結婚式の準備

結婚式の曲は何に気を付けて決めればいい?シーン別の人気曲

結婚式の雰囲気を大きく左右するもの中で、忘れてはならないのが音楽です。

音楽というのは不思議なもので、とても強く印象に残ります。

結婚式という大切なイベントにおいて、この音楽をどう選曲していくかは非常に重要なポイントです。

今回は、結婚式の選曲についてのアドバイスと、シーン別の人気曲をご紹介していきましょう。

結婚式中のBGM選曲について

結婚式の曲の決め方に関して

まず、結婚式中の音楽を決めていく中で、必ず知っておかなければならないことがあります。

それは、結婚式の間に流れる音楽は全て自分で決めることができるけれども、決める必要は必ずしもないということです。

新郎新婦にもいろいろな人たちがいますから、音楽に事細かにこだわり抜きたいというカップルもいれば、そうでもないカップルもいます。

結婚式中に使われる音楽の中でも、特に重要なポイントというものがあります。

例えば入場のタイミングや、ケーキカットのタイミングで流れる音楽です。

これらは参列ゲストの耳にも入りやすく、その場の雰囲気を大きく変える力を持っています

このような大切なポイントの曲だけ選曲して、あとはおまかせにするという手もあります。

よく、新郎新婦カップルが「BGMが決められない!」と焦っている様子を見かけます。

たしかに全てのシーンでのBGMを決めていくのは結構大変な作業です。

ですが、歓談中に流れるBGMまですべてを自分たちで決める必要はありません

結婚式において大切な場面の音楽からひとつずつ決めていきましょう。

「結婚式全体では何曲必要なの?」と気になる方は下記の記事も合わせてご覧ください。

結婚式のBGMは一体何曲必要?プレ花嫁たちの疑問を解決!結婚式の打ち合わせを進める中で、プランナーさんに「結婚式に使う曲を用意してください。」と言われて慌てて曲探しをする人は多いはず。 ...

シーン別!結婚式のBGMの選び方と人気曲

シーン別の選曲

さて、本題です。

結婚式の間に再生される音楽はたくさんありますが、ここではポイントとなるシーンを取り上げます。

それぞれのシーンでの選曲のポイントと、使われている人気曲を紹介していきます。

シーン①入場曲

結婚披露宴の始まりです。

新郎新婦が入場して、新郎新婦のお席まで拍手を浴びながら歩いていく間に流れる曲ですので、これはとても大切なところです。

曲が流れ始めてイントロが終わり、その後に音楽と合わせて入場するケースが多いですね。

盛り上げてくれる音楽を選ぶに限ります。

このときにオープニングムービーを作成する場合は、そのムービーに入場曲を入れ込むことになります。

おすすめ曲①Greeen「キセキ」

おすすめ曲②Superfly「愛をこめて花束を」

※あえて邦楽の2曲を紹介しています。

これらは未だに結婚式の定番ソングとしてよく使われていますね。

誰もがよく知る曲なので、結婚式の始まりを盛り上げてくれるに違いありません

もちろん洋楽ソングもおすすめです。

洋楽をチョイスする場合は、歌詞の意味を確認しておくのを忘れないようにしましょう。

シーン②ケーキ入刀

前半のメインイベントと言えばケーキカットです。

ゲストも新郎新婦のお席の周りに集まり写真を撮りにくるこのときは、ゲスト全員が注目します

ケーキカットのその瞬間、ナイフがケーキに入るときに一気にサビに入って盛り上がるようにタイミングを合わせていきましょう。

曲調は明るめのものがおすすめです。

おすすめ曲①星野源「恋」

おすすめ曲②シェネル「ベイビーアイラブユー」

※どちらも明るくて可愛らしい曲です。

ゲストも楽しい気分になれますし、ケーキ入刀のタイミングで一斉に盛り上がることができるのでとてもおすすめです。

シーン③お色直し退場

多くの場合、一度は衣装を変えることが多いでしょう。

新婦は新郎よりも着替えに時間がかかるため、一足先に中座するケースも多いです。

その場合はその少し後に新郎も退場しますので、退場曲を2曲用意しておく必要があります

基本的にはこの中座のタイミングも演出のひとつと考えられます。

中座の際はエスコート役を決めて、そのエスコート役と一緒に中座をすることが多く、この瞬間もまたゲストの注目を浴びる瞬間のひとつです。

エスコート役や、そのときに行う演出の雰囲気と合わせて、明るい曲調や感動的な曲調のどちらにするかをチョイスしてみると良いでしょう

新郎側の退場の際は、お友達との楽しい絡みを入れながらの退場になることもあるでしょう。その場合は面白系のBGMを選ぶことで、より一層盛り上がること間違いありません。

