結婚式のマナー

結婚式で振袖を着られる条件は?マナー違反にならないために

結婚式にお呼ばれした際に、振袖を着て行きたいと思う人もいるでしょう。

しかし、実は振袖は、結婚式に着て行ってもいい場合と、着てはいけない場合があるのです。

せっかく気合を入れて振袖を着て行ったのに、新郎新婦やご親族に怪訝な顔をされないよう、しっかりマナーを理解してから着ましょう。

この記事では、結婚式で振袖を着てもいい条件や、着る時に気をつけることをご紹介して行きます。

振袖を着てもいいか迷っている人には、きっと助けになる内容になっておりますので、ぜひご一読ください。

結婚式で振袖を着てもいい条件は「未婚」であること

結婚式で振袖を着てもいい条件は「未婚」であること

振袖は、未婚の女性の第一礼装で、格が高い衣装です。

ですので、未婚の女性であれば、結婚式に振袖を着ていくのは何の問題ありません。

振袖は、袖の長さによって大振袖、中振袖、小振袖と3つの種類があり、袖が長いほど格式は高くなります。

大振袖は結婚式で花嫁が着ることもある衣装ですが、ゲストが着てはいけない決まりはありませんので、気にせず着用してください。

既婚の女性は振袖は着ないものですので、持っている人でも既婚なら、振袖を着るのは遠慮しておきましょう。

知らなきゃ恥をかく⁉︎結婚式で振袖を着るときのポイント

知らなきゃ恥をかく⁉︎結婚式で振袖を着るときのポイント

振袖は適切な着方をすれば、会場が華やぎ、格式も生まれるため、新郎新婦や両家から喜ばれることが多いです。

しかし、マナーを無視した着方をしていると、新郎新婦や両家のご家族に「失礼な人だな」と思われてしまう恐れもあります。

未婚であれば振袖を着ても良いですが、着る際にはいくつか注意するべきポイントがあります。

ここからご紹介するポイントに気をつけながら、正しく振袖を着て結婚式に出席しましょう。

花嫁より目立たないようにする

結婚式の主役は新郎新婦ですから、振袖に限らずゲストの服装は、花嫁より目立たない物を選ぶのが鉄則です。

派手な色に派手な柄を合わせた振袖は、結婚式では目立ち過ぎるかもしれません。

帯や帯下などを地味にして、全体を落ち着かせることができるなら、着用しても問題ないでしょう。

色や柄が目立ちすぎないなら、大振袖を着ても問題はありませんが、少し格を落とした中振袖、小振袖を着ると目立ち過ぎる心配がなくて安心です。

振袖の色は薄い色が無難

結婚式に着て行ってはいけない振袖の色は、基本的にはありません。

しかし、衣装の色が被ると花嫁から嫌だと思われる可能性もありますので、事前に新郎または新婦に何色の振袖を着て行くつもりか連絡し、花嫁と被らないか、被った場合不快な思いはされないかを確認しましょう。

また、絶対守るべきポイントではありませんが、振袖は派手な印象を与えない薄い色のものが無難です。

濃い色の着物は人目を引くので、良くも悪くも注目されてしまいます。

濃い色の振袖は身のこなしに自信のある、和服を来慣れた人が着るべき色と覚えておいてください。

30代以降は落ち着いた色柄を選ぶ

年齢に関わらず、未婚であれば振袖を着ることができますが、一般的には振袖は「若い女性の正装」です。

成熟した女性が、あまりに若々しい色柄の振袖を着ていると、「年甲斐がない」印象になりがちです。

30代以降に振袖を着る場合、色柄の落ち着いた、大人の気品のある品を選んでください。

若い頃に仕立てた振袖を着る場合は、帯、帯下、帯留めのコーディーネート次第では大人っぽい落ち着いた雰囲気にまとめることが可能でしょう。

また、振袖を着ていれば未婚であることが周りに分かってしまうので、独身かどうかというプライベートな部分を、その場にいる大勢の人に知られたくないようなら振袖は避けた方が良いでしょう。

