結婚のお金

結婚式の遠方ゲストのホテル代は全額負担?お車代はいくら?

結婚式に遠方から出席してもらう場合に必要なのが、ホテル代や交通費。

しかし、

  • どこからが遠方になるのか
  • ホテル代や交通費はどのくらい負担すればいいのか
  • お車代を包むほど予算がない

という方もいらっしゃるでしょう。

そこで今回は、ホテル代や交通費を負担するゲストの基準や割合、負担する場合の方法などをご紹介します。

そもそもどのくらいからが「遠方ゲスト」になるの?

そもそもどのくらいからが「遠方ゲスト」になるの?

遠方ゲストの基準は、新郎新婦がどこで線引きをするかによります。

はじめにハッキリとした基準を決めておくと、悩むことがありません。

例として、

  • 新幹線や飛行機を利用する
  • 高速道路を利用する
  • 交通費が往復で◯円以上かかる
  • 会場まで来るのにかかる時間が◯時間以上

このように基準を決めることができます。

ホテル代、交通費はいくら負担するべき?

ホテル代、交通費はいくら負担するべき?

ホテル代や交通費を負担する場合、どの程度負担するべきかをご説明します。

全額負担が理想

新郎新婦はゲストを招くホストとなりますので、本来であればホテル代や交通費は新郎新婦が全額負担するのが理想です。

ゲストに金銭的な負担を強いることがなくなるので、可能なら全額負担をしましょう。

予算的に全額負担が厳しければ半額負担にしよう

遠方のゲストが何人もいたりすると、なかなかホテル代も交通費も全額負担というのは厳しいもの。

そのような場合には、半額負担させてもらいましょう。

半額負担のしかたは、交通費のみの場合と宿泊も必要な場合とで違います。

交通費のみであれば片道の交通費を負担し、宿泊が必要であればホテル代、もしくは往復の交通費を負担しましょう。

ゲストによって臨機応変に

上記でご紹介したのはあくまでも一般的な話。

友人や親族との関係性や、過去に出席した結婚式はどうだったかによって、どのように負担をするか臨機応変に変えましょう。

友人

友人同士で「結婚式はお互い様だし交通費などは自分で負担」と決めている場合もあります。

そのような場合は、お車代を包んだりしなくても大丈夫でしょう。

自分の結婚式だけ遠方になってしまう場合は、友人に「負担なしと話していたけど、遠いから負担させて」と伝えておきましょう。

友人の結婚式に遠方から出席している場合には、

  • 自分が全額負担してもらったのであれば友人にも全額負担
  • 半額負担してもらったのであれば半額負担

といったように、その時と同じようにすればOK。

もしも、ホテルも自分で取ってお車代がなかった場合も、同じように対応しましょう。

気を使いすぎてお車代を包んだりすると、かえって恐縮させてしまったり、友人がお車代を包まなかったことを後悔させてしまうかも。

もしも友人がグループで参加する場合は、その友人にだけホテルを取らなかったりお車代を包まないのは、不自然になってしまいますしトラブルの元となるので、友人は全員一律で対応した方がいいでしょう。

親族

親族は冠婚葬祭の付き合いがある分、親族間で「お互い様だから、交通費などは自己負担で」など決め事がある場合も。

お車代やホテル代の負担は、一度両親にどうすべきかを確認しておくことをオススメします。

両家それぞれの親族ごとに考え方も違うので、それに合わせた対応をしましょう。

ホテル代、交通費を負担する方法

ホテル代、交通費を負担する方法

ホテル代や交通費の負担は、負担する割合やゲストの都合によって方法を変えましょう。

全額負担の場合、交通チケットを手配してゲストに送り、ホテルを予約しておく方法があります。

しかし、ゲストが早めに出発したい場合や、結婚式後に観光して帰りたい場合などは交通チケットの手配をゲストにしてもらう必要があるため、勝手に手配するのではなく必ず事前にゲストの予定を聞いておきましょう。

