結婚式の準備

結婚式でふたりらしさを表現!手作りできるアイテムをご紹介

手作りのアイテムを取り入れると、

  • 結婚式の費用を抑えることができる
  • ふたりの個性を出すことができる
  • 時間を割いて手作りした分当日の喜びが増す

などのメリットがあります。

しかし、手作りのアイテムといってもさまざまなものがあり、「どんなものなら作れそうかわからない!」という方も多いでしょう。

そこで、今回は結婚式のために手作りできるアイテムをご紹介します。

自分たちが手作りできそうなアイテムがあるかチェックしてみましょう。

結婚式の手作りアイテム①ペーパーアイテム

結婚式の手作りアイテム①ペーパーアイテム

手作りアイテムの中でも多くの方が作るのがペーパーアイテム。

  • 招待状
  • 席札
  • 席次表
  • メニュー表

など種類がありますが、すべてを手作りしなくても大丈夫なので、どこまで手間をかけるかを調整することが可能です。

「ゼクシィ結婚トレンド調査2019」を参考に、どれくらいの方が手作りしているかもご紹介します。

招待状

結婚式の出欠確認のために送る招待状。

招待状は

  • 封筒
  • 招待状
  • 返信はがき
  • 付箋

このように用意するものが多いため、ペーパーアイテムの中でも特に手間がかかるアイテムです。

そのため、すべて手作りしたという方は14%とあまり多くなく、業者に一部をお願いしている方も17%います。

式場ですべて頼んだ場合の見積もりを出してもらい、手作りした場合の費用を計算して比べてみるといいでしょう。

席札

席札はゲストひとりひとりの名前が記載されており、ゲストの席に置くものです。

あまり手間がかからないものなので、すべて手作りしたという方は28.1%、業者に一部をお願いした方は10.6%いました。

ゲストをお迎えする席札も個性を出すことは可能。

ロゼッタやフラッグ型、花やリボンを飾り付けるなどアイディア次第でさまざまな席札を作ることができます。

席札にゲストへのメッセージを手書きしておくと、ゲストも喜ぶでしょう。

席次表

席次表は受付で受け取り、自分の席を確認するためのものです。

席次表をすべて手作りした方は21.7%、業者に一部をお願いした方は10.8%でした。

席次表は、会場の形を考えながらテーブルの配置やゲストの座る席を記入する必要があるため、やや手間がかかります。

一枚作成したら、必ずプランナーに確認をお願いしましょう。

メニュー表

メニュー表は当日のコース料理名が記載されたものです。

メニュー表を単体で作成するのではなく、席次表にプロフィールなどと共に記載することが増えています。

メニュー名はプランナーに確認しましょう。

ふたりでこだわって選んだメニューがあるなら、どのようにしてその料理を選んだかなども記載しておくと、オリジナリティが出るでしょう。

結婚式の手作りアイテム②ウェルカムアイテム

結婚式の手作りアイテム②ウェルカムアイテム

受付に飾るウェルカムアイテムは、ゲストを最初におもてなしするための大切なもの。

自分たちらしさを存分に出したウェルカムアイテムを手作りしてみましょう。

ウェルカムボード

ウェルカムボードは会場の入り口に置くもの。

ふたりの名前や当日の日付が書かれたものを、イーゼルなどで飾ります。

前撮りやお気に入りの写真を使用したり、似顔絵などのイラストを使用したり、造花やリボンで飾り付けるなど、アイディア次第で節約もできて個性も出しやすいアイテムです。

開いたトランクにボードを立てたり、透明なアクリル板を使用したり、手作りでもとてもオシャレなウェルカムボードを作成している方は多くいます。

さまざまな作品を見て、どんなウェルカムボードにしようか考えるのも楽しめるでしょう。

ウェルカムドール

可愛らしいものが好きなら、ウェルカムドールの手作りがオススメです。

新郎新婦に見立てて2つ用意することが多いのですが、「ぬいぐるみなんて絶対に作れない!」という方のために手作りキットもあります。

テディベアだけでなく、さまざまな種類の動物があるので、ペットと同じ種類の動物や好きな動物のウェルカムドールにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

結婚式が終わっても、部屋に飾り続けることができますよ。

ガーランド

ガーランドとは紐状の装飾品のことを言います。

ウェルカムブースの壁や窓に飾り華やかさをプラスしたり、受付のテーブルに飾ることもできます。

ガーランドは100均で材料を揃える方も多く、費用をかけずに手作りを楽しむ方が多いアイテム。

ロゼッタを繋げたガーランドや、思い出の写真をクリップで留めたガーランドなど、結婚式のイメージに合わせて作りましょう。

ウェルカムリース

ウェルカムリースは好みの雰囲気に合わせて作りやすいアイテム。

輪っか状になっているので、ウェルカムボードと一緒に飾ったり、テーブルに置いて雰囲気を出したり飾り方もいろいろ。

作り方は難しくありませんがセンスが必要となるので、さまざまなリースを見て植物の配置を勉強してみましょう。

ウェルカムツリー

木の枝を花瓶などで飾り、その枝を装飾したり写真を飾ります。

枝さえ手に入れば簡単に作れるため、オススメです。

マカロンタワー

紙粘土などで作ったマカロンを、円錐形の土台に貼って作るタワーはカラフルでとてもポップ。

インパクトも華やかさもあるので、ウェルカムスペースの装飾に力を入れたいという方はチャレンジしてみては?

