結婚式の準備

結婚式にデザートビュッフェをする?メリットとデメリットを解説

結婚式にデザートビュッフェを取り入れようとしている新郎新婦さん。

デザートビュッフェはゲストが喜ぶサービスですが、実際には企画の仕方によっては空振りになってしまうことがあります。

今回はゲストの本音を元にデザートビュッフェのメリットデメリットをお話します

また、デザートビュッフェ以外にも人気のサービスが!?早速どんなサービスなのか見ていきましょう。

デザートビュッフェは人気なのか?

デザートビュッフェは人気なのか?

デザートビュッフェとは、デザートの食べ放題のことを言います。

自分の好きなケーキやデザートを思う存分食べられるのでゲストからも喜ばれます。

しかし、デザートビュッフェは人気かというと意見は賛否両論のようです

早速それぞれの意見を見比べていきましょう。

デザートビュッフェ賛成派意見

ゆう27歳
ゆう27歳

「デザートビュッフェはとにかくオシャレ!インスタ映えもする!」

かなこ30歳
かなこ30歳
「わたしは甘党なので、大好きなデザートがたくさん食べられるのはとても嬉しいです!新郎新婦とゆっくり話せたのでいい時間でした!」

あやな26歳
あやな26歳
「デザートビュッフェになったとたん堅苦しい雰囲気が一気に和やかなムードに!デザートの力ってすごい!」

賛成派意見のまとめ

デザートビュッフェの賛成派意見をまとめると、

  • オシャレでインスタ映えする
  • 大好きなデザートをたくさん食べられる
  • 新郎新婦とゆっくり話ができた
  • 堅苦しい雰囲気が和やかなムードに変わった

といった意見が出ました。

デザートビュッフェ反対派の意見

さゆり26歳
さゆり26歳

「甘いものが苦手です。たくさん食べてと言われましたが、ほとんど手をつけませんでした。」

かえで22歳
かえで22歳

「デザートビュッフェにゲスト全員が並んで長蛇の列に!待っている時間がもったいないなと思いました。」

みく30歳
みく30歳

「年配のゲストさんはあんまり喜んでいないように思えた。」

反対派意見のまとめ

デザートビュッフェの反対派意見をまとめると

  • 甘いものが苦手
  • デザートビュッフェに並ぶ時間がもったいない
  • 年配ゲストに配慮をした方がいい

といった意見が出ました。

デザートビュッフェでゲスト全員に喜ばれる方法はあるのでしょうか?

デザートビュッフェが苦手な人への配慮

デザートビュッフェが苦手な人への配慮

結婚式にデザートビュッフェを採用したいと思っている場合、デザートビュッフェが苦手な人への配慮をする必要があります。

甘いものが苦手な人もいるので、デザート以外の食べ物を並べることを検討してみましょう。

例えば、

  • スープ
  • サラダ
  • クラッカー
  • ピザ
  • フライドポテト
  • お寿司
  • カレー
  • ラーメン
  • ローストビーフ

などです。

甘いものだけを食べ続けると飽きてしまうこともあるので、すこし塩気のあるものを置いておくと全員が喜ぶかもしれません。

並ぶ時間を短縮させるためには?

