結婚式のマナー

結婚式当日は何分前に行くのがベスト?参列時の注意点とは

結婚式はそう頻繁にあるものではないため、いざ招待されると「マナー」が分からずに悩んでしまう人はたくさんいます。

例えば当日の到着時間もそのひとつではないでしょうか。

挙式の何分前に到着していればいいのかが分からず早く着きすぎて手持ち無沙汰…なんてこともあるかもしれません。

今回は結婚式参列時にゲストが気を付けるべき到着時間ついてお話します。

何分前に到着すれば一番理想的なのかをここでしっかり理解し、招待ゲストとして新郎新婦に迷惑をかけることなく胸を張って結婚式に参加できるように準備していきましょう

結婚式当日は何分前に式場に着けばいいの?

結婚式当日は何分前に式場に着けばいいの?

結婚式の招待状にはきっとこのような記載があるでしょう。

受付:午後〇時〇分より
披露宴:午後〇時開宴

披露宴の招待状の場合、その前の受付開始時間から記載されているものがほとんどです。

それでは、実際に披露宴に参加する場合には具体的に何分前を目指して式場に向かえば良いのかを考えていきます。

果たして受付開始よりも早く到着した方がよいのでしょうか、それとも遅く到着するのがよいのでしょうか。

披露宴には多くのゲストが参加するケースもあるため受付は混雑も予想されます。

なるべくなら受付開始の時間に間に合うように式場に到着するのがベストでしょう。

受付は披露宴の開始30分前に設定されているのが一般的ですが、必ずしも受付開始時刻に間に合うように到着する必要はありません。

ですが、なるべくなら受付開始時刻ぴったりを目指して式場入りできるスケジュールを組みましょう

受付開始に間に合う時間に到着するべき理由としては、披露宴の受付はおおよそ30分の時間しか確保されていないため、ぎりぎりに到着するゲストがいることを見越して早めに到着していた方が親切だからです。

結論:受付がスタートする時間ちょうどに到着するのがベスト!

挙式から参列する場合の式場入り時間は?

挙式から参列する場合の式場入り時間は?

仲の良いお友達の結婚式の場合は、「挙式からぜひ参加してくださいね」と声がかかることも多く、挙式参列時の式場到着時間についても悩んでしまうことがあるでしょう。

挙式は披露宴と違い、受付がない場合がほとんどです。

具体的な指示がない場合は挙式開始30分前をめどに式場へ向かいましょう

挙式をおこなうチャペルスペースには十分な待合室が用意されていないケースが多く、30分以上早く到着してしまうと逆に居場所がなくて困ってしまう可能性があります。

「早めについておくのがマナー」だと考えむやみに早く式場に到着することで、逆に新郎新婦に気をつかわせてしまう場合もあります。

何時に家を出れば挙式の何分前に到着するかを逆算しましょう。

遅れるのはもってのほかですが、30分以上前に到着することも避けた方が無難です。

結論:挙式参列時は30分前を目安に式場入りしよう!

元プランナーが見た「ちょっと迷惑なゲストたち」

元プランナーが見た「ちょっと迷惑なゲストたち」

私は元ウェディングプランナーですが、これまでに見てきた結婚式の参列ゲストの中には「ちょっと困るなぁ」と思わずにはいられない人たちもいました。

ここでその例を紹介していきます。

ケース①:受付開始より1時間前に到着した遠方のゲストグループ

事例

ここに本文を入力披露宴開始は12時、受付開始時刻が11時半の結婚披露宴に参列するゲストが10時半に到着したケースがありました。

このゲストたちは県外から前泊して泊りがけで参列することになっていた新婦の同郷の友人グループ。

当日のホテルのチェックアウトが10時だったため、そのまま式場に向かった結果受付スタートよりも1時間も早い到着となってしまいました。

11時から挙式のスケジュールだったこともあり、新郎新婦は挙式の支度で大忙しです。

ですが、せっかく仲の良い友達がわざわざ遠方から来てくれたこともあり、待合室も準備できていない状況で待たせるのも忍びない…。

というわけで、待合室を急遽用意するように式場にリクエストをしました。

式場側としても挙式のスタンバイで手いっぱいの中、何とか即席の待合スペースを用意して飲み物をふるまい、なんとか快適に待っていただくことができました。

受付スタートの1時間前にゲストを迎える準備ができている式場はほとんどないと思った方がよいでしょう。

状況によってはその日に別の結婚式をおこなっている可能性もあります。

早く到着しすぎると新郎新婦や結婚式場に迷惑が掛かってしまうことがあると認識しておきましょう。

ケース②:早く到着し、新郎新婦に一言挨拶がしたいというゲスト

事例

新婦の友人の中に挙式から参加する予定のゲストがいました。

この新婦友人は挙式の1時間前に式場に到着。

そして、準備中の新郎新婦に直接会いたいとのリクエストを式場スタッフに伝えましたが、挙式直前の新郎新婦はやはり多忙。

支度を終えて写真撮影などに追われているタイミングだったのもあり、なかなかこの友人を新郎新婦の元へ案内することはできません。

新婦の中の良い友人だったこともあり、新婦としては「会いたいといっているのだからどうにかタイミングを作ってあげたい」という思いも強く、結局時間のない中で時間を作り新婦友人を新郎新婦の元へ案内。

結局このことにより、挙式前の段取りがスムーズにすすまず挙式開始時間が遅れてしまい多くのゲストを待たせてしまうことになってしまいました。

挙式前の新郎新婦は大忙しです。

直接伝えたいことがあってもここはぐっとこらえるのがマナーです。

たくさんのゲストが結婚式に訪れるので、個人的に時間を取ってもらおうするべきタイミングではありません。

伝えたいことがある場合はカードを書くなりして、スタッフ経由で渡してもらうと良いでしょう。

ケース③挙式開始時間に滑り込みで到着した友人ゲスト

事例

挙式からたくさんの友人ゲストや会社関係のゲストを招待していたその結婚式では、ゲストのうち数名が挙式時間ぎりぎりに到着するという事態が起こりました。

遅刻ではないにせよ、挙式が始まる時間とほぼ同時刻にゲストが到着するとなると、式場側は挙式開始を一時ストップしてでもそのゲストをチャペル内に案内するため、どうしても挙式開始がおしてしまいます。

結果として、挙式の開始は5分以上遅れてしまい、挙式と披露宴の間の時間が当初の予定よりも短くなってしまいました。

この結婚式では、挙式と披露宴の間にヘアチェンジが予定されていたので、この時間が十分に取れないことで準備はかなり慌ただしくなり新郎新婦も間に合うかハラハラドキドキ…。

結果的に時間どおりに披露宴ははじめられたものの、余計なストレスが生まれてしまったことには変わりありません。

挙式の際には、新郎新婦が入場する前にゲストが着席して準備が完了している必要があります。時間的に少し余裕をもって結婚式場に到着するようこころがけましょう。

ほんの数分の到着時間の違いが、結婚式に大きく影響してしまう可能性があることをきちんと認識しておかなければなりませんね。

まとめ

まとめ

結論、結婚式に参列する際は「早すぎる到着も遅刻もNG」となります。

結婚式は新郎新婦におめでとうを伝える日。

この日にちょっとした不注意で負担をかけてしまうことは避けたいですよね。

式場に何分前に行けばベストなのかを考え、事前に式場までのアクセスを確認しておきましょう。

結婚式のルールって?分からなくてもこれさえ守れば絶対に大丈夫!結婚式に参列するということは、それほど頻繁にあることではありません。 初めて結婚式に参列するときには、誰しもが服装やご祝儀、その他...