結婚式の準備

2人だけの結婚式!ゲストがいない結婚式のメリットとデメリット

結婚式には様々な形があり、大勢のゲストに囲まれて華やかにおこなう場合や、少人数でひっそりとアットホームにおこなう場合など今ではいろいろな結婚式があります。

そんな中、新郎新婦のみでおこなう2人だけの結婚式は、ゲストがいないため自由度も高く近年では少しずつ人気が出てきています。

2人で結婚式なんてどうなんだろう…と思う人も少なくないでしょう。

今回はこの2人だけの結婚式に注目し、そのメリットやデメリットについてお話していきます

2人だけの結婚式を選ぶのはこんなカップル

2人だけの結婚式を選ぶのはこんなカップルたち

ゲストがいるのが当たり前と思われがちな結婚式ですが、2人だけの結婚式を選ぶカップルも増えてきているのは一体なぜなのでしょう。

ゲストのいない2人だけの結婚式を選んでいるカップルは、多くの場合次のいずれかにあてはまっていることが多いです。

ケース①:どちらかもしくは両方ともが再婚

新郎もしくは新婦が再婚の場合や、両方ともが再婚である場合には、ゲストを大勢招いて盛大な結婚式をおこなうことを避ける傾向があります。

2人だけの結婚式を選び、ひっそりと控えめに結婚式を挙げて感動を2人で共有するというのも素敵な方法ですよ。

ハネムーンだけを考えていたけれど、どうせなら2人だけで挙式だけしよう、となるケースも多く「ついでに結婚式も」という感覚で手軽に挙げる人たちも増えています。

ケース②:目立つことが好きでない

結婚式はゲストの前でウェディングドレスとタキシード姿を披露する場ですから、当然かなりそのときばかりは「目立つ」わけですが、これをあまり好まない人たちも中にはいます。

皆の前で披露するということに対して抵抗を感じるカップルにとっては、2人だけの結婚式なら目立つこともないため選びやすいということですね。

2人だけの結婚式のメリット

2人だけの結婚式のメリット

さて、それでは2人だけで挙げる結婚式のメリットには一体どのようなものが考えられるのでしょう。

2人だけの結婚式にはゲストがいないため、参列して体験することもありません。

2人だけってどんな感じなんだろう、とイメージが湧かない人はきっと多いはずですよね。

ここではそのメリットを3つ挙げておきたいと思います。

メリット①:準備がものすごく楽!

結婚式の準備は大変だというイメージを持つ人は多いと思いますが、これはゲストがいるからこそです。

結婚式準備の大部分はゲストに対するおもてなしに関わること、例えば招待状や披露宴の際のフルコースの食事メニューなどです。

ゲストがいないとなると、準備すべき項目は格段に減ります。

自分たちが着用する衣装や、結婚式のスタイル(キリスト教式にするか、神前式にするか、など)以外に決めることはほとんどありません。

極端に言えば、直前に思い立って結婚式を挙げることも、2人だけの結婚式なら可能です

1カ月前に予約を入れて、衣装を決めてアルバム撮影の内容を選択すれば、それで無事に結婚式は挙げられます。

ゲストのいる通常の結婚式だと準備に3カ月は最低でもかかってくるため、この点は大きな違いだと言えるでしょう。

メリット②:ハネムーンついでに挙げられる!

結婚式を2人だけで挙げるなら、ハネムーンのついでに挙げることだって可能です。

結婚式は挙げないつもりでハネムーンだけ計画していたカップルが、途中で思い立って「2人だけの結婚式を挙げよう!」となるケースは少なくありません

ハネムーンを依頼している旅行会社でも、挙式を取り扱っているケースがほとんどですし、旅行のついでに挙式の相談をすることも可能です。

ハネムーンで海外リゾートに行くカップルはとても多いですよね。

ハワイやグアムなどの海が綺麗な場所は、ハネムーンのまさに定番渡航先と言えるでしょう。

このような場所では基本的に海外挙式プランがあるため、せっかくハネムーンで行くのであれば、そこに少しばかりの予算を投資して2人だけの結婚式を挙げるのも良いでしょう。

メリット③:低予算で実現できる!

2人だけの結婚式はとにかく手軽です。

何が一番手軽なのか、それは「予算」です。

もちろんピンキリではありますが、2人だけの結婚式なら10万円程度から可能です。

10万円ってすごいですよね。結婚式のあの感動が味わえて10万円程度の投資で済むのであれば、これは絶対にやるべき!と考えるのが自然です。

通常のゲストを招いての結婚式となるとそうはいきません。

ゲストの人数にもよりますが、どうしても数百万というまとまったお金がかかるため、結婚式を挙げるのはそう簡単ではありません

もちろんご祝儀で戻ってくるお金もあるとはいえ、それでもかなりの出費になってしまいます。

低予算で結婚式が実現するというのは、2人だけの結婚式を挙げるメリットとしては忘れてはならないポイントです。

2人だけの結婚式のデメリット

2人だけの結婚式のデメリット

一方2人だけの結婚式を挙げるデメリットにはどのようなものが考えられるのでしょうか。

ゲストを招く結婚式でなく、2人だけで結婚式を挙げることによってどのようなデメリットが考えられるのかについてお話します。

ここでは3つのデメリットについて紹介しておきましょう。

デメリット①:ゲストがいないと少し寂しい

当然2人だけで挙げる結婚式ですからゲストはいないわけです。

となると少し寂しいと感じることもあるかもしれません。

ゲストを招いておこなう結婚式と、2人きりの結婚式はまったくの別物と考えた方が良いでしょう

ですが、考え方によっては2人だけの結婚式にはそれ特有の良さもあります。

ゲストのことを考えなくていいので、本当に2人のやりたいことだけを選んでいくことが可能です。

デメリット②:披露宴はゲストがいないとできない

結婚式と言えば、食事を皆で楽しむ披露宴の時間が印象的ですよね。

2人だけの結婚式は基本的に挙式のみになるため、披露宴はできなくなってしまいます。

そのため、どうしても「ちょっと物足りないな」と感じる部分があるかもしれませんね。

この場合、挙式の部分は2人だけでおこなうにせよ、その後にお披露目パーティーを企画するのも良いでしょう

このパーティーでは1.5次会もしくは2次会風の雰囲気で、仲の良いお友達を大勢招待してワイワイカジュアルに楽しむことが可能です。

こうすることで、披露宴の代わりになりますし幸せのお披露目をできる場を設けられます。

デメリット③:家族に反対される可能性がある

結婚式を2人だけでおこなうことを家族に伝えると、反対されてしまうケースは少なくありません。

どういう理由で2人だけの結婚式を選ぶにせよ、家族からしてみればふたりの晴れ姿をしっかり見ておきたいと思うのも分からなくはありません

特に両親に理解をしてもらえず、結局は家族を招いて少人数での結婚式をおこなうことにした、というカップルたちもたくさんいます。

まとめ

まとめ

2人だけの結婚式のイメージ、少しは湧いてきましたか?

これまであまり想像ができなかったかもしれませんが、2人だけの結婚式も良いものですよ。

ゲストのいる結婚式とは違い手軽に準備もできますし、費用もそれほどかかりません

結婚式の感動は格別で、一生忘れることができないものです。

ゲストを招く結婚式だけが結婚式ではありません。

ぜひ2人だけの結婚式も選択肢に加えて考えてみてくださいね!

結婚式をする人しない人の割合は半々!それぞれの意見を聞いてみよう結婚が決まったら、結婚式を挙げるという流れが自然なことのように感じるかもしれませんが、案外そう思わない人たちも多いもの。 実は、結...