結婚式の準備

婚約中のトラブルや不安はつきもの。乗り越えるための対策

婚約中は、何かと忙しいものです。

結婚式の準備もありますし、新生活の準備もしなくてはなりません。

しかし、忙しいからと、なんとなく婚約期間を過ごしてはいけません。

婚約中だからこそ、二人でよく話し合い、考えておいて欲しいことがあります。

結婚してから後悔しないように、婚約中に起こりがちなトラブルと対応法についてまとめました

結婚はゴールではなく、スタートです。

新しい生活が幸せに満ちたものになるようにするには、婚約中の過ごし方が重要なのです。

適切な婚約期間はどのくらい?

適切な婚約期間はどのくらい?

婚約とは、結婚の約束のことです。

一般的には、プロポーズをして結婚を承諾してから、もしくは結納を交わすなどの儀式を行ってから、実際に入籍するまでの間を婚約期間といいます。

この婚約期間は、半年から1年くらいが多いです。

人気のある結婚式場は、半年くらい前には予約が埋まってしまいますし、新生活の準備なども考えますと、1年ほどあるのが理想とされています。

婚約中に起きやすいトラブルや不安な出来事

婚約中に起きやすいトラブルや不安な出来事

婚約すると、結婚に向けて楽しいことばかりなように思いますが、実はそうでもありません。

婚約中だからこそ起こりがちなトラブルについて、知っておいた方が良いでしょう。

結婚準備のストレス

結婚の準備は何かと大変なもの。

特に今は、仕事をしながら準備をしている人がほとんどだと思います。

時間がないのに、初めてのことばかりで、うまく進まないとイライラします

そこに、親や親戚があれこれ口を挟んできたり、二人の意見が衝突してしまったりすると、ストレスはマックスに。

体調不良になったり、中には結婚そのものが怪しくなってしまうカップルもいます。

せっかくの結婚式の準備ですから、少しでも楽しく進めたいものです。

マリッジブルー

女性にとって結婚は人生の一大事です。

名前が変わる人もいますし、夫の仕事の関係で住んだことのない土地に引っ越す人もいます。

相手の親と同居なんてことになると、もう不安しかないでしょう。

様々な不安を感じて、気持ちが落ち込んでしまうことをマリッジブルーといいます

結婚はおめでたいことですが、大きな環境の変化の中で気持ちが揺らいでしまう女性は多いものです。

金銭感覚のズレを感じる

結婚式や新生活の準備を始めると、何かとお金がかかるものです。

新たに二人のものとして購入する家具、結婚式にかかる費用など、実際にお金を使う場面になると、なんだか金銭感覚が違うなと感じてしまうことが少なくありません。

付き合っている頃は、相手が毎月どのくらいお給料をもらっているのか、何に使っているのかなどを知らなくても良かったですが、結婚するとなるとそうもいかなくなってきます。

