結婚式準備の“はてな”を解消する情報サイト

BRIDAL ANSWER

結婚式のマナー

結婚式のお車代っていくら負担するべき?基準について知っておこう

投稿日:

遠方からのゲストにはお車代を出したほうが良いですよね?でもいくら包めば良いんだろう??

結婚式に遠方からくるゲストがいる場合は、その交通費や宿泊代をどこまで負担すれば良いのか分からず悩んでしまいがちです。いわゆるお車代、というものですね。

このお車代には、どれだけ負担すればいいという明確な決まりはありませんが、ある程度の基準はあります。

今回は、元ウエディングプランナーから、お車代の負担についてお話していきます。

遠方ゲストのお車代や宿泊費は全額負担してあげるのがベスト

遠方からはるばる来てくれる参列ゲストには、できることならそこにかかる費用は全て負担してあげるのがベストです。ですが、距離によっては、このお車代と宿泊費は相当な金額になることもあります。しかも、遠方からくるゲストが多ければ多いほど、当然新郎新婦の負担は大きくなっていきます。

 

結局は、新郎新婦の決めることです。お二人にとって、無理のない程度の負担で構いません。もし、遠方からくるゲストが両家合わせて2、3名しかいないのであれば、全額負担してあげられると良いですよね。もしも自分が遠方の結婚式に招待されたらどうでしょう。やはり行くだけでも大変ですよね。労力もかかります。そこを新郎新婦が金銭面だけでも負担してくれたら、かなり助かると思いませんか?

 

多くの場合、半額を負担していることが多い

全額負担できれば、それに越したことはありません。ですが、お車代の基準はどうなのか、という点で回答するのであれば、「交通費と宿泊代にかかる費用の半額を負担しているケースが大多数」です。先ほどもふれたように、遠方ゲストの人数によって決めればいいことだとは思います。

 

結婚式にはいろいろなことにたくさんの費用がかかります。もちろん、新郎新婦に無限の予算があるのであれば問題ありません。ですが、多くのカップルが限られた予算内でやりくりしているわけですから、ここで無理にゲストの負担をし過ぎる必要はありません。無理のない範囲で決めましょう。

 

お車代と宿泊代の負担方法

お車代とホテル宿泊代を新郎新婦カップルが負担するときには、どのような方法があるのでしょうか。お金を渡すのか、こちらで全てを手配するのか、方法はさまざまです。ここでは、実際に新郎新婦がお車代と宿泊代を負担するときの方法についてお話ししましょう。

 

ケース①宿泊もしくは交通手段を確認しこちら側で手配する

遠方のゲストが、結婚式に参加するために宿泊先を探したり、交通手段を調べたりするのは割と大変な作業ではあります。もしもできるのであれば、新郎新婦側で全てリサーチして、手配までしてあげるのも親切な方法ですよね。

 

仮に半額しか負担しないと決めているのだとしたら、交通費か宿泊費のどちらかを負担するという考え方も良いでしょう。その場合は、「ホテルはこちらで手配しますので」と伝えて希望やリクエストを聞きましょう。

 

ゲストによっては、せっかくこの機会で遠方まで来るのですから、ついでに他の友達に会ってもう一泊しようと考えている可能性もありますし、この辺りは聞いてみないとわかりません。勝手に手配してしまうと、相手に迷惑がかかることもあるので、ゲストと話しながら決めていくようにしましょう。

 

ケース②宿泊代と交通費を算出しその半額もしくは全額を現金手渡し

遠方のゲストが、結婚式に参加するために宿泊先を手配して、航空券や新幹線などの交通手段を確保するのに一体どれくらいの費用が掛かるのかは調べればある程度分かることです。ですから、こちらで手配はしなくてもある程度「かかるであろう費用」を算出してから、その全額や半額をお車代として包むケースも多いです。

 

もちろん、実際にいくらかかるかは正確には出せません。ただ、常識的に考えると、遠方の結婚式に行くときにかかった費用の半額程度を還元してもらえれば、ゲスト側が嫌な気持ちになることはまずありません。ざっくり計算して、お車代として包むべき金額を決めましょう。

 

お車代や宿泊費を負担できそうにない場合

あまりあってはいけないことではありますが、まれにどうしても予算の関係でお車代や宿泊費は負担できないという事態になることがあります。こういう場合はどうすればいいのでしょうか。

 

まず、ここで大切なのは「負担できない」ということを明確に相手に伝えることです。言いにくいことではありますが、「こちらの事情でお車代は負担できないのですが、もし宜しければお越しいただければ」というように、きちんと伝えましょう。

 

これを伝えておかなければ、後でゲストに嫌な思いをさせてしまいます。というのも、参列する側は、お車代をある程度負担してもらえると思っているので、それが突然全く無いと分かれば気分を害してしまいます。

 

お車代の渡し方

先ほどのお話で、結婚式のお車代をいくらくらい負担すれば良いのか、その考え方に関してはお分かりいただけたと思います。ここからは、そのお車代を現金で渡すときに、どのようにして渡すのが一般的なのかという点についてお話ししましょう。お金を渡すのですから、やはりタイミングは重要です。お車代の渡し方は大きく二通りに分けられます。

 

その①受付を依頼する人に予め頼んでおいて受付で手渡し

この方法が一番一般的です。結婚式当日は受付を誰かに依頼するものですが、この受付担当者から渡してもらうという方法です。あらかじめ、お車代を渡す必要がある人の名前を伝えておき、その人たちが式場に到着して名前を書いたら、そのときに「新郎新婦様からお車代です」と言って渡してもらうのです。

 

新郎新婦は、事前にこのお車代をポチ袋のような小さな封筒に入れて、ひとり分ずつ準備をしておく必要があります。このときに、受付の人たちが当日分かりやすいように、付箋に名前を書いて渡しておくなりしておきましょう。受付で渡してもらうことによって、渡し忘れはほぼなくなります。

 

その②式の途中にこっそり家族の誰かから渡してもらう

結婚式の途中に渡すというのもありです。ただ、この方法で気を付けないといけないのは、渡し忘れのないように確実に渡すということです。そのため、信頼できる家族の誰かにこれは任せる必要があります。本当であれば母親もいいのですが、新郎新婦の母は当日何かとバタバタ忙しいものです。もしも兄弟姉妹がいる場合はそこにお願いする方が良いでしょう。

 

披露宴の途中に、家族から渡してもらうタイミングとしては、特に決まりはありません。ですが、一番のおすすめタイミングは、最初の歓談の時間です。披露宴が後半になると忘れてしまったり渡すチャンスを逃してしまったりする可能性もあります。なるべく早い段階で全て渡し終えるようにしましょう。

 

まとめ

結婚式に関わるお金のことは、何かとデリケートな問題で、人に聞きにくかったりするものです。相談するのもちょっと気が引けるけれど、自分で考えても分からなくて悶々としている人たちは多いです。結婚式のお車代は、新郎新婦からの心遣いですから、できるだけ負担してあげたいものですよね。

 

二人の結婚式に、遠方のゲストがはるばる来てくれて参加してくれるのは、とても嬉しいことです。一生に一度の結婚式ですし、大切な人たちに囲まれて幸せな一日を過ごしたいものです。お二人の大切なゲストは、一人でも多く参加してもらえるように、こちらができるサポートはしてあげてくださいね。

 

-結婚式のマナー
-, ,

Copyright© BRIDAL ANSWER , 2019 All Rights Reserved.