結婚式のマナー

意外とみんな知らない!?結婚式のご祝儀マナーをレクチャー

結婚式で必ず必要になるのがご祝儀です。

ご祝儀を用意するときには細かいマナーを守らなくてはなりません。

意外とこのマナーが複雑で、理解できていない人も多いものです。

しかし、ご祝儀マナーを分かっていないと当日会場で恥をかいてしまったということに。

そんな恥ずかしい経験をしないためにも、今回は結婚式のご祝儀マナーについてお話ししていきたいと思います

結婚式のご祝儀の金額はどうやって決まるの?

結婚式のご祝儀の金額はどうやって決まるの?

まず、結婚式のご祝儀の金額についてです。

ご祝儀の金額は一体どうやって決まるのでしょうか?

ご祝儀の相場は新郎新婦の関係性で決まる!

結婚式のご祝儀の金額は、新郎新婦の関係性で決まります。

関係性とご祝儀の金額の相場は以下の通りになります。

ご祝儀の相場

  • 友人…3万円
  • 上司…3万円〜5万円
  • 恩師…3万円〜5万円
  • 親族…5万円〜10万円

夫婦で結婚式に参加する場合のご祝儀の相場って?

結婚式を夫婦で参加する場合、ご祝儀の相場は友人であれば5万円、親族の場合は7万円〜10万円になります。

子連れで結婚式に参加する場合のご祝儀の相場って?

子連れで参加する場合、子供の年齢によってご祝儀の金額が変わります。

もし、コース料理を用意する年齢でなければ、ご祝儀は夫婦のみの金額で包んで大丈夫です。

しかし、コース料理を用意する年齢の子供であれば、ご祝儀の金額を上乗せする必要があります

仮に、子供が小学生の場合はコース料理を用意する必要があるので、ご祝儀は上乗せしなければいけません。

ご祝儀の金額で奇数がいいのはなぜか?

ご祝儀を包むとき、奇数の金額がいいと言われています。

なぜ奇数がいいかというと、奇数は昔から縁起がいい数字として認識されていました。

逆に偶数はマイナスなイメージを持たれています。

偶数は割り切れる数字であり、それが「夫婦の別れ」を連想させるという意味合いから結婚式に向かない数字と言われています。

なのでご祝儀を包む際は、奇数の金額を意識するようにしましょう。

2万円のご祝儀には「ペア」という意味がある

一般的に友人の結婚式に参加する場合のご祝儀は3万円を包みますが、学生や社会人になって間もない頃で金銭的な余裕がない場合、2万円のご祝儀を包む人も多いです。

そのときに2という数字が偶数で不安に思う人もいると思いますが、2という数字は「ペア」という意味があり、縁起のいい数字として認識されています。

そのため、経済状況を考え2万円のご祝儀になってしまった人も、決してマイナスなイメージにはならないので安心してください

そして、2万円のご祝儀は1万円札1枚と5千円札2枚の合計3枚にして包むといいとされています。

8万円のご祝儀には「末広がり」という意味がある

結婚式のご祝儀で8万円は縁起がいいとされています。

「八」は「末広がり」という意味があり、末の方に行くにつれて広がっている、様々な方向へ行き渡るというプラスなイメージを持っています

例えば富士山や扇なども末広がりで、縁起のいいものとして古くから認識されています。

9万円のご祝儀には「苦」という意味がある

結婚式のご祝儀は奇数がいいとされている金額は「苦」という意味があるため包まない方がいいでしょう

マイナスなイメージが連想されるので、9は結婚式に向かない奇数となります。

10万円単位のご祝儀からは偶数・奇数はあまり気にされない

結婚式のご祝儀は偶数はNGとされながらも、10万円単位のご祝儀をもらう場合は、偶数奇数という概念がなくなります

なのであまり気にしなくていいでしょう。

ちゃんとできている人は少ない?ご祝儀袋の選び方と書き方

ちゃんとできている人は少ない?ご祝儀袋の選び方と書き方

実はご祝儀袋のマナーを正しく理解できている人は少ないのです。

大切な結婚式で恥をかかないようにご祝儀袋の正しい選び方と書き方についてお話しをしていきます。

ご祝儀袋に【のし】はついているか確認

結婚式に使うご祝儀袋には全てに「のし」がついています。購入する前に必ずのしがあるか確認をしましょう。


(引用:ロフト公式ネットストア)

のしには様々な種類があり、ご祝儀袋の右上についています

ご祝儀袋の【水引】には2種類ある

結婚式に使うご祝儀袋には「水引」というものがあります。

水引には種類2つあり、1つ目が「あわじ結び」、2つ目が「結び切り」といいます

この2つの結び方は一度結ぶと解けにくく、結婚した2人が離れないようにという意味が込められています。

「蝶結び」のご祝儀袋は結婚式以外のお祝い事で使うものなので間違えないようにしましょう。

あわじ結び

結び切り

包む金額が高いほどご祝儀袋は派手になる!?

結婚式に使うご祝儀袋を選ぶときに、包む金額が高いほどご祝儀袋は派手なものにするといいとされています。

なので、金額に見合ったご祝儀袋を選ぶことをおすすめします。

例)3万円を包んだご祝儀袋

例)10万円のご祝儀袋

ご祝儀袋に文字を書くときはボールペンってNGなの?

結婚式に使うご祝儀袋にボールペンで文字を書くのはNGです。

筆ペンや毛筆で書くのが正しい書き方となります

読みやすい字を心がけて、大きく自分の名前を書きましょう。

名目は「寿」を選ぶのが一般的ですが、そのほかにも「Happy Wedding」、「御祝」、「御結婚御祝」を選んでも問題ないです。

中袋に金額を書くときは旧漢字にする

ご祝儀袋にお金を包む場合、中袋にお札を入れます。

入れた金額を中袋の表に表記する必要があります

金額を書くときは旧漢字を使って書きます。

旧漢字表記

  • 1万円・・・金壱萬円
  • 2万円・・・金弐萬円
  • 3万円・・・金参萬円
  • 5万円・・・金伍萬円
  • 10万円・・・金拾萬円
  • 100万円・・・金壱百萬円

ご祝儀袋に封を閉じるときはのり付けをしない

ご祝儀袋の封を閉じるとき、良かれと思ってのり付けをする人がいますが、基本的にのり付けはしなくて大丈夫です。

結婚式が終わったあと、新郎新婦がご祝儀の金額を確認するのでそのときにのりが付いていると確認に時間がとられとても不便になります

ご祝儀袋はふくさに包んで持っていこう

ご祝儀袋を結婚式会場まで持っていくときはふくさに包んでおきましょう。

ご祝儀袋を裸のままカバンに入れると、汚れたり破れる原因に

相手への礼儀を払うためにもふくさを使うようにしましょう。

まとめ

まとめ

ご祝儀マナーを知ることで結婚式の準備が楽になったと思います。

結婚式のマナーは時代によって緩くなりつつありますが、必要最低限のマナーは守るようにしていきましょう。

最近ご祝儀袋はオシャレなものが増え、水引のデザインも大きく変わってきています。

あまりかしこまらずに自由なご祝儀袋を選んでも問題ないでしょう

新郎新婦が喜ぶデザインを選んで結婚式へ参加してみてください。

結婚式場でのマナーはこれで完璧!ご祝儀から服装まで完全網羅結婚式に招待されたら、出席するの初めてだし、何をどうしたらいいのかなと不安になっていませんか? ご祝儀の準備、お呼ばれのドレス選び...