振袖にはアクセサリーはつけない

和装は、原則では結婚指輪以外のアクセサリーはつけません。

振袖は未婚女性の着るものですので、当然結婚指輪はつけませんし、他のアクセサリーもつけないようにしましょう。

普段つけていたとしても、腕時計などは外しておきましょう。

何もつけなくても、振袖は十分な華やかさがあります。

蝶、アニマル柄、仏事にまつわる柄はNG

色は原則何色でもいいとお伝えしましたが、柄に関しては、NG事項があります。

まず、仏事にまつわる柄、例えばハスの華の柄や、夢・心という文字が入った着物は、法事に着て行くようなものですのでお祝いの場では避けます。

振袖にそのような柄が入っていることはあまりないと思いますが、縁起がいいと勘違いし「夢」の文字の入った帯を合わせてしまう、なんていう失敗はしないように気をつけましょう。

蝶は女性の着物によくある柄ですが、「黄泉の国からやってくる」と言わること、花から花へ移り飛ぶことから「浮気」を連想させることで、結婚式では避けられます。

また、毛皮ではなくても、殺生を連想させるアニマル柄も避けてください。

着付けの場所を事前に手配しておく

結婚式で振袖を着るならお祝いの場ですから、普段自分で着物を着ることができる人も、着付けはプロに任せるべきです。

結婚式の会場で着付けをしてもらえるのか、会場近くに着付けをしてもらえる施設があるのか、事前によく確認しておきましょう。

行きつけの美容院で着付けをしてもらっても良いですが、振袖は動きにくいですし、移動が長くなると着崩れする心配もあるので、会場近くで着付けをしてもらうのがお勧めです。

振袖を着て行くつもりだったのに、着付けをしてもらう場所がなく、直前で困り果てることがないように、前々からしっかり準備しておいてくださいね。

髪型は派手すぎないアップに

振袖を着るなら派手な盛り髪は避け、シンプルなアップスタイルにまとめましょう。

和装にはアクセサリーをつけない習わしですから、髪飾りも控えめにしておくべきです。

着物に合わせたかんざしや、飾りをワンポイントにする程度が一番おしゃれですよ。

できれば、和装に合わせたスタイリングに慣れている美容室を予約しておくことを、おすすめします。

カジュアルなパーティーや教会式での振袖は避けましょう

カジュアルなパーティーや教会式での振袖は避けましょう

振袖は、格式高い正装です。

ですから、砕けた雰囲気のパーティーですと、かしこまり過ぎていて悪目立ちする恐れがあります。

招待状に「平服でお越しください」と記載があるカジュアルな式には、振袖は避けた方が無難でしょう。

また、人前式、神前式には振袖はぴったりですが、由緒正しい教会式やガーデンパーティーなど、思いっきり洋風の式だと、純和風の装いで雰囲気を壊してしまうかもしれないので、式の形式に合わせて判断します。

「絶対に着てはいけない」というシチュエーションは無いですが、新郎新婦に残念に思われそうな時は、振袖は避けるようにしましょう。

判断が難しい場合は、新郎新婦に相談してみてください。

結婚式での振袖は、着たい気持ちよりその場にそぐうかを優先して

結婚式での振袖は、着たい気持ちよりその場にそぐうかを優先して

結婚式にゲストとして参加する際、着て行く服装や振る舞いは全てお祝いの気持ちを表す手段です。

「成人式以来着ていなくて、もったいない」「自分の振袖姿をみんなに見て欲しい」など、自分が着たい気持ちを中心に服装を考えると、知らず知らずのうちに新郎新婦に嫌な思いをさせることもあります。

厳密なルール違反ではなくても、新郎新婦に嫌な思いをさせてしまえば、せっかくお祝いに駆けつけた意味がありません。

振袖を着る際には「会場の雰囲気にそぐうかな?」「新郎新婦、ご両家のご家族は喜んでくれるかな?」ということを中心に考え、その場に合った着方をしましょう。

まとめ

まとめ

振袖は、未婚の女性であれば誰でも結婚式で着ることができます。

選ばない方がいい色は原則ありませんが、新郎新婦の気持ちを考え、被らない色、派手すぎない色を選ぶことをおすすめします。

また、蝶、アニマル柄、仏事にまつわる柄のものは避けましょう。

30代以上の大人の女性が振袖を着る際は、若作りに見えないよう、落ち着いたデザインとコーディネートを心がけてくださいね。

自分が着たい気持ちより、お祝いの気持ちを表す手段として、新郎新婦とそのご親族の気持ちを考えながら選んだ振袖を着て行けば、きっと喜ばれることでしょう。