結婚式の準備

みんなは何を贈った?結婚式で両親に渡すプレゼントをご紹介

結婚式の終盤にある「花束贈呈」。

ここまで育ててくれた両親に感謝の気持ちとして花束を贈る演出ですが、最近では「枯れてしまう花束よりも、もっと喜んでもらえるものを贈りたい」とプレゼントを贈るカップルが増えています。

しかし、両親に何を贈るべきか悩んでしまう方も多いでしょう。

そこで今回は、結婚式で両親に贈るプレゼントについて、先輩カップルが実際に贈ったものと、プレゼントの選び方をご紹介します。

結婚式で両親に贈るプレゼントの平均予算は?

結婚式で両親に贈るプレゼントの平均予算は?

マイナビウェディングの調査によると、結婚式で親に贈るプレゼントの両家合計金額トップ3は、

  • 1位…5,000〜10,000円未満
  • 2位…10,000〜15,000円未満
  • 3位…30,000円以上

という結果となりました。

1位と2位を合わせた5,000〜15,000円未満が全体の半数を占めているので、新郎側・新婦側両親にそれぞれ5,000円前後のプレゼントを用意しているカップルが多いのではないかと思います。

結婚式で何を贈った?先輩カップルが選んだ両親へのプレゼント

結婚式で何を贈った?先輩カップルが選んだ両親へのプレゼント

実際にどのような品物がプレゼントとして選ばれているのでしょうか。

今回は、クラウドソーシングサービス「Lancers」を利用する20〜30代の女性に「結婚式で両親に贈った花束以外のプレゼント」のアンケートをおこないました。

贈ったプレゼントと、選んだ理由をご紹介します。

体重米

もっとも多かったのは体重米でした。

新郎新婦の出生体重と同じだけの重さのお米に肌着やおくるみが着せられていたり、メッセージなどが書かれたオリジナルパッケージで感謝を伝えることができます。

〈体重米を選んだ理由〉

  • 両親の名前(漢字)を使って、感謝を伝える文章(詩)を一緒に入れることができ、出生時の体重をもう一度実感してほしいと思ったため体重米にしました。
  • 誕生した時を思い出して懐かしい気分になって欲しいからです。そして私からの愛情が伝わるので良いと思いました。
  • 食べられるものが良いと思い、お酒もいいですがお酒は家に大量にあるのでお米にしました。 
  • 自分たちの出生体重と同じ重さのお米を贈ることで生まれた頃を懐かしんでもらうと同時に、今まで大切に育ててくれたことへの感謝を伝えたいと思ったのと、持って帰ってもらうのは大変ですが、花束よりユニークで面白いと思ったからです。

写真立て・デジタルフォトフレーム

2番目に多かったのが、写真立てやデジタルフォトフレームです。

思い出の写真や家族の写真を飾ってほしいという気持ちから、よく選ばれます。

  • 記念の写真を渡して、写真立てがあった方がそのまま飾れるからいいのではと思い、名入れや感謝のメッセージや日付を入れて記念にしたかったため写真立てにしました。
  • 結婚式の思い出が残るような記念品を送りたかったため、海外挙式の写真を日本での披露宴の時に渡しました。
  • 生花はすぐに枯れてしまうので、思い出を残すために結婚式の写真はもちろん、それから増えていく思い出も入れられると思ったので。年を召された方でも簡単にデジタルフォトフレームに写真を入れられるように、スマホで写真を送れるようにしました。
  • 今後子供も含め増えていく家族の写真を思い出として飾ってもらえたらと思い贈りました。    

ウエイトベア(体重ベア)

 


3番目に多かったのが、新郎新婦の出生体重と同じ重さのテディベアでした。

「こんなに軽かったのに、あっという間に大人に…」と両親も昔を思い出してくれるのではないでしょうか。

〈ウエイトベアに決めた理由〉

  • 結婚という節目で我が子が産まれたときの記憶を思い出してもらう事と共に成長した姿を見てほしかったからです。
  • 生まれた時のことを思い出してもらえるのと、そこから大きく育ててもらった感謝を伝えたいと思ったからです。
  • カタログを実家で読んでいた際に、母が「これ可愛いね」と言っていた事を記憶していたためウエイトベアに決めました。
  • 直接、両親に何が欲しいか聞いた所リクエストされました。テレビで見て欲しかったそうです。

