結婚式の準備

結婚式の大切な挨拶!ウェルカムスピーチと新郎謝辞の作り方

結婚式で新郎が挨拶をする場面は、「ウェルカムスピーチ」と「新郎謝辞」の2回です。

ウェルカムスピーチは新婦と一緒におこなったり、謝辞は新郎父がスピーチすることもありますが、どちらも新郎のスピーチが主流です。

挨拶を考えるにも、作り方をわかっていなければ意味のないスピーチとなってしまう可能性があります。

そこで今回は、結婚式で新郎が挨拶するウェルカムスピーチと、新郎謝辞の作り方をご紹介します。

結婚式のウェルカムスピーチと新郎謝辞ってどんなもの?

結婚式のウェルカムスピーチと新郎謝辞ってどんなもの?

披露宴の最初におこなう「ウェルカムスピーチ」と、披露宴の締めくくりである「謝辞」。

それぞれどのような挨拶なのかを知りましょう。

最初の挨拶:ウェルカムスピーチ

今では聞き馴染みのない方も多いかもしれませんが、昔は結婚式で立会人として「媒酌人」を立てていました。

しかしそのような習慣が減り、代わりに一般的となったのがウェルカムスピーチです。

披露宴の始まりの挨拶として、ゲストに出席してくれたことのお礼などを伝えます。

最後の挨拶:新郎謝辞

披露宴の締めくくりとして新郎からゲストにあらためて出席してくれたことへのお礼やこれからの決意表明をおこなうのが新郎謝辞です。

結婚式の最初の挨拶!ウェルカムスピーチの構成を覚えよう

結婚式の最初の挨拶!ウェルカムスピーチの構成を覚えよう

まず、最初の挨拶であるウェルカムスピーチの構成を覚えましょう。

ウェルカムスピーチが長くなりすぎるのはよくありません。

以下のような構成にそって作っていけば、簡潔で長すぎない挨拶にすることができるでしょう。

導入

まず、結婚式に出席してくれたゲストへの感謝の言葉を伝えます。

報告

次に、無事に挙式を済ませ、ふたりが夫婦となったことをゲストに報告しましょう。

パーティーの趣旨や目的

続いて、結婚式にどのような気持ちでゲストを招いたのかを伝えてください。

結びの言葉

最後に、披露宴を楽しんでいってくださいという内容の言葉で結びましょう。

ウェルカムスピーチの作り方と例文を見てみよう

ウェルカムスピーチの作り方と例文を見てみよう

ウェルカムスピーチを作る際のポイントと例文をご紹介します。

短く簡潔なスピーチにする

先ほどもご説明したとおり、ウェルカムスピーチが長くなってしまうのはよくありません。

なぜかというと、祝辞や乾杯が控えているためウェルカムスピーチが長くなってしまうとゲストをお待たせしてしまうだけでなく、進行もストップしてしまうからです。

目安は1〜2分程度です。

構成に合わせて文章を作りましょう。

ウェルカムスピーチでゲストを和ませて

マナーを守る必要がある結婚式は、ゲストも多少なり緊張するもの。

会が進むにつれてその緊張もほぐれていくと思いますが、まず最初のウェルカムスピーチで場を和ませることも大切です。

感謝の気持ちを伝えつつ、披露宴の空気に合わせてユーモアを交えたり、エピソードを入れるのもオススメです。

ウェルカムスピーチ基本の例文

本日はご多様の中、私たちのためにお集まりいただきまことにありがとうございます。

私たちは先ほど◯◯教会におきまして、滞りなく挙式いたしました。

本日は日ごろよりお世話になっているみなさまをお招きして、ささやかですが宴席を設けさせていただきました。

短い時間ではありますが、お楽しみいただければ幸いです。

結婚式の最後の挨拶!新郎謝辞の構成を覚えよう

結婚式の最後の挨拶!新郎謝辞の構成を覚えよう

次に、最後の挨拶である新郎謝辞の構成です。

新郎謝辞もウェルカムスピーチ同様に、基本となる構成があります。

導入

まず、出席してくれたゲストや両家両親と親族に、お世話になったお礼や無事に結婚式を終えられたことへの感謝の気持ちを伝えてください。

本題

次に、結婚式を終えてどのような心境か、今後の抱負はなにかを述べましょう。

結び

最後に、出席してくれたゲストに再度感謝の気持ちを伝えて結びましょう。

新郎謝辞の作り方と例文を見てみよう

新郎謝辞の作り方と例文を見てみよう

新郎謝辞を作る際のポイントと例文をご紹介します。

長すぎず短すぎずを意識して

新郎謝辞は長すぎても短すぎてもよくありません。

謝辞の構成に当てはめて、ゆったりとした口調を心がければ短くなりすぎることは防げるでしょう。

目安として2〜3分程度です。

文章が出来上がったら、時間を計って練習してみましょう。

自分らしい言葉で伝えて

このあと基本の例文をご紹介しますが、これはあくまでも「基本」です。

