結婚のお金

結婚式を挙げるのにお金が足りない!費用不足の時に役立つ対処法

自分たちの結婚式ではああしたい、こうしたいと夢を抱いていたカップルがいざ実際に式を挙げるとなった時に直面するのが費用の問題です。

大抵の場合、費用は最初のプランからどんどん加算されてゆき、気付いた時には予定額をはるかに上回った金額になってしまうこともしばしば。

式の直前にお金が足りない!と困るカップルも珍しくはありません。

この記事では、結婚式のお金が足りなくなった時の対処法をご紹介します

結婚式って普通どれくらいお金がかかるの?

結婚式って普通どれくらいお金がかかるの?

自分たちがどれくらいの資金を持っていれば平均的な式が挙げられるのか、結婚式にかかる費用のイメージを持っていることも大事です。

「ゼクシィ 結婚トレンド調査2018年調べ」によると挙式・披露宴・披露パーティーにかかった総額費用の平均は357.5万円です。

ご祝儀の平均総額は232.8万円で、カップルの自己負担額平均は142.8万円です

数字の上では二人合わせて143万円の資金があれば平均的な式を挙げられると思ってしまいそうですが、そこは注意が必要。

式場の費用は前払いする所が殆どですので、ご祝儀を貰う前に挙式・披露宴・披露パーティーの資金全てを用意しなければなりません。

ご祝儀も当てにしてた額より実際もらう額が少ない場合もあるのでご祝儀を当てにし過ぎず、自分たちが用意できるお金の範囲で結婚式を計画することが重要です。

結婚式費用が足りないと分かった時の対処法

結婚式費用が足りないと分かった時の対処法

結婚式について調べたり式場と打ち合わせをする中で、二人のお金を合わせても結婚式にかかる費用が足りないと気付いた時、どう対処するべきかご紹介します。

対処方法は大きく分類すると「費用を抑える」「資金を借りる」「費用を払うタイミングを変更する」の3つです。

①費用を減らす

自作できるものは自作する

ブーケやウェルカムボードなど、小物を全て業者に頼むと結構な費用になります。

例えばブーケでしたら式場と提携した業者に頼むと3~5万、ウェルカムボードも業者では1万円以上かかるのが相場です。

しかし、それらも自作すれば原材料費だけで済みます。

自作できる小物は他にも招待状・席次表・リングピロー・衣装のアクセサリーなど多々あります。

物作りが苦手な場合友人に頼むのもアリですが、その場合は原材料費の他にお礼の金額も加算して渡すべきでしょう。

演出を見直しする

式場の最初の見積もりからどんどん費用が増えてしまっている場合、ベースのプランに色々な演出を足しているはずです。

最初の見積もり時は会場の飾りやケーキが最低ランク〜中ランクの設定で計算されており、演出も最低限のもので計算されているはずです。

費用に困った時は、初期の見積もりから増やしたこと、ランクを上げたものが本当に必要なのかを改めて考えてみてください

必要ないと思った演出を削ることで費用は安くなります。

例えば、ウェディングケーキをシンプルなものに変更するだけでも費用を抑えられます。

日程を変更する

式場は日程によって料金が変わります。

真夏と真冬は結婚式のオフシーズンとなっており、挙式をする人が少ないので料金が安くなります

また、仏滅は縁起が悪いとされ挙式をする人が少ないので、仏滅に式を挙げると安くなることがあります。

気にしないのでしたら、式の日程を仏滅に変更するだけでもお値段が抑えられるかもしれません。

平日に式を挙げる、式の開始時間を遅めにする、等でも料金が変わる可能性があるので、費用に困った時は日程の変更をプランナーに相談してみると良いでしょう。

着たい衣装は前撮りだけで着る

女性は花嫁衣装に拘りたい人も多いでしょう。

実際、衣装の中で一番お金をかけるのが花嫁衣装で、平均43.7万円(参考「リクルートブライダル総研2017」)となっています。

そこで、本当に着たい衣装は前撮りで着て、式当日はお色直しを無くすことで費用を抑えることができます。

式当日はお色直しがなくても、前撮りした写真を会場に飾ることでゲストにも華やかな姿を見てもらうことが出来ます。

料理と引き出物のランクを下げる

式で出る料理と引き出物の値段はゲストの人数分発生するので、ランクを下げると費用は下がります。

しかし、ゲストに対しての費用を抑えるのは本当に費用が足りない、止むを得ずの場合のみです。

そしてゲストに対する料理・引き出物の費用を削った際は、式の後ご祝儀をたくさん包んでくれたゲストに対し別途お礼の品を渡してください。

②資金を借りる

お金を借りて挙式の費用を払うのも手段の一つです。

どれくらいお金が足りない見込みなのか、ご祝儀を貰ったらすぐに返せるのか、結婚式の後少しずつ返さなくてはならないのか、など状況を考えて慎重に決めてください。

両親・親族から借りる

結婚式にかかるお金でしたら300万円までは贈与税がかからないという法律があります

