結婚式のマナー

バージンロード、誰と歩く?基礎知識&悩んだ時の選択肢

チャペルでの結婚式に欠かせないのが、バージンロードからの新婦入場です。

しかし、バージンロードが持つ意味や歩き方の決まりについては、意外と知らない人も多いのではないでしょうか?

この記事では、バージンロードが意味するものや、誰と一緒に歩くか、そして悩んだ時の選択肢など、バージンロードに関する知識をご紹介していきます

結婚式を挙げることを検討している人は、ぜひバージンロードについて知ってみてください。

バージンロードって日本だけの呼び方だって知ってましたか?

バージンロード、誰と歩く?基礎知識&悩んだ時の選択肢

教会の入り口から祭壇に続く道のことを「バージンロード」と呼びますが、これは和製英語であり、海外では通じません。

バージンロードという名称は日本のウェディング業界が付けた名称で、結婚の結びを交わす直前の清純な娘が歩く道というニュアンスが籠もっていると考えられます

海外ではウェディングロード、またはウェディングアイルと呼びます。

因みにバージンロードに敷かれた敷物のことは、アイルランナーと呼び、教会の下に潜む悪魔から花嫁を守るために、これが敷かれるようになりました。

バージンロードが意味するものは?扉から祭壇までは人生!

バージンロードとは、花嫁の人生を象徴する道です。

教会の扉が花嫁誕生の瞬間であり、祭壇を現在と見立てて、花嫁が生まれてから今までの人生を新郎に向かって進んでいきます。

そのため、今まで花嫁と一緒に過ごしてきた父親や母親などの花嫁の家族が、花嫁と共に歩むのが一般的とされています。

バージンロードの先では今後の人生を花嫁と共にする新郎が待っており、家族から離れた花嫁が、今度は新郎と共に道を歩み出すのです

そのような意味が込められた道だと思ってバージンロードを見ると、花嫁の入場シーンがより感動的なものに感じられますよね。

バージンロードを父親以外と歩くのは問題ナシ!父親以外の選択肢

バージンロードを父親以外と歩くのは問題ナシ!父親以外の選択肢

「バージンロードは父親と歩くもの」と思っていませんか?

実際は花嫁と歩くのは、父親でなければいけないと決まっている訳ではありません

離婚や死別で父親がいない、または父親と不仲である場合や、「恥ずかしい」「母親に花を持たせてあげたい」などの理由で、花嫁が父親以外とバージンロードを歩く場合もあります。

ここから、父親以外とバージンロードを歩く場合に、どんな人と歩くケースがあるのかをご紹介していきます。

一生に一度の大切な結婚式ですので、「周りから変に思われないかな」ということにとらわれ過ぎず、花嫁の納得のいく人選をしてくださいね。

母親

父親ではなく、母親とバージンロードを歩く花嫁は多いです。

生まれてから今までを意味するバージンロードですから、生まれた瞬間から自分をずっと見守り育ててくれた母親と共に歩くのは、何の違和感もありません。

ただし、お父様がご健在でいらっしゃる場合、お父様が当然バージンロードは自分と歩いてくれると思っていたのに、歩かせてもらえないと落ち込んでしまうかもしれません

そのような心配がある際は、別の演出で花嫁の父にも花を持たせる工夫してくださいね。

両親二人

「父にも母にも花を持たせたい」という人は、両親二人と一緒にバージンロードを歩いてはいかがでしょうか。

珍しい演出ではありますが、実際にこのように入場する花嫁もいます。

通常と違い二人にエスコートしてもらう入場方法は、両親が好きで二人共に感謝しているからこそ思いつく演出です

そのため、このような演出は、見ているゲストをとても温かい気持ちにさせます。

兄弟・姉妹

両親とバージンロードを歩けない場合、兄弟・姉妹と一緒に歩く人も多いです。

弟・妹だとダメなわけではありませんが、バージンロードが自分の生まれた瞬間から今までを意味するものですから、自分の生まれた時に既に家族にいた兄・姉と一緒に歩く方が一般的です。

