結婚式の準備

挙式のみの結婚式の費用は?衣裳・撮影など項目別に解説

一般的に「結婚式」という時、挙式と披露宴のセットを思い浮かべる人が多いと思いますが、中には挙式だけしかしないカップルもいます。

挙式と披露宴をどちらも行うより、挙式のみの結婚式をする方が、一般的には費用は低くなりますが、では一体挙式だけをするのにはいくらかかるのでしょうか?

この記事では、挙式のみの結婚式にかかる費用について説明していきます

最低限の挙式をするための費用から、写真撮影やヘアメイクなどオプションをつけるとどれだけ費用がかかってくるのかなど、細かく相場を解説するので、ぜひ記事を参考にしてみてください。

こんな人は挙式のみの結婚式をするのがおすすめ!

こんな人は挙式のみの結婚式をするのがおすすめ!

披露宴を行うと、新郎新婦両方の知人に対し、いっぺんに結婚の報告ができるというメリットがあります。

また、新郎新婦の人生の節目なので、日頃お世話になっている人々や両親へ感謝を伝える場にもなるでしょう。

一方、挙式のみの結婚式にも、また違ったメリットがあります。

こんなカップルは、披露宴をせず、挙式のみの結婚式をするのがおすすめです。

極力費用や労力をかけたくない

披露宴を行うと、食事や引き出物、演出を決めるのにとても時間を使います。

また、挙式会場とは別に披露宴会場を借りること、食事、会場の装飾、演出の一つ一つにまで料金が発生するため、挙式・披露宴を合わせると平均300〜350万円の費用がかかります。

しかし、お金や時間を理由に結婚式を全く挙げないと、「夫婦になった実感が湧かない」「親に晴れ姿を見せられなかった」と後悔が生まれる可能性もあります

そんな時、挙式のみの結婚式にすれば、披露宴にかかるお金と労力はかかりません。

「お金がない」「忙しい」という理由で結婚式を迷っている人は、挙式のみ行うという選択肢を検討するのも良いと思います。

ささやかな結婚式にしたい

新郎新婦が、たくさんの人の前に出るのが苦手であったり、初婚ではないため、ささやかな式にしたいと思っている場合もありますよね。

披露宴を行えば、新郎新婦は高砂に座り、たくさんの人から注目されることになります。

「自分が主役の1日」を楽しめる人はいいですが、そうでない人にとっては居心地が悪いでしょう

また、ゲストに乾杯の挨拶や友人の挨拶をお願いしたり、ご祝儀を包んでもらったりと、ゲストにかける負担も多くなります

最低限の親族や友人に立ち会ってもらい、夫婦になる瞬間を見届けてもらうだけがちょうどいいと感じる人は、挙式のみの結婚式がおすすめです。

挙式のみの結婚式はどんなものに費用がかかる?項目ごとの相場

挙式のみの結婚式はどんなものに費用がかかる?項目ごとの相場挙式のみの結婚式はどんなものに費用がかかる?項目ごとの相場

披露宴・挙式合わせた費用の平均は300万〜350万円とご紹介しましたが、挙式のみならかかる費用はどれくらいになるのでしょうか?

項目別に相場をご紹介していきます。

衣裳

挙式のみする場合、一番費用がかかる部分が新郎新婦の衣裳です。

ウェディングドレスのレンタル費の相場は1着20万円前後、白むくは10〜25万前後、色打ち掛けは30万前後になっています

和装の場合は、着物代とは別に日本髪のかつらが5万円前後することが多いので、注意してください。

また、新郎の衣装は10万円前後でレンタルするのが相場です。

これはあくまで相場であって衣裳の値段は幅が広く、1万〜5万円以下でレンタルできるウェディングドレスもあれば、100万円近い費用がかかるものもありますので、衣裳にどこまでお金をかけるかは新郎新婦でよく話し合ってくださいね。

式場

挙式をする式場の使用料も、必要な費用です。

式場代の平均額は37.1万円(ゼクシィ結婚トレンド調査2019)で、だいたい35万円前後が相場です。

しかし、安いところなら5万円以下で挙式をできる会場もあり、中には挙式代と記念撮影、衣装、ブーケなどの料金が込みになったプランで10万円を切っている会場もあります。

