結婚式の準備

結婚式の定番演出エンドロールに盛り込むべきおすすめ内容

結婚式に参列したときに、必ずと言っていいほど目にするエンドロール。

エンドロールとは、披露宴の最後に流れる映像のことです。

以前はあったりなかったりでしたが、今ではエンドロールがあるのが当たり前と考える人も多いです。

エンドロールにはどのような内容を盛り込むべきなのでしょう?

今回は、元ウエディングプランナーが、おすすめのエンドロールの作り方、盛り込むべき内容についてお話していきます。

結婚式のエンドロールムービーは自分で作るもの?

結婚式のエンドロール

結婚式において、エンドロールはとても重要な演出のひとつです。

最後の最後に締めくくりとして皆に見てもらう映像ですから、これはしっかりこだわりたいところです。

ところで、エンドロールは皆基本的にオーダーしているのでしょうか、

それとも手作りしているのでしょうか。

これに関しては、正解は半々ですね。

というのも、エンドロールの内容次第では、オーダーしなければ作ることのできないようなものもありますし、どのようなエンドロールにするかによるところが大きいからです

自分で作るとなると、これもかなり大変な作業にはなりますが、手作りエンドロールは今割とチャレンジするカップルが多いアイテムです。

エンドロールムービーを発注する場合はいくらくらいかかるの?

エンドロールを外注する際の費用

映像に関わる商品は、本当にお値段が高いです。

映像に関わる商品というと、ビデオ撮影やプロフィールムービー作成、エンドロール作成くらいのものです。

しかし、結婚式のムービー全てが割と高価格なため、新郎新婦カップルも決めるのに躊躇してしまうところです

エンドロールに限って言うと、これもまた種類によって価格がかなり変わります。

物によっては10万円以内のものもありますが、多くの場合は10万円から20万円の費用がかかります。

プロに依頼するエンドロールの代表「撮って出し」

ムービーの外注代表

オーダーして作成してもらうエンドロールの多くは、この撮って出しの商品です。

撮って出しという言葉、皆さんも聞いたことがあるのではないでしょうか。

撮って出しというのは、その日に撮影したものを即上映できるようにするもののことです

これはエンドロールではかなり人気のスタイルです。

結婚式の撮って出しエンドロールは、挙式の様子や披露宴の様子を収めたムービーを、披露宴の最後までに編集し、それを当日の披露宴お開き時に上映することができるというもの。

これは、素人にはできません。

確実にプロに依頼する必要があるでしょう

この撮って出しエンドロールは、盛り込むシーンの多さなどで価格がいくつかに設定されていることが多いです。

要するに、盛り込むシーンが多い方が高額になるということです。

挙式のシーンのみを編集したエンドロールと、披露宴途中のシーンまでを編集したエンドロールでは価格が変わります。

相場としては15万円から25万円ほどが一般的です。結構お高いです。

自分でエンドロールを作る場合に盛り込むべき内容

自分でエンドロールを作成する際のポイント

費用が高額なのもあり、撮って出しのエンドロールはあきらめよう、となった場合に多いのが自作のエンドロールです。

エンドロールを作る際には、どのような内容を盛り込めばいいのか分からず迷ってしまうことも多いでしょう。

というわけで、ここからはエンドロールに入れるべきおすすめの内容についてまとめてみました。

その①自分たちで撮った結婚式準備の動画

最近の結婚式は映像ものがすごく多いです。

例えばオープニングムービー、プロフィールムービー、さらに余興でも映像があるとなると、かなり映像が多い印象を受けてしまいます。

というわけで、おすすめなのは他の映像とガラっと印象を変えることです

自分たちで、結婚式の準備シーンを動画に撮っておいて、それを使うというのはおすすめのアイデアです。

やはり、静止画よりも動画の方が見る人の興味を引きます。

スライドショーで静止画を使うのもありですが、可能であれば動画の方が断然良いでしょう。

その②前撮りしていれば前撮りのデータはふんだんに使おう

もしも、お二人が前撮りをしているのであれば、前撮りのデータを使ったエンドロールを作成しましょう。

結婚式当日の撮って出しではなくても、ドレスを着た新婦やタキシードに身を包んだ新郎の姿をエンドロールの中に見ることで、より感動が高まります

これに関して注意しなければならない点があります。

それは、前撮りのデータが出来上がるまでにはかなりの時間がかかるということです。

前撮りデータの仕上がりスケジュールをきちんと計算しておかなければ、せっかくの前撮りデータをエンドロールに入れ込むことができなくなってしまいます。

その③ゲストへのメッセージ

エンドロールは、披露宴の最後に上映されるものです。

印象にもかなり残ります。

ここでしっかりとゲストへのメッセージを入れ込んでおくのもおすすめです。

このときに、よりインパクトがあるのは「動画」です

やはり、新郎新婦がゲストに向かって話をしている姿を動画でエンドロールに入れることで、参列ゲストの印象にも強く残りやすくなるということです。

結婚式のエンドロールムービーのコメントでよくある失敗結婚式のエンドロール演出は、今ではとても一般的になりました。 多くの結婚式で披露宴を締めくくるのに使われるエンドロールムービーはと...

エンドロールを手作りするときにやりがちなNGパターン

エンドロールでやりがちな失敗

エンドロールを手作りするのは結構手間も時間もかかります。

せっかくなら良いものを作りたいですよね!

ここで最後に、手作りエンドロールのNGパターンを3つ紹介します

手作りする場合はこの3つの点に注意しながら作っていきましょう。

NGパターン①時間が長く間延びする

エンドロール作成の際は、4分くらいまでのお気に入りの曲を1曲選んで、それに合わせて作成していくのがおすすめです。

まれに、これが7分ほどあるときがあります。

7分となるともう長いです。

披露宴の最後ですし、綺麗に締めくくるためには、ここで下手に間延びすることは避けたいです。

たくさんの内容を入れたい気持ちは分かりますが、4分くらいまでがベストだと頭に入れておきましょう。

NGパターン②ゲストの名前を載せるときの順番が不適切

エンドロールには、参列ゲストのお名前を入れていくというのも定番です。

自分の名前が映像に現れると、やはりゲストも嬉しいですよね。

このとき、名前を書いていく順番には注意が必要です。

新郎側→新婦側という順番と、目上の人から表示されるようにしていくようにすることを忘れないでください。

親族と家族は最後です。一番最後に両親の名前がくるようにしましょう。

NGパターン③プロフィール映像と雰囲気が似ている

結婚披露宴中に上映される映像が他にもある場合がほとんどかと思いますので、この点は特に注意が必要です。

プロフィール映像も自作する場合というケースも多いでしょう。

この場合、同じ人が同じように作るため、映像がなんとなく似た雰囲気に仕上がってしまうことが多いものです

見ている方は、似たような映像が何度も流れると、「またか」という気持ちになってしまうこともあります。

他の映像とは、曲の雰囲気や映像自体のデザインもガラッと変えるように意識しましょう。

まとめ

エンドロールに盛り込む内容まとめ

結婚式の人気の演出、エンドロールについてのお話でした。

披露宴の最後の最後、感動のフィナーレで上映されるのがエンドロールですから、このアイテムにもしっかりこだわっていきたいものですね。

ポイントを押さえながら、自分たちの個性が出せるようなものを作り上げていきましょう。

予算に余裕があれば、もちろん撮って出しエンドロールが特におすすめです

ぜひ検討してみてくださいね。