結婚式の準備

【人前式】誓いの言葉にオリジナル性を出すためには?

結婚式の予定を決める中でどんなスタイルで挙式しようか悩む新郎新婦さんは多いと思います。

最近は、自由な結婚式を挙げたいと堅苦しくない人前式を選ぶ人が増えています。

そんな人気の人前式ですが、人前式では誓いの言葉を新郎新婦で決めることもできます。

どんな言葉にしようかな…自分たちで決めるならオリジナル性を出した言葉にしたい…

そう考える新郎新婦さんも多いはず。

今回は、人前式の誓いの言葉を考えるためのヒントをお話ししていきます。

これを参考にぜひ自分たちらしい誓いの言葉を考えてみてくださいね。

人前式の誓いの言葉とは?キリスト式と違うの?

人前式の誓いの言葉とは?キリスト式と違うの?

誓いの言葉とは結婚の誓いをたてるときに使う言葉のことです。

誓いの言葉は結婚式の挙げるスタイルによって内容が変わります。

結婚式のスタイルは大きく分けて、キリスト式、神前式、仏前式、人前式があります。

それぞれ結婚式のスタイルに応じて誓いの言葉があります。

人前式の誓いの言葉の特徴

例えば、チャペルで結婚式を行う場合は神に誓い、お寺で結婚式を挙げる場合は仏に誓います。

では、人前式の場合は誰に誓うのかというと、目の前にいるゲストに誓いをたてます。

人前式の誓いの言葉を考えるときには、特に決められた形式がないので自由に文章を考えられるのが特徴です。

自分たちらしい言葉を使ってゲストの前で結婚を誓い合います。

【人前式の場合】誓いの言葉はどのタイミングで話すの?

人前式の場合、誓いの言葉はどのタイミングで話せばいいのでしょうか?

