結婚式の準備

結婚式の前撮りは費用をかけてやる価値大!その理由と節約のコツ

結婚式のときに、やるかやらないかで悩むカップルが多い「前撮り」ですが、これはぜひやっておくべき素晴らしいオプションです。

「結婚式での写真撮影ですら高額な費用が掛かるのに、前撮りまでやる必要がある?」と思うカップルもきっと多いのではないでしょうか。

今回は元ウェディングプランナーの私から、前撮りの魅力と費用の節約方法についてお話していきます

前撮りが結婚式当日の撮影と大きく異なる3つのこと

前撮りが結婚式当日の撮影と大きく異なる3つのこと

前撮りをする魅力を知らずして、前撮りをやろうと決めることはできませんよね。

まずここで、前撮りがなぜおすすめなのかについてお話していきましょう。

結婚式当日にもたくさん写真撮影がありますが、それと前撮りでは決定的な違いがあります。

その違いに注目し、前撮りでしかできない3つのことについて紹介しましょう。

その①:前撮りは写真撮影だけをおこなう日!時間的余裕がまるで違う!

前撮りをする日は、その日一日を写真撮影に費やすわけですから、この点は結婚式と大きく異なります。

皆さんはあまり結婚式の裏側を知る機会がないかと思いますが、結婚式当日の新郎新婦はとても忙しいです。

結婚式当日の写真撮影では、かなりたくさんのカット数の撮影をしますが、このほとんどは「合間」をぬって慌ただしく撮影されるため、ゆっくり撮影に時間をかけることはほぼ不可能なのです。

例えば、ウェディングドレスを着用して挙式をおこなうチャペルへ向かう前に、まず記念写真を撮影するのが一般的です。

このときも「挙式前のわずかな時間」を使って撮影をおこなうため、後になって「もっとこういう写真が撮りたかったなぁ」などと後悔が残ることもあるでしょう。

前撮りの日は、結婚式当日とは比べ物にならないくらい「ゆっくりと」撮影に時間をかけることができます

そのため、撮影したいポーズや小道具を使っての撮影も心ゆくまでゆっくり完璧を求めておこなうことが可能になります。

その②:前撮りのときは写真のことだけを考えればいいので気持ち的にとてもリラックス!

結婚式の日は、新郎新婦は当然結婚式で頭がいっぱいになります。

挙式のときにバージンロードを上手く歩けるだろうか、ウェルカムスピーチは上手にできるだろうか、などと常に緊張している状態で時間が過ぎていきます。

写真撮影は、常にこの緊張感でいっぱいの中同時進行でおこなわれるため、気持ち的にリラックスした状態での撮影はなかなか難しいものです。

これに対して前撮りは、当日「他のこと」で緊張することもなく、写真のことだけを考えれば良いため、リラックスした状態で撮影に臨むことができます

この点は皆さんが想像している以上に大きな違いで、気持ちがリラックスしていると写真にうつるカップルの表情さえ違って見えるから不思議です。

いつものようにリラックスして自然体で仲良しなお二人を写真にするという意味では、結婚式当日よりも前撮りの方が圧倒的に向いています。

その③:結婚式とは異なる場所でのロケーション撮影が叶う!

前撮りをする場合は、その撮影場所から選択することが可能です。

結婚式場での前撮りオプションは、多くの場合いくつかの撮影場所から選べるようになっており、特に式場の屋外スペースなど結婚式当日にはゆっくり撮影できない場所での前撮りが人気となっています。

中には、完全に出張して前撮りをおこなうプランもあります。

例えば和装に身を包み神社で撮影するプランや、同じく和装で自然が美しい公園などに出向いて撮影をおこなうプランがあります。

季節によって異なる趣がある屋外での撮影は人気が高く、これらの写真は結婚式当日撮影する写真とはまったく違う雰囲気のものに仕上がります

前撮りにかかる平均予算は10万円から15万円

前撮りにかかる平均予算は10万円から15万円

結婚式当日には撮ることのできない写真が撮れるということで、非常に魅力的な前撮りですが、その費用は一体いくらくらいなのか気になるところですよね。

前撮りはプランによってお安いものから高額なものまでさまざまなので、一言で金額をあらわすのは非常に難しいですが、平均予算は10万円から15万円と考えておけばよいでしょう。