値段を抑えたいなら、お得な会場を探してみてください。

逆に、披露宴をしない分浮いた費用の中で、式場のランクを上げて理想の挙式をするのも良いでしょう。

ヘアメイク代

当日のヘアメイクを自分でするのなら必要ありませんが、プロにヘアメイクをお願いする場合は料金が発生します。

お色直しのない挙式のみのヘアメイクなら、3万円ほどが相場です。

髪につける飾りにもレンタル・購入費用がかかります。

例えば、ティアラは本物の宝石が使用されたものは宝石の価値により数万〜数十、数百万円とかかる費用の幅が広いです。

イミテーションの宝石のものなら、2000円程度でレンタルできます。

フォト撮影

意外とお金がかかるのに見落としがちなのが、フォト撮影にかかる費用です。

式当日の記念撮影とアルバム作成を式場や業者に依頼する場合、10万円前後の費用が相場です。

挙式のみの結婚式なら、式に呼べなかった知人たちに結婚の報告する際、写真を添えることができるので、費用に余裕があるならきちんと記念写真を撮っておくのがおすすめですよ。

結婚式の写真を年賀状や結婚報告の葉書に使用して、結婚報告をするカップルが多いようです。

お礼

教会でキリスト教式を挙げる場合、神父・牧師やオルガン奏者へお礼を包みます。

この「お礼」の料金は、明示されず「気持ち程度」と言われることが多いようですが、いくら払ったらいいのか迷いますよね。

相場は神父・牧師へ3万円程度、オルガン奏者へは1万円程度のようですが、経済的な事情と鑑みて個人で判断します

独立した教会の神父・牧師ではなく式場が用意した神父・牧師が式に立ち会う場合は、式場のプランの中にお礼の料金も含まれているはずですので、お礼が必要なのか式場スタッフに確認をとってください。

また、受付などゲストに式の手伝いをお願いした場合も5000円程度のお礼は包みましょう。

お車代

遠方から挙式に出席するゲストがいる際には、「お車代」として交通費・宿泊費を負担しましょう。

経済的に全額負担が難しい場合は、式へ出席のお願いをする時にその旨を伝えてください。

難しくても、せっかく来てくれるゲストに対してはできれば半額は負担してあげてください

お車代を入れたのし袋を、当日ゲストに渡すのもいいですが、全額負担の場合はゲストの新幹線や飛行機のチケットを新郎新婦がとり、タクシーチケットなどを添えてゲストが会場までお金を払わずに来られるように手配すると、よりおもてなしの心が伝わりますよ。

食事代

挙式だけして終わってもいいですが、披露宴をしない分、挙式に参加した少人数の親戚・友人らで会食をするカップルもいます。

ホテルのコース料理か、行き慣れたレストランを貸し切るか、などどんな場所でどんなものを食べるかによってかかる費用は変わってきます。

盛大な食事じゃなくても、新郎新婦が来てくれたゲストとゆっくり話がしたい場合は、挙式の後に会食を行うことにしてもいいでしょう

挙式のみの結婚式で最低限必要な費用は、式場使用料と衣裳代!

挙式のみの結婚式で最低限必要な費用は、式場使用料と衣裳代!

挙式をする時、オプションを削っても、式場代と衣裳代は最低限必要です。

衣裳も式場もできるだけ安いものを選んで、10万円以下で結婚式を挙げるカップルもいますから、本当に費用をかけられないけれど結婚式をしたいという人は10万円を用意すれば挙式ができます

衣裳は式場でレンタルできるもの以外を持ち込もうとした時に「持ち込み料」がかかる可能性もあるので、要確認です。

相場通りの値段の式場と衣裳を選択した場合、挙式だけするのに70万円ほどかかると思っておいてください。

挙式のみの結婚式をする際は、ご祝儀を辞退しましょう

挙式のみの結婚式をする際は、ご祝儀を辞退しましょう

挙式だけの場合、ゲストをおもてなしする披露宴の費用も、ゲストへのお土産である引き出物もこちらは準備しませんから、ゲストからご祝儀を受け取らないことが多いです。

披露宴はしないと決めたら、招待するゲストには「ご祝儀などのお心遣いはなさいませんようお願いいたします」と伝えておきましょう

それでも当日、「どうしてもお祝いを渡したい」と言うゲストからお祝いをいただいたら、断固拒否するのも失礼ですからありがたく受け取り、後日お返しの品をお送りすると良いでしょう。

まとめ

まとめ

挙式のみの結婚式は、披露宴も行う場合と比べ、費用を大幅に抑えることができます。

挙式のみであれば、安さにこだわれば10万円で挙げることもできますよ

結婚式の準備にかける労力や時間も省けるため、結婚式自体しなくても良いと思っている人も、挙式のみの結婚式を検討してみてはいかがでしょうか?

ささやかな式でも、一生の思い出になるはずです。

もし、挙式のみの結婚式に親族やご友人をゲストとして招く際は、ご祝儀は辞退してくださいね。

結婚式はチャペルのみ!披露宴なしは今どき普通!?結婚式は挙げたいけど貯金が無かったり仕事が忙しくて時間が見つけられない…。 そう思ってなかなか結婚式に踏み込めない新郎新婦さんへ。...