結婚式準備の“はてな”を解消する情報サイト

BRIDAL ANSWER

結婚式の準備

仏滅の日の結婚式ってどうなの?決める前に知っておくべきこと

投稿日:

結婚式の日どりを決めるときに、皆さんは六輝を気にしたことがありますか?大安や仏滅など、全ての日が六輝の6種類のどれかに必ずあてはまるようになっています。昔はこれを確認しながら結婚式の日どりを決めるのが当たり前になっていましたが、今はそれほど気にしないカップルも多いですね。今回は、仏滅に結婚式を挙げることを検討するカップルのために、決定する前に知っておくべきことをお話しします。

仏滅の日の結婚式ってどうなの?

仏滅の日の結婚式は、昔であればあまり考えられないものでした。

ですが、近年だと仏滅の日でも気にされない方も多いですし、仏滅の日だからこそ得られるメリットも多いため、あえてこの日を選ぶカップルも多いです。

一番の理由としては「安いから」という金銭的な理由で選ばれることがほとんどですが、ただ安いからという理由だけで決めてしまってはいけません。

しっかりと「六輝」の意味を理解し、家族の同意なども得た上で選んでいただくのがベストなので、これから説明する内容を読んで理解を深めてから、決定してくださいね。

六輝とは何か

まず初めに、六輝とは何かを知っておく必要があります。この六輝は六曜とも呼ばれるもので、その昔中国から伝来した占いが元になっています。今で言うところの曜日のようなものです。これがそのうち縁起が良い、縁起が悪いという意味を持つようになり、結婚式には大安が良いなどと言われるようになったのです。ちなみに六輝それぞれの意味は以下のようになっています。

 

大安

万事進んで行うのに良いとされる日で、「大いに安し」の意味です。結婚式や建物の引き渡し日などには、この日が一番良いとされています。

 

友引

友が引き寄せられるという意味から、葬儀は避けるべきとされているのが友引です。ただし、慶事に関しては幸せのおすそ分けという意味から、敢えて友引の日を選ぶこともあり、結婚式が友引の日であればそれは全く問題がありません。招待状の発送日にこの日が選ばれることも多いです。

 

先勝

字の通り、早い時間が良いとされる日です。午前中は何をするにも吉とされていて、逆に午後は凶と考えられています。

 

赤口

正午の前後の時間帯は吉、それ以外は凶とされている日が赤口です。また、「赤」という字が付いているため、火に関係のあるものに注意をするべき日だとされています。

 

先負

焦ると良くない、先んずれば負けるという意味をもつのが先負です。ただし、先勝と逆で午前中は凶、午後は吉であるとも考えられています。

 

仏滅

全てのことに対して凶であるとされているのが仏滅です。六曜の中で最も凶の日と考えられているため、結婚式などのお祝い事は避ける習慣があります。ただし、「物滅」と考える方法もあり、「物が滅び、新しい物事のスタートを切る」という観点で、何かを始めるには良いとの解釈もあります。

 

仏滅に結婚式をする前に必ず確認すること

結婚式場を決めるとき、予約をする際に必ず日程を決定しなければなりません。そのときに六輝についてプランナーから説明をされることがあるでしょう。ここで、その日程が良い!その日に決めたい!と日程を決定する前に確認するべき3つのことをご紹介しましょう。

 

確認すべきポイント①家族の理解が得られるかどうか

仏滅を気にしないカップルは今の時代かなりたくさんいます。むしろ、気にして仏滅を避けるという人の方が少なくなっているくらいです。多くの人が「できる限り仏滅は避けようと思うけれど、絶対とは思わない」と考えているようです。

 

ですが、ここで大事なのは二人の意向だけでなく親御様の反応をきちんと確認しておくことです。よくあるケースが、二人は仏滅でも問題ないと思って決めたが、その後で猛烈な親の反対により全ての計画が振出しに戻ってしまったというパターン。これだとせっかく考えて決めた式場なのに、そこまでに至る時間と労力が無駄になってしまいます。

 