大切なのは自分らしい言葉でメッセージを伝えること。

基本の例文で流れを確認して、自分たちらしさを感じられる謝辞を作りましょう。

そうすれば、ゲストも飽きずに謝辞を聞いてくれるでしょう。

新郎謝辞基本の例文

本日は私たちふたりのためにお集まりいただき、まことにありがとうございました。

このように盛大な結婚式が挙げられましたのも、ひとえにみなさまのおかげと、深く感謝しております。

これからはふたりで力を合わせて、思いやりと感謝の気持ちを忘れずに、幸せな家庭を築いていきたいと思います。

まだまだ至らないところの多い私たちですので、みなさまにはこれからもご指導ご鞭撻のほど、心からお願い申し上げます。

結びになりましたが、みなさまのご健康ご多幸をお祈りし、私たちからのあいさつに代えさせていただきます。

本日はまことにありがとうございました。

新郎挨拶を考えるときは結婚式で使ってはいけない「忌み言葉」に気をつけて

新郎挨拶を考えるときは結婚式で使ってはいけない「忌み言葉」に気をつけて

結婚式で使うことが良くないとされている「忌み言葉」というものがあります。

忌み言葉には、

  • 壊す、最後などの不幸を連想させる言葉
  • 離れる、帰るなどの別れを連想させる言葉
  • 重ね重ね、ますますなどの重ね言葉

の3種類があり、ウェルカムスピーチや新郎謝辞でうっかり使ってしまいそうな言葉も多々あります。

スピーチの内容を考える前に、忌み言葉にはどのようなものがあるか目を通しておくと安心です。

忌み言葉を詳しく知りたい方は、以下の記事で詳しくご説明していますのでご参照ください。

https://www.bridal-answer.com/wedding-ngword/#i-2

結婚式で新郎挨拶をするときのポイント

結婚式で新郎挨拶をするときのポイント

当日、ウェルカムスピーチや新郎謝辞をするときの読み方のポイントをご説明します。

間違えないように読むことよりも姿勢に気をつけて

間違えないようにカンペを読んだり暗記した文章を思い出すことに気を取られると、背中が丸まり格好悪く見えてしまう可能性があります。

多少間違えたり噛んだりしても、ゲストはおかしく思ったりしません。

大切なのは間違えないように気をつけることよりも、背筋を伸ばして姿勢良くはっきりと話すことです。

そうすることで多少緊張していても堂々として見えますよ。

視線はゆっくり動かして

どこに視線を向ければいいのかわからないと、キョロキョロしてしまったり目線が下がってしまい、堂々とした雰囲気がなくなってしまいます。

視線は会場を見渡すように、端から端へとゆっくり動かしましょう。

口角を上げながらスピーチ

緊張で真顔になってしまいがちな人前でのスピーチ。

笑顔になろうと考えても緊張からうまく笑顔が作れないこともあるでしょう。

無理に笑顔になろうとしなくても、口角を上げることを意識するだけで笑顔に見えます。

笑顔でのスピーチはゲストに安心感を与えて緊張を伝わりにくくするため、口角を引き上げてスピーチしてみてください。

できる限りカンペは持たない

「忘れそうで怖いからカンペを持ちたい!」という方もいるでしょう。

しかし、ウェルカムスピーチも新郎謝辞も長いものではありません。

常にカンペを見ながらスピーチするのではなく、不安であればポケットに入れておいていざというときだけ使うようにしましょう。

考えた文章は丸暗記するのではなく構成ごとに話す大体の内容を覚えておくと、すべての内容が頭から飛んでしまうこともありません。

余裕を持って原稿を作っておくことも大切ですよ。

読むときのペースを掴むために練習を

ウェルカムスピーチや新郎謝辞は遅くても結婚式の1週間前には作っておき、読むときの早さなどを確認しながら練習しておきましょう。

緊張すると、どうしても早口になってしまいがちです。

ゆったりとした早さで話せるように慣れておいてください。

まとめ

まとめ

今回は、結婚式で新郎が挨拶する、ウェルカムスピーチと新郎謝辞の作り方をご紹介しました。

ウェルカムスピーチは披露宴の始まりの言葉として、ゲストへの感謝と場の空気を和ませるという役割を持ち、新郎謝辞はあらためて出席してくれたことへの感謝や今後の豊富などを伝えて、披露宴を締めくくる役割を持ちます。

どちらも決まった構成があるので、基本例文を参考にしながら自分たちの言葉で文章を組み立ててみましょう。

スピーチをするときには、背筋を伸ばして堂々とすることを心がけてください。

堂々としていれば、多少間違えてもおかしくなりませんし、ゲストも聞き入ってくれるでしょう。