結婚式の準備

結婚式で勝手に楽曲を流してはダメ!著作権の基本を解説

結婚式を挙げるときには、入場曲や退場曲、ムービーのBGMなど、案外たくさんの音楽を使用しますよね。

しかし、これらの楽曲は勝手に流して良いわけではありません。

無断で楽曲を使用すると、処罰を受けることになります。

そうならないために、結婚式を挙げることになったら楽曲の使用に関する基本を知っておきましょう。

この記事では、楽曲の著作権と、楽曲を使用する時に必要な許可についてや、かかるお金のことなどを解説していきます。

楽曲には著作権がある。結婚式で勝手に使ってはダメ!

楽曲には著作権がある。結婚式で勝手に使ってはダメ!

世の中に流通しているほとんどの楽曲には、著作権が発生しています。

著作権とは、作品をどのように使用していいか決める権利です。

著作権は作品を作った人が持ち、それ以外の人間が私的目的以外で楽曲を利用する際には、著作権を持っている人に許可を取ることが法律で定められています。

結婚式は、ゲストやスタッフなど複数人が楽曲を聞くことになるため、私的目的の利用の範囲を超えると考えられています。

そのため、結婚式で使う楽曲は、著作権を持っている人に使用の許可をとり、著作権料を払う必要があります。

もし無断で楽曲を使用し、著作権者から訴えられた場合には、10年以下の懲役、または1000万円以下の罰金が課せられる恐れもあります。

結婚式で曲を流す時、知っておきたい著作権と著作隣接権

結婚式で曲を流す時、知っておきたい著作権と著作隣接権

先ほど、結婚式での楽曲の使用には、著作権者に許可を取ることが必要と説明しましたが、使用する人が作曲家や作詞家に直接連絡を取るわけではありません。

著作権はJASRAC(ジャスラック)と言う団体が管理しているため、JASRACに許可を取り、使用料を払うことで楽曲を使用できるようになります。

また、楽曲が市販されている場合、商品の販売元が「著作隣接権」を持っています。

著作隣接権は音楽を広める人の権利で、楽曲を使用するオリジナルCDを作ったり、DVDに楽曲を収録するなど、著作隣接権を持っている人に無断で楽曲を複製することができません。

著作隣接権を持っている人へ使用の許可をもらう時も、基本的にはJASRACを通して手続きします。

結婚式会場で流す?DVDで使う?著作権の種類は使用の方法によって違う!

結婚式会場で流す?DVDで使う?著作権の種類は使用の方法によって違う!

結婚式で楽曲を使用するための手続きは、どんな使い方をするかによって「演奏権」を申請するか「複製権」を申請するかに別れます。

演奏権とは、発売されているCDを結婚式場で流す、または結婚式場で演奏する時に許可が必要な権利です。

演奏権を求める場合、著作権を持っている人へ許可をとり、料金を払います。

複製権は、コピーをしてオリジナルCDを作ったり、DVDに楽曲を収録する時に許可が必要な権利です。

こちらは著作権の所有者と、著作隣接権の所有者どちらにも許可を取り料金を払わないといけません。

結婚式場が楽曲使用の手続きをしてくれることがほとんど!

結婚式場が楽曲使用の手続きをしてくれることがほとんど!

楽曲の使用に許可が必要なことをご説明しましたが、ここからは、実際に許可を取るにはどうしたらいいかのお話をしていきましょう。

結婚式では入場曲やBGMなど様々な楽曲を流しますが、ほとんどの結婚式場は、楽曲の使用手続きを代行してやってくれるISUM(アイサム)という会社か、JASRACとの契約をしています。

式場が権利を管理する会社と契約している場合、登録してある楽曲や市販のC Dは、新郎新婦が式場で流す分には自由に使うことができます。

つまり、基本的には新郎新婦が著作権管理者に申請する必要はないのです。

楽曲を選ぶときには、式場側がISUMやJASRACと契約しているのか、どの楽曲なら使用していいのかを結婚式場によく確認してください。

結婚式で楽曲を使用する時、いくらお金がかかるの?

結婚式で楽曲を使用する時、いくらお金がかかるの?

