結婚式の準備

エスコートは誰にしてもらう?結婚式の中座演出まとめ

結婚式の前半部分の締めとなる、新郎新婦の中座。

お色直しに時間のかかる新婦が先に退場し、新婦を迎えにいくために新郎も後から退場します。

退場のときにエスコート役を誰にするか選ぶことができるのですが、誰にお願いすべきか悩んでいるという方もいるでしょう。

また、中座をしている間にゲストを楽しませる演出を考える必要があります。

そこで今回は、中座で退場する際にエスコートしてもらう人の選び方と、中座の間の演出についてご紹介します。

中座するときのエスコートは誰にお願いする?

中座するときのエスコートは誰にお願いする?

まず、中座するときのエスコート役を誰に頼むのかですが、結論からいうと誰でもOK。

  • 感謝の気持ちを伝えたい
  • 退場で一緒に歩いてほしい

と感じる方にお願いをしましょう。

父親・母親

自分をここまで育ててくれた両親。

教会式を挙げる方は父親とバージンロードを歩くので、中座のエスコートは母親に頼むのがオススメです。

バージンロードを歩いていない場合は、父親にエスコートを頼むと喜んでくれそうですね。

また、どちらか選べないという場合には、両親に両側からエスコートしてもらい3人で退場をしても大丈夫。

祖父母

なかなか感謝の気持ちをあらわす機会がない祖父母と一緒に退場をするのもオススメ。

今までかわいがってもらった祖父・祖母に「ありがとう」という気持ちを伝えてみてはいかがでしょうか。

祖母と母親や祖父と父親といったように、三世代での退場も感動的になりますよ。

祖父母と中座する場合は、前に出てきてもらわずに新郎、もしくは新婦が席まで出向いて一緒に退場しましょう。

兄弟・姉妹

明るい雰囲気で退場したいのであれば、兄弟や姉妹にエスコートをお願いしましょう。

ゲストも新郎や新婦の兄弟・姉妹を見ることができるので「似てるね!」「仲良しだね!」と盛り上がります。

何人も兄弟や姉妹がいる場合、みんなで楽しく退場するのもいいでしょう。

いとこ

いとこが親友のように仲がいいという方もいるでしょう。

そんな場合はいとこにエスコート役を頼んでみるのもオススメです。

兄弟・姉妹のように仲むつまじく一緒に退場しましょう。

甥・姪

甥や姪にエスコートを頼めば、小さい子供の可愛さに会場も笑顔に。

違う方向に行ってしまったり、お母さんに駆け寄ってしまったりなど、小さい子ならではのハプニングもあったりしますが、それもいい思い出になるでしょう。

また、子供はお昼寝の時間に当たってしまったり、ぐずって機嫌が悪く一緒に退場どころじゃなくなることも。

そうなっても対処できるように、第二候補も決めておくようにしましょう。

友人・同僚

親友や複数の友人・同僚と明るい雰囲気での退場もいいでしょう。

とくに、ふたりが出会うきっかけとなった友人がいるのであれば、感謝の気持ちを込めてエスコートをお願いしたいですね。

新郎は、日々切磋琢磨している同僚たちや、仲のいい友人たちに囲まれてにぎやかに退場するのもオススメ。

新郎を胴上げしながらの退場や騎馬戦の騎馬のように担ぎ上げてもらって退場するなど、盛り上がる演出にもできますよ。

エスコート役の選び方

エスコート役の選び方

エスコート役を選ぶ場合、感動的な退場にしたいのであれば両親や祖父母、明るい雰囲気で退場したいのであれば兄弟や親友、甥・姪がオススメです。

どのような雰囲気の退場にしたいかも考えてエスコート役を選んでみましょう。

エスコート役は事前にお願い?サプライズにする?

エスコート役は事前にお願い?サプライズにする?