確認すべきポイント②自分たちが本当に気にしないか

仏滅ということに関して、自分たちは気にしないと思ったものの、心のどこかで引っかかっていて、後々気になってくることもありがちです。初めに「できれば仏滅は避けようと考えている」というところから「別に仏滅でも良いか」と考え直した二人なら、なおさら注意が必要です。

 

仏滅に結婚式をすること自体がOKかどうかは、本人の考え方次第です。ですが、少しでも迷いがあるようであれば、避けた方がいいでしょう。なぜなら、結婚式を仏滅に決めてしまったら、そこから後戻りはできないからです。一生お二人にとってその日が記念日となります。100%迷いがなく、この日で間違いない!と思えるのであれば問題ありません。

 

確認すべきポイント③敢えて仏滅を選ぶ理由があるか

なぜ、仏滅の日を候補の日程にあげたのでしょう。たくさんある日にちの中から、敢えて仏滅を選ぶことは少し不自然でもあります。例えば予算にこだわっているカップルの場合、仏滅の日が極端にお得になるのであれば理にかなっています。そして、六輝よりもその日程にこだわりがあるカップルの場合、例えば交際記念日に挙式をしたいと考えることもあるでしょう。その日が仏滅に重なるということも十分にあり得ます。

 

六輝の中で、敢えて仏滅に挙式を挙げる理由が何なのかを考え、その理由と仏滅に挙式をすることのリスクを天秤にかけて、慎重に判断していく必要があるということですね。

 

仏滅に挙式を挙げることのメリット

さて、一方で仏滅に挙式を挙げることにはメリットもあります。できることなら避けておきたいと考えられる仏滅挙式ですが、これのメリットについても知っておきましょう。

 

仏滅挙式のメリット①費用が安くなる仏滅割引があることも!

仏滅は、比較的人気のない日どりであるため、結婚式場側としては何としてでも予約を入れたいと「仏滅割引」で大幅に安くしているケースがあります。これにより、初めから10万円単位での値引きが受けられ、費用を大きく抑えることができるため、価格重視のカップルにはおすすめです。

 

契約時点で大きな割引があると、やはりとてもありがたいものです。そのときに節約できた費用は、お料理のランクUPや、衣装のランクUPなど、他にこだわりたいところに回すことができます。このように、契約時の割引は、かなり大きな意味を持ちます。契約してしまったら、その後に割引を受けられるチャンスはほぼありません。

 

仏滅挙式のメリット②結婚式が少ない日にちなので予約が取りやすい

季節的に人気のある春先や秋ごろは、予約が取りづらくなるのが結婚式場です。ですが、仏滅の日に限ってはそうではありません。やはり六輝の中でも大安友引を狙う人が多いため、仏滅の日は予約が空いていることが多く、そのため時間や曜日的に良いところで予約が取れる確率が上がります。

 

仏滅挙式のメリット③他の結婚式が少ないため、当日の貸し切り感が増す

案外思いつかないことですが、多くの結婚式場が一日に複数組の結婚式を執り行っています。ということは、当日お二人の挙式が行われている別の会場で、また別のカップルの挙式が行われていることは多いということ。仕方のないことではありますが、あまり喜ばしいことではありません。

 

仏滅は、結婚式を挙げるカップルの数が極端に減ります。それは、結婚式当日に同時進行される結婚式の数が少なくなる可能性が高くなるということです。当日、その結婚式場の館内が他の結婚式の列席者でごった返すことを見る可能性が減り、貸し切り感が格段にUPするというのも仏滅挙式のひとつのメリットです。

 

まとめ

仏滅挙式は、本人とその家族が仏滅に挙式を行うことに抵抗を感じないのであれば、全く問題はありません。そして、メリットもあります。大切なのは自分たちの気持ちです。まずは本当に仏滅でも気にならないのか、冷静に考えてみましょう。その上でご家族に相談し、問題がなければ決定しましょう。費用が安くなったり、他の結婚式と重ならないというメリットがあったり、実は良い面もたくさんあるのが仏滅の挙式です。

 

-結婚式の準備
-,

Copyright© BRIDAL ANSWER , 2019 All Rights Reserved.