結婚式の準備

結婚式挙げる?挙げない?どちらが後悔しないか徹底検証

  • 結婚式は挙げなくてもいいけど、両親が挙げてくれといっている
  • 結婚式は挙げたいけれど金銭的に挙げてもいいものか悩む

など、結婚式を挙げるか挙げないかでお悩みの方もいるのではないでしょうか。

結婚式は一生に一度のことだからこそ、悔いのないように決めたいですよね。

そこで今回は、クラウドソーシングサービス「Lancers」で20~30代の女性100名にアンケートをおこない、結婚式について後悔があるかどうかを答えてもらいました。

今、結婚式をどうするかお悩みの方はぜひ参考にしてみてください。

結婚式を挙げて良かった理由と結婚式を挙げるメリット

結婚式を挙げて良かった理由と結婚式を挙げるメリット

どのような理由で「結婚式を挙げて良かった」と感じるのでしょうか。

理由と結婚式を挙げるメリットをご紹介します。

結婚式を挙げて良かったと感じた理由

  • 親戚・友人のみ呼んだ結婚式で二次会もない落ち着いた結婚式でしたが、結婚式を機に親せきや友人と頻繁に連絡を取り合うようになり、亡くなった祖母との思い出にもなったと思うので、結婚式を挙げてよかったと思いました。
  • 家族や友達など、大切な人に感謝の気持ちを伝えられたと同時に、こんなにも一斉に自分たちの大好きな人たちが集まっていることに幸せを感じたからです。
  • 親類と親しい友人のみの小規模の挙式をしました。

準備はとても大変で、二人で本気で話し合い、ケンカも初めてしましたが、それも今となっては良い思い出になりました。

協力して何かを一緒にやりとげたことが初めてだったので、結婚に向けてお互いを知り、それでも長く一緒にいる覚悟ができる良い機会にもなったと思います。

私は人見知りで人前に出るのが苦手な方なので、結婚式ではお互いの親戚や友人にもほとんど初めて会う方ばかりだったので最初はすごく緊張しましたが、前の席から色々な顔を眺めているうちに「ここにいるのが私と主人の大切な人たちなんだ」と幸せな気持ちでいっぱいになることができました。

  • 「二人がこれから一緒にやっていく」という決意が芽生えるのと、二人で考えて行事を全うしたという記憶に深く残る思い出を残すことができたので挙げてよかったです。
  • 一度はバージンロードを歩く事が出来たし、両親にも感謝の気持ちを伝える事が出来たからです。結婚式をしなかったら、多分感謝の気持ちは伝えられなかったと思います。結婚式の両親への手紙があったからこそ伝える事が出来ました。
  • 初めは挙げなくてもいいと思っていましたが、親が喜んでいるのを見て良かったと思いました。

また撮ってもらった写真もすごく綺麗で良い思い出になり、みんなに囲まれて幸せを感じました。

久しぶりに会える人もいたからとても楽むことができ、自分も綺麗なドレスなど着ることができてよかったです。

  • 結婚式は人生に一度と考えているのと、この機会がなければ実家や古くからのも遠くに住んでいるのでなかなかみんなが一斉に集まる機会はないと思ったからです。結婚式によってみんなへの感謝の気持ちを伝えることができたので良かったと思います。

「結婚式を挙げるメリット」はどのようなものがある?

結婚式を挙げるメリットとして、

  • 両親やゲストに感謝を伝えられる
  • なかなか集まることができない親戚や友人たちが同じ場所に集まってくれる
  • 「結婚する」というけじめがつく
  • 結婚式しか着る機会のない衣装を着ることができる
  • 思い出になる

などがあります。

お互いの親戚が一堂に会する機会もそうそうあることではなく、結婚式を機に親戚同士の新たな付き合いが始まることも。

お互いの親戚と顔を合わせることができ、なおかつ多くのゲストからお祝いをしてもらえる貴重な一日と言えるでしょう。

また、女性はウェディングドレスなどの婚礼衣裳に憧れを持っている方が多く、ウェディングドレスを着ることができて嬉しかったという意見も多く見られました。

結婚式を挙げて後悔している理由と結婚式を挙げるデメリット

結婚式を挙げて後悔している理由と結婚式を挙げるデメリット

どのような理由で「結婚式を挙げなければよかった」と感じるのでしょうか。

理由と結婚式を挙げるデメリットをご紹介します。

結婚式を挙げなければよかった感じた理由

  • 結婚式準備で、かなりの体力を消耗し、結婚式翌日に向かった新婚旅行では、体調を崩しあまり楽しむことができませんでした。

その当時は結婚式を挙げないという選択肢が自分の中でありませんでしたが、昔の自分に戻れるなら、結婚式を挙げずドレスの写真だけ撮って、高級ホテルのサービスを満喫するという選択をすると思います。

  • 結婚式を挙げて後悔している一番の理由としては、お金がたくさんかかったことです。

結婚式マジックにかかり結婚式に対して金銭感覚が狂ってしまい、オプションを決めるときなどに「数万円アップなら良いかな」と考えて決めていましたが、あとになって考えると数万円はかなり大金だったなと思います。

  • 盛大な披露宴だったものの、結婚式費用がご祝儀だけでは賄えなかったので結婚してからその月からローンの支払いに追われてしまっています。
  • とても大規模な結婚式になってしまったので、もう少し小規模の結婚式にすればよかったと後悔しています。理由は結婚生活でこれからお金がかかるからです。
  • 夫とペットの犬だけの小さな結婚式を挙げましたが、それだけでも合計50万円以上かかりました。

本当に簡易的な式で、今思えばその思い出より50万円のほうが大事だったなと思います。写真だけでもよかったかも…

  • 私は、退職したてだったので、式に職場関係の人たちを呼ぶことができず、夫側の参列者数と私側の参列者数がかなり違った為、恥ずかしい思いをしました。

「結婚式を挙げる」デメリットはどのようなものがある?

