結婚のお金

結婚式のお車代とお礼の相場は?誰にいつ渡せばいいの?

結婚式の準備で見落としがちなのが「お車代」と「お礼」です。

遠方から参加してくれたゲストや、新郎新婦のために受付や余興をしてくれたゲストへの感謝として渡すものなので、間違いのないように用意しておきたいものです。

今回は、結婚式でお車代やお礼は誰にいくら渡すのかや、準備の仕方などをご紹介します。

結婚式でお車代やお礼を渡す相手と相場を覚えよう

結婚式でお車代やお礼を渡す相手と相場を覚えよう

お車代は遠方から参加してくれたゲストに渡す交通費や宿泊費のこと。

お礼は、受付や余興などを引き受けてくれたゲストに渡すお金や品物のことです。

  • どんな場合にお車代やお礼が必要か
  • 相場はどの程度か
  • 渡すタイミングはどうするか

それぞれ確認しておきましょう。

遠方のゲスト

遠方からわざわざ参加してくれるゲストは、交通費や宿泊費、さらにご祝儀などで大きな出費となってしまいます。

そのため遠方のゲストには、交通費や宿泊費としてお車代を出すのが常識です。

交通費の半額〜全額程度のお車代を包むのが相場ですが、事前に手配したチケットや宿泊券を渡しておくのもスマート。

当日にお車代として現金を渡す場合は、受付で記帳の時に渡してもらうといいでしょう。

受付で渡せなかった場合は、親が挨拶を兼ねて手渡ししても大丈夫です。

遠方の親戚

親戚が遠方に住んでいる場合、あらかじめ親にお車代は必要か確認しておきましょう。

親戚間で冠婚葬祭でのお車代はお互い出していないのであれば、用意しなくても大丈夫な場合もあります。

用意が必要であれば、事前に手配をしたり、当日親から渡してもらうようにしましょう。

主賓や乾杯の挨拶をお願いした人

主賓や乾杯の挨拶をお願いした方には、遠方でなくても自宅と会場をタクシーで往復すると考えてお車代を用意します。

金額の相場は1万円ほど。

お願いした方が新郎側のゲストであれば新郎の親から、新婦側のゲストであれば新婦の親から歓談中などに渡してもらいましょう。

主賓や乾杯の挨拶をお願いした方が遠方から来る場合は、1万円以上で交通費の半額〜全額を用意しましょう。

司会をお願いした人

司会を友人や知人にお願いする場合、司会は負担が大きい役割ですのでお礼は多めに渡します。

ご祝儀も頂かないことが多く、もし頂いても後日ご祝儀分のお返しを送りましょう。

お礼の相場は2〜3万円ほどで、親から披露宴開始前か終了後に渡してもらいましょう。

受付をお願いした人

受付をお願いする方は通常、新郎新婦それぞれの友人2名ずつにお願いすることが多いため、お礼も現金か品物で人数分用意します。

お礼の相場は3〜5千円ほどで、品物の場合は現金と同程度のものを用意してください。

受付が始まる前に、新郎側の受付の方には新郎両親から、新婦側の受付の方には新婦両親から渡してもらいましょう。

余興やスピーチをお願いした人

余興やスピーチを友人にお願いした場合は、人数分お礼の現金や品物を用意しましょう。

お礼の相場は3〜5千円で、品物の場合は現金と同程度のものを用意してください。

お礼は結婚式終了後に新郎新婦から手渡しすれば大丈夫。

しかし、余興が大人数だとお礼だけでかなりの金額になってしまいますで、そのような場合は後日食事に招くなどしてお礼をしましょう。

お車代やお礼は何で包めばいい?

お車代やお礼は何で包めばいい?