中には5万円程度でできる前撮りもあり、逆に20万円を超えるものもあります

これらは撮影カット数や撮影場所、そして衣装の数によって異なります。

前撮り費用を抑えるコツとは?

前撮り費用を抑えるコツとは?

結婚式は一生に一度のスペシャルなイベントなので、何事に関しても費用をおさえることでクオリティを下げてしまうのはおすすめできません。

とは言え、前撮りを少しでもお安くしたいなら、その方法はいくつかあります。

ここでは、費用をおさえて前撮りしたい場合の節約方法についてお話しておきましょう。

節約ポイント①:衣装を1点のみにする

前撮りの衣装の点数が多いほど費用は高くなります。

結婚式の際にウェディングドレスとカラードレスを着用する場合、前撮りではこれら以外の衣装を選ぶのもひとつの方法です。

この場合であれば、和装をチョイスし前撮りをおこなうことで、「洋装2点と和装1点」の写真を記念に残すことができます。

このときに、和装1点とドレス1点を前撮り撮影のためにチョイスするとなると、「追加衣装代金」がかかってしまい、金額は数万円単位で一気に跳ね上がります

節約を狙うなら衣装は1点に絞るのがおすすめです。

節約ポイント②:アルバムではなく撮影データで納品してもらう

前撮りのプランの中にアルバムが含まれている場合もありますが、そうでない場合はアルバムを選ばずに「撮影データのみ」で納品してもらうのもおすすめです。

こうすることで費用はおさえられます。

撮影データで納品してもらうとどうなるかというと、アルバムではなく画像のデータで撮影カットが納品されるため、そこからアルバムを作成したり結婚報告はがきを作成するのは自分たちでおこなわなければなりません。

ですが実際のところ、それもひとつの楽しみにもなりますし、今は無料のソフトなどで簡単にはがきを作成することも可能です

それほどの手間ではありません。

アルバムをオーダーするとその分料金があがってしまうため、節約するのであればデータ納品をチョイスするのがおすすめです。

節約ポイント③:出張撮影ではなく式場内での前撮りにする

ロケーション撮影といって、どこかしらに出かけて出張撮影をおこなうプランがありますが、これらは基本的に割と高額です。

メイクさんやカメラマンが出張同行するため、その分の手間賃として料金は高めに設定されているのが理由です。

式場の前撮りプランの中には、式場の敷地内での前撮りプランもきっとあるでしょう。

こちらを選んだ方が費用は安上がりです。

特に、結婚式場の敷地内に可愛いお庭や海の見える場所、写真映えしそうなスポットがたくさんある場合は、式場内前撮りでも十分満足の行く撮影が叶うはず

節約を意識するならこちらをチョイスするのが良いでしょう。

まとめ

まとめ

結婚式においてとても大切な「写真撮影」ですが、これをさらに充実させることができるのが前撮りです。

前撮りは結婚式料金と別料金であるため、予算都合で前撮りをしないカップルもいます。

ですが、ここはぜひ慎重に検討してください。

前撮りでしか撮ることのできない写真があります

後から見返すことができる写真は、お二人の一生の宝物になるでしょう。

少しでも満足度の高い結婚式写真を残すため、ぜひ皆さんも前撮りを考えてみてくださいね!

結婚式の前撮りのメリットとは?時期はいつ頃にするべき?結婚式の準備をしていると、必ず「前撮りをするかどうか」という選択に迫られるときがやってきます。前撮りとは、結婚式よりも前のタイミングで、...