結婚式のマナー

結婚式は挙げなくてもいい?迷っている人へのアイデアも!

最近では、結婚式を挙げず入籍だけをするカップルも増えています。

今、これを読んでいるあなたも、もしかして結婚式を挙げようか悩んでいるところではないでしょうか?

結婚式は、必ず挙げないといけないものではありません。

しかし、挙げずに後悔したというカップルも少なからずいます。

この記事では、結婚式を挙げない一般的な理由や挙げない場合の懸念点、迷っている方へのアイデアをご紹介していきます

ぜひ結婚式を挙げないことのいい点・悪い点を把握した上で、後悔のない判断してくださいね。

結婚式を挙げない理由は何?

結婚式を挙げない理由は何?

実際に結婚式を挙げなかったカップルの、挙げなかった理由をご紹介していきます。

費用をかけたくない

一番多い理由は金銭的なものです。

現在、挙式と披露宴をどちらもするカップルは、総額平均357万5千円をかけています(「ゼクシィ結婚トレンド調査」より)。

式を挙げる場合には、ゲストからご祝儀を貰えるとはいえ、式当日まではお金は自分たちで立て替えておかなければなりませんし、せっかくお祝いでもらったお金は全て結婚式の費用に消えてしまいます。

金銭的に勿体無いという感覚があるカップルは、結婚式を挙げない選択をしている傾向にあるようです。

労力をかけたくない

結婚式を挙げる場合、式場を決め、招待するゲストを選び、衣装を選び、料理やプログラムを決め……と長い時間をかけ、たくさんのプロセスを重ねて結婚式の準備をしなければなりません。

一部を手作りするとなると、準備はより大変になります。

お互い忙しいカップルは、結婚式の準備に労力をかけることがかなり負担と感じるでしょう

入籍した後は、引越しをしたり、諸々の登録の変更手続きがあったりと、ただでさえ忙しい時期です。

そこで結婚式の準備もするとなると、かなり気合が必要なようです。

家族と関係が悪い

家族関係が円満な人にとって、結婚式で家族に晴れ姿を見せ、今まで育ててくれた人々に感謝を伝えることは、この上ない家族孝行と言えます。

逆に、家族関係が悪い人にとっては、結婚式は気が重いイベントであり、挙げない選択をする方が気が楽です。

家族関係や家族構成を他人に知られたくない場合も、結婚式を挙げないことが多いようです。

ゲストに負担をかけたくない

新郎新婦から結婚式に招待されたゲストは、式にふさわしい衣装と小物を揃え、ご祝儀も用意しなければなりません。

遠方から来るゲストに関しては、長い時間をかけて来て貰うことになります。

ゲストの負担を思うと、式を挙げない方がいいと判断する場合があります

特に、若くして結婚するカップルは、周りの友人が結婚式用の衣装を持っていなくて新しく用意しなくてはならなかったり、収入も低い場合が多いので、結婚式に彼らを招待することを躊躇するようです。

必要だと思わない

挙式では神の前で夫婦の誓いをし、その後の披露宴でお披露目をするという一連の流れがいわゆる「結婚式」です。

法的には必要ないイベントではあるので、若者を中心に特に必要だと思わない人が増えています。

「自分たちが主役になってみんなからお祝いしてもらう場」ということに魅力を感じないカップルは、お金と時間をかけて結婚式をやる必要はないと考えているようです

妊娠中である

女性のお腹に赤ちゃんがいる場合も、結婚式を見送る理由になります。

もちろんマタニティウェディングを挙げるカップルもいますが、花嫁の体調などによってはお腹が大きい状態で結婚式を挙げるかどうかは、慎重に考える必要があります。

また、子供が生まれると出産時にもその後にもお金がかかりますから、節約という意味でも結婚式を挙げないでおく場合が多いようです。

再婚である

妻か夫のどちらかが再婚である場合も、結婚式を挙げないパターンが多いです。

同じ友達を呼び何度もご祝儀を貰うのに気が引けたり、再婚を大々的にみんなにお披露目するのもちょっと……という思いから式を挙げないようです。

女性側が再婚だと挙げないことが多く、逆に男性側は再婚でも女性側が初婚だと、1度はドレスを着せてあげたいと思って式を挙げる傾向にあります

結婚式を挙げない場合の懸念点

結婚式を挙げない場合の懸念点

結婚式を挙げないと、どんな懸念点があるのでしょうか。

夫婦になった実感が湧かない

婚姻届を受理してもらえば法的に夫婦ですが、役所に婚姻届を提出する行為は想像以上にあっけないものです。

結婚式を挙げると、夫婦としてみんなに紹介され、夫婦になったという実感も湧きます

しかし、特に夫婦としてのイベントがない場合は、あまり夫婦になった実感がないままぬるっと新婚生活に突入してしまいます。

思い出が残らない

結婚式を挙げていれば、数年後でも写真を見ながら「あの時はどうだったね」と親や配偶者と語らうことができますし、子供ができた時に「お父さんとお母さんの結婚式は〜」と話してあげることもできます。