時計

「同じ時を刻む」という意味を込めて時計を贈るカップルもいました。

〈時計に決めた理由〉

  • 生活に役立ち、時を刻む時計が結婚式にピッタリだったからです。また、身近にいつもあり、生活に役立つと思ったので選びました。
  • これから家族として同じ時間を刻みたいという気持ちから、両家に置時計を贈りました。
  • みんなお花が好きだったこと、お家の中に飾れるものにしたかったのでプリザーブドフラワーのついた掛け時計を贈りました。

お酒

お酒好きな両親には、確実に喜んでもらえるお酒を選ぶカップルも。

好みに合わせた種類のお酒だけでなく、生まれ年のワインを選ぶのもステキですね。

  • 育ててくれた年数を想って飲んで欲しいと思ったので、生まれた年のワインを選びました。
  • 義両親ともお酒好きで、物はもう要らないという人たちだったのでお酒の消えものを贈りました。
  • お義父さんがよく飲むらしいので、日本酒にしました。茨城に住んでるので茨城の日本酒から選びました。

旅行券・旅行カタログギフト


旅好きな両親に、奮発して旅行券や旅行のカタログギフトをプレゼントしたというカップルもいました。

  • 結婚式はハワイがいいと言っていたのですが、ハワイで式を挙げてあげられなかったのでせめて旅行券で海外に遊びに行って欲しいと思いました。
  • 旅行をするのがもともと好きだと聞いていたので、もっと楽しんで旅行をしてもらいたいと思ったからです。
  • 物は良質な物を自分達で購入すると思ったのと、実用的なものが良いと思ったからです。

似顔絵・ポエム

「オリジナル感があり、記念に残るものを」と考えて、似顔絵やポエムが書かれた額をプレゼントするカップルも。

飾ってもらえたら嬉しいですね。

  • お米などの品物だと、食べたらすぐになくなってしまうので、一生に一度の記念の品として長く飾っておいたりできるものが良いと思ったので選びました。
  • 両親の名前を使ったポエムで、感謝の気持ちをちゃんと表すことができて、世界に一つだけのものになると思いました。

 その他のプレゼント

上記以外のプレゼントを一部ご紹介します。

  • 猫の皿 

私の親は両方とも猫が好きなので、この皿にしました。近くに陶芸の町があるので、ここで選びたいと思い買いました。

  • プリザーブドフラワーのリース

花束と違い、華やかで枯れることがなく長く楽しめるので家に飾って結婚式の思い出を残してもらいたかったからです。

  • お箸

お箸は意外と消耗品なので、ペアで使ってもらえたら嬉しいなと思い選びました。入っている箱がとても可愛く、その箱も何かに使ってもらえたら良いかなと考えプレゼントしました。

  • ギフト券   

記念品に何が欲しいかと聞いた際に、「現金」と答えられました。さすがに現金は渡せないと思ったので、近所のデパートでも使えるギフト券にしました。

  • 加湿器

両親が欲しがっていたのを知っていたので、加湿器をプレゼントしました。

結婚式で両親にプレゼントを贈るならどのように品物を選べばいいの?

結婚式で両親にプレゼントを贈るならどのように品物を選べばいいの?

両親へ贈るプレゼントを選ぶ前に、

  • ①思い出に残るメッセージ性の強いもの
  • ②両親が好きなもの
  • ③生活に役立つ実用的なもの

など、どのようなものを贈りたいかを考えます。

先輩カップルが贈ったプレゼントで例えると、

体重米やウェイトベア、似顔絵などは「メッセージ性の強いもの」になります。

また、お酒や旅行券は「好きなもの」に、時計や加湿器などは「実用的なもの」に当てはまりますね。

思い出をとても大切にするタイプの両親であればメッセージ性の強いプレゼントを、趣味など好きなものがハッキリしている両親には好みに合わせたプレゼントがいいでしょう。

お互いの両親の性格や好みなどを考えながら、どんなプレゼントを贈るか決めてみてください。

まとめ

まとめ

今回は、結婚式で両親に贈るプレゼントについて、先輩カップルが実際に贈ったものと、プレゼントの選び方をご紹介します。

両親へのプレゼントは

  • メッセージ性の強いもの
  • 両親の好きなもの
  • 実用的なもの

このように大きく3つに分けることができます。

今回おこなったアンケートによると、体重米やフォトフレーム、ウェイトベアといったメッセージ性の強いプレゼントを選ぶカップルが多くいました。

プレゼントを選ぶ際には、どのようなプレゼントにするかを決めてから両親の性格や好みを踏まえて選ぶようにしましょう。