早めに作成して、結婚式直前はゆっくりと過ごせる心の余裕がある方がいいですね。

まとめ

結婚式の準備まとめ

本当に、信じられないほどたくさんのことを決めていく必要があるのが、結婚式の準備です。

しかもその選択肢もかなりたくさんあるため、決めていくだけで疲れてしまうこともあるでしょう。

結婚式は誰しもが初めての経験。皆わからないながらこそ、手探りでプランナーと二人三脚で進めていくものです。

これを読んでいただくことで、全体的なスケジュール感がお分かりいただけたのではないでしょうか。

打ち合わせが始まってしまうと、そこからはあれよあれよという間に進んでいきます。

コツは、プランナーとの打ち合わせ前に、しっかり参列者のリストアップとドレス試着を済ませておくこと

これに尽きます。

結婚式の準備を、お二人が楽しみながら心に余裕をもって進めていくためにも、前もって計画的に動きましょう!

-結婚式の準備
-,

Copyright© BRIDAL ANSWER , 2019 All Rights Reserved.