しかし、結婚式を挙げなければ夫婦になった時のめぼしい思い出がないので、後々少し寂しい思いをするかもしれません

親に晴れ姿を見せられない

子供達が結婚式を挙げてくれない時、一番残念に思うのはおそらく親でしょう。

結婚式は自分の育てた子供が、新たに家庭を持つという親にとっても人生の一大イベントなのです。

結婚式を挙げないことで子育ての終わりを区切ることができず、いつか見たいと思っていた子供の姿も見られないと、親は寂しい思いをするかもしれません

結婚式を挙げるか迷っている人へのアイデア

結婚式を挙げるか迷っている人へのアイデア

お金や労力、人間関係といった様々な理由で結婚式を挙げるか迷っている方には、以下の方法もあることを知っておいて欲しいです。

少人数で挙式だけする

結婚式でお金がかかるのは、主に披露宴です。

家族だけを集めた少人数の挙式をするのであれば、安いところでは10万円以下で挙式ができます

お金があまりかからず、親孝行もできて、自分たちの思い出にもなるのなら、挙式だけしてはいかがでしょうか。

その時に写真を撮っておけば、結婚報告にも使えて便利ですよ。

フォトウェディングだけする

もし結婚式を挙げないのであれば、フォトウェディングだけでもしておきませんか?

結婚式は挙げなくとも、ドレスやタキシードを着た姿を写真に残しておくことで「思い出がない」「衣装が着れなかった」という後悔がなくなります

フォトウェディングの写真を見せるれば、親御さんも喜んでくれるはずです。

また、ラブラブな姿の写真が残っていることで、いつか夫婦の危機が訪れた時も写真を見て新婚の熱い愛を思い出すことができるでしょう。

結婚式を挙げない時にすること

結婚式を挙げない時にすること

結婚式を挙げない選択をした場合、周りに対してしなくてはいけないことがいくつかあります。

知人や上司に結婚報告する

結婚式のお知らせをもって結婚報告するカップルは多いですが、結婚式を挙げない場合も結婚報告は忘れずにしましょう。

友人にはLINEなど気軽な連絡で構いませんが、会社の上司やお世話になっている人たちには、ハガキでお知らせすることをおすすめします。

半年〜1年経って「聞いてないよ」と言われると角が立ちますから、結婚報告は早めに済ませておくのが良いですよ

近しい親戚へ直接挨拶

親族へは、出来れば直接挨拶に伺いましょう。

結婚式をすれば親戚を招待し1度に直接挨拶できますが、式を挙げないために親戚の家を1軒1軒巡るのは骨が折れます。

式を挙げないのなら、両家の家族だけで食事会を開くのも良いかもしれません

親へのフォローをする

結婚式を挙げないことで、親はとても寂しい思いをしているかもしれないことを忘れてはいけません。

結婚式はしなくとも、親への感謝の手紙を渡したり、二人で花束を渡して食事をご馳走するなど、結婚式に変わる親への感謝を伝えるイベントを開催してください

自分の親だけでなく、相手の親にも「あなたの子供と幸せな家庭を築きます」という姿勢を見せて、安心させてあげてくださいね。

まとめ

まとめ

金銭的、労力、人間関係といった理由から結婚式を挙げないカップルが多いようです。

結婚式を挙げない場合、後々思い出が残っておらず後悔したり、親に残念な思いをさせてしまう可能性があります。

挙式だけを行ったり、フォトウェディングだけをしたりと、お金と労力をかけない形で何か記念になることをすると、後々振り返れるのでおすすめですよ

結婚式を行わない際も、周りへの結婚報告や親へのケアはしっかり行いましょう。

結婚式をする人しない人の割合は半々!それぞれの意見を聞いてみよう結婚が決まったら、結婚式を挙げるという流れが自然なことのように感じるかもしれませんが、案外そう思わない人たちも多いもの。 実は、結...