結婚のお金

結婚式の見積が500万!これって普通?費用を節約するポイント

結婚式の見積もり金額は打ち合わせのたびにどんどん変化していきます。

それも基本的には高くなる一方…どんどん上がる見積金額にドキドキハラハラ…心配になってしまいますよね。

中には見積金額が500万円までのぼるケースもあります。

今回は、結婚式の見積もり金額が500万円まで上がってしまう理由と、節約する際に見るべきポイントについて、元ウェディングプランナーの私からお話していきます

結婚式の費用に500万円かけているカップルはどのくらいいるのか

結婚式の費用に500万円かけているカップルはどのくらいいるのか

結婚式は基本的にお金がかかるものですから、数百万円の予算は確実に必要になります。

世の中の新郎新婦は、結婚式にどのくらいお金をかけているのでしょうか。

一番平均的なのが300万円ほどです。

もう少し幅を持たせるのなら、200万円から400万円までの予算で結婚式を挙げているカップルが一番多いと言えます。

ただ、この費用を額面だけで考えるとおかしな話になってしまいます。

なぜなら、結婚式費用は参列人数に大きく左右されるからです。

同じ式場で同じ食事のランクで、結婚式を計画したとしても、参列人数が50名なのか100名なのかによって総額がまったく異なってきます。

そして、その人数によって見込めるご祝儀の額も大きく変わります。

まずはこの点をしっかり頭に入れておきましょう。

そして、500万円ほどの費用をかけて結婚式を挙げているカップルの割合は、全体の1割ほどです

さらにこの1割の中の多くは、参列人数が100名を超える大規模な披露宴を行っているケースです。

なかには150名規模の結婚式もありますから、この場合は500万円かかったとしても納得です。

費用が高すぎるのか妥当なのかはどうやって見極める?

費用が高すぎるのか妥当なのかはどうやって見極める?

結婚式の費用の額面だけを見て、「それは高すぎる!」「その金額は妥当だ!」と見極めることは非常に難しいです。

それでは、その費用が妥当なのか高すぎるのかはどのようにして判断すればいいのでしょうか。

ここで基本的な考え方についてお話しておきましょう。

まず、ご祝儀の額はゲスト一人当たり3万円と考えるのが良いですね。

これを元に、自己負担額がいくらになるのかを算出していくことが必要です。

例えば、ゲストが70名の結婚式で総額が350万円だとします。

この場合ご祝儀を一人当たり3万円で計算すると、210万円になります。

350万円の総額から210万円のご祝儀額をマイナスした金額が自己負担額です。

この場合は140万円ですね。

この自己負担額があまりにも高くなりすぎて150万円を超える場合は、ちょっと費用をかけすぎているという見方ができます。

もちろん考え方には個人差があります。

人によっては自己負担額が50万円を超えないようにしたいと考えているケースもあるでしょうし、逆に150万円くらいなら構わないと考えるケースもあります。

おふたりが結婚式にどれだけの費用を投資したいか、その点をまずは明確にしておきましょう

そうすることで、今の見積金額が妥当なのか、明らかに予算超過なのかを判断できます。

参列ゲスト一人当たりの金額は45,000円までが妥当

参列ゲスト一人当たりの金額は45,000円までが妥当

私はこれまでいくつもの結婚式場でプランナーをしてきましたが、どちらの式場も費用面では大差がありませんでした。

ある程度人気の高い結婚式場で、ゼクシィなどのサイトでも常に人気ランキングの上位に掲載されている結婚式場であれば、それほど式場によって大きくお値段が変わることはありません。

ひとつの目安として、ぜひ覚えておいて欲しいことがあります。

それは、「参列ゲスト一人当たりの金額が45,000円以内ならまず妥当である」ということです。

つまり、100名の結婚式で450万円だとしたら、これは高すぎるということでもありません

450万円という金額だけを見ると、額も大きくてびっくりしてしまいますが、実際それほど珍しいことではありません。

もちろん式場によってはとても安価なところもありますが、ここでお話しているのは「一般的に人気の高い結婚式場」のことです。

逆にゲスト一人当たりの金額が45,000円を超える場合は、明らかに「高い」と考えて間違いないでしょう。

この場合は、項目ごとに予算をかけすぎているところがないか、一度見直していく必要があります。

110名以下の結婚式で500万円を超えているならそれは「高い」!

