結婚式のマナー

北海道の結婚式は一味違う!なぜ会費制?招かれたら?

北海道で行われる結婚式は、日本の他の地域で行われる結婚式と違ったしきたりが数多くあります。

そのため北海道出身のパートナーと結婚する人や、北海道へ引っ越してきたばかりの人、北海道への結婚式に呼ばれた遠方のゲストは戸惑うことも多いようです。

この記事では、北海道の結婚式ならではの特徴と、独特の文化が根付いた理由、ゲストとして呼ばれた際の注意点などをご紹介していきます。

道民以外は驚くことの多い北海道の結婚式をぜひ、知ってみてください。

北海道の結婚式ならではの特徴①ご祝儀制ではなく会費制!

北海道の結婚式ならではの特徴①ご祝儀制ではなく会費制!

まず、北海道の結婚式の最大の特徴である「会費制」についてご説明しましょう。

通常、結婚披露宴はご祝儀制で、ゲストは相場相当の金額をご祝儀として包むものですよね。

しかし、北海道は約8割の結婚披露宴が会費制で、ゲストは事前に伝えられた会費を当日、財布から出してご祝儀袋に入れずに受付に渡します。

北海道の文化に馴染みがないまま会費制だと伝えられると「実はご祝儀も包むのが慣習だったりするのかな」と不安になる人が多いようですが、本当に会費だけを持っていけば大丈夫です。

会費制の結婚式はご祝儀を管理する準備をしていないはずですので、会費の他にどうしてもお祝いがしたい人は、当日は持っていかず、結婚式の後日にご祝儀やプレゼントを渡しましょう。 

北海道の結婚式の会費相場は1万5千円〜1万8千円

北海道の結婚式の会費相場は1万5千円〜1万8千円

会費制の披露宴では、式当日、ゲストに一律の料金を支払ってもらいます。

その会費は1万5千円〜1万8千円が相場です。

料理のランクなどによって金額が変わってきますが、2万円を越えることはほとんどありません。

北海道以外の地域の結婚披露宴では、同僚や友人のご祝儀の相場は3万円ですので、北海道でゲストが払うお金は北海道以外の土地の約半額ということになります。

会費制だからといって、ビュッフェ形式のラフなパーティーであるわけではなく、通常の披露宴と同じコース料理です。

北海道式の会費制結婚式はこんないいことがある!

北海道式の会費制結婚式はこんないいことがある!

披露宴が会費制だと、ゲストにとっても新郎新婦にとっても嬉しい部分があります。

北海道式の会費制披露宴のいいところをご紹介します。

北海道以外の結婚式でも、ぜひ真似してみてはいかがでしょうか?

ゲストに負担をかけない

ご祝儀制と比べ、会費制ならゲストが払う金額が少ないため、ゲストへの金銭的な負担が少ないです。

友人、同僚ならご祝儀の半額ほどになり、上司や親族ならもっと負担が軽減されるでしょう。

またご祝儀は、相場は決まっているものの、「必ずこの金額」というものが指定されていないので、結婚式に行き慣れていない人は、自分がいくら払うのか検索するか人に相談したりと手間をかけて金額を決めることになるでしょう。