早速、人前式の流れを確認していきましょう。

人前式の流れを確認

人前式の流れは以下の通りとなります。

①ゲスト入場 

②新郎新婦入場 

③開式宣言

④誓いの言葉

⑤指輪の交換

⑥結婚誓約書にサイン

⑦結婚の成立宣言

⑧閉式の言葉

⑨フラワーシャワー

⑩挙式終了

誓いの言葉は、入場し開式宣言が行われたあとに披露します。

誓いの言葉を話すときの3つの注意点

誓いの言葉を話すときに注意点が3つあります。

基本的なことですが、これを守ることで人前式の会場がパッと華やかになり、ゲストからの評価も高くなります。

①大きな声で話す

誓いの言葉を話すときの注意点1つ目は、大きな声で話すことです。

大勢の前で誓いの言葉を話すのはとても緊張することなので、なかなか大きな声で話すのは難しいことだと思います。

しかし、ゲストに声が届かないと何を誓っているのかよく分からなくなってしまいます。

誓いの言葉を話すときはできるだけゲストに届く声で話して、全員に祝福してもらえるようにしていきましょう。

②姿勢を正しく

誓いの言葉を話すときの注意点2つ目は、姿勢を正しくすることです。

緊張して萎縮をしてしまったり、恥ずかしいからとうつむいてしまって姿勢を悪くしてしまいがちです。

そうすることで、とても暗い印象に見えてしまうでしょう。

誓いの言葉を話すときには堂々と姿勢を正して話すことで、新郎新婦のイメージがグンと良くなります。

表情が良く見えるので、見ているゲストも安心してくれますよ。

③目線は時々ゲストに合わせて

誓いの言葉を話すときの注意点3つ目は、目線を時々ゲストに合わせて話すことです。

ゲストに目線を合わせて話すことで、自信や誠実さを見せることができます。

ゲストへこれから夫婦で頑張っていきますという意志をアピールしていきましょう。

人前式を盛り上げる!誓いの言葉の演出のまとめ

人前式を盛り上げる!誓いの言葉の演出のまとめ

人前式の演出は特に縛りがないため、誓いの言葉を言うときにこうしなくてはいけないということはありません。

2人がやりやすいように進めることができます。

誓いの言葉の演出ってどんなものがある?とお困りの新郎新婦さんに向けて紹介をしていきます。

2人で一緒に読み上げる

まずは、誓いの言葉を2人で一緒に読み上げる方法です。

こちらの方法は一番スタンダードで、人前式ではよく見られるスタイルです。

2人で交互に読み上げる

誓いの言葉を交互に読み上げる方法もあります。

事前に読む場所を決めておき、人前式で自分の決められた言葉を読んでいきます。

息の合った掛け合いができると素敵な誓いの言葉になるはずです。

家族に参加してもらう

また、誓いの言葉を家族に参加してもらい一緒に読むこともできます。

家族を参加させるのはサプライズにするのか、それとも事前に話し合っておくのかなどは新郎新婦で話し合っておきましょう。

友達に参加してもらう

家族だけでなく誓いの言葉を友達に参加してもらうこともできます。

新郎新婦だけでなく友達ゲストに手伝ってもらうことで、会場も更に盛り上がってくれるでしょう。

こういった自由な形式でやれるのが人前式のいいところと言えます。

人前式でカッコよくキメる!センスある誓いの言葉の選び方

人前式でカッコよくキメる!センスある誓いの言葉の選び方

人前式の誓いの言葉は自分たちで自由に決めることができます。

自分たちで決めるとなれば、できるだけカッコよく、センスのある言葉を選びたいもの。

実は、言葉選びの中で大事にするべきことが2つあります。

どんなことに注意すればいいのか早速お話ししていきます。

1.【オリジナル性】を出すことが大事

人前式でセンスある誓いの言葉を選ぶにはオリジナル性を入れるといいでしょう。

オリジナル性を出すためには人と被らない誓いの言葉を考えなくてはいけません。

それではここでオリジナル性の高い誓いの言葉の例文をいくつかご紹介していきます。

ぜひ参考にしていきましょう。

例文①自分たちで決めた夫婦の約束を発表する

本日、わたしたちはみなさんの前で結婚の誓いをいたします。 

これから2人で約束した5ヶ条を読み上げます。

1.いかなるときも夫婦で支え合うこと

2.嘘をつかずに誠実であること

3.結婚祝いは必ず行うこと

4.喧嘩をしてもすぐに仲直りすること

5.いつも健康でいること

この5ヶ条をいつも忘れることなく、夫婦としてこれから歩んで行くことを誓います。

〇〇年〇〇月〇〇日 新郎【名前】、新婦【名前】 

 

例文②大好きなところを伝え合う

本日この場をお借りして2人の大好きなところをあげて夫婦の誓いを立てます。

新郎:【新婦の名前】さんが作る料理は最高です。これからも美味しい料理を作ってください。一生大切にします。

新婦:【新郎の名前】さんのなんでも努力する姿が好きです。頼りにしています。これからよろしくお願いします。

〇〇年〇〇月〇〇日 新郎【名前】、新婦【名前】 

2.【ユニークさ】を取り入れて人の心を掴む

また、人前式でカッコよくキメたい場合はユニークさを入れることも大事です。

ユニークな文は人の心をガッチリと掴み、自然と笑顔になれるもの。

ユニークさを取り入れている誓いの言葉の例文もいくつか用意したので、参考にしていきましょう。

例文①ゲストを取り込むフリースタイル

これから誓いの言葉を発表いたします。

ここでみなさんに神父役として協力していただきたく思います。

ゲスト:【新郎の名前】さん、あなたは【新婦の名前】さんのことを一生愛することを誓いますか?

新郎:誓います

ゲスト【新婦の名前】さん、あなたは【新郎の名前】さんのことを一生愛することを誓いますか?

新郎:誓います

ゲスト:最後に2人に聞きます。あなたたちは幸せな家庭を築いていくことを誓いますか?

新郎新婦:誓います

みなさんの前で誓ったことを心に刻み、夫婦共に歩んでいきます。

ありがとうございます。

〇〇年〇〇月〇〇日 新郎【名前】、新婦【名前】

例文②お互いで誓いの言葉を考えくる

わたしたちは今から結婚の誓いをいたします。

お互いに約束してほしいことを考えてきたのでここで発表いたします。

新郎:【新婦の名前】さん、仕事で疲れて帰ってきたときは優しく労ってくれることを誓いますか?

新婦:誓います

新郎:【新婦の名前】さん、ビールに合うおつまみを作ってくれることを誓いますか?

新婦:誓います

新郎:【新婦の名前】さん、喧嘩をしたときでもすぐに仲直りしてくれることを誓いますか?

新婦:誓います

新婦:【新郎の名前】さん、結婚記念日や誕生日には必ずお祝いをしてくれることを誓いますか?

新郎:誓います

新婦:【新郎の名前】さん、歳をとってもわたしのことを可愛いと言ってくれることを誓いますか?

新郎:誓います

新婦:【新郎の名前】さん、困っているときはなんでも相談に乗ってくれることを誓いますか?

新郎:誓います

これから、2人で誓った内容をしっかり守り、夫婦として仲良くやっていきたいと思います。

〇〇年〇〇月〇〇日 新郎【名前】、新婦【名前】

まとめ

まとめ

人前式の誓いの言葉は自由に決めることができるのでとてもおすすめです。

発表のスタイルも人それぞれなので、自分たちはどんな風に誓いの言葉を言いたいかじっくり考えてみてくださいね。

ゲストを巻き込むことでオリジナル性を出すことができたり、ユニークな言葉を使って会場を盛り上げたりすることもできるでしょう。