結婚式の手作りアイテム③挙式用アイテム

結婚式の手作りアイテム③挙式用アイテム

挙式用のアイテムでも手作りできるものがあります。

DIYが苦手な方でも簡単に作れるものが多いので、チェックしていきましょう。

リングピロー

結婚指輪を置いておくリングピローは手作りする方が多いアイテムです。

手作りキットもあるので、裁縫が苦手な方でも挑戦できます。

リボンを留めた定番のものから、刺繍に凝ったもの、クッションではなく箱に花を敷き詰めたものなど、挙式会場の雰囲気に合わせてデザインを考えるといいでしょう。

フラワーシャワー

実はフラワーシャワーも手作りが可能。

手作りの場合は生花の花びらではなく、造花の花びらで作ります。

他にもリボンシャワーやフェザーシャワー、色紙を可愛い形のパンチで型抜きしたペーパーフラワーなども手作りが可能です。

ブーケとブートニア

好みのブーケがなければ、自分で作るのもいいでしょう。

しかし、自分で作る場合、前日や当日に作っている時間はない場合が多いため、生花のブーケは難しいでしょう。

手作りをするなら造花やプリザーブドフラワーを使用するのがオススメ。

作り方はウェブ上で見ることができますし、手作りキットやレッスンなどもあります。

ブーケと同じ花でブートニアを作ることも忘れずに。

ブーケトスを行う場合は、ブーケが壊れてしまう可能性があるため、ブーケとは別に生花の花束を用意しましょう。

ウェディングガーター

ゲストからは見えないアイテムですが、サムシングブルーのガーターベルトを着けるなら手作りをしてみてはいかがでしょうか。

ウェブ上で多くの作り方が載っており、裁縫が苦手な方でも簡単に手作りできます。

結婚式の手作りアイテム④披露宴用アイテム

結婚式の手作りアイテム④披露宴用アイテム

披露宴ではゲストが楽しめるものを手作りしてみましょう。

ムービー

最近ではムービーなしの結婚式の方が珍しいのではないでしょうか。

そんなムービーも手作りができるアイテムのひとつ。

種類は、

  • オープニング
  • プロフィール
  • エンドロール

があります。

オープニングは新郎新婦の入場前、プロフィールは新郎新婦が中座している時に流すふたりの生い立ち、エンドロールは退場後に流すムービーです。

ムービー制作ソフトを使えば、業者に頼むよりも安く作成が可能。

ふたりの気持ちを込めたムービーを作り上げることができます。

テーブル装飾

テーブル装飾を手作りすると、装花をやや控えめにしても華やかになるため、装花の費用も抑えられます。

キャンドルやテーブルナンバー、ランタンや鳥かごといった、オシャレな装飾を考えてみてはいかがでしょうか。

花だけで飾るよりもロマンチックな雰囲気を演出できるでしょう。

フォトプロップス

ヒゲやハート、メッセージのフォトプロップスを手作りして各テーブルに置いておけば、ゲストの写真撮影も楽しくなりそう。

簡単に作れるので、用意してみてはいかがですか?

結婚式で手作りアイテムを持ち込むときの注意点

結婚式で手作りアイテムを持ち込むときの注意点

手作りは費用の節約になり、自分たちの個性も出せるため、チャレンジしたいと考えている方も多いかと思います。

しかし、式場によっては持ち込み料がかかったり、そもそも持ち込みが禁止されているものもあるので、注意が必要です。

式場を探す際に、ブライダルフェアで持ち込みできるものを確認するのを忘れないようにしましょう。

まとめ

まとめ

今回は、結婚式のために手作りできるアイテムをご紹介しました。

定番のペーパーアイテムだけでなく

  • ウェルカムスペース用のアイテム
  • 挙式用のアイテム
  • 披露宴用のアイテム

など、さまざまなアイテムが手作りできるのです。

手先が器用じゃないから…と諦めなくても、手作りキットがあるアイテムを選べば大丈夫。

どんなアイテムを手作りしたら、費用の節約になったり、結婚式を盛り上げることができるかを検討してみましょう。