お車代やお礼の現金を包む時のマナーをご紹介します。

お札は新札を用意して

お車代やお礼として現金を包む場合、ご祝儀と同様に新札を包みましょう。

新札が手元にない場合、金融機関の窓口で新札に両替をしてもらえます。

当日、急遽お車代が必要になったりすることもあるので、多めに用意しておくと安心です。

数千円の場合

受付や余興をしてくれた方に数千円包む場合はご祝儀袋を使わず、ポチ袋を使いましょう。

ポチ袋はさまざまなデザインがあるので、渡すゲストに合わせて選ぶのもオススメです。

ただし、目上の方や親戚に渡す場合はカジュアルなものは避けましょう。

お札は表面(人物が印刷されている面)を上にして、左側、右側の順に三つ折りにします。

ポチ袋の表面を上にしてそのままお札をしまいましょう。

1万円以上の場合

お車代や司会のお礼など1万円以上を包む場合はご祝儀袋を使います。

結び切りで水引が10本のものを選びましょう。

1万円代の場合は、のしや水引が印刷されている封筒型のものを使用することが多く、2万円以上の場合は正式なご祝儀袋に入れることが一般的。

金額に合わせてご祝儀袋も変えましょう。

お札と封筒どちらも表を上にして、お札をそのまましまいます。

封筒の表書きは

  • 御車代
  • 御礼

どちらかを書き、両家からであれば両家の名字、新郎新婦どちらかからであれば、当てはまる方の名字を書きましょう。

お車代やお礼の金額を決めるポイント

お車代やお礼の金額を決めるポイント

お車代やお礼の金額も渡す方によってさまざまです。

特にお車代は交通費がそれぞれ違いますので、いくら渡すかを決めるポイントをご紹介します。

相場を知っておく

お車代やお礼は相場より多すぎても少なすぎても良くありません。

多すぎる場合、受け取った相手を恐縮させてしまう可能性があり、少なくても失礼にあたるからです。

友人間や親族間での決まり事など特別な理由がない限りは、相場を目安とした金額を包むようにしましょう。

キリの良い金額で

お車代やお礼は端数が出ないように包みましょう。

交通費を半額出すといっても、ぴったり半額ではなくキリの良い金額になるようにしてください。

ご祝儀は偶数は割り切れる数としてマナー違反とされていますが、お車代やお礼として包む金額は偶数でも問題ありません。

ゲストによって差が出ないように

お車代を出す場合、同じエリアから来てくれるゲストには同額を用意するようにしましょう。

もしも後日、ゲスト同士で結婚式の話しをしていてお車代の話題が出た時に、嫌な思いをさせてしまう可能性があるからです。

ゲストによって差をつけず、平等にお車代を用意することが大切です。

事前に用意しておくこと

事前に用意しておくこと

必要な金額を確認しておく

お車代やお礼は、主賓や受付や遠方ゲストなど、意外と数が必要になります。

多ければ多いほど金額も増えるため、早めの段階でいくら用意しなければいけないのかを計算しておきましょう。

お車代やお礼が必要なゲストをリストアップ

お車代やお礼の用意を頭で考えながらしていると、用意し忘れてしまうことも。

どのゲストにいくら包むかを必ずリストアップして、確認しながら用意しましょう。

ゲストに交通費などの金額は聞かず自分たちで調べる

お車代は交通費の半額〜全額とご説明しましたが、ゲストに交通費や宿泊費の金額を聞くのは失礼にあたります。

ゲストに確認しておくのは

  • 交通手段は何か
  • 宿泊予定はあるか

ここまでにしておき、実際どの程度の金額がかかるかは自分たちで調べてください。

また、交通費が高額になる時期の結婚式の場合は相場よりも多めに包んだり、宿泊施設は自分たちで手配するなど配慮しましょう。

お車代を用意するゲストには、あらかじめその旨を伝えておくと、ゲストも用意がしやすくなります。

お車代やお礼を渡すときの注意ポイント

お車代やお礼を渡すときの注意ポイント

お車代やお礼としてポチ袋やご祝儀袋をいくつも用意している場合、渡し間違いに注意しなくてはいけません。

ポチ袋やご祝儀袋には相手の名前を書きません。

そのため、渡す相手によってポチ袋やご祝儀袋を変えておき、さらに付箋で渡す相手の名前をわかるように貼り付けておくことをオススメします。

新郎新婦から渡すものは少ないので、受付や両親のためにお車代やお礼を渡すゲストのリストを作っておき、どの人にどれを渡すかをわかるようにしておくことが大切です。

結婚式でお車代を用意しないのはどんな時?

結婚式でお車代を用意しないのはどんな時?

お車代はお礼の気持ちとして渡すものなので、基本的には用意をしておくべきものですが、以下のような場合には用意しないこともあります。

相手の結婚式に遠方から出席したがお車代が出なかった場合

過去にゲストの結婚式の際に、遠方から出席したがお車代が出なかった場合は、こちらだけ渡してしまうと恐縮させてしまう可能性があります。

そのため、このような場合にはお車代を用意しなくても失礼にはあたりません。

お車代のことを伝えた時に断られた場合

新郎新婦の負担を考えてゲストからお車代はいらないと言われることも。

基本的にはいらないと言われても用意するものですが、親戚や仲のいい友人など、付き合いによって判断するといいでしょう。

予算が出せない場合

どうしてもお車代に予算を避けないという場合は、お車代は出せないけれど、それでも大丈夫であれば出席して欲しいということを相手に伝えましょう。

まとめ

まとめ

今回は、結婚式でお車代やお礼は誰にいくら渡すのかや、準備の仕方などをご紹介しました。

お車代やお礼は意外と渡すべき人が多いので、それぞれの相場や渡し方を確認し、早めに用意をしておきましょう。

現金は新札を用意し、金額に応じてポチ袋とご祝儀袋を使い分けてください。

渡す人はリスト化し、受付や両親がどのポチ袋やご祝儀袋を渡すかひと目でわかるようにしておきましょう。