結婚式の準備

結婚式ラブソング選びは映画から?【2019〜2020年】

結婚式にラブソングは鉄板!結婚式に使う曲をまだ決めてないならラブソングを使うことをおすすめします。

ゲストが思わずキュンとしてしまうラブソングを流して会場全体を笑顔に包んでみてはいかがでしょう。

今回は最新映画の挿入歌からラブソングを厳選10曲ご紹介します

自分たちの結婚式にぴったり合うラブソングを見つけていきましょう。

ラブソングはどんなシーンに使うのがいい?

ラブソングはどんなシーンに使うのがいい?

ラブソングはどんなシーンに使うのがいいのでしょう。

使うシーンによってテンポが早くて明るい曲が合うのか、それともゆっくりで落ち着いた曲が合うのかなど考えなくてはいけません。

ラブソングを使って結婚式を盛り上げた卒花嫁の意見を参考にしていきましょう。

えりか28歳
えりか28歳
わたしは入場シーンにラブソングを流しました。ゲストに初めて自分たちをお披露目する大切なシーンなので、できるだけインパクトがあってゲストが喜ぶものと考えると入場シーンが一番いいと思います。
ゆい23歳
ゆい23歳
ケーキカットのシーンで使うのがベスト!そのときだけはみんなの前でイチャつける唯一の時間だし、それに合うBGMはやっぱりラブソングしかない!
はるか25歳
はるか25歳
プロフィールムービーの音楽はラブソングを使いました。2人の馴れ初めなどを紹介するにはもってこいのシーンだと思います。
ひな30歳
ひな30歳
甘い雰囲気を出したいシーンはわたし的に中座をした最入場のときでした。新郎がお姫様抱っこをするという演出だったので、ゲストの注目を浴びるためにラブソングを流しました。

卒花嫁たちはラブソングを入場、ケーキカット、プロフィールムービー、再入場のシーンで使っていました

あなたはどんなシーンでラブソングを使用しますか?

ゲストが思わずキュンとしてしまうようなラブソングを使って2人の仲の良さをアピールしていきましょう。

ラブソング探しは映画の挿入歌から

ラブソング探しは映画の挿入歌から

結婚式のラブソング選びは映画の挿入歌から参考に決めていきましょう。

なぜ映画の挿入歌を使うかというと、映画のシーンがゲストの頭の中で連想され、より感動を得ることができるからです。

今回は、映画10作品の中からラブソングを紹介します。

自分たちの結婚式に合うラブソングはどんなものがいいか、どんなシーンに使うのがいいかなどを考えて選んでいきましょう。

しっとりとムーディーなラブソング

曲名:So Close

映画タイトル:魔法にかけられて

結婚式の会場をしっとりとムーディーな雰囲気にとても合い、テーブルラウンドなどに適しています。

また、退場曲として使うのもいいかもしれません。

ディズニー映画が好きの女性にウケのいいラブソングです。

愛する人といつまでも一緒にいたいと思わせてくれる曲です。

壮大で迫力のあるラブソング

曲名:Rewrite The Stars

映画タイトル:グレイテストショーマン

曲名の「Rewrite The Stars」は「運命を書き換える」という意味です。

2人が愛し合うのは簡単ではないが、運命を書き換えて愛し合おうという深いラブソングです。

映画のシーンでは住む世界の違う男女が愛を歌うシーンで起用されていました。

恋愛の苦悩、愛する素晴らしさなどを表現したい人にはとてもぴたりの曲です。

誰でも口ずさめるラブソング

曲名:A Whole New World

映画タイトル:アラジン

実写版が2019年に映画化されました。

ディズニーが好きな人はもちろん、ディズニーが詳しくない人でもこの「A Whole New World」だけは聴いたことあるという人がほとんどです。

誰からも知られている有名な曲なので、結婚式でよく起用されています。

誰でも口ずさめるラブソングで聴くと心が和やかになる曲です。

ポップで明るいラブソング

曲名:Honey Honey

映画タイトル:マンマ・ミーア!

映画「マンマ・ミーア!」の世界も結婚式のお話です。

どの挿入歌も結婚式に合う曲ですが、この「Honey Honey」はポップで明るい曲調で聴いてるだけでハッピーな気持ちになれるラブソングです。

あなたにぞっこん、あなたにメロメロというような女性の正直な気持ちを歌にしていてとてもユーモアのある曲です。

男性目線のラブソング

曲名:Waterloo

映画タイトル:マンマ・ミーア!ヒア・ウィー・ゴー

「マンマ・ミーア!ヒア・ウィー・ゴー」は「マンマ・ミーア!」の次に出た映画です。

この「Waterloo」は男性の気持ちを歌にしたラブソングで、僕の負けだ!君の魅力には降参だ!と言って白旗を上げている様子を表現しています。

男性が恋に落ちて女性の虜になっていくなんとも素直で可愛い気持ちが歌詞になっているのが魅力的です。

ダンスをしたくなるラブソング

曲名:A Lovely Night

映画タイトル:ララランド

ジャズの音楽が心地よく思わずダンスをしたくなるようなラブソングです。

映画の中ではダンスをしながら恋心が芽生えるシーンに起用されています。

恋が始まる瞬間を感じられるキュートな曲ですが、落ち着きのあるメロディなので歓談中などに使うのもおすすめです。

愛する人に贈るラブソング

曲名:Is That Alright?

映画タイトル:アリースター誕生

愛する人に贈る究極のラブソングと言ったら、「Is That Alright?」がぴったり当てはまります。

愛を誓う結婚式の会場で流すにはとてもいい組み合わせです。

サビがとても力強く盛り上がるので、ゲストの注目も一気に集められるでしょう。

ストレートな愛情を表現するラブソング

曲名:Crazy Littke Thing Called Love

映画タイトル:ボヘミアン・ラプソディ

「Crazy Littke Thing Called Love」は日本版で「愛という名の欲望」という曲名がついています。

ストレートに愛情を表現する男性らしい曲調のラブソングです。

また、格好いいロックンロールの曲調が男性ウケする曲です。

ノリがいいので入場シーンに使いやすい曲です。

運命的な出会いを歌ったラブソング

曲名:スパークル

映画タイトル:君の名は

「君の名は」はアニメ映画のラブストーリーとして、幅広い世代から人気があります。

その映画に使われた「スパークル」は間奏が長く神秘的です。

運命的な出会いを表現していて、感動的なラブソングです。

結婚式でも感動のシーンなどに起用するのをおすすめします

まとめ

まとめ

映画のラブソングを使用して会場の雰囲気をグッと上げてみることで、より素敵な結婚式になりますよ。

映画のワンシーンを再現しているような気分にもなり、新郎・新婦さんも結婚式を楽しめると思います

まだまだ、紹介しきれないラブソングは数多くあります。

ディズニー曲なども有名なラブソングがたくさんあるので、ディズニー好きの新婦さんにはおすすめです。

もし、自分たちの思い出の中にあるラブソングがあるならその曲を流してもいいでしょう。

結婚式で流すムービー曲!シーン別おすすめ12選と特徴結婚式で意外と悩みどころになるのが、曲の選出です。 特に、ムービーの曲はただ好きな曲ではなく、映像に合う意味の曲を選ばなくてはいけ...