エスコートをお願いしたい人が決まったら、エスコート役をして欲しいことを事前に伝えるか、サプライズで当日指名するかを決めましょう。

あがり症のゲストだと、当日いきなり言われると焦ってしまうかもしれないので、エスコート役をお願いしたい方がサプライズに対応できそうかどうかも考慮した方がいいでしょう。

また、甥や姪など子供にお願いしたいと考えている場合は、子供の見せ場があるならとびきり可愛い格好で出席させたいという親もいますので、必ず両親に了承をもらっておいてください。

中座をしている間のオススメ演出

中座をしている間のオススメ演出

中座の時間は20〜30分ほど。

この時間に中だるみをしないような工夫が必要です。

新郎新婦が中座をしている間に、ゲストを飽きさせないオススメの演出をご紹介します。

新郎新婦の代わりにぬいぐるみ

新郎新婦が不在の高砂にぬいぐるみを座らせておくと、とても可愛らしい演出になります。

テディベアにタキシードとドレスを着せたり、新郎新婦それぞれに似ているキャラクターのぬいぐるみだったり、もちろん好きなキャラクターのものでもOK。

ゲストもついつい写真を撮りたくなりますね。

定番のプロフィールムービー

多くのカップルが中座中の演出として選ぶのが、プロフィールムービーの上映です。

新郎新婦が赤ちゃんの頃から成長していく過程と、ふたりが出会ってから結婚にいたるまでの思い出写真を、スライドショーにコメントを入れた映像で楽しんでもらいます。

結婚相手がどのような人なのか知らないゲストは、どのように育ってきた人なのかを知ることができますし、小さな頃から知っている親戚や友人は懐かしい写真に話しが盛り上がるでしょう。

プロフィールムービーはしっとりとした雰囲気にする必要はなく、面白い内容やオシャレな雰囲気など、どのように会場を盛り上げたいかを考えてから、業者に依頼したり自分たちで作成するといいでしょう。

カラードレスの色あてゲーム

新婦が再入場をしたときに、何色のカラードレスを着ているかを予想する色当てゲームも盛り上がります。

カラードレスの色あてゲームは「コレ!」という決まったやり方はなく、工夫次第でより楽しい演出にすることができるのです。

オススメの投票方法

  • 名前を投票

受付でゲストの名前を記入したネームタグを渡しておきます。

中座中に、カラードレスの色を含めた3〜4色分のボックスを用意しておき、新婦が着ると思うドレスにネームタグを入れます。

  • ペンライトで色予想

ゲストの席ごとにカラードレスの色を含めた3〜4色のペンライトを置いておきます。

新婦のドレスの色だと思う色のペンライトを入場時に振ってもらいましょう。

入場がより盛り上がりますよ。

当たった方にはプレゼント

やはり、ただ予想するだけではなくプレゼントがあるとゲストは嬉しいですよね。

何人当たるかわからないので「抽選で賞品をプレゼント」ということにしておくと、余分に費用を使わずに済みます。

景品は、二次会のゲームに使用するような目録ギフトや、ディズニーのペアチケットなどを用意する方が多いようです。

中にはもう少し値段を抑えた賞品を用意するカップルもいますので、予算と相談しながら賞品を選びましょう。

まとめ

まとめ

今回は、中座で退場する際にエスコートしてもらう人の選び方と、中座の間の演出についてご紹介しました。

エスコート役は誰に頼んでもOKです。

自分がエスコートして欲しい方や、感謝の気持ちを伝えたい方を選びましょう。

また、退場を元気に盛り上げるのか感動的にするのかで、選ぶ人が変わります。

どんなふうに退場したいかも考えて、どの人にお願いするかを決めてみましょう。

エスコートをお願いする人には、事前にそのことを伝えておいてもいいですし、当日サプライズで指名することもできます。

お願いしたい人によって、サプライズにするかどうか判断しましょう。

中座中は中だるみしないように演出で工夫を。

  • ぬいぐるみを高砂に座らせる
  • プロフィールムービーの上映
  • カラードレスの色当てクイズ

など、ゲストが盛り上がれる演出を考えてみてください。