花嫁が若い男性と一緒にバージンロードを歩いてくる姿に抵抗がある人もいるかもしれませんので、新郎や新郎の両親には自分の意図をよく説明しておきましょう。

両親以外の親族

死別や病気など様々な事情で、両親に出席してもらうのが難しいこともあります。

その際は、両親以外の親族(伯父・叔母・祖父・祖母など)がバージンロードを花嫁と歩くこともあります。

自分の晴れ舞台をエスコートしてもらう相手ですので、できるだけ小さい頃から自分を知っている親戚や、お世話になった親戚にお願いすることをおすすめします

お世話になった人

恩師や子供の頃に面倒を見てくれた人など、血の繋がりはなくても、自分のこれまでの人生にとって重要だと思う人と一緒に歩くのもアリです。

「バージンロードは親族と歩かないといけない」という決まりはありません。

お世話になった人と歩く際は、式場の司会者に「その人が花嫁にとってどんな存在なのか」の説明を入れてもらうと、ゲストも納得しやすいでしょう

友人

今までの自分の人生をずっと支えてくれた友人と、バージンロードを歩く場合もあります。

例えば、歳をとってからの結婚で、親元を離れて長くその間ずっと友達が支えてくれてきたという状況の人などは、「これまでの人生」を象徴する道を友人と歩きたいと思っても不思議ではありませんよね?

両親がご健在であったり、親族中心の式の場合は、友人とバージンロードを歩くことに批判的な意見が出るかもしれませんので、決定する前によく話し合いをして確執を生まないように少し注意してくださいね

自分一人

家族から新郎へ自分が受け渡される演出を嫌がる女性もいます。

そのような人は、一人だけでバージンロードを歩くのはいかがでしょうか。

一人で歩く姿は自立した女性を彷彿させ、頼もしくてかっこいい花嫁姿をゲストに見てもらうことができます

バージンロードを歩く相手で悩んでしまったら……?

バージンロードを歩く相手で悩んでしまったら……?

バージンロードを一緒に歩く相手について例を出しましたが、「父親以外の相手と歩くと、人からどう思われるか気になる」「頼みたい人がいない」と言った理由で、悩んでしまう人もいるかと思います。

もしバージンロードを歩く相手を決めることが負担になるのなら、バージンロードを歩かずに済む式の形式に変更しませんか?

幸せいっぱいなはずの結婚式の準備で、そこまで思い悩む必要はありません。

キリスト教式以外の方法を選べば悩まずに済むのですから、思い切って式の形式の変更を新郎やプランナーさんに相談してみてください。

ただ歩くだけではダメ?バージンロードの歩き方

バージンロードを歩く際は、普段歩くようにスタスタと歩いて行ってはいけません

正しい歩き方は、まず右足を踏み出し、左足を揃えます。

次に、揃えた左足を踏み出し、そこに右足を揃えます。

これを繰り返し、一歩一歩ゆっくり進んでいくのです。

最初は混乱してしまう人もいるかもしれませんが、式の前にプランナーさんに指導を受けながらリハーサルするので、不安に思わなくても大丈夫ですよ。

まとめ

まとめ

バージンロードとは、花嫁が生まれた時から現在までを意味する道です。

一般にバージンロードは花嫁が父親にエスコートされ歩いてくるイメージがありますが、父親と歩かなければいけない決まりはなく、今までの人生を見守ってくれた人、自分にとって重要な人と一緒に歩けば良いのです。

中には、一人で歩く花嫁さんもいますが、それはそれで自立したかっこいい花嫁に見えますよ。

周りからどうみられるかを気にしすぎず、納得のいく選択をしてください

しかし、どうしても誰と一緒に歩くかで気を揉んでしまうようなら、いっそバージンロードを歩く演出のない挙式をすることも検討してみましょう。

結婚式に欠かせない両親への記念品のプレゼントは何をチョイスすべき?結婚式の記念品を何にするべきかという点はとても悩ましいですよね。せっかくなら両親に喜んでもらいたい、気持ちの伝わるプレゼントをセレクトしたいものです。今回は、元ウエディングプランナーが「おすすめの両親への記念品ギフト」についてお話していきましょう。...