結婚式を挙げるデメリットとして、

  • 高額な費用がかかる
  • 結婚式の準備が大変
  • 両親や義両親から口をはさまれる可能性がある

などがあります。

また、子供の結婚式を楽しみにしている親も多く、親から言われていやいやながらに結婚式を挙げたという話しはよく耳にします。

その場合は、親族だけの少人数なら結婚式を挙げてもいいと譲歩するなど、自分たちに負担がかからない方法を考えてみましょう。

また、最初に想定していたよりも金額が上がってしまうことはよくあること。

一生に一度のことなので「これくらいいいか」と考えてしまいがちですが、それが積もり積もってかなりの金額になります。

最初に決めた予算以上にならないように、こまめに見積もりを確認することが大切です。

結婚式を挙げないで良かった理由と結婚式を挙げないメリット

結婚式を挙げないで良かった理由と結婚式を挙げないメリット

結婚式は挙げなかったけど後悔はしていないという方もいました。

エピソードと結婚式を挙げないメリットをご紹介します。

結婚式を挙げなくても後悔しなかった理由

  • 金銭面で厳しかったことと、あまり目立つことが好きではないという理由から結婚式を挙げなくても良かったと思っています。結婚式は挙げませんでしたが、フォトウェディングをしましたので、特に後悔しているということはないです。

無駄なお金を使わなくて良かったし、恥ずかしい思いもしなくて良かったので結婚式は挙げなくて良かったです。

  • 仕事が忙しく一緒に暮らす準備だけで、お互いに精一杯でした。

結果、よい環境で仕事を継続しながら 結婚生活を始めることができたからです。

  • 退職して結婚するため遠方に引っ越して、転職活動中に妊娠しました。

産むまでは仕事ができなくなってしまったため、結婚式を挙げてお金が出て行ってしまうとこれからの生活や子育ての費用がなくなってしまうので、行わなくて良かったと思ったためです。

  • 結婚式を挙げるとかなりの費用がかかります。

その分、生活費に充てることが出来ますので、私は結婚式を挙げなくて良かったと思っています。

「結婚式を挙げない」メリットはどのようなものがある?

結婚式を挙げないメリットには

  • 結婚式の費用がかからない
  • 結婚式の準備に時間を取られない
  • 目立つことが苦手な人には精神的な負担がかからなくなる

などがあります。

結婚式を挙げない選択をしたカップルの中で「後悔していない」と考えている人の多くが金銭的な理由を挙げていました。

結婚式はご祝儀があるとはいえ、自己負担分が発生してしまうことがほとんど。

結婚式は必要ないと感じているのであれば、その費用を生活費や貯金に充てた方が堅実だと考える方も多いようです。

結婚式を挙げないで後悔している理由と結婚式を挙げないデメリット

結婚式を挙げないで後悔している理由と結婚式を挙げないデメリット

結婚式は挙げないで、あとから後悔しているという方もいました。

理由と結婚式を挙げないデメリットをご紹介します。

結婚式を挙げないで後悔している理由

  • 特に必要がないと思って挙式をしなかったのですが、そのあと結局親族に挨拶回りをしなければいけなくなったので、一度に挨拶を済ませられる場としても結婚式は意味があったのだなと理解しました。
  • 結婚式にかけるお金が惜しくて挙げませんでしたが、今になると、人生でおそらく一度きりの結婚式なので、一生の思い出として挙げておけばよかったと思うからです。

人生で一度くらいウェディングドレスを着てみたかったと思います。

  • 母から「ウェディングドレス姿が楽しみだった」と聞いたことでした。

写真も撮らなかったため、ひとつの親孝行を逃してしまったと非常に後悔しています。

  • 婚姻届けを出して間もなく妊娠が分かり、切迫早産で絶対安静だったため式を諦め、産後は慌ただしくしている間に何年も経ってしまいました。

一生に一度しか着られないであろうドレスを着損ねしまった事も寂しいですし、区切りのようなものが付かず恋人時代の延長のままのような感覚がどこかにあります。

もし式を挙げていたら親戚の人などにも見てもらえてキチンと気持ちが「結婚した」と区切りがついたのかなと思います。

「結婚式を挙げない」デメリットはどのようなものがある?

結婚式を挙げないデメリットは、

  • 結婚の挨拶回りが大変
  • 親をがっかりさせてしまう可能性がある
  • けじめがつかない
  • ウェディングドレスを着ることができない

などではないでしょうか。

今回おこなったアンケートでは「ウェディングドレスが着たかった」という回答が目立ちました。

金銭的な事情などもあると思いますが、落ち着いたらあらためてフォトウェディングなどで思い出を残しておくと後悔も薄れてくれそうです。

まとめ

まとめ

今回は、結婚式についての後悔があるかのアンケートと、結婚式を挙げる場合と挙げない場合のメリット・デメリットをご紹介しました。

結婚式を挙げるか挙げないかでお悩みの方は、それぞれアンケートの理由やメリットとデメリットを見てみましょう。

結婚式は金銭面や、親の気持ちなども関係するため簡単には決められない問題です。

しかし、一般的な結婚式でなくても、家族式や親族式などの小規模結婚式やフォトウェディングを視野に入れると選択肢が広がり、いい方法が見つかる可能性があります。

ふたりが後悔しないようにするには、どのような方法が最善かを考えてみましょう。