結婚式で楽曲を使用する時には、お金がかかります。

例えば、ISUMで楽曲を使用する許可をとった際には、これから紹介するような料金がかかります。

会場で市販CDを流す場合

会場で市販のCDを流すということは「演奏権」が発生します。

この場合、1曲の使用あたり200円を著作権者に支払うことと、CDの購入料金がかかります。

CDをそのまま流すのであれば、著作隣接者への許可は不必要です。

複製して利用する場合

動画のDVDに使用するなど楽曲を複製する場合、ただCDを流すよりも料金がかかります。

この場合、1曲使用する著作権料200円に加え、著作隣接権への料金が1曲2000円〜×コピーの枚数がかかり、さらに10%のシステム利用料がつきます。

著作隣接権への料金は曲によって異なります。

例えば1曲を使用し、1枚だけのDVDを作るとすれば、200円+2000円×10%で、最低2420円がかかるのです。

ISUM(アイサム)にない曲を結婚式で流したいなら?

結婚式場がISUMと契約している場合、ISUMに登録がある曲のみ、自由に使用することができます。

ISUMに登録のない楽曲を使用したいと思っている場合は、手続きが必要です。

まずは、結婚式場に相談し、式場側からISUMにリクエストしてもらえることで、使えるようになる可能性が高いです。

もしくは、ISUMを通さずJASRACに許可をとることで、ISUMにない曲を結婚式で流せるようになります。

JASRACに登録されていない曲を結婚式で流したいなら?

JASRACに登録されていない曲を結婚式で流したいなら?

全ての曲がJASRACに登録されているわけではありません。

しかし、JASRACに登録されていないからといって、その楽曲の著作権がないわけではありません。

もし、JASRACに登録されていない楽曲を使用したいなら、著作権を持つ人に直接の許可をもらわなければいけません。

まずは、販売元や所属事務所に連絡を取って、使用したい旨を伝えてください。

結婚式場で音楽を流す時には、ダウンロードではなくCDを使用しましょう

結婚式場で音楽を流す時には、ダウンロードではなくCDを使用しましょう

結婚式で音楽を流すなら、ダウンロードではなく、市販のCDを購入して流してください。

配信されている曲を購入し、ダウンロードデータを結婚式で流すことは禁止されています。

利用規約を読んでいただければわかると思いますが、配信で購入するデータは基本的には個人的、かつ非営利目的で使用することのみ許可されています。

これを結婚式場で流してしまうと、規約の範囲を超えているため、法律違反になります。

ウェディングムービーの著作権違反に注意!

ウェディングムービーの著作権違反に注意!

結婚式場で流すBGMについては、式場側が楽曲の著作権に関わる手続きを一括してやってくれることがほとんどですので、確認さえしておけば新郎新婦は何もしなくてOKです。

しかし、新郎新婦が用意するムービーに関しては、うっかり著作権法違反をしてしまうことも多いため注意が必要です。

許可を取っていない楽曲を使用したムービーを当日式場に持って行き、式場側に持ち込みを拒否されるケースも増えています。

DVDへの収録など、楽曲を複製をするには、JASRACのホームページから「非商用複製」の申請をし、料金を払う必要があります。

許可をとることが大変なら、ムービーに入れる音源を著作権フリーの音源サイトから選ぶと、著作権法違反の心配がないのでおすすめです。

楽曲の選定は、結婚式場に確認を取りながら進めましょう

楽曲の選定は、結婚式場に確認を取りながら進めましょう

結婚式で使用する楽曲は、許可を取っていないものをうっかり使用してしまうと大変なことになります。

法律違反を犯さないためには結婚式場に、どの楽曲が使用できるのか、使用するにはどうしたらいいのかを確認しながら、楽曲を選んでいくことが大事です。

式場側で用意するのではない、自分たちで作るムービーに使用する楽曲についても、結婚式場側に確認をとり指示に従って進めると安心です。

まとめ

まとめ

結婚式で楽曲を使用する際には、著作権と著作隣接権を侵害しないように気をつけなければいけません。

基本的には、結婚式場が権利を管理する会社と契約をしているため、新郎新婦は使用手続きを自分たちでしなくて良いです。

しかし、使える楽曲が限られている場合も多いため、楽曲を選ぶ際には、必ず結婚式場に確認をしてくださいね。

もし、式場が許可を取ってない楽曲を使用したい時には、式場側に頼んで申請してもらうか、自分たちで使用する申請をします。

正しい方法で楽曲を使い、ぜひ素晴らしい結婚式にしましょう。