110名以下の結婚式で500万円を超えているならそれは「高い」!

上記の考え方でいくと、110名以下のゲスト人数で結婚式費用が500万円を超えている場合は、予算をかけすぎている可能性が高いと言えます。

もし今、おふたりの結婚式がこれにあてはまっている場合は、削れるところが何かしらあるはずです。

下記の項目に関して、ひとつずつ見直していきましょう。

節約ポイント①お食事のランク

披露宴の食事のランクは低いもので1万円くらいから、高いもので3万円くらいのものまでさまざまです。

結婚式においてお料理はとても重要な項目ですが、だからといって一番高いランクのものを選ばなければならないわけではありません。

また、お料理はゲストの人数分用意するものですから、×人数分の差額がでてきます。

例えば80名の結婚式で料理のランクを1万円下げるだけでも80万円の節約になるわけですから、これは大きいです

一番ガッツリと節約するにはお食事のランクを見直すのが早いですね。

節約ポイント②衣装チェンジの回数

衣装チェンジを2回予定している場合は、それを1回に減らすことで大きく節約ができます。

ウェディングドレス、色打掛、カラードレスの3つを着用したいと考える花嫁さんたちは世の中にたくさんいます。

ですが、実際にはどれか一つをあきらめて2着のみにしているケースがほとんどです。

これにより40万円ほどは節約することが可能になります

特に、和装はお値段的にお高いものが多いため、色打掛を入れるかどうかでかなり予算が左右されます。

節約ポイント③アルバムやムービーアイテムのチョイス

ムービー撮影だけで20万円以上の費用が掛かることは珍しくありません

もちろん、ムービー撮影は素晴らしいアイテムでぜひ取り入れていただきたいものですが、何もかもを入れると当然見積金額は上がっていきます。

他に優先したいものがある場合は、ムービーをあきらめる選択もひとつです。

また、アルバムに関してもランクがたくさんあり、10万円から50万円くらいまでの幅があるため、これも重要ポイントです。

写真にしっかりこだわりたいのであれば、節約のためにランクを下げることが必ずしもいいこととは限りません。

ですが、検討する価値はあるでしょう。

節約ポイント④装花アイテムのチョイス

生のお花は高いです。

ウェディングブーケだけで3万円から5万円することも珍しくありません。

装花アイテムを見直すときには、まず会場装花を見直しましょう

  • ゲストテーブル装花
  • メインテーブル装花
  • その他会場に飾る装花

これらを見直すことで、10万円ほど節約することは難しくありません。

特に、ゲストテーブルの装花はテーブル数が多ければ多いほど総額に大きく影響します。

一卓あたりのゲストテーブル装花を少し節約してみるのもおすすめです。

まとめ

まとめ

結婚式費用が500万円を超えることはあまり一般的ではありません。

500万円を超える場合、ゲストの人数が余程多くない限り何かしらに予算をかけすぎている可能性が高いです。

やみくもに節約することばかりが良いことではありませんが、節約できるところはしていきましょう。

一番こだわりたいところまで妥協していく必要はありません

何が大切なのかを自分たちがまずしっかりと理解して、結婚式自体のクオリティを下げてしまうことのないように気を付けながら節約していきましょう!

結婚式の見積もりで削れる場所は?上手に節約!賢い結婚式を挙げよう!結婚式の見積もりを見ると、思ったよりも高額だった…という経験はありませんか?実は見積もりの中には節約できる部分がたくさんあります。この記事でご紹介するポイントを掴んで、結婚式を賢く挙げましょう。...