足りない分を親や親族に貸して貰った場合、税金や利息など発生せずトータルでかかるお金が増えずに済むのがメリットです。

デメリットとしては、身近な人間からお金を借りることで関係性が悪くなる可能性があるということが挙げられます。

お金を借りる時は、普段から信頼関係を築けている相手を選びましょう。

そしていくら借りたいのか、どのようにどれくらい期間をかけて返すのかを具体的に説明することをお勧めします。

ブライダルローンを利用する

ブライダルローンとは結婚式や新婚旅行の為の資金を比較的低金利で借りることができる仕組みです。

ブライダルローンで借り入れをした場合、返済時には年に3~10%の金利が発生します。

この仕組みは銀行などの金融機関またはブライダル関連会社の金融部門で利用できます。

メリットは身近な人から借りるのに比べて誰にも気兼ねしなくて良いところでしょう。

デメリットは、低金利と言えども結局は借りたお金より多いお金を返さなくてはならないこと、審査に時間がかかること、審査が厳しめであることです。

安定した収入がなく勤続年数が浅い方は審査を落ちる可能性があるので、審査を落ちた時にはどうするかも考えておくべきでしょう。

③費用を払うタイミングを変える

ご祝儀が入れば費用が足りる、式の後にお金が入る予定があるカップルであれば、費用を払うタイミングを調整することで問題が解決するでしょう。

カードで支払う(一括で!)

クレジットカードで支払いをすると、実際に口座からお金が引き落とされるのは締め日の翌月末になります。

つまり、それまでに引き落とされる分のお金が入る見込みならクレジットカード支払いにすれば現時点でお金を用意できなくても問題ありません。

ただ、クレジットカードには限度額があり、数百万という金額を一度に支払えるカードを持っていなければいけません。

結婚式の費用をカードで支払いたい場合、カード会社に連絡し、一時的に限度額を増やして貰うのを忘れないでください

分割払いにすると高い金利が発生するので、カードで支払いをする際は分割ではなく必ず一括にしてください。

当日支払いにしてもらう

ご祝儀がないと費用が払えない場合、前払い制の式場であっても交渉次第で式場の当日に式の料金を払うようにしてくれるところもあります。

料金が貰えるのであれば、式場側としても式がキャンセルになるよりは少し融通を利かせた方がいいからです。

当日支払いにしてもらえば、事前に金融機関や親からお金を借りずに済みますが、式が終わった後に大急ぎでご祝儀を開け、帳簿をつけ、支払いをしなければなりません

当日支払いにしたカップルは「疲れ切っているのにそこからご祝儀を数えるのが辛かった」「二次会に向かうのが遅くなり、盛り上がり切れなかった」など大変な思いをしている人もいるようです。

後払いにしてもらう

交渉次第で式の料金を後払いにしてもらえる場合もあるようです。

しかし、大抵の場合は融通が利いても当日払い、というところが多いようなので後払いという選択肢は基本はないと思って準備をしておいた方が良いでしょう

または、最初から後払いOKの式場を探しておくと安心です。

挙式の料金は基本的に後払いは出来ない式場でも困っている場合は事情を説明し「後払いに出来ませんか……?」と聞いてみましょう。

お金が足りない時の注意点

お金が足りない時の注意点

ご祝儀の総額が予想より低いことがある

一般的にご祝儀の額は友人・知人なら3万といいますが、最近はご祝儀を2万円で払う人も増えているそうです。

お金がないけれどお祝いの気持ちがある人が頑張って1万だけ出してくれることもあります。

ご祝儀を当てにして挙式の費用を当日支払いにしたのに足りなかった、となると困るのでご祝儀を見積もる際は少し少なめに見ておきましょう

延期・中止はキャンセル料がかかる

申込金を払ってしまった後にキャンセルをすると最低でも申込金分(10〜20万が多い)のキャンセル料が発生します

式の日程に近くなる程キャンセル料は高くなり、直前だと全額支払わなければならないこともあります。

ご祝儀が入らない分、キャンセルするとよりお金がかかるので注意してください。

まとめ

まとめ

結婚式を挙げるためのお金が足りない時の対処法をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

対処の方法は案外たくさんあります。

挙式のお金に困ったらぜひ「費用を減らす」「資金を借りる」「費用を借りるタイミングを変える」の3つのアプローチから出来そうなことを組み合わせて実践してみてください。

結婚式の見積もりで削れる場所は?上手に節約!賢い結婚式を挙げよう!結婚式の見積もりを見ると、思ったよりも高額だった…という経験はありませんか?実は見積もりの中には節約できる部分がたくさんあります。この記事でご紹介するポイントを掴んで、結婚式を賢く挙げましょう。...