おすすめ曲①MISHA「幸せをフォーエバー」

おすすめ曲②シェネル「ビリーブ」

※これら2曲は、感動系のお色直し退場におすすめの選曲です。

親御様とのサプライズ退場などで、一気にその場を感動の渦に巻き込みましょう。

シーン④お色直し後の入場

お色直しをした後の入場もまた、ゲストの注目を集めるときです。

このときにはぜひ衣装の雰囲気とも合わせて曲を決めていきましょう。

例えば和装での入場の場合なら、ちょっと日本らしさを意識して邦楽のしっとり系の曲もおすすめです。

逆にカラードレスでの入場なら、洋風にオシャレな洋楽でも良いでしょう。

一番初めの入場曲とは雰囲気を大きく変えるのがおすすめです。

おすすめ曲①Taylor Swift「Love Story」

おすすめ曲②Owl City Carly Rae Jepsen「Good Time」

※今回は洋楽のおすすめ2曲です。

再入場のときには雰囲気を明るく楽しいものに持っていきたいというカップルも多いです。

この2曲は明るくハッピーなイメージですので、新たな衣装でここから結婚式の後半を楽しんでいくのにピッタリです。

シーン⑤新婦の手紙

新婦が手紙を朗読するときは、結婚式の中でも一番感動する場面です。

ここでの音楽も非常に大切です。

必ずというわけではありませんが、ここではオルゴール調で歌が入っていないものがおすすめです。

というのも、ゲストは皆このとき新婦の朗読する手紙の内容を真剣に聞いています。

ここでは敢えてそれを邪魔しないために歌詞のない音楽を使用することで、よりゲストを集中させることができるからです。

歌詞のある普通の音楽を使うことがいけないわけではありません。

その場合は、曲調は穏やかで静かなものがおすすめです。

ここでは音楽はそれほど主張しない方が良いということです。

おすすめ曲①BankBand「糸」

おすすめ曲②福山雅治「家族になろうよ」

※歌付きのものであれば、上記のようなしんみり系の音楽がおすすめです。

ボリュームは小さめに、新婦の手紙朗読を妨げない程度に流すのがコツですが、そのあたりは音響スタッフも心得ているので特に指示をしておく必要はありません。

シーン⑥退場曲

いよいよ結婚式のお開きです。

新婦が手紙を朗読し記念品を贈呈したら、そこからは新郎新婦の退場シーンになります。

このときに選ぶ音楽次第で、雰囲気はかなり変わります。

この前に新婦の手紙のシーンでかなりしんみりしている可能性が高いため、この雰囲気のまま感動的な涙を誘うようなフィナーレにしたければ、感動系の曲を選曲しましょう

中には、あまりしんみりしすぎることを避けたいという新郎新婦もいます。

その場合は、最後は明るく笑いに包まれるような退場曲を選曲するのもありでしょう。

どのような雰囲気で結婚式を締めくくりたいか、全てはそれ次第です。

おすすめ曲①Blue 「The Gift」

おすすめ曲②JUJU「優しさで溢れるように」

※邦楽と洋楽から一曲ずつの紹介です。

退場シーンはとても重要なのは言うまでもありません。

歌詞の意味も大切にしながら慎重に選びましょう。

まとめ

結婚式の曲まとめ

結婚式のBGMは結婚式の雰囲気を決めるにあたってとても重要な要素です。

全体の統一感を持たせるのも素敵ですし、統一感にこだわらずシーンごとに好きなものを選んでいってももちろんかまいません。

楽しみながら一曲一曲を決めていけると良いですね!

おふたりの好きな音楽に包まれた、おふたりらしい結婚式を作り上げていきましょう。