将来のために貯蓄もしたいですし、上手にやりくりしていくためには、お金に関する話し合いが不可欠になってくるでしょう

そんな時、お金に対する価値観があまりに違うと、この人とはやっていけないと思う人も多いのです。

彼の借金が発覚

婚約中に、相手に借金があることがわかった、というトラブルもあります。

なんの借金か、理由にもよりますが、ギャンブルやお酒など、遊びに使うお金で借金しているなら、これは大きな問題です

そのような借金が、結婚後も続く可能性は高いので、今のうちにきっちりと清算しなくてはなりません。

それができないなら、結婚を考え直す必要もあるでしょう。

相手が豹変する

付き合っているときはとても優しかったのに、いざ結婚することが決まると、別人のようにぞんざいなったり、小言を言うようになったり、変わってしまう人がいます。

結婚するから、もう逃げないという安心感からでしょうか、本性が出てしまう人がいるので注意したいところです。

結婚が決まって家庭的になったとか、優しくなったという話は残念ながらあまり多くはありません

こんな人とは結婚できないと思うかもしれませんが、むしろ、籍を入れる前にわかって良かったと思った方がいいかもしれないでしょう。

彼の浮気

婚約中なのに、平気で浮気をする人もいます。

結婚したら浮気ができなくなるから、今のうちにしておこうと考える人がいるようですが、これは非常に間違った、甘い考えです。

婚約中でも貞操義務がありますから、浮気は婚約破棄の原因になりますし、損害賠償の対象となります

残念ではありますが、婚約したのに平気で浮気するような人との結婚は考え直した方がいいでしょう。

親族問題

結婚は二人でするものなのですが、親や親戚の問題が持ち上がることもあります。

何かと口を挟んできたり、結婚そのものに反対する親戚がいたりして、彼がどんなにいい人でも、親戚に我慢できず、婚約を解消してしまう人もいます

結婚すると、一応家族関係になるので、全く無視することもできません。

かといって、二人のことにしつこく関わってくるとなると、少し嫌気がさしてしまうでしょう。

婚約中のトラブルや不安を乗り越えるためにやっておくべきこと

婚約中のトラブルや不安を乗り越えるためにやっておくべきこと

これまで違う環境で育ってきた人が一緒に生活をしようというのですから、不安はつきものです。

ですから、二人でどうやって協力してそれを乗り越えられるかを考えてみましょう。

1.なるべく負担を減らした準備を考える

例えば、結婚式の準備ですが、手作りで何かしたい、オリジナリティのある結婚式をしたいと思う人もいると思うのですが、自分に余裕がないなら、ストレスを溜めないためにも、なるべく外部に作業を委託することをおすすめします。

買って済むものは買うなどして、あまりこだわらないことも大切です

それでストレスが軽減され、楽しく過ごせるなら、その方がいいと思いませんか?

二人でよく話し合い、お金で済ませられることなら、どんどん業者に作業を頼みましょう

少しでも楽をした方がストレスがたまりません。

2.お金について話し合う

婚約中はお金に関する話をするいい機会です

  • お互いの収入がどのくらいか
  • その中からいくら貯蓄していくか
  • 生活費はどうするか
  • お互いのお小遣いはどうするか

など、具体的に話し合ってみてください。

3.一緒に暮らしてみる

もし可能であれば、結婚式(または入籍)をする前に、一緒に住んでみることをおすすめします。

生活習慣や家族関係など、付き合っているだけではわからなかったことも知ることができます

家事の分担などを話し合ういい機会でもあります。

一緒に暮らしてみて、どうにも我慢ならないという点があれば、籍を入れる前に話し合っておいた方が良いでしょう。

4.今後の人生設計について話し合う

仕事のこと、子供のことなど、婚約中に自分の考えを話し、お互いの認識のすり合わせをしておくことをおすすめします

中には、結婚してから「子供が欲しい」「子供はいらない」ともめて、離婚してしまう人もいるからです。

親の介護なども、まだ先のことだと思われがちですが、そういったトラブルはいつ起きるかわかりません。

二人で乗り越えていけるように、人生設計を考えておくことはとても大切なことです。

5.独身最後の楽しみ

結婚すると、子供がいなくても何かと時間の自由がなくなるものです。

最後に、仲のいい友達と旅行に行くとか、美味しいレストランで食事をするなど、色々と楽しんでおくといいでしょう

結婚準備で忙しい時でも、そのような楽しみがあれば、ストレス解消になります。

6.自分だけの買い物をしておく

結婚してしまうと、自分だけの収入ではなく、家のお金になりますから、好きなように買い物をすることもできなくなります。

まして子供ができると、お金の自由はさらに少なくなります。

アクセサリーなど高額な買い物をするなら、独身のうちです

まとめ

まとめ

婚約期間は、およそ半年から1年くらい。

本当にこの人と結婚していいのだろうか、私は幸せになれるのだろうか、そんなことを考える最後の機会です。

籍を入れてしまうと、簡単に「やめた!」ということもできません。

付き合っている時には楽しい思いが優っていたと思うのですが、結婚となると楽しいことばかりではなく、トラブルが起きても二人で乗り越えていく覚悟が必要なのです

この人と一緒に、どんなことも乗り越えていけるだろうか、そんなことを自問自答してみてください。

婚約とは?法的な拘束力はあるの?婚約破棄で損害賠償も!婚約とは、いつからいつまでを指すのでしょうか。 また、どのような状態を婚約というのか、婚約したと世間的に認められるにはどうすればい...