ゲストが自分で交通チケットを手配する場合や、全額ではなく半額負担の場合はお車代として現金を包みます。

お車代は、

  • 現金書留で事前にゲスト宅に送っておく
  • 当日に受付や両親から渡してもらう

このように、どちらかの方法で渡しましょう。

遠方からのゲストが多く、みな近い場所から出席してくれるという場合はバスをチャーターするという選択肢も。

まとめて乗ってきてもらい、途中でピックアップしてもらうことも可能なので費用の節約になります。

地元の友人たちを多く招待する場合など、利用を検討してみましょう。

ホテル代、交通費を負担できないときは

ホテル代、交通費を負担できないときは

結婚式の予算がぎりぎりで、ホテル代も交通費も出せないという場合は、事前に費用負担ができないことを伝えましょう。

費用の負担が一般的なので、

  • 負担できなくて申し訳ないこと
  • それでも構わなければ出席して欲しいこと

を事前に伝えておくことで、トラブルになることを防ぐことができます。

ホテル代、交通費でこんなトラブルも

ホテル代、交通費でこんなトラブルも

ホテル代や交通費はお金に関することなので、まれにゲストを悩ませたりトラブルに発展することも。

以下のトラブル例を見て、参考にしましょう。

半額負担するのが一般的と後から知った

新幹線で友人の結婚式に出席して、宿泊費や交通費は自分で出しました。

後から「お車代」というものがある事、ホテルを取ってくれたりするものということを知り今更ながらにショックを受けています。

半額負担が普通ということを知りたくなかったです。

結婚式のお車代について友人と喧嘩に

友人が先に結婚式を挙げており、お車代として15,000円貰いました。

ホテルは自分で予約して自腹で出しています。

先日、私たちの結婚式にその友人を招くため、ホテルを手配するか聞いたところ「友人の家に泊まらせてもらうことになっているから大丈夫」と返事があったため、自分はホテル代も交通費の半額も出したのだからと思い、お車代も包まないことに。

結婚式後に友人から電話があり「気持ちだけでもいいからお車代を貰えないか」と申し訳なさそうに言われ、こちらも納得できずに口論となってしまいました。

全額負担に申し訳なくてどうしたらいいのかわからなくなった

先日、友人の結婚式に遠方から参加しました。

結婚式前に、「お車代出させてね、あと宿泊するなら結婚式場のホテル取るから言ってね」と言われ、そんなに負担してもらうのは悪いと思い、「ホテルは自分で出すよ」と申し出ましたが固辞されてしまいました。

私は結婚式をしていないため、友人ばかり負担が大きいことが申し訳なく思っています。

なにかお祝いの品を改めて贈るか、ご祝儀を多く包むべきか迷っています。

自分の結婚式ではホテルを取ったのに…

遠距離の友人の結婚式に参加しましたが、お車代もなくホテルも自腹でした。

私が結婚式を挙げたときは友人のためにホテルを取ったのに、友人からは何もなかったことがショックでした。

ホテル代も交通費も安い金額ではないので、何もできないのであればせめて事前にひとこと欲しかったです。

まとめ

ホテル代、交通費でこんなトラブルも

今回は、ホテル代や交通費を負担するゲストの基準や割合、負担する場合の方法などをご紹介しました。

遠方のゲストは最初に距離や時間、交通手段などで線引きをしておくと、ホテル代や交通費を負担するゲストに悩むこともなくなります。

ただし、親戚や友人と「お互いに交通費などの負担はしない」と決めている場合はその通りにし、過去に結婚式に出席したことのあるゲストはその時に自分がしてもらったことと同じようにするなど、ゲストによって臨機応変に対応しましょう。

ホテル代や交通費を全額負担するときは、まずゲストに交通チケットをとっても大丈夫か確認しましょう。

出発の時間をゲストが決めたい場合や、半額負担の場合はお車代を現金書留で送るか、当日手渡しします。

負担ができそうにない場合は、事前にその旨を伝え、それでも良ければ出席してもらいましょう。

ホテル代や交通費の負担はお金に関することなので、トラブルにならないように気を付けてください。