しかし、会費制は招待状に金額がはっきり書かれているので、金額を悩む必要がなく、ゲストにとって親切な制度です。

ご祝儀袋の準備もいらないので、ゲストからしたら楽ですよね。

当日入ってくるお金を計算しやすい

ご祝儀制の結婚式では、事前に入ってくるご祝儀を予想で計算し、それをあてに予算を組む場合も多いと思います。

しかし、金銭的な事情から相場より少ないご祝儀の額を包むゲストも時折いて、実際のご祝儀の額が予想を下回ることも珍しくありません。

そんな、不確実なご祝儀を当てにするより、当日ゲストから貰う金額がはっきりわかる会費制の方が、安心して予算を組めるでしょう。

また、ご祝儀の額が思ったより少ないことで、ゲストと新郎新婦の人間関係にヒビが入るという話もあるので、人間関係の面でも、会費制は遺恨を残す心配がありません。

北海道の結婚式ならではの特徴②引き出物は基本1品

北海道の結婚式ならではの特徴②引き出物は基本1品

北海道の結婚式では、披露宴が会費制でも引き出物を用意します。

渡す引き出物は1品で、1000円ほどの引き菓子を用意するのが基本です。

ご祝儀制の披露宴での引き出物は通常3品ですので、知らずに1品だけの引き出物に戸惑うかもしれませんね。

会費の中から引き出物代を出すので、他の地域の結婚式より引き出物がささやかなのです。

北海道の結婚式ならではの特徴③発起人がいる

北海道の結婚式ならではの特徴③発起人がいる

北海道の結婚式の主催者は新郎新婦ではなく、「発起人」です。

発起人は新郎新婦の知人や友人から数名選ばれ、式のほぼ全ての段取りを任されます。

数人の発起人は発起人会を作り、手分をしてプログラムや引き出物の内容まで考えるのです。

発起人は大変な役割ですが、新郎新婦から信頼されている人が任される仕事なので、選ばれるのはとても名誉なこととされています。

 

北海道の結婚式ならではの特徴④席次は友人が末席

北海道の結婚式ならではの特徴④席次は友人が末席

北海道の結婚式では、高砂の近くに親族の席があり、末席に友人たちが座ります。

北海道以外の地域の結婚式では、全く逆であるため、初めて北海道の結婚式に出席した人は驚く部分でしょう。

北海道の結婚式は「発起人(知人・友人)が新郎新婦とその親族をもてなす」という考えの元で行われるため、通常もてなされる立場であるゲストが末席に配置されています。

なぜ北海道の結婚式はこんなに本州と違うの?

なぜ北海道の結婚式はこんなに本州と違うの?

ここまでで、北海道の結婚式特有の、大きな4つの特徴をご紹介してきました。

このような独自の結婚式のしきたりは、明治時代の北海道開拓時代に始まったものです。

多くの開拓民は貧しかったため、両家で挙げる一般的な結婚式ができませんでした。

そこで、新郎新婦の仲間がお金を出し合って、ふたりのために結婚式を開いてあげるのが主流となりました。

北海道の結婚式の文化には、夫婦となるふたりへの周囲の優しさと祝福の気持ちが溢れているのです。

北海道の結婚式に招かれたら会費制かご祝儀制か確認しよう

北海道の結婚式に招かれたら会費制かご祝儀制か確認しよう

北海道の結婚式は会費制であることが多いと説明してきましたが、ご祝儀制の結婚式が行われることもあります。

届いた招待状に会費が書いていない場合は、相場通りのご祝儀が必要だと考えてください。

会費制の場合、会費はご祝儀袋に入れずに財布から直接渡しますが、お祝いごとですので、新札を用意します。

また、会費制の結婚式は友人には基本的に足代が出ない文化ですので、その点も招待された時点で確認しておきましょう。

欠席の場合はお祝いを送りましょう

欠席の場合はお祝いを送りましょう

結婚式を欠席する場合は、お祝いの気持ちだけでも伝えられるよう、ご祝儀の相場から披露宴の自分の食事代を除いた金額をお祝いとして送るものですよね。

北海道の結婚式はご祝儀制ではないため、お祝いの金額に困るかもしれませんが、欠席の場合は5000円程度のお祝いを送付するのがおすすめです。

現金ではなく、5000円相当のプレゼントでも構いません。

お祝い金やプレゼントとは別で、会場への祝電も贈ると、より喜ばれるでしょう。

まとめ

まとめ

北海道の結婚式の大きな特徴は

  • 会費制
  • 引き出物が1品
  • 席次が普通と逆
  • 発起人が仕切る

の4つでした。

これは、明治時代に北海道を開拓した開拓民が貧しく、結婚式を周りが支援して行ったことに始まります。

初めて北海道の結婚式に招かれた人は戸惑うかもしれませんが、新郎新婦を祝福しようという周囲の人々が生んだ素敵な文化なので、大きな心で受け入れましょう。

北海道の結婚式の全てが会費制なのではありませんから、招待されたら招待状に会費が書いてあるかどうかをまずチェックしてください。

会費が書いていない結婚式は、当日ご祝儀が必要です。