デザートを食べたくても、並ぶ時間が長いとゲストに負担がかかってしまいますよね。

そんなときは、テーブルコントロールを会場のスタッフさんにお願いするようにしましょう

2~3テーブルごとに移動してもらえれば、並ぶ時間を短縮することができます。

ゆっくりデザートを選ぶことができるのでゲストの満足度も上がることでしょう。

年配ゲストへの配慮

年配ゲストの中には、デザートを苦手としているかもしくは移動が困難ということで参加できないといったケースがあります。

その場合は、事前にデザートビュッフェがあることを伝えておくのが親切かもしれません

デザートを取りに行くのが難しい場合は、スタッフさんに頼んで運んでもらうといいでしょう。

おばあちゃんが和菓子好きということで、洋菓子だけでなく和菓子もいくつか用意した新郎新婦もいました。

デザートビュッフェにかかる時間と費用

デザートビュッフェにかかる時間と費用

時間

デザートビュッフェにかかる時間はおおよそ30分ほどです。

披露宴の時間は2時間半なので、上手くスケジュールに取り込んでいかなければなりません。

もしかすると余興やテーブルラウンドなど時間がかかる演出をカットしなくてはいけないということも出てきます。

全て行おうとするとすべての進行が早め早めになり、ゲストがゆっくりすることができない結婚式になってしまいます。

必ずデザートビュッフェをする場合は時間内に収まるようにスケジュール立てを行いましょう。

費用

デザートビュッフェをするときに正直費用も気になりますよね。

会場によって費用は異なりますが、ゲスト人数 × 1,000円~2,000円 が一般的です

もしゲストを60人呼んだ場合、60,000~120,000円の費用が発生することになります。

デザートビュッフェに変わる素敵なサービス

デザートビュッフェに変わる素敵なサービス

『デザートビュッフェをしたいけど、費用を抑えたい…』正直そう思う新郎新婦も多いと思います。

そんなときはデザートビュッフェに変わる素敵なサービスがあるのでご紹介していきます。

キャンディビュッフェ

キャンディやとチョコなどがどこでも気軽につまめるようにしておくことで、ゲストも喜んでくれます。

ウェルカムスペースや待合室、披露宴会場に数か所置いておきましょう

オシャレなグラス、メイソンジャーなど入れ物にもこだわってみてはいかがでしょうか。

クッキービュッフェ

ケーキよりも安価なクッキーを用意する方法もあります。

食事の最後のティータイムにクッキーがあると喜ぶゲストも多いはずです。

ゲストのお腹も落ち着いてるのでたくさんの量を用意しなくてもいいのがメリットです

おつまみビュッフェ

おつまみをビュッフェ形式で振る舞う方法もあります。

お酒好きな人にはとても嬉しいサービスです

チーズや生ハム、オリーブ、クラッカーなどを用意してあげましょう。

ドーナツタワー

ドーナツを積み上げてタワーにして、食後のデザートとしてゲストに食べてもらうという方法もあります。

カラフルなデザインのドーナツを並べることで存在感のあるタワーが完成します

カップケーキタワー

ドーナツと同様カップケーキをタワーにしたものです。

小さいカップケーキを並べることで写真映えすること間違えなし!

ウェディングケーキと合わせて食べるので、小さいカップケーキで満足するゲストもたくさんいますよ

お菓子のつかみどりサービス

ゲストにお菓子のつかみどりをしてもらうサービスです。

高級なチョコレートやご当地もののお菓子などを入れてあげるとゲストも喜んでくれるはず。

ゲストの退場の時にプチギフトとしてお菓子のつかみどりをしてもらいましょう

みんなが大好きなお菓子を持ち帰ってもらうことでお互い笑顔でお別れができますよ。

まとめ

まとめ

デザートビュッフェにするか迷っている新郎新婦さん、デザートビュッフェは結婚式に取り入れるか決めることができましたか?

デザートビュッフェは女子の憧れでもあります。

可愛く並べられたキラキラとしたデザートを食べることで気分も高まっていきます。

ゲストには最後まで幸せな気分でいてほしい!そう考えるとデザートビュッフェをしたいと強く願う新婦も多いのではないでしょうか。

しかし、全員がデザートが好きというわけではないので、甘いものが苦手な人にはそれなりの配慮をしていく必要があります

結婚式は日頃からお世話になっている方々へ感謝の気持ちを伝える場所です。

くれぐれも自己満足で終わらせる結婚式にはしないように気を付けましょうね。

結婚式で人気プチギフトとは?配る際の注意点もご紹介!結婚式では、出席してくれたゲストに新郎新婦からプチギフトを贈ることが多いのをご存知ですか? プチギフトは引き出物とは別にゲストに渡...